シグルド単語

ネトラレヒガイシャ

シグルドとは、北欧神話に登場する英雄である。シグルドは英語表記であり、本来の発音ではシグルズとなる。

シグルズに関することは該当記事参照。

また、北欧神話モチーフにした作品にも多数のシグルドの名前を持つキャラクターが登場している。

曖昧さ回避
  1. シグルド(ファイアーエムブレム) - ゲームファイアーエムブレム 聖戦の系譜』の前半の主人公キャラクターこの記事で記述する。
  2. シグルド・ハーコート - ゲームゼノギアス』の登場キャラクターメインキャラクターであるバルトの補佐役。
  3. シグルド(アスタロッテのおもちゃ) - アニメアスタロッテのおもちゃ』に登場するキャラクター
  4. シグルド(ソードアート・オンライン) - ライトノベルソードアート・オンライン』に登場するキャラクター
  5. 仮面ライダーシグルド - 特撮仮面ライダー鎧武』に登場するアーマードライダー。錠前ディーラー シド変身する。

概要

CV:森川智之(ファイアーエムブレムヒーローズ)

グランベル王内の六のひとつシアルフィ子であり、聖剣ティルフィングの継承権を持つ。

青髪眼の好青年で、20代前半と予想されている。ゲーム前半の主人公であり、彼の壮絶かつ悲劇的な戦いの日々がゲーム前半の根幹をなしている。

序章ではの不在をついて攻めてきた蛮族のヴェルダンの軍を撃退し、第1章ではヴェルダンにさらわれた隣を助けるためにヴェルダンに駒を進め、第2章では親友のを助けるためにアグストリアの内乱に関わり、第3章ではアグストリアの武起を鎮圧し、第4章ではシレジア王位継承争いから勃発した内乱に加担、そして第5章では祖国への帰還のため、阻む者達をなぎ倒していく。

しかし、第1部ラストバーハラの悲劇にて、彼は最期を迎えることになる。バーハラの悲劇についての詳細は該当記事を参照。思い半ばで散ったシグルドだが、彼の思いは第2部のキャラクターたちに引き継がれることになる。

キャラクターとして

エスリンからはだらしないとして見られていることが序章の会話からわかる。決断はいが、暴走気味なところがあり、ときに敵の大軍相手に単騎特攻をかけようとしたこともある。

しかし、その実直な性格は多くの人を引き付けるのも確かであり、彼の元には各から多種多様な戦士兵士が集った。寄せ集めと言ってはいけない。

不幸キャラ

なにかと不幸主人公である。不幸の内訳を列挙してみると

  • 軍のが遠征中に隣から攻め込まれ、ごくわずかな手勢で戦う羽になる。
  • そのまま泥沼の戦いに引きずり込まれ、生まれ故郷に帰れなくなる。
  • 親友と戦う羽になり、最終的にその親友は死んでしまう。
  • 攻め込んだ地で人を作り結婚息子も生まれるが、息子が生まれた直後は誘拐され行方不明に。
  • 祖国から反逆者の烙印を押され、正規軍2個軍団を以っての討伐対となってしまう。
  • 父親と再会するも、その直後に父親死亡してしまう。
  • と、結婚した親友を同時に失ってしまう。
  • 再会した記憶喪失になっていた上に寝取られていた。
  • 寝取られが発覚した直後に、間男に殺されてしまう。

という、屈不幸な人物であり、その最期に至るまで救いはほとんどない。

英雄としての側面

だが、その悲劇のほとんどを乗り越えたため、彼の英雄的行動も凄まじいものになっている。

これらの戦果の結果、グランベル大陸西半分の戦はほぼ壊滅した。しかもこの戦果はほぼシグルドの率いる寄せ集めの混成部隊単独により、わずか3年で達成されたものである。このあとグランベル王がシグルドが通過した々をたやすく征できたのは間違いなくシグルドのせいである。

参考に書いておくが、このゲーム世界観では各の持つ戦は列の中で最強とされるグランベル王とそれに従う6で正規軍6個騎士団(グリューンリッターゲルリッターバイリッター、グラオリッター、ロートリッターヴァイスリッター)+αである。アグストリア諸侯連合では4つの王の戦+アグストリア近衛師団というグランベルに次ぐ戦を保有する。

寄せ集めの軍を率いてこれらの半分以上を壊滅させたシグルドは、その最期こそだまし討ちによって討ち取られたものの、一代の大英雄であったことは間違いない。

脳筋キャラ?

そんな大英雄のシグルドではあるが、その戦いに戦略という考え方はない。場合によっては戦術という考えもない。作戦は付き人のオイフェにほぼ一任してしまい、シグルドはさっさと前線に向かって突撃するのがお仕事である。

戦術戦略でダメなら戦場指揮官としての才があったのか?と問われればこれも否。シグルドのはそれほど高いわけでもない。レベルは2であり、これは指揮官としてはごくごくなものである(これは多籍の寄せ集め軍隊を率いてるためとも考えられるが)。

それでもどうにかなってしまうのは、シグルド本人の個人的武勇の影である。さすが戦士の末裔というべきか、シグルドは場合によっては無双戦術も可であるほどの強さを誇る。戦術や戦略を個人的武勇で覆してしまえるのがシグルドであり、それはまさに脳筋英雄の証明でもある。

しかし戦闘で圧倒的である反面、やはり政治に関することは異常なまでに疎く、それが祟ってヴェルダンとは講和することなく地まで引きずり込まれ、アグストリアでは占領地の経営に失敗し武起がおこり、シレジアでは王妃ラーナの手駒として王を除くのに使われ、そして最後はアルヴィスに陥れられることになるのである。

恋愛に関して

男女ユニット恋愛し、その子供が生まれてくるのが「聖戦の系譜」の大きな特徴であるが、シグルドの恋愛はディアドラで固定されている。また、シグルドがほかの女になびいてしまわないようにディアドラが登場した直後にシグルドとディアドラ恋愛は成立してしまう。

つまり、ほかのユニットが数十ターンかけて行う恋愛成就をシグルドは1ターンで終わらせてしまうわけで、二次創作などではその手の速さネタにされることも多い。

とはいえ、実はシグルドに他に何の恋愛イベントっぽいものがないわけではない。一般的な作品では結ばれるのが確定しそうなイベントは実はいくつもある。例えば、複数の男性婚されるほどの美貌の囚われのお様の救出(エーディン)、ややブラコン気味のお様の大ピンチ颯爽と現れて救出(ラケシス)、部下の裏切りに会い絶体絶命海賊の女頭領を救出、直後に「君がほしい」とプロポーズまがいのセリフ(ブリギッド)、未亡人に匿われ親切にされる(ラーナ)、身の回りの世話をさせている騎士見習という名の小姓の少年(オイフェ)ウホッいい男が助けに来てくれる(レックス)などが挙げられる。

主人公でも自由恋愛ができていたらと結ばれていたのだろうかと想像するのもまた面い。

子供に関して

子供は後半の主人公となるセリス一人のみであるが、彼にもちゃんとバルド直系の血筋は受け継がれ聖剣ティルフィングも引き継がれる。また、セリスには母親からグランベル王室の血も引き継がれているため、のちにグランベル王を継承することになる。詳しくはセリス(ファイアーエムブレム)の記事を参照。

第2部では故人のため当然登場しないが、一度だけ亡霊となって息子の前に姿を見せる。

ユニットとして

クラスロードナイト。個人スキルに「追撃」を持ち、安定してダメージを与えられる。また、指揮官であるため指揮官レベル2を持ち、自分を含む周囲のユニットの命中率回避率に10%支援効果が発生する。

クラスファイアーエムブレム伝統の主人公職であるロードであるが、シグルドは最初から上級職のロードナイトとして登場する。初期から上級職としての登場のためクラスチェンジによるステータスアップはできず、ロードナイトというクラスの成長限界も低いが、それを差し引いても前半では十分な強さを誇る。

登場したばかりの時点では味方ユニットの中でも最強クラスであり、序盤の敵相手には無双も可という強さは前作「紋章の謎」で初期は弱いマルスに慣れていたプレイヤーには驚きをもって迎えられた。戦士バルドの直系血族でもあるため成長率も申し分ない。

前半戦を通して自軍のであり、騎兵であることも加わってガンガン前線を押し上げていく存在である。その分突出しすぎてのやっつけ負けには注意する必要がある。

使用する武器は一応も使えるが、序章で手に入る「」一本で十分すぎるだろう。序章から戦い続けたシグルドが使う50えて「必殺」を乱発する魔剣になることはまず間違いない。前半ラストの第5章では父親からティルフィングを継承してより強化されるが、その際に壊れていたティルフィングの修理のために有りをすべて持っていかれるのはシグルドに関するものとしてはやや控えめな悲劇である。

ティルフィングは攻撃30という最高の数値に加え、技・速さ+10、魔防+20される上にHPが少ないときはスキル「祈り」が発動するというチートを誇る。魔法防御が上がるため、前半の実質的なラスボスであるレプトールと戦う際には欠かせない装備となる。問題点としては活躍できる期間が非常に短いことである。5章開始後、数ターンで手に入るが、その後鍛えたとしても50をつけることは難しいだろう。

ファイアーエムブレムヒーローズ

2017年10月にディアドラティルテュと共に聖戦の系譜から参戦。

原作で上記の通りとして活躍した彼だが、今作でもそれに勝るとも劣らない強さを持っている。

彼の武器「聖剣ティルフィング」は「魔防+3かつ戦闘中最初に受けた魔法攻撃の威を半減させる」という対魔法に特化したを持っている。流石に原作のようなチートではないが、スキル「祈り」はスキルとして習得できる。
また、彼専用のスキルである「騎士加護」は「射程2の武器(暗器魔法)から連続して攻撃を受けた際、2発以降のダメージ80%カットという対連続攻撃を持つ。このスキルと彼の聖剣も合わせると、本来なら相性不利であり、ほとんどのユニットを余裕で屠るダイムサンダどころか騎特効を持つミカヤのセイニーですら耐えることができる(通称シグルド算)。余程バーハラの悲劇を根に持っているのだろうか。ちなみに印「連撃防御・近距離」をつけると全武器による連続攻撃に強くなる。

シグルド算の例
・基準値のラインハルト(ダイムサンダで攻撃41)で基準値のシグルド(HP41、魔防20)を攻撃した場合
本来のダメージ:41×1.2(相性補正)-20=29.2(端数切り捨てで29)×2回攻撃=58
実際のダメージ:29×0.5(14)+29×0.2(5)=19。殺しによる4回攻撃でも29。

・基準値のミカヤ(セイニーで攻撃49)で基準値シグルドを攻撃する場合
本来のダメージ:49×1.2×1.5(特効補正)-20=68
実際のダメージ:68×0.5=39(殺しで追撃する場合、68×0.2=13も加えて52。これでやっと撃破)

これにより、魔法で確殺するのは非常に困難となっている。高難易度の連戦マップ等になるとHPのように高くなるため多分理。

魔法がダメなら近距離武器で…といきたいが、速さ・守備もそこそこあり、から攻撃される際に守備・魔防を上げる「近距離防御」によって生半可な攻撃では効果が薄くなってしまう。さらに戦闘後敵とその周囲の速さを下げる「速さ煙」も持つため、位置次第では速さを下げられたせいで追撃ができなくなってしまうことも。
このように防御に優れたユニットとして仕上がっており、攻撃や速さ均値以上を有しているので総合は高い。使いや騎ユニットが少ない軍なら即戦となってくれるだろう。
ユニットであるのもポイントで、「騎の鼓舞」といった強化値の高いスキルの恩恵を受けることができ、自身の性にさらに磨きをかけることができる。

弱点としては、上述のように魔法攻撃にやたら強いが、とブレス攻撃は聖剣ティルフィングの効果の対のため、これらの攻撃は特に大ダメージになること、本人の魔防はかなり低いため、魔防の値を参照する「〇〇の謀策」は簡単にぶっ刺さること、ホースキラーなどの騎特効は受けてしまうこと等が挙げられる。
特に魔防はステータスを大幅に下げられるため、謀策を持つユニットの十字ライン上に待機しないよう立ち回りたいところ(特に複数の謀策スキルを持つアルヴィスサイアスルーテなど)。
また、高威マムクートや射程1武器の連続攻撃は近距離防御を持ってしても相当な痛手を負ってしまうので、そういう相手は他の味方に任せよう。特にマムクートにぶつけると効果覿面。

元ネタ

名前の元ネタである北欧神話シグルズから、かなりの要素が引き継がれている。

詳細はシグルズの記事を読んでもらうとして、策略に巻き込まれやすい、から引き継いだ壊れたを修復、記憶喪失寝取られ、間男に殺される、などはすべて元ネタシグルズモチーフにしていると思われる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シグルド

78 ななしのよっしん
2018/11/27(火) 18:45:05 ID: fKequV7IXi
魔法に対しては算数苦手だけどそんな算数↓なシグルドでもマムクートには普通ダメージ食らうからこんな性でも落ちになる時は来るんだな・・・
79 ななしのよっしん
2018/12/22(土) 21:07:38 ID: 6UVm6PGSaC

>>77
ロプト…殺すべし!
80 ななしのよっしん
2018/12/23(日) 19:23:44 ID: f1iQrFmefE
スマブラSPでは
2では重な3+適応しやすいスキル強化)持ち
かつ属性(有利不利なし)
81 ななしのよっしん
2019/01/12(土) 20:56:28 ID: mJ5+7BkwGs
バーハラの悲劇動画見るとシグルドに直撃するメティオは5連発の5発

FEHシグルドなら2発以降を軽減できる騎士加護80%ダメージカット出来ただろうに・・・
82 ななしのよっしん
2019/01/15(火) 17:21:32 ID: WSP/LVBbSN
アルヴィスデフォスキル的にメティオは『爆火』だからシグルド算では防げないぞ
英雄アルヴィスチートだからともかくオフェリアみたいなのいるしな…
83 ななしのよっしん
2019/01/21(月) 00:13:22 ID: AIktCszCHA
バーハラの悲劇シグルドが食らってるのはメティオじゃなくてファラフレイムだよ
84 ななしのよっしん
2019/02/11(月) 04:52:54 ID: 9QpcLp3MA9
本編開始以降シグルドに「こうすればどうにかなった」っていう行動・方策がほぼないよね
暗躍の根がりすぎてあまりにもどうしようもなさすぎる
85 ななしのよっしん
2019/02/15(金) 01:00:48 ID: AIktCszCHA
序章:侵攻してきたヴェルダンの迎撃、逆進行
1章:エーディンの救出、依然として敵対するヴェルダンを制圧
2章:救援を要請され、バーハラからの許可を取り付けての進撃、
3章:講和を破って攻撃してきたシャガールを迎撃、戦争中ちょっかいをかけてきた海賊をせん滅
4章:世話になっているの内乱を鎮圧
5章:バーハラに直接進撃し敵対者をせん滅

基本シグルドから攻めるってことがないからエルトシャンがシャガールを見捨てられなかった時点でもうどうしようもないよね
86 ななしのよっしん
2019/04/19(金) 13:44:40 ID: vbC17yEOyQ
シグルド主観に見てしまうと詰んでる
仮定の話をするならシグルドじゃなくて親父が勝たねーと
87 ななしのよっしん
2019/05/06(月) 18:22:30 ID: nvXBddEP3e
バイロンの落ち度じゃなくてほぼほぼクルトのやらかしが原因だからシアルフィ親子じゃどうしようもない。アルヴィスにしても(表沙汰にはならないように)クルトが後見してた訳だし。
逆に言えば清廉潔内もだったのがシアルフィとなってる。他の公爵や王は当強欲だったり王ユングウィのように後継に難があったりで火種だらけだったし。