シゲルピンクダイヤ単語

シゲルピンクダイヤ
6.7千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

とりあえずこの戦績を見てくれ。こいつをどう思う?

1着:2018年2歳未勝利
2着:2019年桜花賞GⅠチューリップ賞GⅡ2020年中日新聞杯GⅢ
3着:2019年秋華賞GⅠターコイズSGⅢ2021年中日新聞杯GⅢ2018年2歳新
4着:2019年ローズSGⅡ
5着:2021年ヴィクトリアマイルGⅠ2020年京成杯AHGⅢ

通算成績:21戦1勝 [1-3-4-13]
獲得賞1億6027万2000円

凄く……凄く……なんだこれ


シゲルピンクダイヤShigeru Pink Dia)とは、2016年生まれの日本競走馬黒鹿毛

最強世代の牝馬三冠で好走し、エタリオウに次ぐJRA史上2位記録を残した「最強の1勝」。

な勝ち
2018年2歳未勝利

概要

ダイワメジャームーンライトベイ、High Chaparralという血統。
ダイワスカーレットの半で、自身も皐月賞を勝ったあとノド鳴りによる不振を乗り越えてGⅠを5勝した名種牡馬としても2歳から活躍する熟の短距離を出すことに定評があり、JRA通算1000勝をえる大成功を収めている。
は未出走で繁殖入りした持込であるが、シゲルピンクダイヤ以前の産駒(5頭出産、内3頭がデビュー)は中央地方共に勝利したが居なかったりする。
ハイシャパラル2002年エプソムダービーアイリッシュダービー2002年2003年BCターフ連覇などG1を6勝し、2年連続でエクリプス賞最優秀芝いたアイルランドの名引退後はシャトル種牡馬としてソーユーシンクなど多くの活躍を輩出した。
*ムーンライトダンスアイルランドGⅢ勝ちで、半2004年アイリッシュダービーグレイスワローがいる欧州牝系

2016年2月12日日高町の牧場で誕生。2017年北海道セレクションセールにて1600万円(税抜)で落札された。
オーナーは「シゲル冠名を用い、珍名馬オーナーとしても知られる森中蕃(券元社長)。シゲル軍団は基本的に庭先取引、競りでも数万円の格安ばかりであり、彼女シゲル軍団としてはかなりの高額になる。この価格になっても競り落としたのは、森中渡辺薫彦調教師の強い勧めがあったからだそうな。

調教師渡辺師)が欲しくてたまらんような顔をしているから仕方ないでしょう。“ナンボでもいいから買ってくれ”と。それなら“ヨッシャー”って買うしかない。ロマンを買っている。もうけようとか計算したことはない。それだとなんか買えないですよ」

-スポニチアネックス2019年5月15日「【オークス】ピンクダイヤ、ファンに夢をロマンを 森中蕃オーナー単独インタビューexit

しかし一方で、渡辺調教師は別のインタビューでこうもっている。

「セリのとき、森中オーナーから『何かいいのいる?』と相談されたので、ダメ元でシゲルピンクダイヤを推したんですよ。そうしたら『お前が言うなら仕方ないな』とセリに参戦してくれまして、ずーっと手を挙げっぱなし。ドンドン競られて値がり上がっていく。ボクは慌てて『もうやめておきましょう!』『オーナーすみません、先程はダメ元でお願いしただけなんです!!』と、もうヒヤヒヤしっぱなし(笑)

-競馬天才2019年5月号「ターザン山本競馬バトルロイヤル渡辺薫彦調教師

何だかナベちゃんらしいなぁ。
そのまま東の渡辺厩舎に所属。騎手和田竜二で、デビューから引退まで2戦を除いて騎乗した。

名意味は「冠名+宝石名「ピンクダイヤ」」。シゲル軍団は年ごとに名のテーマが統一されており、2016年産は宝石シリーズであった。シゲル軍団としては普通名前で良かったね。

2歳下の半2021年フィリーズレビューを勝ったシゲルピンクルビーがいる。2018年産のシゲル軍団は「シゲルチョウ」「シゲルホサヤク」などの会社役職名シリーズだったのだが、の活躍にあやかってに合わせた名を貰ったのであった。

奇跡の宝石

2歳~3歳

デビュー2018年10月13日京都・芝1600mの新馬戦。単勝25.6倍の7番人気という微妙な評価だったが、内の好位で先行し、4コーナーで不利を受け中団まで下がってしまうが、直線で群を割って猛然と追い込み、2着とハナ差の3着というなかなかの強いレースぶりを見せる。ちなみにこの新馬戦にはあのメロディーレーンもいた(16番人気10着)。

続く11月3日の同条件・限定の未勝利戦では3.2倍の2番人気に支持されると、中団待機から直線で群のん中を突き破るように強く抜け出して勝。シゲル軍団アラブや障重賞は勝っているもののJRAサラブレッド重賞はこの時点でまだ勝ちがなく、悲願達成を期待させる存在となった。

かしこの後右前脚の繋靱帯炎を発症。休養に入ることになり、2歳シーズンは終了。そして結局、この未勝利戦最初で最後の勝利となった。

明けて3歳、幸い繋靱帯炎は順調に回復し、桜花賞して3月チューリップ賞GⅡに参戦。圧倒的1番人気は2歳女王ノンファンタジーで、シゲルピンクダイヤは未勝利を勝っただけ、4ヶぶりのレースに-10kgといろいろ不安な感じではあったものの、単勝17.2倍ながら4番人気に支持される。
レースは大外から行き脚がつかず最後方からになってしまったが、直線で大外に持ち出すと上がり最速の3F336の末脚で猛追。ダノンファンタジーには1身届かなかったものの2着に突っ込み、桜花賞の優先出走権を確保する。

迎えた桜花賞GⅠ。2歳女王下4連勝中のダノンファンタジーながら朝日杯FSに挑み3着のグランアレグリア阪神JF2着でクイーンCを勝ってきたクロノジェネシスが3強という感じのオッズの中、単勝20倍の7番人気
またも8からスタートで躓いて後方からのレースとなったが、和田竜二騎手は直線で外に出さず、距離ロスを避けて敢えて込みの中に突っ込んでいく。上手い具合に内に進路が開き、群の中を縫うようにして猛然と追い込むシゲルピンクダイヤ。め先頭から突き抜けたグランアレグリアには2身半の差をつけられたものの、外のクロノジェネシスとダノンファンタジーをかわして2着

続いて優駿牝馬GⅠへ。初の関東輸送、ダイワメジャー産駒なので距離不安などありつつも、その強い末脚を買われて12.4倍の5番人気に支持されたが、中団から伸びないまま12着。ゲート入りの際に外傷を負っていたそうだが、和田騎手は「4から手応えがなくなった」とり、やっぱり根本的に2400mは長かったようである。

とはいえ渡辺師は「距離がもたない、とはまだ結論づけたくない」と考え、秋華賞してトライアルローズSGⅡから始動。イレ込みつつも上手くゲートを出て先行し、直線では狭いところを突いて抜け出すかに思えたが、中でややんだせいか最後の一伸びが足りず、ダノンファンタジーレコード勝利から0.2差の4着。

優先出走権は得られなかったが、そのまま予定通り秋華賞GⅠへ。3歳になってから8→8→6→7恵まれない流れは今回も続き714番。それに加えて2000mは長いと見られ、27.0倍の10番人気という低評価だった。
レースはまずまず好スタートで出たものの外回しにならないように中団後方に控える。同期の同じく1勝ビーチサンバがハイペース逃げる展開の中、4から徐々に押し上げると、直線で大外に持ち出して強襲。上がり3Fは断然の最速356で一気に追い込んだが、内の好位で立ち回ったクロノジェネシスカレンブーケドールに届かず3着秋華賞で1勝馬券に絡んだのは史上4頭だったとか。

年末は限定マイル戦のターコイズSGⅢへ。実績を買われて4.2倍ながら1番人気に支持され、中団から4めに先頭集団に取り付いたものの、逃げコントラチェックと先行したエスポワールの同期2頭に突き放されて3着

かくして3歳シーズンを終え、シゲルピンクダイヤの通算成績は8戦1勝[1-2-3-2]。そして秋華賞3着の時点で獲得賞1億円の大台を突破した。この時点で1勝としては1歳上のあのエタリオウに次ぐJRA歴代2位である。
同期ビーチサンバ新馬戦を勝ったあとアルテミスS2着、阪神JF3着、クイーンC2着、桜花賞5着、優駿牝馬15着、ローズS2着、秋華賞5着と通算1勝のままで好走を続けており、この同期2頭がエタリオウを追いかけていくことになる。……いや、そんなの追いかけなくていいから。

4歳~6歳

さて、ダイワメジャー産駒は総じて熟で、古になると成績が落ちるの競馬ファンにとっては周知の事実。シゲルピンクダイヤもその例に漏れず、古となってからは苦しい戦いが続く。

2番人気に支持された4歳初戦の京都牝馬SGⅢは伸びあぐねて7着。ミルコ・デムーロがテン乗りした阪神牝馬SGⅡ上がいつもと違うのを嫌がったかのようにを絞ってゲート入りを嫌がり、直線でずるずる後退し最下位16着に撃沈、ゲート再審を食らうことに。
和田騎手が乗って再審を通り、和田騎手に戻ったヴィクトリアマイルGⅠでは単勝万馬券の11番人気まで評価を落としたが、アーモンドアイ圧勝の後ろで6着とまずまずの走り。
そうこうしている間に京都牝馬S5着、阪神牝馬S4着、クイーンS2着で賞を積んだビーチサンバに獲得賞で抜かれてしまい、1勝獲得賞ランキング3位に後退するが、そのビーチサンバはクイーンSを最後に1勝のまま引退する。

京成杯AHGⅢから始動、中団前から先行勢を捕らえられず5着。10月府中牝馬SGⅡ幸英明が騎乗したがまたしてもゲート入りを嫌がり、8頭立ての7着に沈没、2度ゲート再審を食らう。

2度の再審もパスして上もまた和田騎手に戻り、「マイルでは脚が溜まらなくなってきている」との渡辺師の判断から久々2000m戦となる12月中日新聞杯GⅢ参戦。25.3倍の9番人気という評価だったが、好位先行から直線で一度は先頭に抜け出す。内から強襲してきたボッケリーニの末脚に最後クビ差屈したものの、1年ぶりに馬券に絡む2着。ここでゲートに入らないようなら引退して繁殖入りしようかという話になっていただけに、価値ある2着となった。
また、賞1600万円もゲットして再び1勝獲得賞歴代2位に返り咲いた。そしてエタリオウがこの2日前に1勝のまま現役を引退したため、現役の1勝獲得賞1位となった。

明けて5歳、初戦は中日新聞杯と同条件の愛知杯GⅢで悲願の重賞初制覇を狙うも、直線で一度は抜け出しかけるがそこから全く伸びず9着。そうこうしている間に半シゲルピンクルビーがフィリーズレビューを勝ち、シゲル軍団悲願のサラブレッド重賞初制覇を達成。に先を越されてしまう。4月福島牝馬SGⅢも特に見せ場なく7着に敗れる。
そんなわけで2度ヴィクトリアマイルでは単勝125.3倍の13番人気という人気薄だったが、内から先行すると直線でもしぶとくり、グランアレグリア圧勝の後ろで5着に健闘、賞1050万円をゲット

8月クイーンSGⅢは直線で沈み10着、10月府中牝馬Sも伸びあぐねて10着とその後2戦はパッとしなかったが、10番人気だった12月中日新聞杯では逃げる8番人気ショウナンバルディと17番人気アフリカンゴールドを5番手で追走、逃げるその2頭を外から追いかけ、追い込み切れなかったものの3着に好走。アフゴとともに3連単263万馬券という波乱を演出した。

6歳となり、愛知杯は2番手でレースを進めたが直線で沈み14着。このレースを最後に現役引退、繁殖入りとなった。

かくして通算21戦1勝な勝ち:2歳未勝利のまま重賞2着3回、3着3回。獲得賞1億6000万円え、2億円稼いだエタリオウには及ばなかったものの1勝としては堂々のJRA史上2位である。
結局、森中オーナー重賞制覇を届けることは出来なかったが、獲得賞では障重賞シゲルジュウヤクえ、シゲル軍団では堂々のトップ重賞初制覇を贈ったシゲルピンクルビーとともに、シゲル軍団を代表する姉妹となった。

引退後

引退後はむかわ町平岡牧場で繁殖入り。初年度のお相手にはエピファネイアが選ばれたのだが、種付けの際にエピファネイアから出るものが出なかったため、同日のうちに代わりにモーリスを付け、事受胎が確認された。ただし受胎したのが本当にモーリスなのか、それとも実はエピファネイアを受胎しているのかは、生まれてみないとわからないとのこと。

その後、森中オーナー2022年10月に亡くなってしまい、シゲルピンクダイヤはその初を受胎した状態で2023年1月の繁殖セールに上場された。スタート価格は30万円だったが、最終的になんと500倍の1億5000万円(税抜)で落札。繁殖セール史上最高価格らしい。
ちなみに初の誕生後、そのモーリスではなくエピファネイアだと確認された場合、落札したオーナーは種付け料の差額1100万円を支払わないといけないらしい。果たして結果やいかに。

ダイヤの原石を磨いた男たち

先行して押し切るが多いダイワメジャー産駒としてはしく現役前半のゲート難も相まって差しとして名を鳴らしたシゲルピンクダイヤだったが、逆に言えば差しの脚質に出てしまったからこそ勝ちきれなかった面もあるかもしれない。
現役後半ではゲート難が解消されて上の和田騎手が得意とする先行する事も出来るようになったが、一方でペースが流れ過ぎると最後の直線末脚が爆発しないという場面も何度か見受けられた。他にも4歳時の府中牝馬Sでは悪を苦にしたり、右にモタれる癖がある為右回りコースが苦手だったり、何かと弱点が多いでもあった。

戦を努めた和田騎手はシゲルピンクダイヤのことを「やんちゃピンク中々的確な評をしており、シゲルピンクダイヤが引退した際には自身のラジオ番組「わだラジ」にて「最後まで分かり合うことが出来なかった…」とコメントしている。管理する渡辺調教師もシゲルピンクダイヤ引退時に「1勝しかできなかったので、もうちょっと何とかしてあげられたかなと悔いが残ります」とコメントするなど、色々と惜しまれる中での引退であった。

上記のように1勝でありながら善戦し続ける姿に惹かれるファンも多かったが、合わせてかつてテイエムオペラオー戦:和田竜二ナリタトップロード戦:渡辺薫彦として競いあった二人が、時を経てタッグを組んでシゲル軍団競走馬で果敢にレースへ挑む姿に、胸が熱くなった競馬ファンも多いのではないだろうか。シゲルピンクダイヤは様々な競馬ファンされたであったといえよう。

今後は彼女子供たちが、の果たせなかったGⅠ制覇というえてくれることを期待したい。
そしてその時はまた、調教師渡辺薫彦騎手和田竜二タッグが見れることも期待したい。

血統表

ダイワメジャー
2001 栗毛
*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
スカーレットブーケ
1988 栗毛
*ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victiria
*スカーレットインク Crimson Satan
Consentida
*ムーンライトベイ
2006 鹿毛
FNo.8-f
High Chaparral
1999 鹿毛
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Kasora Darshaan
Kozana
*ムーンライトダンス
2002 栗毛
Sinndar Grand Lodge
Sinntara
Style of Life The Minstrel
Bubinka

クロス: Northern Dancer 4×4×5(15.63%)

関連動画

クロノジェネシス秋華賞動画がないってどういうこと?

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シゲルピンクダイヤ

1 ななしのよっしん
2022/11/02(水) 23:38:22 ID: DVJqpS0aeP
作成乙不器用過ぎるやんちゃっだったけど、和田さんとナベちゃんのコンビもあって大好きだなぁ…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2022/12/08(木) 20:56:09 ID: BBqA9SUkav
こんなダイワメジャー産駒もう現れんよなぁ。ウマ娘爆発したのもこの頃だったし、同期メロディーレーンに並ぶくらい有名になって欲しい。。。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3 ななしのよっしん
2022/12/31(土) 20:25:21 ID: 6JeknevH3Y
初年度はモーリス
ただしその前にエピファネイアを付けようとした際に出るものが出なかった経緯があり実際は生まれてみるまで分からなかったりする
👍
高評価
0
👎
低評価
0
4 ななしのよっしん
2023/01/02(月) 00:22:27 ID: LSRalNBrCp
エピファネイアガチャ搭載で
👍
高評価
0
👎
低評価
1
5 ななしのよっしん
2023/01/25(水) 14:35:22 ID: TO/gRAyWcJ
1.6億で買われて1.6億稼いでギリギリ元を取り、繁殖セールでも1.5億で売られていくとはなんと馬主孝行な
👍
高評価
1
👎
低評価
0
6 ななしのよっしん
2023/01/25(水) 22:58:40 ID: tg3IxxWLsM
>>5
せめてシゲルご本人にあと半年の時間があれば今日この日を見られたのに……
👍
高評価
0
👎
低評価
0
7 ななしのよっしん
2023/01/25(水) 23:22:23 ID: fcVqSciqQi
>>5-6
落札価格は1600万だから賞だけで10倍稼いだし
オーナー生きてたらそもそもセールに出されてないんだよなあ

エピファにせよモーリスにせよ初事に生まれるといいね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
8 ななしのよっしん
2023/01/29(日) 21:52:46 ID: nlyuKCk2JC
ん〜、たてがみはいし、二つ下のルビーで、そののたてがみの色も黒澤ルビィ髪色にも近い
おそらく関連記事に黒澤ダイヤを追加すればいいかな?(・・;)
👍
高評価
0
👎
低評価
0