編集  

シコルスキー単語

シコルスキー

シコルスキー、あるいはポーランドシコルスキ、あるいはロシアコールスキイ、あるいはな連想をしないよう難に英語シコースキーポーランド語Sikorski 、ウクライナ語: Сікорський 、露:Сикорский 、英語Sikorsky 、なおアクセントはいずれも o )は東スラブ系の姓(男性形。形容詞姓のため、女性の場合はシコルスカSikorska)、シコルスカ(Сикорская)等になる)。

  1. シコルスキー - 板垣恵介の格闘漫画バキ』の登場人物。読者からは「シコちゃん」とも呼ばれる。本項で説明。
  2. シコルスキー - イラストレーター。商業ではライトノベル(一般向け、成人向け)やマンガ雑誌の挿絵等で活躍中。
  3. ゴールシコルスキー - ロシア出身の航空技術者シコルスキーエアクラフトの創設者。本項で説明。
  4. みつもと・C・シコルスキー - PIXIVで活動するもこみす師にして和みすちー推進委員。 → みつもと
  5. ブライアンシコルスキーアメリカ出身のプロ野球選手。→ブライアン・シコースキーを参照。

概要

ポーランド語のシコーラsikora コガラ類の小鳥)あるいは古ポーランド語シーコル(sikor 路の堰)に由来し、かつて東欧広大な領土を誇ったポーランドリトアニア共和国1569~1795ポーランド王国リトアニア大公の制度的同君連合国家)時代からの有者(貴族・軍人)も名乗っている由緒ある姓である(-ski は形容詞語尾)。決してしこるのが好きだからではない。まあ嫌いではないかもしれないが。

1. シコルスキー(バキ)

 CV.津田健次郎
バキ』の最死刑囚編に登場した、ロシア死刑囚。異的な手先の握を持ち、ロッククライミングの達人にも脱出不可能な、弾道ミサイル基地(刑務所は元ミサイル基地)のサイロから何の具もなしに、100kgをえる体格にもかかわらず、僅かなの傷や錆などを使い登攀で脱走した。その際に前作『グラップラー刃牙』で登場したロシア出身の巨で、バキジャックと戦ったガーレンを瀕死の重傷に追い込み読者へのインパクトも植えつけた。

 その身体は「犯罪に手を染めなければロシアにいくつの金メダルをもたらしたことか・・・」といわれるほど。得意技は岩のように硬く握られた拳による打撃で、中の第二関節を突き出したその握り拳(カーヴィング・ナックル)は物のように敵を切り裂く。

 その後は敗北を知るために日本に渡り、アントニオ猪狩徳川光成の前に現れる。猪狩に重傷を負わせ、徳川光成ことみっちゃんに案内され地下闘技場に行く。そこでバキたち地下トーナメントの戦士たちと、自身と同じ死刑囚と顔合わせをし、その際には「を食ってもうまそうだ・・・」と強そうな感じのせりふを残した。

 さらには逆襲に来た猪狩を、部下ともども膚なきまでに倒し、小便をかけるという屈辱的な行為までした。

 が、彼の栄はここまで。

 そこからは転げ落ちるかのように、勇次郎にで使われ江(バキ彼女)を拉致する、バキに殺されかける、フルチン姿でボコボコにされる、オリバさんに挑むも切り裂き拳も一切通用せずにラリアット一発で倒される(フルチン姿で)という様な姿を見せ付けた。そしてオリバさんに倒されたあとは、警察に引き渡される(もちろんフルチンで)。この際刃牙金玉を破壊されている。もうシコレない

 その後脱走し、バキに復讐をしかけるも、同じ死刑囚・コンビで挑むが、セックスパワー色を知ったことでパワーアップしたバキに手も足も出ずにボコボコにされる。

 さらにはその後はジャックと遭遇し、めてその異常の握などを見せ付けるが、パンチ3発で気絶。その後近闘技場に運び込まれ再びジャック噛み直されると戦うことになるが、ジャックにもほとんど手も足も出ないまま、選手交代したガイアという懐かしいキャラによって一方的に追い詰められ、結局自ら情けない

の負けだ~~~ッ!!!
許してくれェ~~~ッ!!!」

命乞いをし、敗北した。

 

 そのヘタレ具合はバキ世界の中でも秀でたものであり、同じ死刑囚たちでも

  • 山さんと死闘を繰り広げ、読者を熱くさせたスペック
  • 卑怯な手を使って生き延びたものの、自分が本当は勝ったことがない人間だと知り自を崩壊させてしまったドリアン
  • 手によってバキを一時は瀕死に追い込んだ柳龍光
  • 膚なきまで敗北を知り、それでもなお己と友情を育み、逃げ場がない状態でも果敢にオリバさんに挑もうとしたイル

といった面々とべるとよくわかる。やはりバキ世界噛ませとして名をはせているロシア伊達ではなかった。

3. シコルスキー(航空エンジニア)

ゴールシコルスキー1889-1972)はロシア帝国領キエフ(現ウクライナ)生まれの航空技術者・飛行
近代ヘリコプターパイオニアである。

海上保安庁シコルスキーS-76C(ニコニ・コモンズ)軍兵学校に学んだ後、フランスに留学。帰後は四発大機や初期のヘリコプターなどの研究に携わるが、ボリシェビキ革命の勃発に伴って外に脱出。アメリカ亡命後は航空技術者として活躍。

飛行艇などを手がけるが、並行してヘリコプターの研究を継続世界初の実用的なシングルローター・ヘリコプターVS-300として結実させる。シコルスキーヘリコプターはぎりぎりでアメリカ第二次世界大戦参戦に間に合ったが、第二次世界大戦後は、様々なヘリコプターを世に送り出し、世界的なヘリコプター普及の立役者となった。

彼の設立したシコルスキーエアクラフト現在も民用・軍用のヘリコプターを生産しており、米軍自衛隊で運用しているUH-60/SH-60海上保安庁の運用しているS-76Cなどもシコルスキー製品である。

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC
ページ番号: 4136097 リビジョン番号: 2605157
読み:シコルスキー
初版作成日: 09/08/04 23:37 ◆ 最終更新日: 18/07/07 07:54
編集内容についての説明/コメント: CV.津田健次郎
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


シコルスキー

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シコルスキーについて語るスレ

109 : ななしのよっしん :2018/10/10(水) 18:42:55 ID: JGbMA4jBG3
そこそこ昔のキャラなのに
死に対する恐怖心が希薄で調子のっちゃいやすいという
一般ロシア人の特徴が顕著に出てる感じかな。
ただそれだけじゃガチの人に会うとやっぱやられちゃうよね。
現実でもロシア系の強者はいかにも冷酷?な性格ばっかだし
あえて逆にしたのは死刑囚の中ではに精面で一般人と大差ないレベルって設定で
最初からかませ扱いだったからだろう。
110 : ななしのよっしん :2018/10/12(金) 19:46:09 ID: UzH+CZe8/m
イル電車にひっついてるのを見てるとシコルスキーもあれはできるのかね……
111 : ななしのよっしん :2018/10/13(土) 20:41:52 ID: 3YzFDozPpu
なんというか他の死刑囚って物やら、爆薬やら、手やら小細工上等な感じなのに
シコルだけ体自慢の格闘気質なんだよね
闘技者たちにない悪の強みとかそんなにがない、だからあんなに噛ませ犬っぽく見えるんじゃないか?
112 : ななしのよっしん :2018/10/13(土) 21:19:09 ID: jy/+QW3RJV
作中でも何回か言われてる通り、身体はかなり高いみたいよね
そもそも凹凸のない100m登りとかれる拳とか刃牙世界でもそこそこ凄いことやってるし

なんであんなに活躍シーン少ないの…
113 : ななしのよっしん :2018/10/13(土) 21:57:44 ID: fjyPE7LbpR
スペック山のパンチに大ダメージ受けたときに方向性は決まったな
死刑囚は素の戦闘は表に及ばないけど、手段を選ばないから手強いって感じに
シコルスキーもその煽りを受けたほか、オリバや勇次郎と関わり負け犬固定
更に次戦では全裸ゆえに卑怯な手段が使えず・・・
更にそのつぎはタイミングが悪く刃牙覚醒してたし・・・
114 : ななしのよっしん :2018/10/14(日) 19:16:37 ID: H+8Obrr8Gt
ぶっちゃけパンツ履いててもあんまり小細工使えるタイプじゃないしなぁシコル。
その場にあるもので軽い撹乱する程度が関の山で、あのジャック正面から挑んじゃうし、ガイアが保護色で消え始めたら正々堂々と戦えとか、死刑囚編全否定するようなトンチキな事言いだすし
115 : ななしのよっしん :2018/10/15(月) 13:42:43 ID: nkU8dBuM7D
冷静になれば自分の体が通じないジャックに対して、槍術とか釘投げとか本人も通用すると思わないはず

や投てきってのも、もうジャックの間合いに近づきたくないという心の折れを表していると思っている
116 : ななしのよっしん :2018/10/18(木) 18:51:44 ID: GLGsdFugXZ
シコちゃんは独歩ちゃんの言ってたその場にある具使うぐらい、鍛えれば拳を撃に変えられるから逸脱してない
競技者馬鹿にしてるだけで競技者だと思うわ
競技者の頂点のようなジャックに本気でビビるのは素で格の違いを思い知らされたからだろう
勇次郎やオリバ、ガイアはウォーリアーは住む世界が違ってて脅威がピンと来なかったんじゃないかな
そのガイアが何でもありを見せつけると卑怯だって言いだすのもそういうことかと
117 : ななしのよっしん :2018/10/21(日) 09:16:16 ID: d2YNP4Ou/s
112
身体に関しては死刑囚どころかバキキャラの中でも上位には来そう、ガーレボコボコにしたのも割と凄いし
戦った相手が肩書きだけでも勇次郎と並び称されたようなとかジャックとかトップ層のやつばかりだったから強みをアピールできる機会が少なかったのが残念
118 : ななしのよっしん :2018/10/21(日) 23:50:13 ID: jy/+QW3RJV
普通に強いキャラクターだと思うんだけど、なまじ戦った相手が相手なせいで描写がイマイチすぎて
ガーレンに勝ったことすら「あれは不意打ちだった」「ガーレンはまだボロボロの状態だった」とか読者になかったこと扱いにされるのは流石に酷すぎる
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス