シザーマン単語

シザーマン

シザーマンとは、クロックタワーシリーズに登場する殺人鬼である。

曖昧さ回避

概要

主人公をひたすら追いまわし、プレイヤー異常な緊感を与える、シリーズの看キャラクター
大きな鋏を軽快に鳴らして、主人公の体を両断せんと追いかけてくる。
もちろんその名前も、その巨大な鋏から来ている。

移動速度は鈍く、他のホラーゲームをやっていると鈍間にしか感じられないが、本シリーズ主人公も同じく移動速度が鈍いため、迷っているうちにじわじわ迫ってくる恐怖感を際立たせる。
バイオハザードシリーズのネメシスなど、『エリア移動を挟んでもなお追いかけてくる』と言う点での類似敵キャラクターは他にも多く存在するが、その中でも一際しつこく、また出現が予想できない恐怖の的として有名である。
全く無音の状態から、シザーマン出現のBGMに移行する恐怖はかなりのもので、時には出現していてもどこにいるのかわからないこともある。移動した先にあったの中に待ち構えていたり、とにかく初見ではその出現は予想できない。

乗り込んだエレベーター天井から出現する、で逃げている際に後部座席から姿を現すなど、失敗ルートオチをつける役も多く担っており、そのどれもが必見の怖さ。

ちなみに、以上はに『1』『2』までの特徴であり、『ゴーストヘッド』には登場せず、『3』にはかなり違った形で登場する。

クロックタワー 

主人公ジェニファー達が養育先として訪れたバロウズ屋敷をうろつく殺人鬼
大きな鋏を携えてジェニファーを追い回す様は、数々のプレイヤーに強な印を残した。

ネタバレにつき反転
正体は、事件の黒幕であるメアリー・バロウズの次男、ビィ・バロウ
年齢は9歳だが、残虐な性格をしており、ジェニファーやその親友達を次々と惨殺していく
台詞などは一切く、ただうめきを上げつつ歩いてくるばかりの、非常に不気味な存在。
狡猾ではあるもののどこか知が足りない所があり、ここでだけは出て欲しくなかった、とプレイヤーに呻かせるようなタイミングで出現することがある一方で、ジェニファーにベッドなどの下に隠れられると、見つけられずに去っていくことが多い。 

初登場は、ジェニファーが親友達はぐれた時で、ジェニファーのの前で、親友・アンの遺体を執拗に鋏で切り刻んでいた。 以後、全編に渡ってジェニファーを追い掛け回す。

しかし実は、屋敷の中にある巨大な時計=CLOCK TOWERが停止したことで、自らの時間が止まっているために生きている存在であり、本来ならば器官の未発達のせいで3日と持たない命であった
最終的にジェニファーは、彼から逃げ惑いながら時計に到達し、止まった時計再起動
これによってボビィ・バロウズの時間は再び動き出し、彼の体は悲鳴を上げた。そして彼は鋏すらも取り落とし、ジェニファーのの前で、時計機関部分に落下していった。これが初代シザーマンの最期である。 

クロックタワー2

前作から2年が経過した世界で、再びジェニファーの前に現れた殺人鬼
屋敷の事件が人々の間で話題となったことで、シザーマン自身も、犯罪史上稀に見る悪なキャラクターとして、人々の恐怖と人気の的となっている。

ジェニファーは親友の死からようやく立ち直り、ボーイフレンドが出来る気配も出始めていたのだが、何故かそのの前に再び出現した。
ジェニファーの通う大学などを舞台に、彼女やその関係者達をひたすら惨殺していく。
その犠牲者は、前作の3倍近くに上る。 

初登場は、ノランとのディナーの約束をした帰りのジェニファーを付けまわすというもの。
何らかの気配を察知したジェニファーは大学の警備員に助けをめるが、彼をいきなり背後から鋏で刺殺し、その姿を現した。

以後、ジェニファーを追い掛け回すが、今作でシザーマンを倒す鍵である魔像に話が及ぶと、魔像を手に入れようとするノランにも襲い掛かり、魔像の手がかりを追ってジェニファー達がたどり着いたバロウズ屋敷にも同じタイミングで出現するなど、 魔像に関わる者を広範囲にわたって付け狙う。
今回は鋏に加えて、サイコキネシスシャンリアを落下させて圧死させるなど、殺方法にも幅が出ている。 また、終盤、饒舌に喋る場面がある。

ネタバレにつき反転
正体は、前作の事件の生存者として救助された、エドワードという少年。 
しかし、前作にはもちろん彼のような人間は登場していない。彼は、救助されてから今に至るまでショックで記憶を失っており、その素性がどわかっていないという設定であったが、前作でジェニファーと共に巻き込まれた人物である可性は低い。 
彼の出自に関してはが多く、ここからはど憶測に立脚するものだが、ではその正体はかと言えば、初代シザーマンと同一(ボビィバウロス)ではなく、ボビィであるダン・バロウである可性が高い。 ダンはボビィ双子で、器官の異常により巨人のように肥大化した赤ん坊の姿で前作に登場した。超能力を操ることができ、屋敷の中の怪現は彼の仕業であるとされた。 
彼はジェニファーを追い回すうちに灯油を被り、炎に包まれて焼死したはずだった。が、ボビィとは違って生存しており、救助されて記憶を失った振りをしつつ、ジェニファーへの復讐を企んだ、というのである。 
かなり矛盾点の多い推測だが、今作中でシザーマンはサイコキネシスを披露しており、それが前作のダン超能力と酷似しているというのが大きな理由である。 

終盤、バロウズ屋敷を訪れた一行の中から、ハリスを操ってジェニファーを連れ去さらせ、彼を惨殺した上で、正体を明かす。
地下洞窟に逃れたジェニファーを追い詰めるものの、彼女によって魔像が鍵になっていた巨大なが開かれ、周囲のもの全てを吸い込み始める
巻き込まれたエドワードジェニファーにしがみ付いてあがくが、最期は短で刺されて尽き、の向こうへと永遠に消えた。 
こうして、ジェニファーを襲ったシザーマンは、永遠に葬られた

クロックタワー3

製作カプコンシナリオチームに移行したことで、かなりゲームの内容が変わり、シザーマン自身も大きくその性質を変えている。
というか、ファンの間では『3』のシザーマンはシザーマンとして認められていない節すらある。 

道化のような格好をした、ルディジャニスという兄妹
けたたましいで喋り、『2』までのシザーマンの面影は一切い。
鋏というより物全般に執着している。 

ロウ公爵(『2』までとは別人)に拾われた孤児で、兄妹って彼に仕えてきたが、既に当時から異常性を発揮しており、近隣の住民を惨殺していた。 

魔のモノの配下として復活後は主人公アリッサを付けまわし、彼女幼馴染・デニスを、巨大ギロチンのある拷問部屋に監禁して彼女脅迫する。
ギロチンで被拷問者がっ二つになるのをみてこの上なく喜びはしゃぎまわるという残さを見せるが、アリッサの木の矢に貫かれてジャニス死亡し、ルディはアリッサに襲い掛かっているところを、デニスの機転によってギロチンの餌食にされた。

再び魂だけの存在となった後も、兄妹って笑いをあげつつ、ギロチンと共に消滅した。 

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シザーマン

20 ななしのよっしん
2014/08/24(日) 11:07:30 ID: 8D8H6+bBLW
>>16ヘレンルートでは刑事拳銃
効かない描写があった
21 ななしのよっしん
2014/10/10(金) 19:38:41 ID: 1mHL1DA3R9
>>3
クロックタワー時計が止まったことでの時間が止まって延命されてたわけだけど
同様にの時間も止まって永遠に赤ん坊のまま

時計が動き出した事では「成長」してと同じ姿になれた
って解釈はどうだろう
22 ななしのよっしん
2014/11/29(土) 16:45:08 ID: v0rKUEK2tb
>>21
残念だがその解釈は違う。
「2」発売時にリリースされた小説版で設定補されてるんで搔い摘んで書いとくな。

・バロウ邪教信仰によって生まれる怪物は「偉大なるの使途」と呼ばれ、生後10年間をサナギと呼ばれる巨大な児の姿で(←これが1におけるダンの姿)すごし、その後、羽化して成体となる

ダンはボビィと違い順調に育ってたもののジェニファーに焼かれたが結局、不死身なので死んではおらず、火の熱によって羽化が促進され短時間で成体に進化した。
・・・んでもって、記憶喪失被害者を装って屋敷を抜け出し、エドワードと名乗って2の事件を引き起こすわけだ。

「熱によって羽化が促進」のくだりはPS移植版の初代で伏線として追加シーンが加えられてるけど、2が初プレイの人やSFC版しかやってない人にとってはダンエドワードって図式は少々唐突な事実だよな。
「2」本編でも「ぼくはエドワードじゃない、ダンだ!」としか言わないし。
一応、オプションあらすじで前作のストーリー
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
23 ななしのよっしん
2018/06/21(木) 12:24:14 ID: v0rKUEK2tb
>>16
小説版読めばわかるけど、強な念動大人一人吹っ飛ばして簡単に腕一本へし折れるし、
ジェニファーに至ってはクロックタワー事件の時にシザーマンテレパシーで操られて
自殺させられそうになったって描写がある。
それだけのを持ってるんだから、その気になれば人ひとりなんてあっさりやれちゃうだろ。
それをしないのはシザーマンにとって殺人が遊びに過ぎず、殺人が遊び相手って認識だから。
一部の回避行動で右往左往するのもわざと余裕ぶってるだけ。

こんなやつを実際にの前にしたとして、わざわざ接近して
武器取り上げようなんてあんただったら思えるか?


24 ななしのよっしん
2018/06/23(土) 22:39:18 ID: vT1oOKtOQb
ハサミを奪ってもスペアを持って来るかも
25 ななしのよっしん
2018/09/10(月) 00:37:55 ID: j7EipwAMQ9
一応GHもを引きずりながら迫る不志人と甲高い笑いと共に追跡してくる千
それぞれ自身の存在を知らせる特徴的な音を伴って追ってくるって言うシザーマンの特徴を受け継いでるな。
26 ななしのよっしん
2018/09/25(火) 19:12:30 ID: dgk8UJw8vz
>>25
ゾンビも出現直前に「うぉーん……」ってうなり出すよ。
ギャグめいてて聞くたび笑っちゃうけど。
2章最後のゾンビシューティングで「うぉーんあおーん」って言いながら
非常口からゾンビの大群が入ってくんのには爆笑したわw

そういや、寄生の設定て、密かにバイオ3のネメシスの設定に受け継がれてるよな。
BOWの知性を補うために外部から寄生生物を植え付けることで
本体の支配権がそちらに移るっていう。

27 ななしのよっしん
2018/12/11(火) 01:05:11 ID: puM+0v0fwI
バイオハザードならリサトレヴァー(GC版1)がシザーマンの影受けているかな?
じゃらじゃら鎖を鳴らしてゆっくり歩いてくるのだが、ロケットランチャーでも殺せない(倒れるがしばらくすると復活)。
28 ななしのよっしん
2019/04/02(火) 08:03:30 ID: mxOq1AObWo
>>24
小説版のジェニファー編だと、で撃たれた末に液まみれののような正体を
さらけ出したのち、手の周りに闇のオーラを凝縮させて
ハサミの形に形成するっていう描写があるから、具の有なんて関係ないんだろう。
だけでも人殺せるようなだし。
29 ななしのよっしん
2019/04/02(火) 08:06:40 ID: mxOq1AObWo
上の概要の2の、シザーマンの正体についてのネタバレ、推測的に書いてあるけどその通りでいいんだぞ。
公式設定に基づいた正しい情報>>22に書いてあるから、
修正しておいてくれや。