シスクード単語

シスクード
2.0千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

シスクードとは、ゲームSDガンダム GGENERATION モノアイガンダムズ』に登場するモビルスーツである。

概要

SISQUIEDE
シスクード
LRX-077
所属 ティターンズエゥーゴ
頭頂高 23.0m
重量 38.1t
搭乗者 シグ・ウェドナー
特殊

フィールドバリア

オフェンスモードシグ機のみ)

オフェンスモード2(シグ機のみ)

武器

ティターンズが開発した試作MS名前は「左の」の意。
プロジェクト・セイレーネの中心となるMA「テラ・スオーノ」の護衛用随伴機であり、同プロジェクトで開発されたデスパーダ兄弟機にあたる。

ガンダムMk-II奪取作戦シグサイド7潜入時に発見し、強奪。 基調のティターンズカラーから基調のエゥーゴカラーに塗り替えられ、以後シグの乗機として、アイン・レヴィデスパーダとたびたび突することになる。

デザインガンダムタイプの意を残すが、他のティターンズ機と同じくモノアイを採用しているため、クワトロ・バジーナの何気ない一言から「モノアイガンダム」の俗称で呼ばれた。

兵装は巨大な手持ち武器Iフィールドランチャーサーベルのみと至ってシンプル。このIフィールドランチャー自体がIフィールドバリア発生器となっており、名前に偽りない防御を誇る。
Iフィールドランチャーは長射程のロングレンジビームライフルと威を重視した高出メガ粒子砲メガカノン)の撃ち分けが可で、攻守隙のい高性を誇る。

コスト度外視で機動性を追及した設計がされており、2段階のリミッターが設けられている(後述)。

設定では巡航形態への簡易変形も可であるのだが、ゲームで「変形」が実装されたことは、今のところい。

ティターンズで少数が量産されていたらしく、『DS』ではの第3軍ティターンズカラーのシスクードを複数機使用してくる。シナリオ終了後のフリー索敵モードでは実際に捕獲できたりする。これによってのシスクード3機編成も可だが、残念ながらオフェンスモードシグいシスクード以外は使用できない。

後のGジェネシリーズでも『NEO』『SEED』『ジェネシス』に機体のみではあるが本機が登場した。
そして、2019年の『クロスレイズ』でDLCコンテンツ限定ではあるが、シグと共にシスクードの雄姿が披露される事になる。同時にオフェンスモードシーケンスも詳細が明らかになった。

オフェンスモード

リミッター解除した状態はオフェンスモードと呼ばれ、フル稼働状態であるオフェンスモード2」ニュータイプの反応速度さえ越する圧倒的な機動性を発揮する。
しかし、その際に発生する絶大な負荷は身体体を向上させた強化人間ですら対応できない程のものであり、実際に開発したライプチヒ研にさえ本機を全に乗りこなせるパイロットは居なかった。

原作ゲーム上では「オフェンスモード」はハイパー化ユニット上昇コマンド)、「オフェンスモード2」は必殺武器として搭載された。

当初はNT専用機である上に「システム・ファブニール」を起動したデスパーダが立たなかったが、迷いを振り切ったシグオフェンスモード解放した後は量差もあり、デスパーダを圧倒する性を発揮した。

前述のとおり『クロスレイズ』でのシーケンスでは
オフェンスモード」(作中では「オフェンスモード・フェイズ1」と表記)リミッター解除コマンド後→Iフィールドランチャーの最大出照射→両手(順手持ち)のビームサーベルによる
オフェンスモード2」Iフィールドランチャー射撃後、『モノアイガンダムズ』のハイパー化の様な色の噴射と共に超スピードでの撃(逆手)→い炎をって突撃という二段構えの攻撃になっている。

関連動画

関連商品

ガシャポン戦士NEXT08とSP02は3種アソートされているが、いずれもモノアイの向きの違いのみ、SP02は実質再録となっている。2016年エゥーゴティターンズカラーのコンバージ化が発表された。
2019年1月SDガンダムクロスシルエットでのガンプラキット化が発表された(しかもエゥーゴ/ティターンズカラーの2バージョン)。
さらに4月にはプレミアムバンダイ限定で食玩Gフレームの予約がスタートリアル体形では初の商品化となる。値段は3456円(税込)と高価だが、値段に見合うボリュームとなっている。当然のようにエゥーゴ/ティターンズカラーの2バージョン

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%89
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シスクード

30 ななしのよっしん
2020/03/12(木) 20:53:49 ID: tMcRDYZK/p
オフェンスモード2の髄は、加速による体当たりとみた。
この体当たりを初撃としてるのが過去作、繋ぎで使ってるのがSEEDトドメにしてるのがクロスレイズなんだね。
31 ななしのよっしん
2020/04/14(火) 00:53:38 ID: QbdWf2rzxe
クロスレイズ一の宇宙世紀の機体だな…
32 ななしのよっしん
2020/08/02(日) 11:45:26 ID: WjtE18i9UF
「止まれ!貴様…そのカラーリングティターンズガンダムだな!」
ヒュッケバインです」
「よし通れ」
33 ななしのよっしん
2021/01/09(土) 18:29:35 ID: AaJgXh+DHm
他にモノアイガンダムと呼べそうな機体といえば、ガーベラテトラ(元GP04)、ドーベンウルフ(原機がMKーV)、ザク頭のZザク、後シナンジュスタインもガンダムに入れるならそれをモノアイ改造したシナンジュモノアイガンダムと呼べるだろう。
34 ななしのよっしん
2021/05/01(土) 11:33:17 ID: c8ZvMCdpss
>>33
ガンダムって割と元の機体がどうこうより見たで決めつけられることの方が多いので、そいつらは見たがほぼガンダムじゃなくなってるので違うと思う。ガンダムから枝分かれした系列で(後付けとはいえ)ガンダムの技術が流用されているジムカスタムのことは「ガンダム」とは言わないだろ。
35 ななしのよっしん
2021/07/23(金) 15:52:13 ID: AaJgXh+DHm
ガンダムからジムのように大幅に設計変更させられた機体はともかく、ザク頭のZなどのようにガンダムから修された機体ならガンダムと言えるのでは?
後、リックディアスも当初はガンマガンダムと名付ける予定だったそうだから、もしその名が実現していたらこの機体もモノアイガンダムと呼べるだろう。
36 ななしのよっしん
2021/11/12(金) 18:35:17 ID: c8ZvMCdpss
>>35
ガンマガンダムは有名な話だが、「ガンダリウムγ使ってるんだって? じゃあガンダムあやかってガンマガンダムだ」というブレックスさんのミーハー心で、しかもシャアに止められたからなぁ……まぁRXシリーズ以外ガンダムの系譜じゃないとか言ったら突然変異で出てきたZ系列や「ガンダムに似せただけなんです」なVはガンダムじゃないという事になっちゃうけどさぁ……
ただ、おたくのいうやつらを含めていっちゃうと割と何でもかんでもモノアイガンダムになっちゃうから正直キリがくなってくるわけで……
裏取引で向こうに渡るまでリックディアスの次のMSとして作られたガンダリウムγ製のマラサイモノアイガンダムなら、
Mk-II量産型という設定のバーザムモノアイガンダム
Zの技術パクって作ったバウモノアイガンダム
TR-5ほぼほぼギャプランだけどセンサー部分はヘイズルと同モノアイガンダム
ナリィの一部部署が接収された結果生まれたベスパMSモノアイ……ああ、あれはモノアイじゃなくてネコ
37 ななしのよっしん
2021/11/16(火) 22:48:58 ID: eybJ8r2E0B
U.C. ENGAGEシスクードも登場するが、プロジェクト・セイレーネ公式に組み込まれたんかな

ガンダムエース漫画ではGジェネオリジナルの機体も独自設定で登場するし
38 ななしのよっしん
2022/07/15(金) 05:10:20 ID: AaJgXh+DHm
>>36
逆にどう見てもガンダムにしか見えないF90F91も正式名称にガンダムは付いていないようだし、ガンダム定義は結構曖昧なのでは?
39 ななしのよっしん
2022/09/16(金) 00:59:57 ID: 5vWzSpKu9v
F90F91も劇中でガンダムって呼ばれてるしシスクードも同様
ガンダムと言えなくもないけど…系の機体との差はここかなあ