シチュエーション単語

410件
シチュエーション
1.3千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

シチュエーション(situation)とは、「事態」「局面」「形勢」「立場」「状態」「遇」などの意味を持つ英単である。

概要

シチュエーションとは、「事態」「局面」などのように使われる単であるが、小説アニメ漫画・劇・映画などでは、「筋を展開させるために設定された状況」のような意味で使われる事も多い。

このような場合の「シチュエーション」に置き換わる単としては「状況」「場面」などがよく当てはまる。

 「学園もの」を例に挙げてみても、同じ場所でも時間帯(真夜中)、季節、イベントと何をしに訪れたか、何が起こるか、待ち受けているか、視線から見るか…によっても全く異なる顔を見せるため、かなり枝分かれしていくし、シチュエーションを生かすも殺すも製作者の腕の見せ所ともいえる。

学校・ショッピングモール・戦場といった周囲の地形・環境もシチュエーションであるが、自身が問題に立ち向かったり逃げ出す、仲間や味方が駆け付けたり新たな敵が出現する…といったものもす。単純に会話・説明・解説しているシーンも含める。

似たもので「シーン」があり、そちらは視覚的な意味合い。
(シチュエーションは環境的な要素が強い)

現実において

警察消防・軍隊など、多なシチュエーションを模した訓練場・演習場、
実際の屋や施設等を用いて演習を行い、即応性・汎用性を高める例も多い。

ニコニコ大百科において

ニコニコ動画においては
萌えシチュエーション」という単もよく使われていて、
萌え仕草・シチュエーションの一覧」などのような記事もニコニコ大百科で作られている。

構想に困った際には参考にしてみるのも良いかもしれない。(次項も含める)

要素など

  1. どんな状態のどんな場所で
  2. どんな状態の人や物に対して
  3. 何をどうするか、どうすべきか
  4. 解決すべき方法・アイデア
    1. それを実行する利点/欠点/コスト…など。
  • 時には逆転の発想や、ランダムも思いつかないような組み合わせを用いる必要がある。
  • いつどこで(どんな状態の)何が(どんな状態の)何をどうする/どうした
    →結果どうなった/評価など、さらに広義に構想する必要も出てくる。
  • 十分な構成伏線がないと「ご都合主義」と呼ばれかれる場合もある。

一部は アイデア ネタ ネタ切れ といった項とも重複する。

作品制作においては、シチュエーションに応じた背景音楽の選択・コマ割りも必要となる。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シチュエーション

1 ななしのよっしん
2012/07/23(月) 23:01:03 ID: GYtBX26vL5
一番シチュエーションでもろうぜ!
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 名無し氏
2016/07/30(土) 13:56:09 ID: jDX0unLRi/
どうしてダレもいないんだよw
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3 ななしのよっしん
2017/07/24(月) 11:16:14 ID: 5uxhhdLp05
TRPGによくありがちだけど、本来の意味(劇作用)を知らずにシーンだのカットだの言ってるのと同じで、なんとなく知ってる「つもり」になってるが多いからだろう
わざわざ調べなくても知ってる(と思い込んでる)から
記事の文面も「話を展開させるために設定されたもの」なんて書いてるけど、展開させない為のシチュエーション、つまり駄なシチュエーションなんて基本的に存在しない
👍
高評価
0
👎
低評価
0