シドニー・シトレ単語

シドニーシトレ

シドニー・シトレとは、銀河英雄伝説に登場するキャラクターである。

概要

CV内海賢二石黒監督OVA・新たなる戦いの序曲)、佐藤正治)、相沢まさきDie Neue These)。

自由惑星同盟に所属し、作品開始時点での統合作本部長で階級は元帥身長約2mの大柄な男性。同盟側の主人公であるヤン・ウェンリーにとては、士官学校時代の校長中将)、第5次イゼルローン要塞攻防戦時の総司令官大将)であるなど、何かと接点がある人物であると共に、数少ない理解者の一人だった。

アスターテ会戦の敗北後、ヤンを抜してイゼルローン要塞攻略させた。シトレの思惑としては、イゼルローン要塞攻略によって戦火が遠のくことを期待していたが、戦火はむしろ拡大する方向に動いてしまう。アンドリュー・フォークという、ヤンをえる功績を打ち立てる機会を欲していた一人の准将が、個人的ルートで当時の最高評議会議ロイヤル・サンフォードの元に帝国領への侵攻作戦案を持ち込んだことと、低下しつつあった政権の支持率を回復させ、翌年に控えた総選挙での勝利を確実なものとする必要があったサンフォード政権の思惑が重なり、銀河帝国への侵攻作戦は実施されることになる。何より、同盟市民の間に、さらなる勝利めるが強まっていた。イゼルローン要塞を奪取しただけでも支持率は跳ね上がっていそうだが、「からも選ばれなかった」と揶揄されるサンフォード政権は、どれだけ不人気だったんだ?コーネリアウィンザー情報委員長の前任者の不祥事は、それほどすさまじかったのか?

シトレ自身は、この帝国領侵攻作戦に反対であった。自由惑星同盟の疲弊したと軍にとって、負担ばかりの大きい謀きわまる作戦だったからである(たとえ成功したとしても同盟の益にはならない)。結局、同盟軍は有名なアムリッツァの大敗北を喫してしまい、シトレは責任を取る形で統合作本部長を辞任・退役を余儀なくされる。

その後のシトレは、救軍事会議クーデターに際にヤンへの支持を表明したした他は、歴史の表舞台に登場することはくなった。自由惑星同盟の滅亡後に発生したグエン・キム・ホア広場での騒乱帝国軍に拘禁された際も、群衆の一人としてであった。

実現しなかったシトレの思惑

自由惑星同盟末期において、シトレは同盟の未来のために何かと尽した。制服組のトップという権中枢に近い事情もあって、政治家を相手に政局抗争を行っている一面はあったが、基本的には良識的・現実的な人物である。ヤンにイゼルローン要塞攻略させた一件にしても、その意図するところは、敵の自由惑星同盟への侵攻拠点を失わせ、戦火を遠のかせることであった。友人であり、当時の自由惑星同盟財政委員長でもあったジョアン・レベロのように、シトレと考えを同じくする人物も同盟政府に存在していた事実を考えると、十分に実現可論見のはずであった。

歴史IFい。だが、シトレの持てる部下と人脈を総動員した構想の通りに事が運んでいたら、銀河歴史自由惑星同盟の運命は、別のものになっていたであろうことは間違いない。銀河帝国との間に、有利な条件で講和が成立していれば、150年に及ぶ戦争で疲弊していた自由惑星同盟は「民休養」の時期を迎え、内政面でも軍事面でも国家の再建にあたることができたであろう(ついでに言えば、シトレ自身の立場や発言も強化されることになる)。
そうなることを、シトレ自身と、そして彼の同僚や部下、友人たちも望んでいたと思われる。平和が実現すれば、高齢のアレクサンドル・ビュコックは、ご婦人と余生を過ごすために退役することも不可能ではなかったであろう。シトレの友人で、作中で「時の人材」と称されたジョアン・レベロも、平和な時代の有能かつ良心的な政治家として、自由惑星同盟の再建に尽できたであろう。統合作戦本部次長としてシトレを支え、次世代の統合作本部長の最有補とされていたドワイト・グリーンヒルも、良識的な手腕で安定体制を築いたであろう。ヤン・ウェンリーも、本来の希望であった歴史を志すことができたかもしれない(シトレがヤンの退役を許したかどうかは定かではないが)。

実際には、戦火がむしろ拡大する方向に動いたのは、上述の通りである。グエン・キム・ホア広場の騒乱帝国軍に拘禁された際、シトレは自分が生き残ったことに対する自責の念を述べているが、その時の彼の頭には、歴史動に巻き込まれて死んでいった友人や同僚たちの姿があり、彼らを死に追いやった責任を感じていたのかもしれない。
だが、忘れてはいけない。このような事態に至ってしまった原因は、細かく述べれば一人の自意識過剰な軍人の行動や、時の政権の先の利益を優先した結果であが、根本的には、自由惑星同盟権者たる市民にある。「民政治が倒れるのは全市民の責任だ」とアレクサンドル・ビュコックが発言したように、国家が財政的・人材的に大きく疲弊している状態にもかかわらずに「さらなる戦果」をめ、戦火の拡大を容認したのは、紛れもなく市民たちなのである。 

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%89%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%88%E3%83%AC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シドニー・シトレ

39 ななしのよっしん
2017/08/19(土) 21:49:07 ID: VZR+7QIsT4
最大限好意的に解釈すると、ヤン自身がずっと前から
づくでイゼルローンを落とすのは理だし意味」
してるから、
「ならば、づくじゃなくて計略でやってみたまえ」ってことで
半個艦隊で行かせたんだろう
40 ななしのよっしん
2017/08/21(月) 20:04:49 ID: WDdIX0Aq1a
まあその理屈でヤンに首を縦に振らせるとして、「半個艦隊でイゼルローン落とせや」と言われた第13艦隊でよく反乱だの集団脱走だのが起こらなくて良かったよね。
そんな騒ぎになったら間違いなくシトレの首が飛んだろうし。
41 ななしのよっしん
2017/08/22(火) 14:36:27 ID: VZR+7QIsT4
いちばん危険な任務をわり当てられた(=いちばん反乱しそうな)
シェーンコップはヤン自身が説得したし、他の一般兵とかは
エルファシルとアスターテの英雄という肩書を信用したか
もしかしたらパトリチェフあたりが説得(物理)したんじゃないかな
42 ななしのよっしん
2017/08/23(水) 05:33:54 ID: ae/1zb4BPi
そこはフィッシャーの腕かな

……まあ、逆に半個艦隊であることが幸いして、なにやらされるのかさっぱりわからず(全員自爆特攻したところでイゼルローン落とせるとは思えんし)、叛乱の契機がつかめなかったのかも
43 ななしのよっしん
2017/08/25(金) 17:30:44 ID: GAu+Kbxk8z
反乱や集団脱走が発生しなかったのは、結成間際の寄せ集め部隊だったというのが、逆に強みになったのかもしれない(個別の脱走については後述)
大人数で反乱や脱走をしようと思ったら、仲間を集める、実行後に後始末をどうするか考える、といった準備が必要だけど、お互いを良く知らない寄せ集め集団では、まず仲間を集める段階で一苦労することになる。実行前に作戦が始まってしまえば、何もできなくなる
で、個別の脱走については、戦場においては、戦闘中のどさくさにやるのが基本。で、作戦中の第13艦隊は実質的にはほとんど戦闘をしていないから、結局、脱走しようにもできなかった、と。 まあ、個別の脱走については、戦闘中でなくてもやるヤツはいるから、発生しなかったのは偶然かもしれないけどね
44 ななしのよっしん
2017/09/26(火) 22:36:58 ID: WDdIX0Aq1a
実在俳優キャラデザモデルにする方式が新版でも採用されるとすると、シトレはになるかな。
やっぱりモーガンフリーマンかな。サミュエル・L・ジャクソンの線も捨てがたいけど。
45 ななしのよっしん
2018/04/17(火) 20:10:11 ID: GUShO1gugV
中華資本の実写版でもろに出演したりして(笑)
46 ななしのよっしん
2018/07/04(水) 15:41:50 ID: EYhsevri/5
第七次イゼルローン要塞攻略戦については、元々第2、第4、第6艦隊に新設の定数満たした第13艦隊の4個艦隊で行う予定だった説
それが急遽アスターテで2,4,6艦隊が壊滅して、第13艦隊用の予算も遺族年金に消えたけど攻略作戦は決定事項だからって理由で、半分だけしか用意できなかった第13艦隊単独の作戦になっちゃったとか
47 ななしのよっしん
2018/07/11(水) 20:18:06 ID: dDbEBihYcn
四個艦隊動員の作戦考えてたなら他の艦隊を代わりに動員しそうな気がするが
48 ななしのよっしん
2018/12/24(月) 23:09:36 ID: IjchGEVrik
半個艦隊でイゼルローン攻撃を命じたことに批判が出ているけど、大軍で落とせない堅を少数で奇襲するというのは戦術としてある。有名どころだと竹中半兵衛稲葉山城攻略。信秀信長親子がてこずった堅をわずか20名足らずで落させている。

攻めは大軍でという固定観念を逆に突くからね。