シビリアンアストレイ単語

シビリアンアストレイ

シビリアンアストレイとは、機動戦士ガンダムSEEDシリーズに登場するモビルスーツである。

シビリアンアストレイDSSDカスタム

OVAC.E.73 STARGAZER』に登場。式番号:UT-1D

UT-1D「シビリアンアストレイDSSDカスタム」は深宇宙開発機構D.S.S.Dが保有するアスレイタイプモビルスーツである。連合軍の接収を逃れた元オーブ技術者ジャンク屋組合の協を得て開発された。
式番号の[UT]は「ユーティリティ」の略で、そのまま多民生機を意味する。

ベース機は宇宙専用機M1AアストレイおよびMBF-Pシリーズ、すなわちプロトアストレイシリーズを使用。作業用モビルスーツとして宇宙における建築作業や救助を想定し、頭部に繊細な作業用の高精度センサーを搭載する。
外観上従来のアスレイと一変した頭部だが、バイザーのに通常のガンダムフェイスカバーされている。このバイザーは高精度センサーを搭載した頭部をデブリの衝突から保護するために用意されたもの。

UT-1Dをる上で最も重要な部分が背部にマウントした特殊な「電磁推進システム」だろうか。偏向スラスターと電磁システムハイブリット・モジュールで推は低いが推進ガスプラズマの噴出による汚染度も低いため、DSSDの精密機器に影を与える事がい。
これが後にスターゲイザーガンダムの「ヴォワチュール・リュミエール」の原になった。

シビリアンアストレイDSSDカスタム(ロウ仕様)

模型企画DESTINY ASTRAY R』に登場。

ジャンク屋のロウ・ギュールシビリアンアストレイDSSD仕様ベース良を加えた機体。シビリアンアストレイJGカスタムベースにしたマーシャンのモビルスーツターンデルタ」のテストベッドタイプ

変更点として頭部バイザーを外し、スリットセンサーと右側のみブレードアンテナを装着したことが挙げられる。機上はシールドからビームシールドが展開可になり、鎮圧用のトリモチランチャーシールドに内蔵する。 一方でエネルギー消費量も増大したが、背部の電磁推進システムエネルギー受信システム良したことで理論的には限に活動が行える(エネルギー送信にはDSSDの宇宙ステーションからエネルギー送信を行う)。

シビリアンアストレイJGカスタム

FRAME ASTRAYS』『C.E.73 Δ ASTRAY』で登場。式番号:MWF-JG73

シビリアンアストレイジャンク仕様フェイスガードバイザーの有をはじめとする頭部デザインバックパック部などが変更されているが、基本は個人のカスタム次第のため数のバリエーションが存在する。
軍事MS較すると機・性は限定されているものの少なくとも「レイスタ」からは様々な良点が見られ、ジャンク屋組合が販売する改造キットを使用したカスタマイズも多数作られた。

本機やレイスタなど、ジャンク屋組合が開発・販売している民生機を自衛以外の戦闘で使用する事は、本来は規約違反である。当然ながらモビルスーツというマシンの成り立ちや形状から、いくら作業用と銘打っても容易く戦闘に転用出来るため、購入者には厳格な審のもと販売していた。
一方でゲリラや武装組織からは安価で容易に調達可モビルスーツにしか思われてないのか、審を潜って多数の戦闘カスタム機が製造されたようだ。アスレイシリーズ作中にはシビリアンアストレイ改造したカスタム機が多数存在するが、その中に戦闘用として改造されたものも多い。

ジャンク屋でありながら一部では伝説となっている(らしい)ロウ・ギュールですら自衛用とは思えない、戦闘に特化した改造を施していた。もはや全に死の商人である。

先にチラッと触れたがジャンク屋組合はレイスタシビリアン用の改造キットを売っている。キットはレッドフレームやタクティルアームズ込みのブルーフレームセカンドL改造キット、ゴールドフレーム天ミナ改造キット、グリーンフレーム塗装キットなど。これらは非常に人気を博している大ヒット商品で、上記の機体の外観に似せることができる。

ロウレッドフレームの活躍はコズミックイラではファンが出来るほど広まっている。MSファンの好事達からはレッドフレームレプリカの販売を望まれていた。そこで組合製のレイスタ、あるいはシビリアンの購入+改造キットの販売で民正機モビルスーツレッドフレームの外観に似せる事が可になった。バンム並に商魂逞しい。

このため今ではレッドフレームもどき増殖し、作業現場に一機はレッドフレームがいるという事が起こっている。

注意点:「本人と間違われてトラブルになった場合でもジャンク屋組合として責任はとりません。すべて自己責任で」

レオンズ専用アームズアストレイPMCカスタム

FRAME ASTRAYS』で登場。
PMCに所属するレオンズが専用のシビリアンアストレイDSSDカスタムを自費で改造した機体。機体名は武装(アームズ)を意味する。

レオンズの得意とする射撃戦に特化した機体であり、射撃性向上のために頭部センサー類を良、外観の印シビリアンから大きく異なる。最も大きく変更された頭部はバイザーが外され新規にブレードアンテナを装着している。
他は大して違いはないように見えるが各部パーツ交換によって性が高められている他、 背部はエネルギー受信機良され限に近い活動時間を得ている。

ターンデルタ

漫画『C.E.73 Δ ASTRAY』に登場。
ロウ火星移民マーシャン用に改造した機体。ベースシビリアンアストレイJGカスタムが使われている。

→詳細は「ターンデルタ」を参照。

ガンダムアストレイ バイオレンスガイスト

模型企画DESTINY ASTRAY R』に登場するシビリアンアストレイ改造機。

→詳細は「ガンダムアストレイ バイオレンスガイスト」を参照。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%93%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シビリアンアストレイ

1 ななしのよっしん
2017/11/13(月) 09:43:58 ID: ABJaLTsULI
ケロケロエースビルドファイターズの前身のビルダーズの前身だったガンプラバトル漫画主人公がこれのキットで恐竜モチーフにしたトンデモ改造やってた記憶
元のキットに負荷のかかり過ぎるゲテモノだったからすぐに壊れた模様