シベリア単語

シベリア

シベリア(露:Сибирь英:Siberia)とは、楽園である。

加筆依頼 この項は、編集者がシベリア送りになったため内容が少ないです。
この記事はシベリアの空気のように内容が希薄で、タイガの針葉のようにそこに立っているだけの記事です。加筆訂正などをして下さる同志めています。

概要

ロシアソビエト連邦)の中でも特に東、ウラル山脈以東の地をしてシベリアまたはサイベリアという。
このが示す領域はロシア歴史に伴って大きく変化しており、現ロシアでは意外と小さい。

シベリアは古代から流刑地として扱われていたため、ロシア内では陰惨なイメージがついて回っていたが、革命闘士である諸君らも承知の通り、同地が同志によって解放された後はまさしく労働者の楽園となったのである。
同地は鉱物をはじめとした各種地下資や、入植が遅れたことによる木材資などが豊富であるという報告からも、この地がいかに労働者たちを惹きつけてやまないかは論を待たない。

さあ、これが君の転属許可だ。

木の本数を数える

同地では"観光業"が盛んである。何しろ日光を観察するだけでよいのだ。
また同地では"営業"が盛んである。何しろ木の本数を数えるだけでよいのだ。
他にも石や石床の冷たさを(素肌で)モニタリングする作業、運河を掘削する作業など、往時のシベリアでは様々な業務が労働者諸君を満足させるべく網をっていた。

しかし同地では"狩猟業"は認められていない。なぜならばそれは政治将校にのみ許された名誉職だからである。

特にこれらの業務はソビエト連邦成立以降に盛を極め、一時期は同志スターリンの栄誉ある転属明書1枚だけで6600人もの人民がシベリアに奉したともいわれている。

やんぬるかな現在ではそのようなこともなくなりつつあったが、近年天然ガス田が発見されたことにより局地的ながら労働められるようになった。もちろん、正規の手続きを経て

シベリア超特急

この楽園たる同地の名前を冠した映画に「シベリア特急」があるが、同作はこのような革命新世界とは何も関係がないことを注記しておく。

シベリア(菓子)

不遜にもこの労働者の聖地を商標化した食品が存在する。その名はシベリヤ。シベリアケーキともいう。

この菓子歴史が古く、"タイショウダイ"にまで遡るという。同年号間にシベリアへ出兵するという蛮行を犯しており、そこからこの菓子の名前がついたという説が一般的である。

言語 (まじめな話)

シベリア地域ではかつては古シベリア諸語というグループに類する言が用いられていたと考えられるが、その後アルタイ (トルコモンゴル満州系の言) に押され、さらにはロシア語に追いやられ、今日では古シベリア諸語に属する言の総話者人口は1万人に満たない程度までに減ってしまっている。

古シベリア諸語カテゴリには時々アイヌ語を含めることがある。また北の先住民の言との関係を摘する者もいる。

歴史 (まじめな話)

旧石器時代から人が住んでおり、マンモスなんかを狩っていたようである。彼らの一部は後にを渡り、現在アラスカからアメリカ大陸に移り住み、インディアンの先祖となったと言われている。
その後シベリアは遊牧民がまばらに住む土地となったが、西暦1500年~1600年頃にロシア・ツァーリが毛皮をめてシベリアへ侵攻、極東に至るまでをロシアの領土とした。このころ、現在に続くロシアの領土と大体同じ感じになる。

ロシア帝国当時

ロシア・ツァーリの後継であるロシア帝国以前、モスクワ大公国時代から、いわゆるシベリア流刑は存在していた。シベリアを領土とした後も、モスクワサンクトペテルブルグを初めとするほとんどの都市は西側に集中しており、シベリアへと流刑になるのは罪人への罰の一つであった。

が、そこは広すぎるロシアの領土、資開発も進まないシベリアに送ったところで何をやらせるでもなく、罪人たちは手持ち舞沙汰に憲兵の見りを受けながら「のんびり適当に」過ごすのが常であった。

このころのことが、言わゆる日光を観察するだけ」「木を数えるだけ」と言われたシベリア流刑の温情時代である。後のソヴィエト連邦に携わるレーニンスターリンもシベリア流刑を受けたことがあるが、「やり方が手ぬるすぎる」「やることがない」「暇なのでトナカイで遊ぶ」「妻と女中を呼びつけて一緒に暮らすことにしました」といった有様である。

強制収容所もなく、彼らは憲兵の見るシベリアの村に追いやられ、「ホームステイ」させてもらうという方式だっとか。女たらしのスターリンはここでシベリア民の女の子といい関係になっちゃったりして…おや?誰か来たようだ

ソビエト社会主義共和国連邦当時

1917年に建した偉大なるソビエト連邦においては、シベリアへの転属は恐怖羨望の対となった。二代最高導者の同志スターリンはシベリアに眠る大量の資をつけ、栄誉ある転属明書1枚だけで多くの労働者人民諸君がシベリアでの労働に従事することになったのである。同志スターリンは時に革命ジョークでもシベリアを引き合いに出した「君は色々知り過ぎた、シベリア送りにした方がよさそうだ!(笑顔

なんにせよ、「日光を観察するだけ」やら「木を数えるだけ」などという労働意欲の欠片もない時代は終わり、資を発掘するための人員、それを運ぶための鉄道建設作業員など、多くの栄えある労働が必要とされ、それらは広いソビエトロシアの各から送られるようになったのである。これを労働者の楽園と言わずしてなんと言う。

え?まじめな話?すごくまじめに書いているんだが・・・(内務人民委員部の視線を受けながら)

ロシア連邦現在

ソビエト連邦が崩壊し、再びロシアの名を冠するの領土となった。他の資もそうだが、特に重要なロシア欧州向けの強いカードである天然ガスが豊富なのがこのシベリアであり(今度キエフに頼もう、ガス代をで払えって)、ロシア連邦の縁の下の持ちとして多くの労働者がシベリアで日々頑っている(強制的な意味ではなく)。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%99%E3%83%AA%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シベリア

48 ななしのよっしん
2016/12/19(月) 18:11:53 ID: ZTLYD5mhlM
どこかの ドイツ? に
シベリアケーキに見たなんとなく似たのあったような しかもそれもロシア関連の名前だけど、実際ロシアのものでなかったような
49 ななしのよっしん
2017/01/05(木) 00:01:34 ID: 6UwqfBr3QK
シベリアで木を数える」という表現はロシア外発祥の可性が高いようだ

ロシア人の知らない言葉「シベリアで木を数える」はどこから来たのか?
http://osoroshian.com/archives/47951182.htmlexit

追記する価値はあるかもしれない。プレミアムの方、検討願います。
50 ななしのよっしん
2017/05/18(木) 23:54:56 ID: ma1dgdk2Uj
そりゃシベリアに行ったら木を数えるなんかじゃあ済まねぇべ
51 ななしのよっしん
2017/08/26(土) 18:36:12 ID: A+K8YblscK
戦車T-34にはそれっぽいシーンがある
の木の全てに番号が振られてるシーン
52 ななしのよっしん
2017/09/12(火) 18:42:51 ID: 7jdS6He0aP
アジア・太平洋戦争で、アメリカはじめ日本と交戦していた多くの日本との戦争終結後、較的すぐに軍人・民間人を帰還させたのに、何でソ連は抑留させたのか大いに気になる。
53 ななしのよっしん
2018/03/26(月) 13:18:43 ID: ny2KL98yNN
>>52
洗脳を施し、日本化(共産主義化)するための先兵にするため。
失敗したけど。
 
話は変わるけど、シベリア送りの上位版にコルィマ鉱山送りという物があってな・・・
54 ななしのよっしん
2018/06/27(水) 18:06:15 ID: MP6yKnOP9G
捕虜の単純労働を活かせるような仕事が他のになかったからというのもあるかも
55 ななしのよっしん
2018/06/27(水) 18:14:41 ID: Y0jwznIcg5
遺跡発掘や少数民族との戦闘に動員されたってマジ
56 ななしのよっしん
2019/02/16(土) 05:55:14 ID: ma1dgdk2Uj
>>53
それは本質じゃないね
五か年計画の時代から天然の輸出と穀物の飢餓輸出と「政治犯」の強制労働でソ連経済は回っていたんだから、単純に戦争で供給が減った政治犯の代わりに戦争捕虜を働かせたにすぎないんだなこれが

確かに洗脳はしていたみたいだけど、それが的じゃあないんだ
57 ななしのよっしん
2019/02/24(日) 00:29:50 ID: 1t6gt7CQ1g
シベリア女性抑留者名簿に日本人121
https://mainichi.jp/articles/20190223/k00/00m/030/112000cexit

旧ソ連によるシベリア抑留で、詳しい実態がつかめていない女性の抑留者について、日本人121人とドイツ人3人の名前などを記した名簿が、モスクワロシア国立軍事公文書館に残されていることが23日、分かった。