シボレー・コルベット単語

シボレーコルベット

コルベット(Corvette)とは、アメリカゼネラルモーターズ(GM)のブランドのひとつであるシボレーが開発・製造している2ドアクーペタイプの自動車である。

概要

シボレー・コルベットは、ロングノーズ・ショートデッキを備え、大排気量高出V型8気筒エンジンを搭載、フロントエンジン・リアドライブ(FR)方式を今なお貫くアメリカスーパーカーの代名詞ともいえるマシンである。

歴史

1953年 最初のモデルとなる「C1」のプロトタイプ完成
1954年 C1の量産開始。搭載エンジンは3859ccの直列6気筒OHVで、最高出150だった。
1955年 エンジンが4343ccV型8気筒OHVに変更される。初期は200前後だったが最終的には300台に到達する。
1963年 2代目の「C2」にモデルチェンジ。通称「スティングレイ」。エンジン5358ccにまで拡大され、300360を発揮。
1965年 C2のレースモデルとして「Z06」が開発される。排気量は6489ccにまで拡大され、425を発揮した。後期には6997ccまでさらに拡大された。
1968年 3代の「C3」にモデルチェンジ。ボディスタイルコーラの瓶を連想させることから、「コークボトル」というあだ名が付いた。
1984年 4代の「C4」にモデルチェンジデビュー当初は205だったが、末期には400を達成。
1988年 チューニングショップの「キャラウェイ」がC4チューンし「スレッジハンマー」を制作ツインターボ過給により約900を発生するモンスターマシンとなった。最高速400km/hを突破した。 
1997年 5代目の「C5」にモデルチェンジトランスアクスルや電磁制御サスペンション、可変ギアレシオステアリング等を採用したハイクマシンへと進化した。ちなみにこのモデルリトラクタブルヘッドライトを採用する最後のコルベットとなる。
2005年 6代の「C6」にモデルチェンジ体のデザインの一部がフィアットバルケッタフェラーリ360に似ているのは、当時GMフェラーリ下におさめていたため。構造的には、キャデラックXLRと共通する部分が多かったりする。
2014年 7代の「C7」にモデルチェンジ。現行デザインの方向性がエッジを効かせた形になり、歴代初の形テールランプを採用したことに加え、サイドまで回り込むリアインドウを止した。メカニズムに関しては軽量化と剛性向上がであるが、ミッションATで8速、MTで7速に進化している。公式通称はC2、C3で採用された「スティングレイ」。

現行ラインナップ(2014年11月現在,日本導入モデル)

スペック

ベースグレー Z51 Z06
形式名 不明 不明 公式未発表
全長 4,510mm (4,510mm?)
全幅 1,880mm (1,960mm?)
全高 1,230mm (1,200mm?)
ホイールベース 2,710mm
レッド(前/後) 1600mm/1570mm

公式未発表
(+80mm?)

室内長 805mm
室内幅 1300mm
室内高 1045mm(コンバーチブルは1050mm)
最低地上高 130mm
車両重量 1,540kg 1,580kg(AT)/1,570kg(MT)
1,590(コンバーチブル/AT)
公式未発表
定員 2名
エンジン形式 V型8気筒OHV
過給機 なし スーパーチャージャー
総排気量 6153cc
ボア×ストロー 103.2mm×92.0mm
最高出 460PS/6,000rpm 466PS/6,000rpm 659PS/6,400rpm
最大トルク 63.6kgm/4,600rpm 64.2kgm/4,600rpm 89.8kgm/3,600rpm
燃費 8.5km/L(AT)・8.9km/L(MT) 公式未発表
燃料タンク容量 70L
駆動方式 FR
トランスミッション 8速オートマチック/7速マニュアル 7速マニュアル
クラッチ形式 トルクコンバーター(AT)
式単(MT)
トルクコンバーター(AT)
式多(MT)
式多
サスペンション ダブルイッシュボーン(前後とも)
ブレーキ ベンレーテッドディスク(前後とも)
タイヤサイズ 前:P245/40ZR18 93Y
後:P285/35ZR19 99Y
前:P245/35ZR19 89Y
後:P285/30ZR20 95Y
前:P285/30ZR19
後:P335/25ZR20
価格 ¥9,182,000(MT)
¥9,350,000(AT)
¥9,950,000(コンバーチブル/AT)
¥10,882,000(MT)
¥11,050,000(AT)
¥11,650,000(コンバーチブル/AT)
1490万円

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シボレー・コルベット

5 ななしのよっしん
2013/03/08(金) 21:24:00 ID: mier5zbfA8
>当時GMフェラーリ下におさめていたため
これはじゃないかね?
確かに当時フェラーリの親会社であるフィアットGMが資本提携はしていたが、下という関係ではなかったし、ましてやフェラーリGM下っていう言い方はなおさら違うだろ
デザイン360はまだしもバルケッタに似ているとは到底思えないし(リトラでなくなったのは時流に乗ったため)デザイナーが同じってわけでもない(確かGMの社内デザイン
6 ななしのよっしん
2013/06/02(日) 16:17:56 ID: mier5zbfA8
C7はますます欧州化を強めた格好になったな。
C4以来となる丸以外のテールランプ、凝縮感のあるスタイリング、精悍な表情。
7 ななしのよっしん
2013/11/02(土) 11:29:36 ID: kIoXqXCIqD
C4C5やたら値落ちしてるが今この買うとなるとどうなんだろうか?
ATとか強度大丈夫なのか・・・
8 ななしのよっしん
2013/12/03(火) 12:08:06 ID: 9hJ8WSjOE+
>>7
走りに関する部分はそんなに壊れんし
同年代のファミリーカーとかとべると低走行だし
そんなに気にするもんでも

安いのはただただ人気が……
9 火炎瓶×443
2014/04/05(土) 23:21:04 ID: LUdj3HXNoC
だいぶだがC7が出たそうで
10 ななしのよっしん
2014/05/08(木) 21:37:44 ID: sGbEKB548D
>>sm23497779exit_nicovideo

C7かっこいいな。
コメントにもあるけど土屋圭市が従来のアメ車みたいにもっさりしてなくてサーキット攻めたくなるってインプレッションしてたね。
ttp://autocq.co.uk/news/3673
11 ななしのよっしん
2014/05/20(火) 18:13:22 ID: JWfKXk9MVH
ニード・フォー・スピード ライバルズのです。
4本の排気管に一惚れしますた
12 ななしのよっしん
2015/01/28(水) 23:57:50 ID: Uiqrpb0ZvE
C4ライトの開き方をみて「くるりんぱ」を思い出したのはだけでいい
13 ななしのよっしん
2015/06/04(木) 02:09:53 ID: IP8sLAg6Hu
生のあれだっけ?
14 ななしのよっしん
2015/08/14(金) 01:33:42 ID: Ylj7wkIdpk
C3とC6が好き、C7は精悍すぎて緩さがないからあんまり好みではないかな

急上昇ワード

2019/10/17(木)14時更新