シモーナ・ハレプ単語

シモーナハレプ

シモーナ・ハレプはルーマニア女子テニス選手である。かつては「シモーナ・アレ」と表記されており、ニコニコ動画においてもこちらで動画ヒットするが、現在は「ハレプ」に統一されてきている。

概要

1991年まれのテニス選手。2008年の全オープンジュニアを優勝してプロ転向している。同年男子ウィンブルドン/全オープンジュニアを制したグリゴール・ディミトロフとは同世代である。彼と共に期待のジュニア選手に入っていた。

デビュー直後の彼女は一部で巨乳テニス選手として知られていた。あまりに大きすぎてプレーの邪魔になるということで豊胸手術ならぬ貧胸手術を受けたことは有名。そのプロ根性はたいしたものだが、一方で本当にそれで結果が出るか判らなかったこともあり、何ともいえないで見られていた。TOP100 に入った後は一進一退が続きなかなか結果が出なかったが、2013年に初タイトルを挙げるとそのまま年間6タイトルの急成長を見せ、2014年には遂に全オープンの決勝に進出。決勝ではマリア・シャラポワに敗れたが、フルセット3時間以上の闘を見せて今後に期待を持たせた。どうやら手術を受けた甲斐もあったようだ。その後の活躍でランキング2位まで上げている。

2017年の全オープンで再び決勝に進出。四大大会初優勝だけでなくランキング1位もかかった決勝は、エレナ・オスタペンコ相手に中盤までリードしながら逆転を許す悔しい敗戦となった。ランキングの方はシーズン終盤に逆転して1位に立った。2018年の全オープンではともに3度の四大大会決勝で初制覇をキャロライン・ウォズニアッキと対戦。フルセット闘となったが一歩及ばず準優勝に終わると同時に、ランキングウォズニアッキに逆転された。

同年全オープンではアンジェリック・ケルバーガルビネ・ムグルサと四大大会タイトルホルダーの強を倒して決勝進出。決勝では全オープンタイトルを持つスローン・スティーブンス相手に第1セットを奪われるものの、第2セットを取り返すと勢いに乗り逆転。全オープン3度、四大大会では4度の決勝でついにビッグタイトルを獲得した。

名実共に女王として相応しい選手となった彼女のさらなる活躍に期待したい。

主な実績

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%AC%E3%83%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シモーナ・ハレプ

1 sorutymata
2018/03/15(木) 15:14:03 ID: 2AbF7/moAQ
大坂なおみ、準決勝にて4度の対決決定!
2 ななしのよっしん
2018/06/10(日) 01:28:06 ID: J1LLmXkcgW
ウォズニアッキに続いて彼女も冠の女王を返上!
しばらくは二人がwtaの中心かな

急上昇ワード