編集  

シャア・アズナブル単語

キャスバルレムダイクン

シャア・アズナブルとは、機動戦士ガンダムシリーズの登場人物である。

CV池田秀一/田中真弓機動戦士ガンダム THE ORIGINの幼少期) / 小西克幸ガンダムさん)

あ、赤い彗星のシャアだ・・・に、逃げろ!「当たらなければ、どうということはない!」

私はシャアではないよ

 

 

 

  「話の前に、もう1つ知っておいてもらいたいことがあります。

   私はかつて、シャア・アズナブルという名で呼ばれたこともある男だ!」

 

シャア専用概要

アムロ・レイと並び機動戦士ガンダムシリーズでもっとも良く知られた登場人物の一人。
い」「通常の3倍」「仮面の男」というお約束要素の元祖と呼べる存在。

パイロット指揮官として高いを持ち、Zガンダム以降の年代では政治的手腕や血筋だけではないカリスマ性も発揮し組織を牽引していく。

その一方で1stの後半からはアムロの成長に圧倒されて焦る姿やクワトロ時代の迷い悩む姿などから隙も多く、そんなところも長くされる所以なのかも知れない。

名前の元ネタフランス大物シャンソン歌手俳優シャルル・アズナヴール(Charles Aznavour)から(と、なっているがBS特番で富野自身が”シャー”と来るからシャアだともっている)。
また、後述する「を自機のシンボルカラーに使い、敵味方から二つ名でも呼ばれるエースパイロット」という点は、第一次世界大戦中に自機をに塗っていたことで「男爵」等の異名をとったドイツ軍の撃墜王、リヒトホーフェン大尉モデルだとか言われる。

機動戦士ガンダム

ジオン軍エースパイロット指揮官として第一話から登場。弱冠19歳でありながら階級は少佐

ルウム戦役いて戦艦五隻(実際はマゼラン戦艦1:サラミス巡洋艦4)を撃破すると言う驚異的な戦果を上げており、そうした戦果から異例のスピード出世をしている。
当初よりを暗殺したザビへの復讐を心に秘めていたが、素性と共にそれを隠しており、ドズル・ザビからは高い評価を受け、ガルマ・ザビとは親友の間柄であった。

赤色は彼のパーソナルカラーとして正式に認められており(”真紅の稲妻”や”自称ジオン騎士”とかも使っているので、シャア専用ではないようだが)、自分用MSを常に塗装していた。
その甲斐あってか、味方だけでなく敵からも「赤い彗星シャア」と呼ばれた(実際のカラーリングという訳ではなく、サーモンピンクである)。

後にガルマ・ザビの前でみすみす戦死させた責任(実際は、直接手は下さなかったものの事実上の謀殺)を問われドズルにより左遷され地球を流浪する時期がある。(この時にカバスでララァ・スンと運命的な出会いを果たすことになるのだが…)そしてキシリアの配下として戦線復帰する。

その際シャア少佐」よりも発音しやすいという理由で二階級昇進し「シャア大佐」になる。
実はTV版ではキシリアに「シャア中佐」と一回だけ呼ばれていたが、も覚えてないのでかったことにして問題ない。

ガンダムパイロットであるアムロとは彼がガンダムに乗った当初から好敵手であったが、実際に生身で対面したのは中立地帯のサイド6であった(初対面の際はアムロと気付かなかった)。

その後ララァを失った事などが契機となり、ニュータイプを自覚出来るようになる。

最終決戦の舞台ア・バオア・クーではジオングに搭乗し、当初はサイコミュを十全に使いこなせない事に焦りを見せるも、ガンダム相手に相討ちまで持ち込むなど善戦。
脱出後はアムロレイピアによる兵戦にまでもつれ込むが結果はつかず、セイラに脱出を促した後、自身は歩兵バズーカで脱出しようとするキシリアを射殺し、ザビに引導を渡した。
この時の有名な台詞、「ヘルメットがなければ即死だった」という発言から本人は負けを認めていたとも取れるが、ヘルメット越しにレイピアが刺さってかすり傷だったシャアに対し、アムロは利き腕の方の肩に突き刺さり重傷になっていた。
もしも実妹のセイラの制止がなければアムロの命はなかっただろう。

TV版ではそのまま消息不明になるが、劇場版ではア・バオア・クーを脱出する艦に彼のシルエットが映されている。

基本的に腕に自信があるからか、撃墜されるつもりはない=パイロットスーツを着ない(仮面をつける)と言う独特のスタイルを持っており、部下に身の安全を考えてパイロットスーツを着てくださいとお願いされても着なかったほど(別の機会にララァからもお願いされていたが、その時も結局着なかった)。
が、最終決戦の際にはさすがに着用した。

機動戦士Zガンダム(&機動戦士ガンダムZZ)

クワトロ・バジーナの項も参照。

ちなみにキャラデザイン当初は内に着ているハイネックがロングTシャツで、いわばヘンケンと同じような構造だったのだが、色定の行き違いによりノースリーブとなってしまった。
初代の少年らしさが残るスレンダーな外見と違って、成人男性の逞しい二の腕を強調できそうということでそのまま決定されたらしいが、『いいトシしてキャプテン翼日向小次郎みたい』と一部に揶揄される。

劇中では自身の立場や周囲の期待に迷い、色々と振り切れていない弱さが強調されており、ハヤトからは「キャスバルシャア」として活躍して欲しいと言われながらも、摘される度に「今の自分はシャアではない」と否定し続ける姿が見られる。
本人はいちパイロットとして振舞いたかった節もあるようだが、エゥーゴ代表であるブレックスフォーラが暗殺された際の遺言を受けて遂に決心し、実質的なエゥーゴ代表としてダカール連邦議会を占拠。
そこで自分が「シャア・アズナブル」である事を宣言した上でティターンズの非を訴え、世論をエゥーゴ寄りに傾けることに成功する。
その後もエゥーゴの要として政治的にもパイロットとしても活躍するが、コロニーレーザーを巡る最終決戦メールシュトローム作戦」にいてハマーンシロッコとの三つ戦を繰り広げた末、ハマーンとの一騎打ちに破れて生死不明となった。

Zガンダム最終話から約2週間後を舞台に始まる『機動戦士ガンダムZZ』では、前期OPアニメ及び第0話プレリュードZZ」のナレーションに登場するものの、作品全体では未登場である。
当初は終盤に登場する予定があったが、『逆襲のシャア』の制作が決定した影でその役はグレミーに譲ることになった。

前作にべて俗っぽい描写やフランクな言動が多く(劇場版ではケーキして「私の分は?」、「だから未だにさんももらえん」など)、ある意味彼が最も生き生きとしていた時代であったとも言える。「ジオンエースパイロット」「ダイクンの子」という呪縛から(逃げていたとも言える半面)解放されていた時期だったからだろうか。

TV版では作劇上戦闘の中心がカミーユである為にあまり立った活躍はしていないが、劇場版では描写が見直され、カミーユ先輩としてきちんと振る舞い、戦闘シーンでの見せ場なども増えている。

小説機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 前編 」では戦場で相対したアムロとの問答で、戦争で狂ってしまったカミーユの事を聞かれ、才があることで脆弱なのを美徳だと思っている連中は大衆にみ込まれてしまったと表現している。
後年に発売されたPS版機動戦士Zガンダムシャア編にいてハマーンとの最終決戦後が描かれた際には、大破した百式のコクピットからカミーユ精神崩壊を感じ取って覚醒したニュータイプすら押し潰される地球の現状に絶望。再三要請されていたネオジオンの総帥となった。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

当時34歳。生死不明のまま表舞台から姿を消していたが、ネオジオンの総帥として地球圏に飛来する。

依然としてスペースノイドを弾圧する地球連邦軍に対して宣戦布告し、人類(アースノイド)粛清を掲げる。が、その意は「アムロ・レイと正当な決着をつける」ことにあった。大仰な演説をしてみたり、あえて電車に乗ってみたりといったパフォーマンスをしたりと、本人も「漕なことをやっている」と自覚していた模様。
対等な条件で戦って勝利することがの勝利であると拘りアナハイムを経由してνガンダムの製造を担当していたフォン・ブラウン工場へとサイコフレーム技術をあえてリークしている。

アムロリ・ガズィファンネルをほとんど使わずにサザビーで一蹴し、連邦軍本拠地のあるチベットのラサへ小惑星5thルナを落とすことに成功。本命のアクシズ落下作戦では撃ちこまれた核ミサイルを全弾撃墜するなど優位に進めていたが、ロンド・ベルがアクシズに取り付くのを許し、本人もアムロの駆るνガンダンムとの格闘戦の末にったが、最後はナナイが思念で横入りしたことに気を取られサザビー闘の末アクシズの表面で撃墜、沈黙。発射した脱出ポッドごと捕らえられてしまう。

ロンド・ベルがアクシズ分断に成功するも勢いが強すぎた為、地球の引に引かれアクシズの後部が落下を始めたそれを見て勝利を確信する。しかし諦めきれないアムロが1機でアクシズを押し返する中で、自機に搭載されたサイコフレームの共振現により発生した暖かなに包まれ両者共に行方不明になった(富野監督、演者の池田く二人は「死んだ」と発言している)。
劇中では幾度となくアムロと言い争いを続け、最初から最期の間まで分かりあうことは出来なかった。

秘書ナナイを愛人としていたりクェスを籠絡して自分の駒としていたが、自身はララァへの呪縛(『小説Zガンダム1巻 』パート7でこれが顕著な事が分かる)から離れる事が出来なかった。最期の間に発した言葉も自分をNTとして導いてくれるはずだったララァをアムロが殺したことに対する怒りだった。

劇場版の原案をモチーフにした小説である、富野由悠季著の『逆襲のシャア ベルトーチカチルドレン』では最期の間が違っており、ロケットペンダントに収められたアルテイシア写真を見ながら「(アクシズが落ちなかったのは)地球に住んでいるアルテイシアにとっては良かったのだな」と独りゴチるなど一の親であるアルテイシアへの情が伺える。また『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』から『機動戦士ガンダムUC』までを描いた特別番組『の肖像~シャア、そしてフロンタルへ~』でもシャアが最後に言葉を遺した相手はアルテイシアだった。

シャア専用人物関係

アムロ・レイ

自他ともに認めるライバル。時代と共に敵→(立場上は)味方→敵とその関係は様変わりしていった。Z時代はを飲み交わし一見和解したような場面も存在していたが、この頃からシャアアムロ打倒の計画を練っていたと思われる。
その優れたニュータイプについては危険視しており、ア・バオア・クー決戦ではセイラの横で殺チャンスを逃したこともあり、これからニュータイプの時代が到来すると予感していたシャアはせめて自分の同志になるよう説得したがそれはわなかった。

あくまで腐敗した連邦に属して、いつかは連邦の内部革を夢見るアムロとは結局を同じくすることはなかった。また、最期までララァを巡る因縁も解消できなかった。

なお富野監督ZZ放送前のインタビューで「悩む事から脱したシャアアムロを狡猾な手段を取らなくても倒せる」と発言している。

ジオン・ズム・ダイクン

ザビへの復讐、NTという存在、連邦からの独立シャア人生と思想を決定づけたと言ってもいい実の父親物語開始当初は既に故人でギレンにより殺されている。

オリジンでは、作者安彦良和氏が逆襲のシャアをあらかじめ見ていたこともあって行動原理が最初からの為にあったと変されている。(あとジオンは狂人であったかのようにあからさまに描かれている)

セイラ・マス(アルテイシア・ソム・ダイクン)

シャアに残った一の親である。久しぶりに会ったら敵対する連邦軍の軍属になっていた。
強制的に軍から抜けさせるため、塊を送りつけたりしている。その後数度の再会を経るも相容れずに決別し、Z以降では疎遠になったが、ダカールでの演説を見てシャア意を察知するなどやはり実のだけあって他人よりはの考えが分かるようだ。

からは複雑な感情を抱かれているようで、シャアオールドタイプ(古きもの)を殲滅すると言った後ではブライトに「鬼子だ」などと言っている。

ララァ・スン

シャアカバスで見つけた少女。強いニュータイプを持っていた。優しげで包容があり、シャアニュータイプへの羨望が悪化する原因になった。彼女の死はシャアアムロ両者14年に渡って大きな影を残すことになる。

シャア自身は彼女愛していたと述べており、ララァ自身もそれを自覚しながら尽くしていた。

ハマーン・カーン

一年戦争後にミネバを守るためにアクシズへ隠遁した際に知り合った女性(当時14歳。ちなみに当時のシャア21歳である)。
ミネバに関して政治的にそりが合わなくなり、対立の末シャアはアクシズから離れ連邦軍に潜入することになった。

Zガンダム本編ではアクシズ事実上のトップとして登場。
TV版ではエゥーゴとの交渉にて再会するが、やはりミネバの教育を巡る問題で交渉は決裂する。
当のハマーンのみシャアに対する未練が根強く残っていたようで、その後頭を下げたら援護要請を受諾したり、何度も殺意を向けつつも最後の最後まで執拗に自分の元へ誘っている。

ZZの時代にいてもシャアの幻影を見ていた所を見るに、彼女の懸想もかなりのものだったとい知れるが、一方のシャアは後のアクシズ落としの際に「忌まわしき記憶」などと言っている辺り、かったものと思われる。

0083でもデラーズ・フリートノイエ・ジールを受領する際にわずかに登場。

Zガンダム」より過去の時代を描いた「機動戦士ガンダム C.D.A.若き彗星の肖像」にいては新デザインで登場。の女なイメージのあるハマーンからは想像も出来ない可憐な姿にネットでは「はにゃーん」との通称が付き、遂にはGジェネDSMSV-R漫画にもデザインが輸入されることに。Gジェネではifとしてシャアと和解する展開が描かれ、更にはZZ時代の年齢でありながら選択肢次第で「Z時代」か「はにゃーん」の顔グラに変更されるという驚異の若返りを見せる。

ナタリー・ビアンキ

機動戦士ガンダム C.D.A.若き彗星の肖像」で登場。
一年戦争後にアクシズへ逃れたシャアの元へ付いた部下。非常に優秀な士官で、シャアが出撃する際に臨時の艦長を任された事もある。ハマーンとも較的年齢が近かったため、姉妹のような関係を築いていた。

ジオン視察名シャアと共に地球圏へ行った際に想いを告げ、結ばれる。その後はシャア子供妊娠したことが発覚したがハマーンシャア一方的に慕っていた為嫉妬を買ってしまい仲が決裂。エンツォ残党に襲われるもハマーンに見殺しにされおの中の子供と一緒に死亡してしまう。

シャア女性遍歴の中ではしく、非ニュータイプの一般的な女性である。

レコア・ロンド

エゥーゴの女兵士
一見して経験豊富で勇敢な女戦士なのだが、正体は戦場で戦いのスリルイイ男め続けている。
クワトロに気があり、彼自身もまんざらではかったようだが、素顔を隠し続けるクワトロに失望し、またシロッコに惹かれた事もあってティターンズに寝返ってしまう。

そんな彼女行方不明(アーガマ内では戦死扱い)となった時、カミーユ卑怯だ、もっと優しくしてあげれば良かったのにと言う前にとりあえずブン殴ってシャアサボテンが、をつけている……』という一見よく分からないことをき、カミーユはさらに苛立たせている。
これはレコアが自室に遺したサボテンを付けているのを見て、まるで戦死したレコアへの手向けのように咲いていると感じて口にしたセリフであり、同時にサボテン言葉「秘めたる熱情」のとおり、アーガマで抑圧されていたレコアの本性がシロッコの側で開する暗喩という解釈も出来る。

ちなみに、このセリフは「サボテンが、咲いている」と言い間違えられることも(池田秀一氏含めて)多い。

ナナイ・ミゲル

逆襲のシャア』でのシャアの片腕とも言うべき女性愛人でもある。
ネオジオンの戦術士官で大尉でありながら、ニュータイプ研究所の所長を兼任しており、劇中後半シャアの存在を感知するなどニュータイプの素養がある部分を見せた。
地球寒冷化作戦が建前でシャア本人がアムロとの決着に固執していることを見抜くなど聡明で、ジオンダイクンの息子として「スウィート・ウォーター」の救世主になったものの、地球を汚染するのが気がかりなシャアを慰め受け止めてくれるなどシャア女性遍歴の中で最も気が効く女性。だが、シャア一年戦争の時にララァおよびセイラがアムロとの戦闘に割り行った事で苦い経験をしているので、アクシズで最終決戦の際に思念を飛ばしてシャアを呼びかけた所「男同士の(戦いの)間に入るな!」とあえて突き放された。

クェス・パラヤ

強いニュータイプを持った家出少女。わがままで感情的に暴れる傾向があり、人の話は聞かないタイプ

地球連邦政府参謀次官のだが、地球から宇宙を支配した気になっていてその上浮気性なアデナウアーには想を尽かしていた。期待していたニュータイプらしきアムロにも刺を感じなかったクェスは敵であるシャアに誘われてネオジオンに参戦した。


ネオジオンに入ってからのクェスは多少は強化されたもののNTを開させていき、戦場の気を感知するまでにを拡大させた。その感知アムロやララァが持っていると昔からシャアが思っており彼を魅了していた。

結局アムロシャア彼女が何をめ両軍を彷徨っていたのかを知るのは最後の最後だった…。

シャア専用テーマソング

シャアが来る
曲そのものより、一使用されたシーンあんまりにもあんまりなことで有名。

シャア専用名前

シャア専用モビルスーツ

他に、アニメ本編以外で登場するシャア専用モビルスーツモビルアーマーとして

などがある。
また以下のような機体もあるが、厳密には専用ではなかったり搭乗していなかったりする。

宇宙に地上、中に水中と、複数作品に敵味方として長年登場したこともあって、乗った機体はガンダムシリーズ至上最もバリエーション豊富なパイロットの一人である(ゲーム版等を除く)。また、乗り換えた回数が多い割には機体を失ったのは各作品のラストのみである。(ジオング百式サザビー

シャア専用その他の活躍

機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像

一年戦争後からZガンダムまでの空白の7年間のシャアの行動を描いた漫画作者Zガンダム等のキャラクターデザインを手がけた北幸。
現在はこれらの設定を引き継いだ「機動戦士Zガンダム Define」が連載されている。

ザビへの復讐を果たしたシャアは、地球圏の外に位置する小惑星基地アクシズへと逃れる。そこでニュータイプを開させつつある可憐な少女ハマーン・カーン(14)と出会う。

オリジナルZZ時代のキャラクターが多数登場し、また既存のキャラクター描写も従来のものと違う為、賛否が分かれる作品。

GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH(実写版ガンダム)

初代機動戦士ガンダムベースにしたアドベンチャーゲーム。登場する人物が全員実写シャアに至ってはガタイの良いケツアゴおっさんというルックス登場。更にタチの悪いことに、原作キャストのままである。

ニコニコ動画ではhacchi氏のゲーム実況が好評を博した。

機動戦士ガンダムUC

2007年から2009年まで雑誌ガンダムエースで連載された、逆襲のシャアの3年後、U.C.0096の世界を描いた小説。著者は『∀ガンダム』のノベライズや『亡イージス』『終戦のローレライ』などでも知られる福井晴敏氏。
赤い彗星の再来」と称される仮面の男「フル・フロンタル」がもはや朽ち果てるだけだったはずのネオジオン残党を立て直し、「袖付き」としてラプラスを巡る戦いを繰り広げる。
小説では容姿やは"シャアそっくり"だがジオン共和の用意した強化人間シャア絶望が取り憑いただけだった。


「ただ認めて、次の糧にすればいい。それが大人の特権だ」本物のシャアだとでもいうのか…!?

フロンタルの正体は小説版と変更はないが、アニメ機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』の第21話で、実に31年ぶりに地上波アムロ、ララァとってシャアが登場した。

ガイア・ギア

1987年から91年まで雑誌ニュータイプで連載された、逆襲のシャアの約100年後つまりU.C.0200年台を描いた小説。著者は富野由悠季。文庫本・ラジオドラマCD共に絶版、現代では中古でしか入手できず、再販の見込みはい。

シャアの記憶(意識)をコピーしたマイクロチップを頭に埋め込まれた、シャアクローンである青年フランシはその内なるに従い宇宙に出て反地球連邦組織メタトロン導者となり、地球支配を企む連邦政府のマハ・ゲイジスと壮な戦いを繰り広げていく。

シャア専用動画

シャア専用商品

プラモデル

その他

シャア専用コミュニティ

コミュニティいだと!?ええい!

シャア専用項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%BA%E3%83%8A%E3%83%96%E3%83%AB
ページ番号: 375821 リビジョン番号: 2573444
読み:キャスバルレムダイクン
初版作成日: 08/07/20 18:59 ◆ 最終更新日: 18/03/26 18:21
編集内容についての説明/コメント: 記事の文中においてセイラが実姉になっていたので、実妹に修正しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


赤い彗星

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シャア・アズナブルについて語るスレ

1422 : ななしのよっしん :2018/10/26(金) 21:15:15 ID: QpVJvIGGYJ
>>1420
アムロ「またシャア専用の機体ばかり作らせるんやろ?騙されんぞ」
1423 : ななしのよっしん :2018/10/31(水) 15:05:20 ID: 2eEC1iHMl2
シャア馬鹿にされるとムカつくけど
持ち上げられるとそんな事ないよとも思う
シャアの評価についての繊細さは言葉では難しい
1424 : ななしのよっしん :2018/11/06(火) 21:17:20 ID: F+A6rQKc5l
禿「シャーっていくからシャア
1425 : ななしのよっしん :2018/11/06(火) 21:19:27 ID: RZEWiasHUZ
>>1423
世界シャアバカにしていいのはだけだというんだだな
1426 : ななしのよっしん :2018/11/06(火) 22:28:29 ID: sysLb4J01a
コイツって常に他人に何かめてるけどコイツ本人が他人に何か返した事ってあったっけ?
1427 : ななしのよっしん :2018/11/07(水) 12:40:09 ID: RJKEXvHPTO
>>1426
一応ララァの頼みだからと言う事でシンタとクムを引き取った
後はダカールでの演説カミーユを導いた(とシャアは思っている)とシャア当人はこれでも精一杯やっています。
カールでの演説はおそらく他人の為と言うよりアムロが聞いたラ
ラァの遺言を聞いた所によるかなり大きいと思われます。
ララァが自分に期待したようにシャアカミーユに期待したのでし
ょうね。つまりゼータ時代のシャアはやっぱりララァが多かれ少な
かれ理由付けになっています。
カール前のアムロの「人は変わっていくものだろ?」は
ララァの「人は変わってゆくのね。あたし達と同じように」を意図
的に言っています。アムロはここでララァを引き合いに出した。
ララァの為にも道化を演じてくれ、と。
1428 : ななしのよっしん :2018/11/13(火) 13:22:44 ID: nHDxr/kAAe
ザビに復讐終えたら現代の地球園の情勢は許せないので正したいという的が出来た
しかし上に立つ事はしたくないからか代わりにやって欲しい
個人的な所では純少女性を持つ性に癒されたいついでにアムロとも決着着けたい
面倒くさすぎ
>>1426
そこアニメでもハマーンやレコアに言われてたな
結局自分が可愛いだけではないのかという
1429 : ななしのよっしんた :2018/11/15(木) 12:41:10 ID: LKSAuRPSnb
シャアは副官気質というか、中間管理職気質というか……
現場で働いてるのが一番楽しそうなんだよなこの人
1430 : ななしのよっしん :2018/11/17(土) 10:13:27 ID: rNsmGGDVTu
>>1425
ジョン・レノンの「ポールの悪口を言っていいのはだけだ!他のが言うのは許さない!」みたいな
1431 : ななしのよっしん :2018/11/17(土) 17:02:28 ID: 2eEC1iHMl2
ガンダムの話よく理解しないで見てた頃のシャアのかっこいい雰囲気と
はまって見続けていく内にこいつもしかしたら
なんかダメなじゃねってって感じるギャップはシャアる上で重要だけど説明が難しい
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス