シャイド単語

シャイド
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

シャイド(Scheid)とは、小説銀河英雄伝説』及びそのメディアミックスに登場する人物である。

概要

ブラウンシュヴァイクの甥で、男爵。前歴は不明だが、リップシュタット戦役時に伯父の領地のひとつであるヴェスターラントの統治を任されていた。

決して無能な統治者ではないとされているが、若さゆえに経験が少なく、政策に柔軟性を持たせられないことが欠点としてあげられていた。それでも貴族たちの常識と戦時下という状況を考慮するのならば、そこまで過酷な統治を敷いていたわけではなかったらしく、本来ならば何も問題などなかったともされている。
だが、ラインハルト・フォン・ローエングラムの台頭によって大貴族支配が揺るぎつつあるのを領民たちも薄々感じとっていたことから強まる一方の搾取に対する反発を招き、それに対してシャイドは最初から軍事で鎮圧という強硬姿勢をとったことから反発は一気に暴動に拡大し、シャイド男爵ガイエスブルク要塞への逃亡には成功したものの、反乱時に負った傷がもとになって死亡してしまった。

シャイド男爵領民からの搾取を強めていったのも、少しでも多くの物資を送って伯父になりたいという気持ちからのものであり、ブラウンシュヴァイクはそんな甥を(原版では苦戦が続いて苛だたしさを隠せなかった頃でも、シャイド男爵話題が出ただけで思わず笑みを浮かべてしまうほど)深く愛していた。

それだけにそんなよくできた甥を残に殺した下賎な民どもへのブラウンシュヴァイクの怒りは凄まじく、それがヴェスターラントの虐殺へと繋がってしまう

無能ではない……?

無能な統治者ではないと原作では評されているシャイドであるが、メディアミックスでスポットライトがあたると「無能じゃね?」としか言いようがない扱いをされがちである

原版では領民が餓死しかねないレベルでの物資接収を強行して反発を招いており、藤崎版に至っては反乱の報告があっても情に貴族を殺せるわけがない(要約)」と余裕ブッこいていたら邸に侵入してきた暴徒に惨殺されている。

フレーゲル男爵との続柄

同じくブラウンシュヴァイクの甥として銀河英雄伝説の作中ではフレーゲル男爵が登場するが、フレーゲルとシャイドの続柄はよくわからない。ただどっちもブラウンシュヴァイク伯父と慕っていることから、おそらくは兄弟従兄弟であろう。

ただシャイドが死んだことにフレーゲルはなんら反応を示さないため、あまり付き合いがない親族であったと思われる。

関連人物

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シャイド

1 ななしのよっしん
2019/10/05(土) 12:47:49 ID: nwCjmFIIvU
記事作成乙
これまたマイナーな人物の記事ができたな
2 ななしのよっしん
2019/10/05(土) 12:52:41 ID: AFlMl6GVqW
男爵クラス貴族は大貴族皇帝直轄領の代官職とか多く勤めてるんだろうなとか思った
3 ななしのよっしん
2019/10/05(土) 22:35:29 ID: P7nQQQba9D
シャイドフレーゲルも同じ男爵ブラウンシュヴァイクの甥っ子だけど、伯父さんからするとシャイドの方が可かったのかな。フレーゲルに対しては時たまわずらわしいって気分が見え隠れするし。
まあ、親族としての情より「権門当たる自分の面が下賎な輩に傷つけられた」って中世的な「命は軽く面重い」って心理がヴェスターラント事件に繋がったとも考えられるけど。

>>2
男爵から子爵クラス貴族だとそういう仕事につく例は多そうだよね。
あとの例としては、大貴族の資産を元手にした企業銀行や警備会社(私兵団)の経営もあるかな。
4 ななしのよっしん
2019/10/06(日) 20:04:52 ID: 2pkrpH3JEN
学校経営のヴェストパーレ男爵夫人なんかもそれにあたるかな
5 ななしのよっしん
2019/10/06(日) 21:59:44 ID: AFlMl6GVqW
>>3
おなじ親戚なのにコルプト子爵兄弟のあつかいの雑さは一体……
6 ななしのよっしん
2019/10/07(月) 01:57:31 ID: HWUCW2PTIF
はともかくの方は督も継いでないだろうし
…というかあの素行だから評判悪そうだし大事な仕事は回したくなかったんじゃないか
ブラウンシュヴァイクとしても
7 ななしのよっしん
2019/10/07(月) 22:16:57 ID: P7nQQQba9D
>>5
コルプト兄弟は親族っちゃ親族だけどかなり遠縁だったし(詳しい繋がりは忘れたけど)、ブラウンシュヴァイク自身も「そんな遠い親戚なんか知るか!」って反応だったはず。

ブラウンシュヴァイクを中心に血縁意識の同心円を書くと、一番内側にいるのがエリザベートで、その1段階くらい外側にシャイド、さらにもう1段階外にフレーゲルがいて、コルプト兄弟くらいだと外縁部ギリギリって感じなんじゃないかな。
8 ななしのよっしん
2019/10/08(火) 06:31:28 ID: HWUCW2PTIF
あの二人はいとこの子
いや、上にリッテンハイの親戚にいだがいるって言ってたから正確には3人だが

コルプトブラウンシュヴァイクとリッテンハイ両方の親戚になるわけで、両方と要領よく付き合おうとしたから信用されなかったとか
9 ななしのよっしん
2019/10/11(金) 10:25:49 ID: K5MrIaWrVO
別にブラウンシュヴァイクでなくても、ほとんど親交がない遠縁の親戚となると、ほぼ他人扱いになるだろ
10 ななしのよっしん
2019/10/13(日) 22:05:11 ID: w4mjtLJ4/6
かと思ったらヴェスターラントの人か……

>>3
人間どんなに親しい関係でも、常日頃から交流あれば自然と摩擦も起こるものだから煩わしく感じる事があるのも仕方ない。
あれでフレーゲルが先に死んだら『手間をかけさせる子だったが、大事な甥っ子だったのによくも……』とシャイド以上にブチギレてたかも。

急上昇ワード

2020/01/23(木)16時更新