シャイニング (映画)単語

ヒアズジョーニー

RED RUM RED RUM RED RUM...

 

シャイニング(映画)とは、スタンリー・キューブリック映画である。

お概要さまだよ~

キューブリックが生涯監督した全16本の映画にあって、一のホラー映画
彼の作品では最後から3番の作品にあたり、この作品以降は約20年で僅か2作品しか撮らなかった。

最初は146分あった作品だが、このバージョンキューブリックと親しかった大学教授のみが所有しており、全長版を観る事は今のところ不可能
次に全開された時にはラストが3分削られて143分になり、これが今のところの決定版となっている。さらに開版として全体的な展開をスピーディにまとめ、説明的なシーンカットして119分となった。日本で最初に劇場開されたのも119バージョンで、この119分版がキューブリックの最終意思とされている。
日本143バージョンが見られるようになったのは、ビデオが発売されてからである。

映画評論家のおすぎく、143分の方が面いので初心者にオススメだそうな(この記事書いた人も同じ。異論は認める)。
違いが知りたい人はこちらを参照してみよう。exit

原作は『キャリー』『スタンド・バイ・ミー』で有名なスティーヴン・キング
処女作『キャリー』で見られた超能力の要素にホラーを加えるという部分がより明確になっているが、実は原作映画だと大筋は同じながら、結末をはじめとして大きく異なる部分がかなり多い。
このためキング映画版については否定的で、後になってキング自身が監修した映像作品がテレビドラマとして発表されている。

しかし、映画版はそんな原作者との対立などものともせず、大ヒットを記録。
キューブリック作品の中では娯楽性にを切ったこともあって、ラジー賞にノミネートされるなどしたものの、当時からジャックニコルソンを筆頭とした俳優の狂気に満ちた演技(が一番怖いなんて意見も)や、数十回のリテイクは当たり前だったという風景描写は好評を得ており、現代でも作品そのものの評価は依然として高い。
特にキューブリックの死後からは『ホラー映画の偉大な古典』としてアルフレッド・ヒッチコック監督の『サイコ』と共に並び称されるまでになっている。

一部では「本映画は2部構成ではないのか」という説がある。すなわち、ジャック迷路見つめて家族に向かって睨みを利かせた後のシーンからは「ジャックの描いた小説映像化したものである」という見解である。

2014年にはこの映画検証するドキュメンタリーROOM237」が開されているが、その評価には賛否ある。

狂気の完全主義

この映画で一番有名なものといえば、ギネス記録にまでなったというとんでもないリテイク回数であろう。

この映画からステディカムが本格導入され、ビデオチェックが可になったことで、撮った映像をすぐに見られるような環境が構築できたキューブリックは、その常軌を逸した底ぶりがさらに進んでいった。

舞台となるオーバールックホテルは、外観以外は全部イメージどおりになるようにセット製作した。
間のホテル内のシーン太陽と同じだけの70万ワットのを準備させ、その量だけで自然による撮影を再現。とにかくSFXを底的にして実写にこだわり、本物の山ホテルでロケをしたかのような映像となった。

しかし、このぐらいはまだ序の口。これからが、本当の病的義だ。

通常シーンでも、40テイク、50テイクのやり直しは当たり前。
俳優の演技が自然になるまで底的なまでに追い込んでいき、そして璧な自分のイメージどおりになる演技を引き出すまで撮影をやめることがかった。

劇中でダニーハロランに「シャイニング」の話を聞くシーン148テイクが費やされ、ダニーを演じたダニーロイド気だったが、ハロラン役のスキャットマン・クローザースの方がまいってしまい、泣き出す始末だった。
同じく、ジャックストレス発散のためにボールをぶつけているシーンも、思い通りにボールが弾むまで数日撮影が続けられてようやくOKテイクが出た。このシーン、僅かワンカットなのに……

ジャックの狂気を確信したウェンディジャックバットで殴るシーンも思うようにいかなかったため、127テイクが重ねられた。
さらに、この映画で一番有名で、ポスターDVDジャケットにもなっている「お客様だよ~」のシーンは僅か2ほどのシーンでありながら、190テイク以上が重ねられた。
アドリブで出たあのセリフと共にようやくOKになったのが、あの全に頭のネジが外れてしまった男の顔である。ニコルソンある意味本当に気ィ狂いそうだったのかもしれない。

エンディングでは、逃げ延びたウェンディダニー、支配人のアルマンが再会して黄色ボールを受け取るというシーンがあり、これにも思うとおりにボールが弾むまで132テイクが費やされたが、このシーン最終的にカットされた。ひどい。

演技以外でも、冒頭から幾度となく登場する「血のエレベーターから溢れ出すシーン」も、3回撮り直しとなっている。当たり前だが通常撮りなおすような場面ではないため、リテイクの度に清掃するのが大変で、撮影了まで9日もかかったそうな。その一方で2テイクほどで済んでしまったシーンもあり、それには逆にスタッフ然としたらしい。
また、印的でトラウマになりそうな双子姉妹シーンは、実は双子ではなく『双子のようによく似た』姉妹が使われている。モチーフは「1967年、ニュージャージー・ローゼル 一卵性双生児exit」という写真から。

こうした監督異常なこだわりによって、撮影は遅れに遅れて11ヶもかかってしまい、エルストリー・スタジオで撮影予定の映画が延々と待たされるハメになった。その中にはウォーレン・ベイティレッズ』、スティーヴン・スピルバーグレイダース 失われた櫃』も含まれる。

終盤、に覆われた巨大迷路シーンは、ダニー自由に逃げて貰うことでリアリティを引き出したが、本当に迷子になるスタッフが続出線で居場所を確認しながら撮影を行った。
チェス趣味で頭がキレるキューブリックはそれを鼻で笑っていたが、自分もその迷路迷子になった(・3・)アルェー?

ここまでの義を通しながらも、オープニングではヘリコプターのローターが映り込んだままになっているというミスがある。
しかしキューブリック自身は一連の冒頭の映像で観客を引き込んでいく確信があったため、特に気にしていなかったようだ。

ストーリー

アメリカコロラド山中にあるリゾートホテルオーバールックホテル」。
ここはかつて先住民族の墓があった場所で、の間は陸の孤島と化し、外部との関わりがすべてシャットアウトされてしまう場所だった。
その為の間は閉鎖されるのだが、その間にもホテルメンテナンスを行う管理人が必要となる。その募集に乗った小説家志望の元教師ジャックトランスは、妻のウェンディ息子ダニーとともに、によって外界から隔絶されたホテルで暮らす事となった。

「このホテルでは、かつて管理人家族と共に暮らしていたが、その男は気がおかしくなって妻子をで惨殺、自身も命を絶った」

支配人のアルマンにそう教えられたジャックだったが、自分はそうはならないとタカをくくってその仕事を引き受ける。

一方、ダニーは幼い頃から「シャイニングかがやき」と呼ばれる不思議なを秘めていた。もう一人の自分・トニーと対話し、この世のものではない何かを見聞きできるそのは、しかし両親には理解されていない。

ホテル閉鎖される日、料理人の男性ハロランは、ウェンディダニーを連れてホテルの中を案内する。ハロランもまた「シャイニング」を持ち、人ならざる者を感知する事が出来た。彼は「このホテルには何かがいる」とダニーに告げ、もし何かあったら助けに行くと約束してくれた。

広すぎるホテル舞台に、3人きりの生活がスタート。しかしダニーホテルの中でたびたび「いるはずのないもの」をにし、様々な超常現象撃する。
その一方で小説
原稿に向き合う日々を送るジャック。彼は次第にホテルが持つ邪悪な魔に蝕まれ、狂気に飲み込まれて正気を失っていく......

All work and no play makes Jack a dull boy.
All work and no play makes Jack a dull boy.
All work and no play makes Jack a dull boy.
All work and no play makes Jack a dull boy.
All work and no play makes Jack a dull boy.

(仕事ばかりで遊ばない、ジャックは今に気が狂う)

関連静画

ニコ静に上がってる物のどは、円盤ジャケットパロディした物である。

関連商品

143バージョンDVD

119バージョン

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%20%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シャイニング (映画)

23 ななしのよっしん
2018/09/28(金) 22:57:11 ID: 9nB+HPZfNq
男でも暴力を振るう思考回路は分からないよw、どちらかと言えばジャックが普段抑圧していた本音と狂気に増幅されている部分に何となく区別が付くのと、ふと正気を取り戻しているっぽい時が分かるくらいか。今見ると怖さ薄いけど、これらが分かる台詞作りと印的な画面はさすが。
24 ななしのよっしん
2018/11/05(月) 22:08:26 ID: qmNPWV/w1W
これを撮ったキューブリックが一番のキチガイなのでは
25 ななしのよっしん
2019/02/02(土) 19:10:56 ID: Va+SCuHl8t
すみません。風呂場のシーンの女の若い時(でいいのか?)で抜きました。
にしても何が来るかわからないというかあドアドゴォ以外のシーン普通に怖い。って言うかジャックニコルソンよりさんの方が怖えよ!!
26 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 18:11:07 ID: cZe2YXZ1oa
見た…のだが…
最後のほうがなんか残念な感じだな
ハロランが持ってくるためだけに雑に死んだのがなんとも…
結局二人のシャイニング余り役に立たなかったと言うかよくわからん代物だったし
27 ななしのよっしん
2019/03/25(月) 17:50:50 ID: ErtEwKLi5l
>>26
普通映画ならハロランがウェンディダニーを助けるために活躍するんだろうけど(もそうなるだろうと思ってたし、原作もそう)、しかしあの状況からハロランに活躍されても間延びしたストーリーになるだけだと思うよ。
活躍すると思われていた登場人物があっさり死んだから視聴者にはショッキングで、よりジャック…というかホテル悪意の強さを表現することができたんじゃないかと思う。
シャイニングについてはまあ…そんなに強いじゃないけど、あれないと話が転がっていかないし…もう少しわかりやすく活躍しても良かったような気もするけど、それしちゃったらこの映画の良さを殺しちゃう気もするんだよな…
28 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 16:57:49 ID: 23fMbLbdmc
観てる最中「血のシーン一発撮りなんやろうなぁ」
29 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 22:58:11 ID: EIDEILAlS+
OPの動画見たら「これドローンか?」ってコメが大量にあって
どんな名作も時代の変化には逆らえんなと思った。
今じゃ情報番組でもドローン使ってるから見慣れた映像なんだろうな…
30 ななしのよっしん
2019/06/11(火) 19:55:04 ID: HEtbCyMCrM
このパッケージを見たときレオナルドディカプリオかと
31 ななしのよっしん
2019/07/09(火) 16:15:04 ID: UDXL1Lcqn5
でもキューブリックホテルの悪霊のせいにしたくなかったのかもと個人的思ってる
子供アル中の親のせいで家庭内暴力から
そういうイマージナルフレンド妄想かもしれない
ハロランはそれを感じ取っただけかもしれない
シャイニングなんてまさに錯覚かも

親父妄想バーシーンの楽しそうな感じ
あれを悪霊で済ますのはいささか理がある
全体的な家族感の不和や親父の癇癪からくる狂気を
悪霊というのに置き換え は悪くねえ!を正当化したとも感じ取れた
こういう見てる人に何が現実で何が非現実かのボーダーを揺らがせる手法なんだとは個人的に思ってる

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
32 ななしのよっしん
2019/09/06(金) 22:14:01 ID: 0ns6xyPPLJ
末に北開版の143バージョンがUHD Blu-rayになるそうな
今まで際版しかBlu-rayになってなかったから
欲しい人はめに買っとこう
そろそろ146バージョンの封印も解かれないかなー

急上昇ワード