シャクティ・カリン単語

シャクティカリン
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

シャクティ・カリンとは、アニメ機動戦士Vガンダム」の登場人物である。黒田由美(現:いちはらゆみ)。

概要

ウッソ・エヴィン幼馴染で、「Vガンダム」のヒロイン。11歳。かわいい
ちなみに「シャクティ」という名はサンスクリット語で「女性的な根」のような意味の言葉に由来している。

ウッソとともに、地球東欧にある不法居住者の集落ポイント・カサレリアに住んでいる少女ペットフランダースというを飼っている。温厚でおとなしい性格。おさんどん(自炊)や洗濯、買い出しといった生活の心得を身に着けており、物語の開始時点では隔絶された山の中に建てられた二軒の木造の自宅に、ウッソ子供二人だけで暮らしていた。
小説版によれば、当初は義や義がいたようだが亡くなったり失踪したりしている模様。お隣さんであるウッソも両親が行方不明であるが、こちらはリガ・ミリティアの活動が始まってからの事であった為、それ以前は世話になっていたようで、ウッソミューラや、ハンゲルグからも「大きくなって…」「ご沙汰しています」といった、穏やかなやりとりが見られている。

しかし、実は彼女地球への侵攻を開始したザンスカール帝国女王マリア・ピァ・アーモニアの一人で、マリアクロノクル・アシャー中尉の姪だったことが、中盤以降判明する。小説版によれば幼名はアリシア
と違い褐色の肌であるが、これも小説版の描写から察するに、母親がかつて生業としていたによって生まれた子供である為であることが示唆されている(アニメでは一切触れられていないが、クロノクルが必要以上にを思いやる描写が見られる)。シャクティ赤ん坊の頃マリアに抱かれた写真を持っていたが、この写真マリア叔母であると当初聞かされていたという。
またクロノクルはシャクティに「マリア子供の安全を考えて地球(人につかないカサレリア)に降ろした」と説明していたが、これはシャクティ宇宙で生まれたことを示しており、小説版でもサイド1アルバニアン(貧困だった頃のマリアが売をしていたコロニー)生まれであることがられている。

彼女マリアニュータイプであると噂されているが、シャクティにはよりその傾向が見られ、特に宇宙に上がってからは死者が集う場を予知したり、カイスギリーで沢山の兵士死亡する思念を感じ取って睡してしまったりと、過去に見られたニュータイプと同様の現に見舞われている。

戦争へのトラウマを抱えており、モビルスーツにするだけで恐怖していた。物語の開始時点で、ベスパイエロージャケットザンスカール地球侵攻部隊)の戦火が身近にまで及ぶことを極度に恐れており、またそのような思想も戦争から離れたカサレリアで暮らして欲しいという、マリアの思惑故のものとも言える。しかし、皮にもマリアを担いだガチ党率いるザンスカール帝国が、次第に地球に侵攻し彼女穏な生活を脅かすという矛盾した状況に置かれることになったため、後にシャクティと再会した際にマリアはこの事について謝罪し、シャクティも当初はマリア母親として受け入れられない様子であった。大人のような生活の術こそ身に付いてはいるが、内面・精的には故郷カサレリア穏な生活に依存している年齢相応の子供である。またウッソにもこの傾向は存在し、シャクティ親やカテジナや故郷カサレリアよりも大切な存在である隣人、という認識が一貫して描かれている。

なお劇中の挿入歌ひなげしのむこうに」は、シャクティが歌う描写が序盤から終盤に渡って複数あるが、これは赤ん坊の頃にマリアが歌い聞かせたものであったという。クロノクルは中盤シャクティに会う以前から、カサレリア近郊のリガ・ミリティアの潜伏先で彼女に既に会っているが、その頃は彼女が姪だとは知らない一方で「姉さんの歌をなぜあの少女が…」と不思議がる様子が描かれている。終盤はエンジェル・ハイロゥ内部でもこの歌を披露した。

Vガンダム」では次回予告ナレーションも担当。妙に切迫した喋りと、最後に必ず言う「次回『サブタイトル』、見てください!」が印的(後半になるにつれ迫真的な表現になる)。また次回予告ではあるが、シュラク隊へのヤキモチを発言するなど時々私情を漏らすなど彼女らしい台詞を言うこともある。

劇中での動向

戦争を忌諱し、物語序盤にウッソがリガ・ミリティアの人々と仲良くなったのを機に、カミオン部隊に自分も参加していくことになる。また、カサレリア近郊の連邦管轄の都市ウーイッグにてゾロ弾にを殺され孤児になっていた、カルルマン・ドゥカートゥス(カルル)という赤ん坊カテジナ・ルースから預かり、以後常におんぶして面倒を見ている。

その遇に当初は反発して、同行しながらも途中部隊から降りてカサレリアに引き返したりしていた。しかし、ウッソに「今の地球に安全な場所なんてない」「シャクティだって、両親がどこにいるか知らないまま死にたくないだろ?」と論され、最終的にはウッソ行動に理解を示す。
しかし、それを理解したとしても、彼女行動の動機や心の依存先はウッソが生きているという事だけになってしまう。反面ウッソはというと、シャクティの意に反しカサレリアからどんどん離れて外の世界に行こうとすることや、ギロチンに反発したりして戦いの意義を見出し、自らの意思で戦いに身を投じていく一方であった。
シャクティは元来嫌いな戦争の中にウッソが気になるからとはいえ仕方なくついていくこと、そして一の拠り所であるウッソMSに乗ったり戦場に行ったりして自ら死に急ぐと受け取ってしまうことで、彼女の精は極度に疲弊し、次第に独断行動で飛び立ったウッソの機体のコクピットに同乗したり、オデロとの殴り合いの喧を見るなどして、とうとうそれは限界に達してしまう。
遂には周囲の静止にもくれず、戦場のどん中でカルルを上に向けておぶりながら、ヤナギランの種を泣きながら言で地面に植え始めるという奇行に走ってしまうのであった。これは、カサレリア印となるヤナギランを植えておけば、そこに両親がやってくるということを信じるが故であり、この描写でのシャクティは「待つことで両親が帰ってくる」という考えをウッソに論されても吹っ切れておらず、ことごとく覆される現状認識に絶望していたことが伺える。

物語中盤以降ウッソ宇宙に上がる事になると、カサレリアから更に離れるということへの恐れから、ウッソと離れ離れになることを選ぶ。が、この時もお互いに最後まで別離することに未練があったようで、お互いに同様している描写が見られた(その直前の戦闘でも、ウッソカテジナよりもシャクティのことを思っていることが描写されている)。結局幼い故か優柔不断な衝動に駆られてしまったシャクティは、ウッソについていこうとして、同じく残ったゲリラ少女スージィリレーン、フランダースカルルとともに、リガ・ミリティア戦艦に潜入し結局宇宙へ上がるのだった。しかし、その戦艦戦闘になり破損した際、3人と一匹はノーマルスーツのまま宇宙に放りだされてしまう。


このことはリガ・ミリティアの人々が後に確認し、シャクティ達が乗艦していたことが明るみになり、ウッソに大きな動揺を生み、彼女を探すことが物語中盤の的になる。またシャクティ達はザンスカール艇に救助され、その際の身元確認でDNA鑑定の結果、マリアであることがガチ党首部に知られることとなった。
ガチ党やタシロ・ヴァゴ大佐ザンスカール帝国の高官達は、である彼女政治利用する気マンマンであったが、そんな中で親である叔父クロノクルと女王マリアだけは、善意で隠していた彼女の存在を知られてしまったが故に複雑な振る舞いも見せており、マリアは再開し母親であることを明かした際シャクティに謝罪し、クロノクルは帝国内でシャクティが「おじさま」と心を許せる数少ない存在になっていた。

戸惑うシャクティだったが、サイド2の本アメリアコロニー宮殿内で、スージィとつかの間の安息と裕福な生活を過ごしつつ(この頃に装が変わり、髪型も短く結ったものになっている)、マリアの苦悩に理解を示し、手助けをしたいと考えるようになる。しかしその一方で、これまで地球で見てきたベスパの残酷な仕打ちや、ウッソへの思いも変わらず内に秘めていた為、次第に「自分の立場でなにか行動を起こせば、ザンスカールが内部から変わっていくのではないか」といったようなことを考え始める。
また、シャクティがそう考えるようになったのは、マリアがシャクティウッソに対して「シャクティの代になれば、ギロチンもやめさせられる」と発言したりと、マリアが反対しようにもガチ党には逆らえない(あるいは意思がない)と述べている事も大きかった。

シャクティザンスカールにいることは、ザンスカールに従事するようになったカテジナによる匿名の伝言によって、ウッソに伝えられた。このことでウッソ達はザンスカールへの攻撃に際して積極的に参加するようになり、その中で遂にシャクティと再会する(この時点でマーベットらリガ・ミリティアも、シャクティマリアだったことを知る)。
シャクティウッソらに救出されるが、その後もレジスタンス活動をするウッソを助ける為に、ザンスカールにわざと捕まり、気を許していたクロノクルに働きかけようとする。しかしクロノクルはモトラッド艦隊の艦隊に着任しており、身動きが取れる立場でさえなかった。そのうえ彼女クロノクルが揮するモトラッド艦隊の旗艦であるバイク戦艦ドラステアに同乗することになってしまい、その艦隊が地球へ侵攻すると、地球クリーン作戦の戦中の中、同じく囚われたウッソミューラともどもリガ・ミリティアへの人質のように扱われてしまうのだった。

その後は救出作戦の折に爆弾を片手に自らをウッソに逃がし、アドラステアに残ったミューラに対して自責の念を残し、最終的にミューラが死亡してしまう(「母さんです」)と、「私のせいでおばさまは…」と、ウッソと一緒に泣き崩れる。物語後半では、母親に再開した影もあり、ガチ党によってめられた義ではない、マリア主義の「いい所」だけをみ取って影を受け、成長していくような節が見られており、クジラ死体だらけのに嫌悪感を催すクランスキー姉妹スペースノイド)に、それが地球への環境の破壊によるものと論し、それを守るために戦うことも考えの一つであると話したり、地球に住むための手ほどきを促したりするなど、大局的な世界を知ったことで精的に成長し、ウッソへの依存心にすがるようなこともなくなっていった。

しかし、自分の立場でクロノクルに働きかけるという行動自体はその後も試みることとなり、そのせいでキスハールカリンガというザンスカール近衛師団のカップルが死んでしまったり、クロノクルとも口論の末発してしまいカテジナに拳で殴打されるほどに憎まれるなど、精的に立ち直ったとはいえまだまだ子供で、立場を利用して大局的な行動を起こそうとしては失敗するなど、単純に物事を捉えすぎる部分も覗かせており、ウッソやウォレンから心配されている。
またリガ・ミリティア内ではマーベットホワイトアークの部隊やシュラク隊を中心に、彼女の心はよく理解されており、あくまでウッソ隣人という立場以上の扱いは受けなかったが、ウッソでリガ・ミリティアの実質的な導者ハンゲルグ・エヴィンなどの一部からは、次第に疎まれる対として見られていたようだ。

終盤はゆずりのサイキックニュータイプ)をガチ党の宰相カガチに見出され、死亡したマリアの代わりにエンジェル・ハイロゥの制御室であるキールームで祈りをげる事になった。しかし、眠って収容されている一万人のサイキッカーたちの理解を得て(意識したかどうかは不明だが)その握し、その結果本来の的とは異なりエンジェル・ハイロゥ空中分解させて戦場から離脱させるという行動に至らせた。こうして戦争は終結し、彼女だけがキールームのユニットとともに地上へと帰り、ウッソV2ガンダムに回収されるのであった。


戦いが終わり、ウッソホワイトアーク部隊とその親族は、カサレリア穏な生活を営んでいた。の降りしきる中、おの大きくなったマーベットや、墓参りにくるマルチナさん、そしてカルルを世話しつつで洗い物をするシャクティの姿があった。カサレリアには、以前よりもむしろ活気と温かさが訪れてすらいるようであった。そこへ、ワッパに乗った一人の旅人が現れる。

が不自由なようで故障したコンパスのワッパを頼りに、ウーイッグに行きたいと話す旅人だったが、シャクティは快く新しいコンパス提供しする。感謝する旅人を流し、「が来ると、訳もなく悲しくなりません?」とった。シャクティ旅人に「そうですね」とだけ告げ一瞥し、見送るのだった。
そしてそれと入れ替わるように、ウッソ達が集落に帰ってきた。シャクティは、ウォレンか来たのと聞かれると「に迷った旅人よ」とだけ告げる。

そしてシャクティは、言葉もなくし、悲しみに暮れるしかなかった。

それが「が来ると訳もなく悲しくなる」からなのか、旅人を見送ったことに対してなのかは、知る由もない。

視聴者からの評価

Vガンダム」における女性キャラ戦闘を担当する勇ましい人物ばかりだったこともあったのか、放送当時からアニメ誌にファンアートがよく寄稿されるなど、当時からヒロインの一として人気があった。

しかし一方で、する人(シャクティの年齢では大切な人という表現が妥当だが…)を思うあまり、他の事に頓着になってしまう序盤の言動は、かつての「機動戦士Zガンダム」におけるベルトーチカの言動(アムロ戦場に駆り立てる元だなどとミライに食ってかかる等)に一部通ずるところもあり、また子供であるが故の闊さや、子供であるのにどっちつかずな行動に悩まなければならない出自から来る優柔不断ともとれぬ行動は、かつての富野作品のキャラの一部分を想起させるものであった。しかも物語の中心的な存在なだけあって、彼女に対して苛立ちを感じる視聴者もいる。

しかし、よくよく考えれば「Vガンダム」劇中の少年少女

といった有様で、実はシャクティ以外、地球にも宇宙にも戦争という状況から逃れられている遇にある子供など、一人としていなかったのである。
すなわち、劇中でまれにある「シャクティが苦言を呈したり、逆に呈されたり」といった言葉は、お互いの遇があまりにも違う為、あまりに受けない方がいいのかもしれない。ある意味可哀そうな事であるが、シャクティだけがそのような感覚を持つ、この時代に至っては希有な存在だったと見る事もできる。だからこそ、キールームで祈る資格があり、このアニメヒロインなのかもしれない。

余談だが、次々回作である「新機動戦記ガンダムW」においても

デュオ「転校しながら移動するってのはいい考えだよなぁ。俺達の歳なら学校へ行ってるのが自然だ。

という、自分達の日常普通の感覚ではないことを自嘲する台詞が出てきたりする。

彼女について肯定的に捉えている視聴者も多く、シュラク隊にかわいがられるウッソに対してヤキモチをやく姿や、ウッソ幻覚の中で全裸遊びしているシーンなど、人気のある名場面も多数知られている。

なお一部から腹黒いというイメージがついていたのは、漫画「いけ!いけ!ぼくらのVガンダム」の終盤でカテジナのワッパを爆破したシーンの影であると思われる。ただこの漫画作者のことぶきつかさは、同単行本内における各ガンダムシリーズに対する論評において「ZZはあまり好きではない」「(Vガンについて)マーベットさんにはじまり、マーベットさんに終わった作品。以上」といった見解を述べたり、メカニックも好みでなかったのか、一筆書きで書いたようなゾロV2ガンダムを掲載するなど、Vガンの名で単行本を出しておきながらあまりVガン興味とも言われ、ハチャメチャにやった結果…などと推察する人もいる。

主な台詞

  • ウッソ戦争にとられていくの?戦争ウッソをもっていくの?」
  • 「この人たち、みんなおかしいわ!
  • 「おだまりなさい!」
  • 「ウ、ウッソあたしにかまわずに…戦うのよ…!」
  • 「ああ…が!!人が…人が…死んでいく!!!…いっぱい…!!」
  • 「カサレリアお母さんだけが、本当のお母さんです。」
  • 「私はビクトリーって機械は怖いけど、このロボットは好きになれそうよ。だって、ウッソお母さんをつなげたもの。人と人を結びつけるモビルスーツなら、私、好きよ」
  • 女王で、クロノクルの親戚なら、頼み事くらい出来るはずだわ!
  • 戦艦が地ならしって、どういうことです?」
  • あたしたちは、クジラアザラシとおんなじなんですよ。こうやって血が出るってことはそうでしょう?死んだら腐るんです。」
  • 「それはこの地球が、動物がきれいに死ねない環境になったからなんですよ。ちゃんと生きていればきれいに死ねるのに、そうでなくなっちゃったから。でも、今の地球は、そうじゃないから、きれいに生きていける環境を作るために、戦っているんじゃなくって?」
  • 「おかしいですよ!!」「あ、当たってしまった…!」
  • カテジナさんまで、カガチにとりつかれておかしくなっているんですか!?
  • 「私に従って、このように疲れる祈りをなさるみなさまがた。もともとの平和とは、魂がそれぞれのにもどることでありましょう。が、が、そしてそれぞれの連れ合いが、よりそうことのできる世の中でありましょう。」
  • カテジナさん、あなたの帰る所はここではありません。
  • 「気を付けて。優しさに包まれた深い悪意が、ウッソを狙っているわ。」
  • ああああーーーーーーーーっ!!!!!」
  • メモリーは、いつも使っているものですから、間違いなくウーイッグに行けますよ…どうなさいました?」
  • 「そうですね…」
  • に迷った旅人よ。」
  • で洗い物してたから…」

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シャクティ・カリン

155 ななしのよっしん
2020/07/25(土) 14:58:08 ID: 8Br2fmjGEw
アトラみたいに余計なことしまくらなけりゃそうなれてたかもなー?(鼻ホジ
156 ななしのよっしん
2020/07/25(土) 17:13:46 ID: sg3P8MyF8v
なんかアニメキャラが自分の意思で動いてるみたいな言い方怖いです
余計な事をする展開はそのままでもいいけど、もっと可愛いシーン作者に入れてほしかったなって意味
157 ななしのよっしん
2020/09/12(土) 11:52:20 ID: tDURszW15p
この頃の富野にキャラみたいなムーヴさせろとか言っちゃうほうが怖いわw
158 ななしのよっしん
2020/09/12(土) 12:03:57 ID: M6vbH8hYHt
責任とらないといけない大人老人たちが気持ちよく死んでいった中その事後処理を任せられる子供たちがVガンダムで描いたことだからな。
禿リーンホース特攻は戦後のこと考えていない大人オナニー(意訳)って言ったぐらいだし、ウッソもシャクティも巻き込まれた子供でしかないよ。
159 ななしのよっしん
2020/09/13(日) 13:50:22 ID: UGW7lybnaK
11歳の子供でしかないからな、くのがどうかしてる。アトラを引き合いに出してるけど、あれはアトラ主人公にとってどこまでも都合の良い女でしかないというだけだし。そも戦場でさえなければ事万で物分かりが良く素直で大人しい美少女なんだよなあ。
160 ななしのよっしん
2021/01/27(水) 17:20:34 ID: u/BENIuwCN
Vガンダムめて見つつ、ギアスとかかれやすいキャラと言われる立場を較すると
シャクティかれる要因が少ない。と言うより皆無だと思う。

まず扇要は最初からレジスタンスとして参加して、ルルに強引とは言え適材なリーダーとして担ぎ上げられた。とは言え情勢や反抗活動、戦争も理解している「大人」の一員。しかもTV版ではシュナゼルブリタニアが、どういう人間国家か今までの戦いで分る一面も有ったのに、優柔不断とは言え感情を優先したのは擁護しにくい

対してシャクティは、まだ戦争を理解してない子どもウッソみたいにMSNTの訓練を受けた訳でもく、赤ん坊の世話や日常生活をこなして、政治帝王学の知識もい状態でエンジェルハイロゥを動かし
(自分の出来る限り)武器を使わないで戦いを終わらせようと努めた。もしナナリーの様に手足も動けない状態で、レーザーや核の発射ボタンを握らされて自分から犠牲者を出す様な状況に成ってたら、もっと酷かったろうし、カテジナさんなんか赤ん坊の世話をする子どもを殴ってるしw おかしいよw
161 ななしのよっしん
2021/01/27(水) 18:25:49 ID: Du+/FL5Cql
褐色というだけで正義
162 ななしのよっしん
2021/02/25(木) 15:39:46 ID: yN+jHvo8y7
なんかめっちゃ嫌われてるよなこの子
最初はネタ死神やら悪女やら言ってるのかな?と思ってたらどうも違うみたい
リアタイ時も今観ても状況を悪い方向へ引っ掻きまわしてしてるなぁとは思うけど嫌うまではいかん
むしろ最後のカテジナさんの対応で結構好き
普通はあんな哀れな姿見たら、過去に流して手をさしのべるか危を加えるかはわからんがの他人のふりなんてできんて
最後にわかりあえた、は言い過ぎか
163 ななしのよっしん
2021/02/25(木) 19:47:01 ID: 5CMvwiVekG
クロノクルの閥だしシャクティ自身は特にカテジナさんを見限ったりしてないからな。
軍隊に入るまでのカテジナさんが何気にクロノクルの次に顔見知りだったのがシャクティだったわけで

ザンネック撃でメチャメチャになったラゲーンはともかく、ウーイッグはある程度復が進んでいると知ってたんじゃないかと想像する
164 ななしのよっしん
2021/02/25(木) 19:48:38 ID: 5CMvwiVekG
ていうかアンチがデカいだけで嫌われてるとか言うな。
自分は好き

急上昇ワード改