シャドウ・ザ・ヘッジホッグ単語

シャドウザヘッジホッグ
  • 9
  • 0pt
掲示板へ

シャドウ・ザ・ヘッジホッグShadow the Hedgehog)とは、ソニックシリーズの登場人物である。
声優遊佐浩二ゲームアニメ等全ての作品で共通)。

または彼を主人公に据えたソニックシリーズタイトルす。(参照→「シャドウ・ザ・ヘッジホッグ(ゲーム)」)
こちらはシャドゲと略されて呼ばれる事が多い。

概要

シャドウ・ザ・ヘッジホッグ

Dr.エッグマンの祖プロフェッサージェラルド」によってある的の為に生み出された究極生命体である。宇宙を彷徨う戦闘種族『ブラックアームズ』の首領・ブラックドゥームの血と細胞を受け継いでいるため、本当の意味で不老不死体を持っている。
ソニックと同じくハリネズミ擬人化したような外見をしているが、姿が似ている理由は不明。

初登場はソニックアドベンチャー2(以下、SA2と記載)。GUNの最高機密兵器として監コールドスリープ状態にあったところを監に侵入したDr.エッグマンによって覚醒エクリプスキャノンの存在を唆すなどして(表向きは)エッグマン世界征服計画に手を貸すべく行動する。ソニックと姿形がかなり似ているため、この時のシャドウのしでかした行為の数々がソニックのものとして世間に認識された挙句、その応酬が全てソニックに降りかかる事になった。

 

同作品のクライマックスにて散っていく姿が見られるため、当初は「SA2」1作限りの登場予定だったと思われるが、想像以上に人気を集めた為に以降の作品でも度々出演を果たしており、ついには彼を主人公としたスピンオフ作品「シャドウ・ザ・ヘッジホッグ(以下「シャドゲ」と記載)」が発売。こちらの作品ではSA2ストーリーが補されていると共に、シャドウのより詳しい生い立ちなどを知る事ができる。
この作品以降正式に、ソニックシリーズにおけるダークヒーローとしてソニックとは別にさらなる人気を集めていくようになる。
また近年ではソニックと共にオリンピックスマブラにも参戦。スマブラではオリンピックと違いゲストアシストキャラとしての出演なのでプレイヤーとして使う事はできないが、後述の得意技・カオスコントロールにて自らを召喚したプレイヤーサポートしてくれる。

生い立ち、及び作中での活躍

僕の名はシャドウ、この地上唯一にして究極の存在。

その生い立ちはプロフェッサージェラルドが孫マリアの不治の病を治療するため、不老不死の研究の一環として究極の生命体を人工的に作り上げる「プロジェクトシャドウ」の計画の成果として誕生した。
なお、プロジェクト名及び彼の名前である「シャドウ」には、「存在しないもの」「実体がいもの」という意味がある。
(この計画の過程で、ジェラルドが地球の技術だけで作り上げた究極生命体プロトタイプバイオリザード』や『人工カオス』が誕生しており、後述するように「SA2」の作中でジェラルドの遺志を継ぐ復讐者として、封印が解かれソニック達の前に立ち塞がる。)

やがてジェラルドは宇宙戦闘種族ブラックアームズ(軍団)の首領・ブラックドゥームと出会い、究極生命体完成させるべくブラックドゥーム細胞をもらう代わりに、彼らのブラック彗星地球に再び接近する50年後に7つのカオスエメラルドを差し出してもらう、という契約を交わす。
から見れば彼は自らの研究成果と孫のために地球未来侵略者たちに売った、という事になるが、ブラックアームズが地球をいずれ侵略するつもりである事を悟ったジェラルドは不老不死の研究とマリアのため、そしてブラックアームズほか侵略者たちを倒すための究極生命体としてシャドウを誕生させたのであった。同時に、ブラックアームズの本拠地たるブラック彗星を粉砕するための手段として兵器エクリプスキャノンを作り上げ、さらにアーク内部にも様々な兵器を残している。
その後、マリアと共に過ごしていたところをGUNがスペースコロニー・アークへ襲撃、シャドウマリアを連れてアークを脱出しようとしたがマリアが撃たれてしまい、シャドウは単身、脱出ポッド地球へ送られる事になる。
マリアがGUNの兵士に射殺された事を知ったジェラルドは怒りでを忘れ、マッドサイエンティストと化した彼はアークプロジェクトシャドウの成果を地球人達への復讐のために作り変え、シャドウの記憶も「マリアを殺した人類への復讐のために誕生した」ものと竄してしまった。
(なお、シャドウが誕生した的やスペースコロニー・アークで起こった真実シャドゲの中で全貌が明かされるが、「SA2」の時点でもマリアの口から断片的にられている。)

時は流れ50年後(SA2)、GUNの施設にてコールドスリープ状態で眠りについていたところをエッグマンによって覚醒ジェラルドの遺志を遂行しマリア復讐のため人類を滅ぼすべく、エッグマンアークエクリプスキャノンの存在を唆すなどして、彼の世界征服計画に協する(ふりをする)。シャドウにとっては人類殺さえ達成できれば、手段などどうでもよかったし後の事など知ったことではよかった。
だが最終局面で、エミー必死の説得からジェラルドに竄された本当の記憶を思い出し、最後はソニック達に協カオスエメラルド暴走を食い止めようとするソニック達に立ち塞がる究極生命体の「醜いサンプル」ことバイオリザードを撃破、してみせたがやがてプロトタイプマスターエメラルドで落下が停止したアークへ寄生、自身諸共地球へ落下を始めたため、ソニックと共にスーパー化を果たしてプロトタイプを今度こそ全に滅ぼし、アーク地球落下も食い止めて見せた。
だが、上述の通りカオスエメラルド体が耐えきれず、コロニーへ帰還できないまま大気圏へと落ちていってしまった。

 

これによって死亡したとされていたが、「ソニックヒーローズ」にてカプセルに入った状態でルージュに発見された。
(後述するように、エッグマンに救助された?)
「シャドウ・ザ・ヘッジホッグ」という自身の名前と「マリアという少女が殺された」こと以外に何も覚えていない記憶喪失状態となっており、この設定はシャドゲゲーム中でも引き継がれる。

その後シャドゲにて、自分が何者なのか探し彷徨っていたところへブラックアームズが襲来、さらにブラックドゥームシャドウの元へ現れ「記憶を知りたければ7つのカオスエメラルドを探し出して差し出せ」「50年前の約束を果たしてもらう」と告げる。
この言葉を受け、ブラックアームズとGUN(+ソニック達)とエッグマン軍団による混乱状態の中でシャドウカオスエメラルドと自身の記憶を探しめ冒険に出る。進め方次第では、エッグマンに「シャドウは自分が作ったコピーだ」と告げられ苦悩する展開があり、またエッグマン制作アンドロイドシャドウが敵キャラとして出現する。(後にこの設定はエッグマンの作ったの話と明かされ、SA2ラストで大気圏へ落下したシャドウに捜索隊のメカ派遣して救助していた事と、ゲーム主人公シャドウこそがオリジナルだと判明するが。)
やがてカオスエメラルドを集めると、ブラックアームズを倒すために彼らのを利用すべく、ブラックドゥームの血や細胞を用いてシャドウが誕生した事が明かされる。だが地球へ転移したブラック彗星の大気が有ガスとなって地球生物(=ソニック達)へ襲い掛かり、シャドウ以外の一人戦えない状態の中シャドウブラックドゥームによるマインドコントロールを受け支配されそうになるが、ジェラルドの上述のメッセージを受け、これを跳ね除ける事に成功。
「人類を救うための『希望』として誕生した」全ての真実を知ったシャドウは、彼の生みの親の1人たるブラックドゥーム及びブラックアームズを闘の末に滅ぼしてみせた。

ジェラルドとマリアの遺志を果たした後は、両者の事も吹っ切ったようで、以降はのためでもなく「自分の生きる」を模索するようになる。相棒たるルージュと共に、連邦政府大統領直属のエージェントとして活動しているとされ、時に「影」として、またある時は「希望」として活躍し続ける。
(その彼の生き方が、同作のED曲「Never turn back」の歌詞として現れている。)
ただし、それらの活躍ぶりは「新ソニック・ザ・ヘッジホッグ」などでしか明確に出てきていないのだが・・・

人物

シャドウ

一人称は『』。性格は基本的に冷静沈着にして寡黙。的遂行のためならば手段を選ばない、危険なまでの純さと一途さを持つ。
その一方で非常に強気でプライドが高く、自分以外の人物全てを見下している節がある。プライドを傷つけられると昂し、当初の的を視してでも相手を痛めつけないと気が済まなくなる。
また前述の性格故に協調性がく、他のかの話や意見を取り入れる事をせずに一人で行動している事が多い。行動を共にする機会が多いのはルージュオメガくらいであろうが、そのルージュ危機に陥った際は「的のため」ときながらも救助に向かったり、かつて姉弟同然に過ごしたマリアを度々気遣うなど、不器用な一面もある。

 最初に述べた通りソニックとよく似た姿であるが、体色がで構成されていたり体の後方の針が反り上がっている(ソニックは寝かせ気味に垂れ下がっている感じ)等、ソニックとは様々な面で違いがある。ソニックく「偽者」だが、年齢的にはシャドウが言うように「フェイクは君の方じゃないのか?」という可性もある。体は黒色赤色が混ざっているが、これは異ブラックアームズの血や細胞によるもの。
またシャドウソニックソープシューズと違いエアシューズを履いており、シューズの底面から空気放出する事でアイススケートのように滑走しながら走る。ちなみにこのエアシューズ、空気の量を調整すればホバー飛行のように中へ浮遊することもできる。「ソニックライダーズ」ではこのエアシューズがシャドウデフォルトギアとなっており、他のキャラクター普通に装着可な代物となっている。
なお普通に走ってもソニックと併走できる程の速さで疾走できるとされるが、作品によってはソニックや他のキャラよりも若干遅いとされるケースもある。
先述の疾走と合わせて総合的な身体も非常に高く、手先も器用で特殊車両銃火器などを使いこなして戦う事ができる。バイクなどの陸上を走行する乗り物に乗る時、「普通に走った方が速いだろ!?」と野次を飛ばしたくなるだろうが、やめておこう。 彼だってラクをしたいときはあるだろうし、軍事車両には武器が備えてある事が多いのだから。
寧ろ生まれ育った環境による影か、森林など自然のある場所より、機械配管、建物など人工物に囲まれた場所の方が落ち着くらしい。(記憶喪失状態ですらこの事をく為、の髄まで染み込んでいるようだ。)


総括すると、「この地上一にして究極の生命体」(本人談)。ソニックと違って気だし。
事あるごとに「究極」と口にするが、もっともSA2ラスボス戦での会話を始めとするソニックとのやり取り等を見る限り、ソニックの事はある程度認めているようである。

能力

ソニックとの大きな違いとして、ブラックアームズ譲りの身体や重火器・近代兵器の取り扱いに加え、カオスエメラルドを引き出して様々なを発揮し、操る事が出来る。

これだけのを発揮している彼だが、「新ソニック・ザ・ヘッジホッグ」において両腕と両足の色のリングを抑制していたことが判明。普段は自ら制御しきれず、を使い果たしてしまうために封印しているが、解放すれば封印時の自分をコピーしたメフィレス・ザ・ダークを圧倒するほどに凄まじいほどのパワーアップを果たす。

ランスロット 

ソニックと暗黒の騎士」の世界にて登場する、シャドウとそっくりの外見を持つ人物。wikipediaでも言われている事だが、外見がよく似ているだけでシャドウとは別人である点に注意。(CV遊佐浩二で同じだが)
もっとも、同作のバトルモードではランスロットではなくシャドウ本人が登場する事も念のため追記しておく。

外見は論の事、性格やまでシャドウとほぼ同様であるが、紛れもアーサー王と円卓の騎士世界における登場人物である。アーサー王の勅命により、アロンダイトを手にソニック決闘を挑んでくる。戦いの際は剣術の他、シャドウと同様の技を繰り出してくる事も。
やがてストーリー大詰めにての敵が姿を現すと、を救う為に他の円卓の騎士達と共にソニックと共闘を果たすようになる。基本的に従来作品のシャドウと同じ感覚で操れるが、カオスコントロール(らしき)を応用して瞬間移動しながら敵を次々に切り裂いていく必殺技を繰り出せる。なお最強武器を入手した彼は・・・もはや何も言うまい。

ちなみに同作品で、ランスロットが再戦を挑んでくる隠しミッションが存在する。
初対戦時と違い全本気モードだけあって付け入る隙が全く見つからないばかりか、カオススピアやカオスブラストといった必殺技を次々に繰り出してくるなど、最初に戦ったランスロットとはもはや別人と言ってよい強さで(というかシャドウ本人じゃないかと)、初見プレイ時はクリア自体不可能と思ったプレイヤーは少なくないのではなかろうか。

 
余談だがストーリーブックシリーズへの出演はこれが最初ではなく、秘密のリングにてパーティーモード限定で出演している。

その他

関連動画

これが・・・究極のだ! 

は・・・究極のはずだ・・・

当然の結果だ・・・!

テーマソング

には興味いものだ・・・

関連静画

関連商品

関連項目

最後はやはりこの一言。

  

 璧 だ !!

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%89%E3%82%A6%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%83%E3%82%B8%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シャドウ・ザ・ヘッジホッグ

183 ななしのよっしん
2019/01/19(土) 20:52:41 ID: 3ZEBZk4vck
そもそも最近のシャドウソニックシリーズでも扱い酷いし参戦させる気自体対してないのでは…

トゥーンでは操られていいとこなしの散々な出番だし、フォースでもインフィニットについでに相手されて終わり
参戦させるならシャドゲ新ソニの頃くらい活躍させないとそもそも盛り上がりもしないだろう
184 ななしのよっしん
2019/01/29(火) 00:38:26 ID: PIGrxsfo7c
そういえばマリアと過ごしてたのって何年ぐらい?
185 ななしのよっしん
2019/06/04(火) 16:12:51 ID: 2LWoCjMRH2
子猫好きで好きなアニメキルラキル究極生命体
186 ななしのよっしん
2019/06/13(木) 09:53:51 ID: QTKhl1f2IF
>>184
公式4コマ漫画シャドウが生まれる前のマリアが描かれているエピソードがあって、その時点で既にある程度成長していた(外見がゲームとほぼ同じ)から精々数年程度じゃない?
187 ななしのよっしん
2019/06/15(土) 19:37:48 ID: PIGrxsfo7c
やっぱりそれぐらいか、全部50年前ってくくりだしね(約とか大体ってことだろうけど)
そうなるとシャドウの年齢って高くてもクリームと同年代ぐらい、下手すると単位の可性ありってことになるな
...そう考えるとちょっと見方が変わってくるな
188 ななしのよっしん
2019/12/14(土) 03:07:15 ID: 32+VQ5Y71W
>>186
アドベンチャー2での描写が効になってないなら、シャドウマリアに会ったことすらない可性があるんだよな……
(ジェラルドの日記で「シャドウ完成した」と言われてるのはアーク閉鎖してから 
記憶はジェラルドが作ったとも、「オリジナルデータ」に由来するとも考えられる)
189 ななしのよっしん
2020/02/23(日) 06:59:28 ID: 1r0v045Vz9
オリジナルブラックドゥームデータを元にカオスコントロールとか
ドゥーム由来のシャドウが自在に使えるように調整できた=完成ってことだと思う

シャドウマリアが一緒に暮らしてた前提で考えても、最初から自在に使えてたら
アーク閉鎖事件の時すでにマリアを連れてカオスコントロール逃げられるし
あの時点ではまだ使えなかったと考えれば褄も合うから
190 ななしのよっしん
2020/03/29(日) 22:52:34 ID: FSFc1e7enM
参戦してたらロイとかガノンとかミュウツーと一緒に使いたかったです(憤怒の炎)
191 ななしのよっしん
2020/05/27(水) 05:13:51 ID: QTKhl1f2IF
マリアの手で脱出ポッドに乗せられたのが試作品シャドウ(まだカオスコントロール使えない)で、アーク閉鎖ジェラルドはそれを何らかの方法で回収。ジェラルドが試作品の記憶をコピペした上で記憶操作とアップグレードを施した個体が完成シャドウ。その後間もなくジェラルドはGUNに逮捕され完成シャドウはプリズアイランドにて保管...といったところか。
この仮説で行くなら>>188の言う通り完成シャドウマリアに会ったことがない(ただし試作品の記憶を引き継いでいるため彼女を覚えている)ということになる。ジェラルドは試作品の記憶からマリアの遺言を全に消去すれば良かったものを敢えてそうしなかったのは、暴走する自分をシャドウ本人に止めて欲しいと願う良心が僅かながら残っていたから?
192 ななしのよっしん
2020/05/27(水) 06:37:59 ID: QTKhl1f2IF
シャドウジェラルドが作った復讐具だったのかしら?」
爺さんは本当にワシらを滅ぼしたかったんじゃろうか?」
シャドウが記憶操作を施された上で完成したという意味ではルージュの問いはYESシャドウが最終的にクリエイターの呪縛から逃れ自分の意志で地球を守る選択をしたという意味ではNO。ソニック後者を尊重しつつ、YES/NOは言わなかった。
かつてのジェラルドは「地球に住む人々のため」に研究していたことがシャドウ回想シーンで示唆されている。またエッグマンは「あのマッドサイエンティストめ!」と憤慨しつつ、戦いが終わった後は幼き日に思い描いていたヒーロー像としてのジェラルドに想いを馳せていた。世界を滅ぼす狂人としてのジェラルドを見てなお、かつての温厚な人格者としてのジェラルドがまだエッグマンの心の中で生きている。
上2つの問いかけは後にシャドゲブラックアームズ設定で正式に否定されることになるわけだが、個人的にこの後付け設定があまり好きじゃない理由として、問いかけへの否定要素をやんわりめかしつつそれをハッキリと示さない美しさがSA2にはあっ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

急上昇ワード改