シャルル=アンリ・サンソン単語

シャルルアンリサンソン

シャルル=アンリ・サンソン(Charles-Henri Sanson,1739年2月15日 - 1806年7月4日)とは、フランス革命期の死刑執行人である。

概要

パリ死刑執行人ムッシュ・ド・パリ)を勤めたサンソン4代
動のフランス革命において、ルイ16世マリー・アントワネットらの処刑に立ち会い、革命後の恐怖政治においても著名人を含めた多数の罪人の処刑を行った事で知られる。

当時の死刑執行人は人の死に携わる関係上、底辺の身分として蔑まれていた。シャルルもその例外ではなく、幼年期にルーアン学校入学するも、身分が知れてしまい退学処分を受けている。その為自宅で神父による教育を受けて成長し、の後を継いで15歳死刑執行を代行、16歳で最初の処刑を行った。24年後にが死去し、正式にムッシュ・ド・パリ称号を叙任。

出来るだけ死刑囚に苦痛を与えない方法としてギロチンが考案されると、これを導入。その僅か1年後にフランス革命が置き、敬する国王ルイ16世の処刑に立ち会う事となった。更にその9ヶ後、マリー・アントワネットの処刑を執行。
その後も反革命分子とされた王族・貴族の処刑に携わるが、マクシミリアン・ロベスピエール率いるジャコバが台頭、恐怖政治によって死刑囚の数はうなぎ登りとなる。多い時は1日で30人以上もの処刑を行ったという記録が残っており、ロベスピエールと対立して死刑に処せられたジロンの女傑・ロラン夫人が「自由よ、の名の下でいかに多くの罪が犯されたことか!」という言葉を残して断頭台の露と消えたのは有名な話である。
その他にもマラー暗殺の実行者にして、その美貌から「暗殺の天使」と呼ばれたシャルロット・コルデー、かつての愛人であったデュ・バリー夫人の処刑にも臨み、その最期を日記に書き残している。

テルミドールクーデターにより失脚したロベスピエール死刑においても、シャルルは淡々と処刑に臨んだ。動の時代をそので見届けた翌年、督を長男に譲って引退
1806年、皇帝となったナポレオンに謁見し、同年ひっそりと世を去った。享年67歳。

恐怖政治下での処刑人数だけでも2,700名に及び、それ以前にも多くの刑罰・死刑を執行している。

逸話

  • 底辺の身分であったこともあってか、当時ではしく身分の分け隔てをしない論者だった。貧民に対する施しや治療、寄付を行うなど、慈善活動も行っている。
  • 王党派であり、敬する国王夫妻や王族を手にかけた事を生涯悔やみ続けた。また、バレれば自らも死罪になる危険性を知りながら、国王とその家族福を祈る為、密かに神父を呼んでミサを行っていた。
  • 熱心な死刑反対論者で、たびたび政府死刑の嘆願書を出していた。死刑止こそ、「人が人を殺す」という自らの職務から解放される一の手段だったと日記に述懐しており、複雑な想いが伺える。
  • 副業として死体の取り扱いを許されていた為、解剖によって高度な医術を心得ていた。また拷問に際し、どうすれば死なずに傷をつけられるか、どうすれば適切に手当できるかという研究に大いに役立ったという。
  • 死刑執行人は身分こそ最底辺にあったが、上述の医療技術により、医師としての収入は大なものだったという。その収入は貴族並みの生活を許される程だったが、死刑執行人同士でなければ結婚許可されないなど、制約は極めて厳しいものだった。
  • ルイ15世の暗殺を図ったベールフランソワダミアンは、数ある処刑方法の中でも最も過酷と呼ばれる「八つ裂きの刑」を宣告された。この時シャルル18歳147年ぶりに執行される刑であった為、叔父と共に過去の文献を必死読みあさって予習し、本番に挑んだという。詳細は非常に残酷なので割愛するが、叔父息子督を譲って引退するほど衝撃的だったという様子をシャルル明に記録している。なおこれがフランスで最後の八つ裂き刑となった。
  • マリー・アントワネットの処刑に際し、断頭台に上がろうとしたマリーうっかりシャルルの足を踏んでしまった。思わずを上げてしまったシャルルに対して彼女は「ごめんなさいね、わざとではないのですよ」と詫びて微笑んだという。
  • かつて若い頃のシャルル愛人関係にあったデュ・バリー夫人が処刑される時、他の死刑囚は毅然として死んでいったのに対し、彼女は大で泣き叫んで暴れ、命乞いをした。群衆は大いに狽し、耐えかねて息子に処刑を任せたシャルルは「皆が彼女のように泣き叫べば良かった。そうすれば民衆も事の重大さに気付き、恐怖政治く終わっていたのではないだろうか」と書き残している。
  • シャルロット・コルデーの処刑において「私が逮捕された時、きつく縛られたせいで手に傷をこしらえました。処刑の時に手袋をしても良いですか?」と問われ、シャルルは「大丈夫ですよ、傷がつかないように縛りますから」と答え、彼女を安心させたという。その後、ギロチンによってり落とされた首を助手が持ち上げ、罵倒して手で打つと、にわか彼女の顔にが差して怒ったように見えた。群衆は尊厳を冒涜した藉に怒って暴動になりかけ、シャルルもその場で助手を解雇、追放した。

後世の創作において

死刑執行人」という稀有な立場、フランス革命をそので見届けた生き人として、たびたびシャルルは題材となっている。

関連動画


関連商品


関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%AB%3D%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シャルル=アンリ・サンソン

1 ななしのよっしん
2017/03/04(土) 00:50:07 ID: KD5qjxC61Q
集英社の本だけでも十分な読み応えを感じる人生だったけど、まだまだ凄いエピソードがあったんだな。

なんというか、生まれてくる時代がすぎた人だと
2 ななしのよっしん
2017/03/04(土) 11:09:07 ID: BxGWHTuoVd
日本でいう山田浅右衛門か。
仕事とはいえ延々と人を殺し続けることができたのと、そのことに対する嫌悪感が同居出来たっていうのが凄い
3 ななしのよっしん
2017/03/04(土) 12:03:32 ID: KD5qjxC61Q
>>2
そして日本人は「フランスギロチン処刑は残酷だ!」と叫ぶけど
フランス人も「日本人がやるセップク(切腹)はおぞましい文化だ!」と認識しているというね…
どちらも「尊厳ある死」「名誉ある死」には違いないんだが、まさに文化の相違
4 ななしのよっしん
2017/03/28(火) 19:39:21 ID: COtdlwFCn1
死刑止出来なかったけど、拷問の方はルイ16世止してるからサンソンからすると
「期待が持てる王様」で、王党派だったこと以上の思い入れがあったのかな。
5 ななしのよっしん
2017/04/26(水) 01:32:36 ID: 2F84RFDOGL
収入を死刑にした罪人の供養のために使ったりしてた山田浅右衛門みたいに、殺す側である処刑人が殺される側を深く慮ってるっていうのがなんだか胸に来るな。
6 ななしのよっしん
2017/04/26(水) 20:00:41 ID: ejevEmdzDA
残酷な事を延々とやらされた人だが、あの酷い時代を事に
長生きできたのを考えると、どうも運が良いのか悪いのか分からん
7 ななしのよっしん
2017/05/02(火) 20:22:41 ID: cznvWviy2a
ちなみに、彼が処刑した人の数は「史上2位」だそうで
8 ななしのよっしん
2018/10/01(月) 09:26:07 ID: CK+S9ZkB4y
死刑論者死刑執行人論者で貧しい人に医療を提供した、処刑に携わるから法律も勉強している上、医師としての腕も確かとか、史実とは思えないくらいもりもりてんこ盛りだな
9 名無し
2019/05/06(月) 21:06:03 ID: ZmM9zUfTs7
ギロチンが何故生み出されたのか、そこが大事なんだよな

よく知らない人はギロチンは非道徳的だと非難する
知っている人ほどギロチン道徳的だと肯定する

大事なのは人を殺し続けたいと思う人なんて余程の精異常者でもい限りいないってことさ