シュシュブリーズ単語

シュシュブリーズ
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

シュシュブリーズとは、2011年まれの日本の元競走馬である。現在は繁殖

思わぬ形でニコニコにおける競馬の中心的存在となった。

称は『シュシュ』。

概要

フジキセキブリズデロートンヌ、シンボリクリスエスSS初年度産駒にして内産種の記録の多くを塗り替えた名種

は1勝だが4代オールカマーなどを勝ったダイナフェアリー、さらに2代さかのぼると社台の基幹系の祖というべき名ファンシミンがいる由緒正しい系の出である。

出走の大半は勝ち上がり、半分くらいは2勝、3勝できる堅実な血統である。シンボリクリスエスは2年連続で年度代表となり、種としても芝ダートを問わない活躍を見せている非SS系の軸の1頭。

現役時代

シュシュブリーズはキャロットファームが保有するクラブとして中央競馬中尾秀正厩舎(東)に所属。2013年6月22日、2歳の函館競馬デビュー。芝1200メートル限定の新戦で1番人気に推され、その人気通りに2着に1身4分の1差で快勝するという々しいスタートを飾った。

しかし、レース後に発生した右前脚の不調で2戦に出走するまで8ヶかかってしまい、以降3戦で7着・12着・11着と結果を出せず。その後はダート戦へ転向するも、1,2戦使っては半年近く休養ということが3回続いた。

2勝2016年3月の中競馬ダート1800メートルで達成したが、以降結局1000万下では頭打ちになってしまった。

その後5歳時に引退、現役時代は15戦2勝。芝ダートで1勝ずつ挙げているっていうのはあるけど、言ってみればそれくらいしか言うことがない…。

繁殖牝馬に、そしてリアルダビスタ企画

2017年2月ジェイエス北海道繁殖セールに出された同850万円(消費税抜き)で川上量生氏に落札され・・・え?川上量生会長、いつの間に競走馬生産に手を出したんだ!?

というのもこの。セールの1週間前、ニコニコ動画の新企画リアルダービースタリオン」のニコ生において、視聴者から企画で落札する補5頭の内の1頭に選ばれていた。そしてこの日、その5頭の内からこのが落札されたのである。

それで川上量生が名義上の落札者となっていた、というわけ(会社法の定めにより、株式会社としてのドワンゴが「サラブレッドの生産」や「競走馬の保有」を行うためにはそのような事業を定款に記載しなければならず、そのためには総会での議決を経なければならない。川上会長個人が「生産」も「所有」も体となって私費でこれを行い、ドワンゴが「その様子をインターネットで配信する番組を制作する」ということであればこの問題はクリアとなる)。

ちなみに補となっていた5頭の中では2番に高い落札額だった。ちなみに1番高かったのはクラシック戦線にも乗れそうだったアドマイヤビジン2000万円(消費税抜き)。ドワンゴの予算は消費税込みの1500万円。もしシュシュブリーズを諦めてアドマイヤビジンに一点りだったら一頭も補を買えなかったかも…。


2017年2月16日から静内の藤沢牧場(後にJBCスプリント優勝したサブジュニアをはじめ、キソジゴールドヴァンクルタテヤマ、グランリーオ、キョウエイアシュラらの重賞勝ちを生産した牧場)に預託されたシュシュブリーズ。藤沢牧場は近年では生産よりも、幼駒をセリで高く売れるように仕上げるコンサイナー「エバーグリーンセールスコンサインメント」として名前を上げている。なお、天皇賞テンメイを生産し藤沢和雄調教師の実家でもある藤沢武雄牧場苫小牧)は関係のない別の牧場である。今後はリアルダビスタの基幹として子供たちを送り出すことになる。

先述の通り堅実に走る血統だし、購入時6歳と繁殖としては若いので、これからが楽しみな存在である。また、本購入後にデビューした本のいとこのルヴァンスレーヴが、2017年から2018年にかけて全日本2歳優駿ジャパンダートダービー南部杯チャンピオンズカップG1競走を複数制する大活躍を見せると、翌2019年には同じくいとこのチュウワウィザードG1JBCクラシックを制覇、加えて年下の叔母アイアンテーラーG3クイーン賞に優勝と、結果的には「活と勢いのある系」を入手していたことになる。


2017年3月17日の直腸検において医さんより種付けOKの診断がされたため、3月19日に1回の種付けが行われることが決定した。種についてはリアルダービースタリオン#3において、視聴者アンケートを基に作られた順位表の上位より当日のき状況を確認の上種付けをすることが決まっていた。3月18日生放送今日のシュシュブリーズ」内で運営側より「どのになるかは連絡待ちでまだ決まっていません。」とアナウンスがあり、2017年3月19日放送の「シュシュブリーズお婿さんに会う」を視聴者はドキドキしながら待つこととなった。

2017年3月19日「シュシュブリーズお婿さんに会う」にてホッコータルマエを種づけし、受胎確認は2017年4月4日だったが、結果は不受胎。2017年4月8日「再びに会いに行こうリアルダビスタ#4.5」にて藤沢さんの協もあり再びホッコータルマエを種づけした。2017年4月24日の「今日のシュシュブリーズ」放送にて受胎が確認された。以降定期的な定点放送を行っており、2017年6月5日には放牧になったのと合わせての定点放送が行われている。

2018年2月28日8時27分、遂に待望のおでこに大、鼻小、3本靴下出産。関係者及び視聴者を歓喜させた。シュシュブリーズのは通称として『たるこ』と呼ばれたりすることもありつつ、3月23日には幼名を決定する予定であった。しかし3月に入って体調が徐々に悪化。残念ながら3月19日10時28分、腸炎ウイルス腎臓に感染してしまったことが原因で亡くなってしまった。このことは関係者及び視聴者に大きな衝撃を与え、リアル競走馬世界に対する難しさを感じさせることとなった。

気持ちを新たに4月14日には「シュシュブリーズの今年のお婿さんを決めよう リアルダービースタリオン#14」にて新たな種補を決定。4月20日に会いに行こう2018 リアルダービースタリオン#15」にてクロフネをを種づけし、5月5日に受胎が確認された。元気に生まれ育つことを祈るばかりである。

2019年3月18日12時11分、馬超、かにちゃんの介助を受けながらおでこに小さなを持つ毛の女の子出産した。幼名に関しては各自自由に呼んでとのこと。出産翌日に計った体重は56kgとのこと。

2019年度はモーリスを種付け。2020年3月13日モーリス鹿毛の出産出産翌日に計った体重は59.5kg。この子はYGGオーナーズで一口募集されるとのこと。

2020年度はサンダースノーを種付け。

関連生放送

過去の定点放送はこちら → 「今日のシュシュブリーズexit_nicolive

関連動画

戦の映像

現役時代一の重賞挑戦となったフィリーズレビュー(G2)の動画

後方追走のままだけど、着順ほどのタイム差はない。同じセリで同じくリアルダビスタの購入補だったアドマイヤビジンも出走している(816番、4着)

逝してしまった たるこ との日々

血統表

フジキセキ
1992 鹿
*サンデーサイレンス
1986 鹿
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
*ミルレーサー
1983 鹿
Le Fabuleux Wild Risk
Anguar
Marston's Mill In Reality
Millcent
ブリズデロートン
2005 鹿
FNo.9-f
*シンボリクリスエス
1999 鹿
Kris S. Roberto
Sharp Queen
Tee Kay Gold Meridian
Tri Argo
オータブリーズ
1998 鹿
*ティバーカントリー Woodman
Fall Aspen
セプテンバーソング *リアルシャダイ
ダイナフェアリー

クロスHail to Reason 4×5、Roberto 4×5

関連チャンネル

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シュシュブリーズ

121 ななしのよっしん
2020/07/13(月) 20:55:00 ID: raz0zaqwN+
>>120
モーリス産駒はスイスイ前行って先行できるようなのがほとんどいない
逆に追走に苦労してるのは多数いるんでキレ以前に基礎スピードが足りてない感じ

セレクトセールでも案の定モーリス産駒は安いし取りも多数で、ノーザン産の良血で2000万円台とかいう状態なんで、成績不振のクラブ5000万募集なんてやっぱり理があるで…
122 ななしのよっしん
2020/07/17(金) 10:49:05 ID: 9FSX1FrA3Z
今年デビューの産駒が苦戦気味の
近親に活躍はいるもののまだ産駒実績がない
地方での活躍がどで中央での実績が薄い生産牧場
一時期よりも低迷が続くクラブ

正直リアダビ民以外への引きが弱すぎるからな
やけに強気な価格設定といい最初から満口狙いじゃなさそう
半分でも採算取れるような勘定はしてそうだな
123 ななしのよっしん
2020/07/18(土) 03:22:12 ID: dvRjQzWOwP
強気の値段?
石崎さんのコメの感じから3000万+αくらいの値段でクラブに売りつけたっぽいからな
クラブ側が採算とるにはあの値段にするしかなかったんだろう
124 ななしのよっしん
2020/07/19(日) 13:41:31 ID: wY4v6E9Xv4
くぅも茂吉もデビューして大きな怪もなく難に競馬生活を過ごしてくれるなら
それ以上のことは多くは望まんよ
125 ななしのよっしん
2020/07/22(水) 23:46:48 ID: NDzyTCid2Y
>>116
>競走実績、繁殖実績、クラブ実績、血統からしたらせいぜい1500万前後が妥当なところだと思うが・・・
YGGはほぼ2000万以上、YGGの中ではシュシュの血統はトップだよ。
結果としてモーリスは苦戦しているが、あの時点の値付けとしては3000以下はありえんよ。

>>124
くぅは自分たちで持っているからともかく、茂吉の方はクラブだから走ってくれないと困るかと。
126 ななしのよっしん
2020/10/28(水) 19:39:09 ID: bvIlhDrIN4
結果としてモーリスは今普通に結果出してるんだよね
127 ななしのよっしん
2020/10/28(水) 20:02:59 ID: y0HlwpuD/i
モーリス現在シーズンサイヤー1位だしな
https://db.netkeiba.com/?pid=horse_sire&id=2011100655&course=1&mode=2&type=0exit
128 名無し
2020/11/02(月) 13:40:06 ID: S1bo6mfeM8
の評価ってこんなに簡単に逆転するんだなって今更ながら思った。
129 ななしのよっしん
2020/11/06(金) 15:37:00 ID: 5Vy+ByE1yc
騒がれる評判なんて結局外野のファンや現場にいない記者とかが中心だし、データしか知らないから、それが変われば合わせるように手のひらドリル
130 ななしのよっしん
2020/11/08(日) 14:17:13 ID: Xta4+1EoT6
アドマイヤビジン…死んでたのか…