シュネルマイスター単語

58件
シュネルマイスター
6.4千文字の記事
  • 9
  • 0pt
掲示板へ

シュネルマイスター(Schnell Meister) とは、2018年生まれの日本競走馬鹿毛

ドイツ生まれ。美手塚久厩舎所属
馬主サンデーレーシング(バッテンでお染みの一口クラブ。活躍は書き切れない程居る)

な勝ち
2021年:NHKマイルカップ(GⅠ)毎日王冠(GⅡ)
2023年:マイラーズカップ(GⅡ)

名はドイツ語で「スピードの達人」。

達人の生い立ち

Kingman*セリエンホルデ、Soldier Hollowという血統。

Kingman(キングマン)は現役時代に英マイルGⅠを4勝し、特に英の最高峰マイル競走であるサセックスステークスジャック・ル・マロワ賞を同一年に制覇した史上初の快速2015年から種牡馬入りし初年度からマイルGⅠを制したPersian KingPalace Pierを送り出している。

の*セリエンホルデ(Serienholde)はディアナ賞(独オークス)であり、Soldier Hollow(ソルジャーホロウ)は現役時代に独GⅠを4勝し、ドイツ種牡馬入りした後GⅠ重賞を多数出している。

独国産で方は「S」から始まる名前を持つズラっと並ぶ。近にはディアナ賞(独オークス)である*サロミナがおり、その子供であるサラキアサリオス姉弟日本で活躍。更に遡ればビワハイジマンハッタンカフェなども見られる「ドイツのSライン」出身である。とはいえ、血統全体で見れば、ドイツとはいえドイツ血統の割合はさほど大きくない。

ドイツで生まれた後に日本へ輸入され、サンデーレーシングで総額5000万円(1口125万×40口)で募集された。2歳になり美手塚久厩舎へと入厩した。

マイスターの戦歴

2歳~3歳春

9月札幌1500mでデビュー戦となり、上に横山武史を迎え、レースでは中中段からまくり上げ、直線入口を2番手から前のを差し切って1番人気に応える新勝ちを収める。
続く12月中山マイルひいらぎ賞に出走。上にクリストフ・ルメールを新たに迎えると、中団からじっと脚を溜めると直線ではインから一気に抜け出し3身差と快勝。

年が明けて3月弥生賞ディープインパクト記念から始動。ここには前年のホープフルステークス勝ちダノンザキッドが出走して断然人気を背負い、こちらは前走快勝したが血統面からくる距離不安からか単勝4.9倍の2番人気となる。レースでは逃げタイトルホルダーを見ながら2番手を追走し、緩やかな流れに乗っていたが直線で前のタイトルホルダーとの差が縮まらず2着となった。のちにタイトルホルダー菊花賞を制したため、馬券内の三頭すべてがG1ホースとなるハイレベルレースであった。

優先出走権を取ったものの皐月賞へは進まずにNHKマイルカップへと出走。昨年の朝日杯勝ちで前走2着も微差であったグレナディアガーズが単勝3.4倍の1番人気。それに続く2番人気が本であったが単勝3.7倍と非常に差の人気。3番人気が前走NZTを圧勝したバスラットレオンも単勝4.6倍とこの3頭のみ単勝10倍を切っていた。「Kingmanドイツ血統の子が府中の高速決着に対応できるか?」というも少なからずあった。
レースに入りゲートが開くと波乱発生バスラットレオンスタートで大きく躓いた結果上の藤岡佑介が落逃げるとされていたが競走中止となってしまった。その後大外からピクシーナイトハナして逃げ、シュネルマイスターは中団を追走し徐々に外に出す。直線に入って残り400mからグレナディアガーズが先頭に立ち、それをマークしていたソングラインが残り200mで抜け出し先頭に立つ。ソングライン全に抜け出た所に更に一頭が強襲。シュネルマイスターである。2頭がぴったり並んだ所がゴール線。結果は写真判定に委ねられたがシュネルマイスターがハナ差差し切って1着。重賞初制覇はGⅠ初制覇となった。

この勝利によりKingman産駒日本でのGⅠ初制覇となり、ドイツ日本国GⅠ制覇は1995年Landoジャパンカップ以来となる26年ぶりのものとなった。クロフネ以来20年ぶりの外国産馬によるNHKマイルカップ制覇となり、かつてこのレースが「マル外ダービー」と呼ばれていた事を思い出す人もいただろう。

続いて安田記念へ出走。安田記念に3歳が出走するのは2014年ミッキーアイル(16着)以来となる。ここではグランアレグリア安田記念連覇を賭けて出走してきており、他にもインディチャンプなども出走。ルメールグランアレグリアに騎乗する為、新たに横山武史に乗り替わった本は4番人気となった。
レースではダイワキャグニーがハナし、本は外から発を決め中団の外を追走。直線に入って手応えよく脚を伸ばし、ダノンキングリーと一緒に伸びていたが向こうの勢いが勝り、群をこじ開けてきたグランアレグリアに僅か届かず3着となった。

3歳秋

安田記念の後、休養を挟んで伝統のGⅡ毎日王冠から始動。ここでは前々年の同レース覇者安田記念にて復活したダノンキングリー人気を分け合い、最終的にはシュネルマイスターが単勝2.6倍の1番人気になった。戦前の不安要素として3歳で毎日王冠を制したダノンキングリーサリオス共に斤量54kgであったのに対し、本は3歳GⅠを制した分56kgとなっていた。
亡くなったすぎやまこういち氏の追悼をかねて、グレード・エクウス・マーチ関東GⅠファンファーレが鳴り府中競馬場レースが始まってシュネルマイスターは若干出負けし、中は後方2番手を追走。較的縦長の展開となり、向こう正面でポジションを上げたダノンキングリーが直線で外から抜け出しを図ろうとする中、シュネルマイスターはまだ後方4番手。だが残り200m辺りからストライドを伸ばして加速。一気に先頭集団へ薄し、ゴール前で測ったように差し切り、重賞2勝を挙げた。上がり3F33.0は2位に0.5差をつける最速であった。

毎日王冠後にマイルチャンピオンシップへ出走。出走前のパドックでは最もよく躾けられ、最も美しく手入れされた出走を担当する厩務員に送られるベストターンドアウト賞を担当の名厩務員が受賞。

ここでは引退レースとして乗り込んできたグランアレグリアに1番人気を譲るも、2番人気は他に譲らず本となる。ルメールグランアレグリアに乗る為、安田記念同様横山武史に乗り替わった。
レースでは23番と内からスタートスタートを決めてインの中団でじっと脚を溜めていたが、ホウオウアマゾンが作るペースは緩く、3, 4コーナーではかなりの団子となる。外回りコースだが大して群はばらけず、シュネルマイスターは前のサリオスインディチャンプに進路を塞がれ、残り250mでようやく外に出して一気呵成に脚を伸ばすが、大外からスムーズに運んだグランアレグリアに3/4身届かず2着となった。

4歳春

グランアレグリアラストランに先着こそならなかったが、負けて強しの競馬を見せたシュネルマイスター。ドバイ遠征をダービーシャフリヤールと共に敢行し、ドバイターフへ出走。得意のマイルに加え、前年に毎日王冠で下したダノンキングリーが得意とした中距離1800m路線との両睨みでキャリアを積む方針であることが伺える。

ドバイターフでは前年勝Lord NorthGⅠColonel Liamなどが出走し、日本からは本パンサラッサヴァンドギャルドの3頭が参戦。上はクリストフ・ルメールが続投。
レースでは大方の想定通りパンサラッサ逃げ、シュネルマイスターは中団から進めるが、パンサラッサの引っペースはかなり速く、シュネルマイスター自身も11台が連発する高速前傾ラップに巻き込まれて脚が溜まらず、直線に入って今ひとつ伸びを欠いて8着に敗れた。

次走は安田記念香港最強マイラー・ゴールデンシックスティとの対決は流れたものの、高松宮記念を勝ったナランフレグや、フェブラリーステークスを連覇しソダシに続く芝・ダート二刀流勝利カフェファラオとの対決となった。中中団やや後方に位置し、4コーナー時点でソングラインと並んで10番手。シュネルマイスターは内から、ソングラインは外から差し切りにかかる。ゴールを先に駆け抜けたのはソングラインだった。シュネルマイスターは2着、3着はサリオスであった。ソングラインにはNHKマイルカップの借りを返された形となる。

4歳秋

の休養を挟み、初戦はスプリンターズステークスを選択。初の短距離距離短縮とあって、メイケイエールナムラクレアミッキーアイル産駒2頭から離れた3番人気に。815番で中団後方でレースを進めるも短距離スピードについていけず9着惨敗。

次戦のマイルチャンピオンシップでは得意距離とあって1番人気に支持されるも、中団外で囲まれたまま最終直線へ。抜け出そうとするも外の武豊上のエアロノアブロックされ、更には外からセリフォスが先に前へ抜け出しており、懸命に脱出を図ったが5着が精一杯。勝った3歳勢のセリフォスだけでなく、ソダシダノンザキッドソウルラッシュといった同年代の達にも先着を許す格好となった。

終戦香港マイル復活したゴールデンシックスティが君臨する香港マイルレースへの挑戦となる。しかし後方からレースを進めるも結果はカリフォルニアスパングルゴールデンシックスティからクビ差で勝った地点から14身以上も離される9着シンガリ負け。管理する手塚調教師は「出遅れたにしてもここまで伸びなかったのは初めて。体調を考えると不可解で敗因を探りたい。この時計なら走れないことはないのに…」と話した。[1]後に名助手の話によれば「海外だと競馬の前に燃え尽きてしまう」ともっている。[2]

5歳春

2022年は未勝利に終わったシュネルマイスター。GⅠとして復活を期すべく挑んだ初戦は弥生賞以来の1600m越えの中山記念上は初騎乗のテオ・バシュロ。前年の秋華賞スタニングローズダノンザキッドといったGⅠ2頭も参戦する中で4番人気で出走した。

レースではドーブネ逃げる中、中団待機から直線で最内の狭いスペースからの差し切りを狙うが狭すぎて抜け出せないまま、外から差し切ったヒシイグアス復活勝利を眺める4着。上のバシュロは「いいですし、状態はすごく良かったです。最後は残念でしたが、前が開いていれば、もう少し上の着順にこれたと思います。中山の小回りは少しきつくて、東京1800メートルぐらいがベストかもしれません」[3]と話し、次走に期待感を寄せた。

気がつけば最後にGⅠを勝ったNHKマイルCから2年、最後に勝利した毎日王冠から1年半もの歳が過ぎていた。モヤモヤするレースが続く中、ルメール上に戻し次走はマイラーズカップ。前年の菊花賞人気を集めたがマイルへ転戦してきたガイアフォース立つも、GⅠはシュネルマイスターだけとあって1番人気
今回はかなり後方からレースを進めるも、最終直線で外に持ち出すと内から伸びてくるガイアフォースを制し、先頭でゴールを通過。久しぶりの重賞勝利を上げGⅠの貫を見せつけた。

復活を果たしたマイルマイスターのシュネルマイスターは、前々年、前年と惜敗と続けてきた安田記念に出走。ソダシセリフォスソングラインジャックドールなどGⅠ10頭が集結するメンバーとなったが、僅差で本が1番人気に支持された。
714番からスタートしたシュネルマイスターは前走同様に控え、後方4番手からの競馬。そのまま外を回って後方で直線を向いたがしばらく後方になり、残り300mあまりでようやく末脚が着火。上がり最速の末脚で追い上げはしたが、内を完璧に立ち回ったセリフォス、自身の一列前から一足く突き抜けたソングラインを捕まえるには至らず3着。3年連続で惜敗という悔しい結果に終わった。

5歳秋

2023年シーズン毎日王冠より始動。ここでは前走で敗れたソングラインに次ぐ2番人気に支持される。引き続き中団後方を追走する競馬となるが、直線では進路がなくなり、残り300mで遅れて大外に持ち出すロスとなる。そこから鋭い脚で怒涛の追い上げを開始し、ゴール直前で兵アドマイヤハダルをかわすも中団前方から内を突いて伸びだした4番人気の3歳エルトンローズ、先に抜け出したソングラインをわずかに捕えきれず3着。ソングラインとはこれで1勝3敗となったが、ラストの猛追は現役屈マイラーたる意地を見せるものであり、負けて強しと言える結果であった。

続くマイルチャンピオンシップアメリカ遠征を選択したソングラインが不在となったため1番人気に支持される。しかし前走500kg(+10)でやや太め残りを危惧された体重はさらに+4kgされており、またスタート前にゲートで立ち上がるなどこの日のシュネルマイスターは精的にも乱調スタート直後にヨレた隣のソーヴァリアントと接触したこともあってか出脚が鈍り最後方からの競馬となってしまう。直線に入っても反応が遅れ、後方シュネルマイスターの内を追走したナミュール群を縫って外一気に追い込み勝利したところから0.4遅れての7着敗戦となった。

11月22日同期にしてマイル戦線でしく鎬を削ったソングラインと共に現役引退が発表され、種牡馬入りすることとなった。日本では希少なKingmanの血を継ぐ種牡馬として第2の活躍にも期待したい。

血統

Kingman
2011 鹿毛
Invincible Spirit
1997 鹿毛
Green Desert Danzig
Foreign Courier
Rafha Kris
Eljazzi
Zenda
1999 鹿毛
Zamindar Gone West
Zaizafon
Hope *ダンシングブレーヴ
Bahamian
*セリエンホルデ
2013 鹿毛
FNo.16-c
Soldier Hollow
2000 鹿毛
In the Wings Sadler's Wells
High Hawk
Island Race Common Grounds
*レイクアイル
Saldenehre
2000 芦毛
Highest Honor Kenmare
High River
Salde Alkalde
Saite

5代内クロスKris 4×5(9.38%)、Northern Dancer 5×5(6.25%)

ドイツ生産には「登録名の頭文字を必ず母親と同じにする」というルールがあり、実際Serienholde←Saldenehre←Salde←Saite←Salesiana←SuleikaSchwarzblaurot……
というようにSから始まる名前が続いている。

前述のように近には*サロミナとその子達であるサラキアサリオス姉弟、更に遡ればビワハイジマンハッタンカフェなどが名を連ねる名牝系である。

関連動画

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *【香港マイル】最下位に沈んだシュネルマイスターに何が? 手塚調教師「ここまで伸びなかったのは初めて」 - 2022/12/11 東京スポーツよりexit
  2. *【中山記念】シュネルマイスターが帰国初戦で巻き返しへ 名畑助手「格好をつけてほしい」 - 2023/2/22 サンケイスポーツよりexit
  3. *【中山記念】シュネルマイスターはバシュロ騎手が悔やむ4着「前が開いていれば、もう少し上の着順にこれた」 - 2023/2/26 netkeibaよりexit

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

天外魔境II (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: いろは宮
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シュネルマイスター

247 ななしのよっしん
2023/11/24(金) 02:05:07 ID: nGCQs/BTAG
ソングラインと種付けは何年あたりで実現できるか。初年度のソングちゃんのお相手はモーリスが本命と予想する人が多いみたいだが。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
248 ななしのよっしん
2023/11/24(金) 02:20:41 ID: 05ck5GHLCm
うーん期待の割にはあまり活躍出来なかったな
NHKマイルカップではマイル大物になると思ったものだが
👍
高評価
1
👎
低評価
0
249 ななしのよっしん
2023/11/26(日) 11:20:15 ID: nGCQs/BTAG
来年のアイドルホースオーディション引退馬部門に投票しようかな。ソングラインぬいぐるみと一緒に飾ったり写真撮りたい。
👍
高評価
3
👎
低評価
0
250 ななしのよっしん
2023/11/27(月) 16:24:58 ID: fyuIBLN3/3
👍
高評価
1
👎
低評価
0
251 ななしのよっしん
2023/11/27(月) 17:19:06 ID: qc1IZ7VVB3
>>250
キングマンの血統だと産駒マイラーのイメージだけど
母親ドイツオークスだったから配合次第では中距離までいけそうな気がする
👍
高評価
0
👎
低評価
0
252 ななしのよっしん
2023/12/05(火) 23:35:05 ID: fyuIBLN3/3
速満口になったそうな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
253 ななしのよっしん
2023/12/08(金) 17:48:42 ID: MCG+dVY+L7
サンデーキングマンボ系のと配合できるのはでかい
👍
高評価
2
👎
低評価
0
254 ななしのよっしん
2023/12/24(日) 19:46:42 ID: +cpk7duaWD
>>248
ちょっと前までみたいなスローペースの差し勝負だったらもっと勝ててたと思う
い上に強い逃げどもがぞろぞろ出てくる時代だったのが不運だったというか……
👍
高評価
0
👎
低評価
0
255 ななしのよっしん
2024/02/15(木) 02:32:12 ID: JH1dpDqTvy
>>253
産の流行りの種牡馬だとことごとくインブリードしくなるラヴズオンリーユー相手にアウトブリードできる数少ない種牡馬だからねぇ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
256 ななしのよっしん
2024/03/13(水) 20:05:54 ID: xjA+60plZO
>>251
元々このクラシック出すかどうかの判断で弥生賞出て2着だったし、その気になれば秋天くらいは走れただった気がする。
まぁこのの現役時代の秋天ってエフフォーリアイクイノックスイクイノックスなんで走れたところで勝ててはないだろうけど、ちゃんと適正自体はあったんじゃないかな。
産駒マイルだけじゃなく色々走ってみてほしいね。
👍
高評価
1
👎
低評価
0