シュノーケル単語

シュノーケル
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

シュノーケルとは、

  1. などの際に使用する息継ぎのための具である。
  2. 潜水艦面上に出す吸気筒。これを使うことで浮上せずにディーゼル機関を動かし、推進用の電充電する。
  3. 日本スリーピースロックバンド

1.の概要

面近くにいる際に、面に顔をつけたまま空気を吸い、呼吸ができる具でJ字の形をしており、短いほうを口につけ、もう一方を水中に出した形で使用する。

スキューバダイビングなど水中深くに潜るダイビングの際も、面にいるときはタンク内のエアーの消費を抑えるためにシュノーケルを使用する。

忍者のシュノーケル

漫画などにおいては忍者筒をシュノーケル代わりにして水の中に隠れる。いわゆる遁の術と呼ばれる術である。

しかし実際にこれを実行するのは至難の業である。現代のシュノーケルであっても初心者は息継ぎが難しいとされるものであるのに、それよりもはるかに原始的な筒一本での水中呼吸は非常に厳しいものがある。

間違えても素人がやれるものではないので、死したいのでなければ、実行するのは思いとどまったほうがよいだろう。

関連動画

 

関連商品

関連項目

2.の概要

面上に吸排気筒を出すことで搭載している内燃機関を動かす、というアイデアは初期の潜水艦からあり、1940年の時点で既にオランダ潜水艦がシュノーケルを装備していた。だが、現在のシュノーケル装置の原第二次大戦中にドイツ海軍によって実用化された。ちなみに「シュノーケル」はドイツ語の「の鼻(schnorchel)がで、ドイツ語の発音を基に英語のスノーケル(snorkel)が作られた。

1942年11月ドイツ占領下のパリで技術会議が行われた。そこでワルター教授はシュノーケルの原案を発表。当初は見向きもされなかったが、Uボート被害が深刻化してきた1943年初に実用化を開始。7月テストでは良好な結果を残し、工したUボートに順次装備されていった。レーダー対策に電波吸収塗料を塗ったゴムカバーを付け、捕捉率を低下させる工夫をしている。シュノーケルの活躍により一時はUボートの損は下がったが、連合軍が新たな探知機を開発した事で再び増大していった。鹵獲したUボートを研究する形でアメリカ軍もシュノーケルの有用性に気付き、後続の潜水艦の標準装備としている。

この技術は同盟日本にも伝えられ、第一潜戦隊の有之介大佐の提案で1945年初頭にシュノーケルを伊40013に搭載。どれほどの効があったのかは不明だが、13以外は終戦まで生き残っている。

現代の潜水艦ではの浸を感知して吸気弁の開閉を自動的に行なうほか、艦内の気圧変化を感知してディーゼル機関を自動的に停止する機も持つ。排気は圧をかけて中に放出される。

3.の概要

所属レコード会社はSME Records、所属事務所は、Hit&Run。

2004年1月に結成。同年12月に4曲入り自主制作CD『シュノーケル』を発表。2005年6月にTURTLE RECORDSよりミニアルバムソラカラフル』をリリース。同アルバムの収録曲「レコード」、「」は元the pillowsベーシストリーダー上田ケンジプロデュースを担当。同年11月2日メジャーデビュー

アニメNARUTO -ナルト-』のオープニングテーマに抜された「波サテライト」や、同じくアニメ銀魂』の主題歌となった「奇跡」等が代表曲。

2010年3月に活動休止を発表した。

メンバー

メンバー3人とも眼鏡を掛けている。

関連動画

関連商品

シングル

アルバム

参加作品・参加アルバム

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シュノーケル

1 ななしのよっしん
2011/08/20(土) 23:33:35 ID: 50ZeX2WPHV
ついに記事が!!
です!
2 太陽のこましANGEL
2014/10/24(金) 18:04:11 ID: xCG+f8E7Bo
今年の12月に復活ライヴですと!!
3 ななしのよっしん
2016/07/01(金) 23:46:06 ID: R9fI2eT0CD
昨年末に新しいアルバム出たけど
良い意味で変わってなくて良かった!
4 ななしのよっしん
2017/04/29(土) 16:48:59 ID: R9fI2eT0CD
新しいアルバム出たね
やっぱり好きだー

>>azB01N10R1UIexit_nicoichiba