シュバルツ・ブルーダー単語

シュバルツブルーダー
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

「修行が足りんぞ!ドモン!」シュバルツ・ブルーダー by ヲッファ 「シュトゥルム・ウント・ドラング(Sturm und Drang)、これ即ち疾風怒涛為り!」シュバルツ・ブルーダー by ヲッファ

シュバルツ・ブルーダーとは、サンライズテレビアニメ機動武闘伝Gガンダム』の架の登場人物である。

名前ドイツ語で「兄弟」の意。ばない忍者

声優堀秀行

概要

第13回ガンダムファイトに出場したネオドイツ代表のガンダムファイターで、ドイツ国旗トリコロールカラー覆面で常に顔を隠している。

乗機はネオドイツ代表モビルファイター(MF:Mobile Fighter)ガンダムシュピーゲルGundam Spiegel)[1]

格闘ガンダムファイターとしての技量は非常に高く、マスターアジアを退けた事もある他、決勝大会ではドモンを除く現シャッフル同盟の四人全員勝利しており、作中で描かれた明確な敗北は決勝大会で行われたドモンとの一戦のみである。

ドモンとシュバルツのファイト前にジョルジュが「シュバルツ一人に総崩れとあっては、シャッフル同盟の存在意義はい!」と発言しているが、その時点で既にドモン以外の存在意義はい。作中に登場した人物では最強補の一であろう。あとガンダムシュピーゲルに搭乗して、生身のドモンに切りかかったりもした。

またゲルマン流術の優れた使い手でもあり、分身や変わり身の術はお茶の子さいさい、物理法則全に視した抜けの術も披露した。本場の日本人吃驚忍者っぷりである。

忍者としての美学があるのか登場の仕方は奇抜である。やがては周囲も慣れたのか地面に落ちた人のから然と現れても一人として驚かなくなっている。

全身を独楽の様に高速回転させながら突撃し、シュピーゲルブレードで相手を切り刻む、「疾風怒涛」(しっぷうどとう)と訳される『シュトゥルム・ウント・ドランク』(Sturm und Drangexit)が必殺技サイ・サイシー達もこの技で敗北した模様である。

フハハ!よくぞ見つけたと褒めてやろう!

私の正体はデビルガンダムに取り込まれたドモンキョウジ・カッシュが、『正常な』DG細胞を利用して”本物のシュバルツ・ブルーダー”の死体に自らの人格と記憶をコピーした、言わばもう一人のキョウジとも言える存在なのだ!その体はDG細胞で構成されたサイボーグのようになっており、正体を知ったレインに「修理」をしてもらう場面もあったぞ。

なお、大元のネオドイツガンダムファイターも本名はシュバルツ・ブルーダー。覆面つけてたのも元々らしい。
予選開始直後にデビルガンダムと遭遇して死亡してしまった本物のシュバルツに成り代わり、ガンダムファイターのフリをしてであるドモン支援や、デビルガンダム事件の解決に奔走していたのだ!

東方不敗に裏切られたドモンを心をにして正体を隠して見守り、彼が明鏡止水を会得する様に導いたドモンにとって第二の師匠と言っても過言ではないだろう。
ファイターとしての修行だけではなく、ドモンシャッフル同盟と闘う決心をつけさせたり、ドモンレインの仲がこじれた時は丸く収まる様にも心を配るなど人間関係の点でも導いていたぞ!

最期はドモン石破天驚拳によりデビルガンダムに取り込まれていたキョウジ共々、呪われた運命から遂に解き放たれることが出来た。その際に一正気を取り戻したキョウジと私がを合わせて満足の笑みを浮かべているぞ。

最終回ではドモンの前に幻として現れるが、その時もマスターアジアキノ・カッシュと共にキョウジと私が二人で登場し、励を送った。

自己啓発を促すために肝心な事を教えなかったり、未熟な若者たちを導く為に苛な言動(甘いぞドモン!未熟未熟ゥー!)を繰り返していたためか、割と面倒くさい人物と思われてしまう事も多かったと聞く。この未熟者どもめぇー!

なお、キョウジイゾウ・カッシュ博士の後継者として相応しい優秀な科学者ではあったが、格闘技の経験者ではなかったため、ゲルマン法の数々は基本的に大元のシュバルツ・ブルーダーの法(+DG細胞による強化)らしいぞ!

それでは諸君、さらばだ!フハハハハ!

関連動画

上段の左・右:声優堀秀行の熱演が名場面
下段左:秘義・ゲルマン法。
下段右:疾風怒涛ゲームボイス動画

左:シュバルツ・ブルーダーがアイドルプロデューサースカウトされた様です…。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *シュピーゲル(Spiegel)はドイツ語を意味する

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シュバルツ・ブルーダー

93 ななしのよっしん
2018/11/22(木) 10:29:04 ID: 71SeJGfqub
>>84
強いから
シャッフル同盟DQ細胞に侵されてたとき4人掛かりでもドモンにいなされてたけど
シュバルツはタイマンで終始ドモンを圧倒していた
最後は負けたけど、それはお前だけのではないとドモンに諭したのも大きい
事実ドモンレイン師匠、シュバルツに支えられてることを
認めてから更に心身ともに強くなった
94 ななしのよっしん
2018/11/24(土) 23:14:01 ID: +FC75BLEg4
術なんかの知識はしっかり引き継いでる辺り記憶は残ってるみたいだし、シュバルツ本人の意識もある程度あるのかな? で、キョウジの思いを知って最後まで裏方にして手を貸してくれてたんだと想像してる
95 ななしのよっしん
2019/04/26(金) 22:50:08 ID: f+YUhQAEet
ドイツの人からしたら自の代表選手がいつのまにか知らない東洋人と入れ替わってるんだよなコレ。
96 ななしのよっしん
2019/09/08(日) 16:45:55 ID: 8rOfzSLNOB
上の方で言われてるけど
キョウジ」と「キョウジの心を持つシュバルツ」は結構ハッキリと別人(別人というよりは別の魂?)として描かれてるんだな
初めてGガン見た時はその辺あんまり飲み込まないで見てたなあ
97 ななしのよっしん
2019/09/17(火) 01:40:41 ID: jX2fPA/agL
ネオドイツ高官A「なあ、シュバルツってあんなんだっけ?大会開始前に会った時と随分印が違うんだが…」
ネオドイツ高官B「しっ!余計な事を言うな。強いんだから別にいいだろ。これなら第7回以来の優勝狙えるぞ」
98 ななしのよっしん
2020/01/21(火) 13:11:17 ID: 5GU4hAuktw
物語の上ではドイツファイターキョウジ、シュバル全員被害者そのものなんだけどあんまり感じさせない。
99 ななしのよっしん
2020/02/12(水) 00:19:28 ID: +ZswVvHaq5
キョウジが強いのか ドイツファイターが強いのか
100 ななしのよっしん
2020/03/23(月) 22:23:19 ID: 9bJK8ALP2N
兄さん科学者であってファイターではないので
ファイターとしてのオリジナルのシュバルツのもの
つまりネオドイツ代表は最初から怪しいゲルマン忍者だったのだ
その正体は過去優勝経験もあるネオドイツファイターウォルフ・ハインリッヒらしい
101 ななしのよっしん
2020/04/27(月) 16:34:29 ID: lAzLJToRa2
gジェネクロスレイズって新録?
ナゼかが当時ばりに戻ってる...すご
102 ななしのよっしん
2020/07/10(金) 16:41:55 ID: QOYKoDcOy4
44話「シュバルツ散る! ドモンの必殺拳」の後半(Bパート
デビルガンダムのコクピットにいるキョウジ&シュバルツをコクピットごと、ふっ飛ばせと言うが、
いつもと言っているドモンが、この時は「ぼく」にはできない!となっていたな…

「(略)それとも――こんなキョウジのような悲劇が繰り返されてもいいのか!(略)」
シュバルツがながらに
大切な人を殺したくない… しかし放っておいては、同じ悲劇が繰り返される…
そんなの中、決断したんだろう… ドモンには辛かっただろうな…

石破天驚拳を放って、ふっ飛ばした際
2人のキョウジ「「ありがとう… ドモン」」

Gガンダムにおける仮面キャラだけど、前年のVガンダム1993年)のクロノクルがいたから覆面にしたんだろうか?

急上昇ワード改