シューマン単語

412件
シューマン
1.2千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

シューマン(Schumann)とは、ドイツ語圏の姓。直訳すれば「靴(Schuh)の人(mann)」、つまり「靴職人」を意味する。同義異の姓にシューベルト、シューマハー(シューマッハ)、シュスターがある。

  1. ロベルト・シューマン (1810-1856) - ドイツ作曲この項で記述
  2. クララ・シューマン (1819-1896) - ドイツのピアニスト、作曲。ロベルト・シューマンの妻。
  3. ウィリアム・シューマン (1910-1992) - アメリカ作曲
  4. ベール・シューマン(1886-1963)- ドイツ系のフランス政治家。独和解に多大な功績

ロベルト・アレクサンダー・シューマン (Robert Alexander Schumann、1810-1856) とは、ドイツ作曲である。

概要

19世紀のドイツロマンを代表する作曲の一人。交響曲宗教曲、協奏曲、ピアノ独奏曲、歌曲など広範なジャンルで活躍した。日本では合唱曲『流浪の民』、歌曲『2人の擲弾兵』、ピアノ曲『トロイメライ』(子供の情)が特にしまれている。

ザクセン州ツヴィッカウの生まれ。文学青年だったが、20歳のときに天才ヴァイオリン奏者パガニーニ演奏を聴いて、音楽を志す。最初はピアニストをしたものの理な練習を痛めてしまい、以後は作曲と評論活動に専念。 

1840年、ピアノ師匠フリードリヒ・ヴィーク(Johann Gottlob Friedrich Wieck)ので優秀なピアニストだったクララClara Josephine Wieck)と結婚した。当初、師匠結婚を猛反対され苦悩の日々が続いたが、その経験と元々あった文学的な素養が、『詩人』『女のと生涯』など、現在まで好される数々の歌曲を誕生させた。妻クララは、ロベルト芸術の理解者・演奏者としても大きな存在であり、イ短調ピアノ協奏曲(作品54)など重要な作品のいくつかで初演を担っている。

一方、評論家としては通俗的な流行音楽を排除し、本物の芸術を取り上げることにを注いだ。ショパンベルリオーズドイツの楽壇に本格的に紹介したのも彼である。新進作曲ヨハネス・ブラームスを世に知らしめた『新しき』の論文は有名。

作品番号ベースで約150曲の作品を残し、46歳で生涯を閉じた。 

関連動画

ピアノ曲(編曲ものを含む)を自分で演奏したもの、VOCALOIDに歌曲を歌わせたものなどがある。

演奏してみた系

VOCALOID系

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シューマン

10 ななしのよっしん
2015/02/22(日) 01:13:55 ID: kBfqwu9I4S
田部京子さんの子供の情伊藤恵さんのの情が好き
ピアノ協奏曲は古いけどリパッティカラヤンコルトー&フリッチャイが良い
👍
高評価
0
👎
低評価
0
11 ななしのよっしん
2015/02/28(土) 01:38:50 ID: kBfqwu9I4S
チェロ協奏曲はナヴァラ(アンチェルチェコフィル)が暖かみがあって好き
👍
高評価
0
👎
低評価
0
12 ななしのよっしん
2015/04/08(水) 09:46:12 ID: 86/oWAkVps
ショパンといいベートーベンといいコイツといい、なぜ自分の好きな音楽家恋愛に悩まされるのが多いのか。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
13 ななしのよっしん
2015/06/01(月) 22:27:24 ID: kBfqwu9I4S
精神病で若死にしたのは気の毒だけど
クララ結婚生活が送れたのは幸せだったと思うよ
クララ父親には結婚を猛反対されたけれど
👍
高評価
0
👎
低評価
0
14 ななしのよっしん
2017/08/24(木) 10:29:44 ID: soBXkAsq7X
さんが尊敬する才が自分には皆無子のブラームスには溢れてたってそりゃ切ないよな。精神病じゃなくても苦しむわ
実際この人がなくなった後クララブラームスするクララとかあなたのクララとかラブラブっぷりがわかる手紙残してるしシューマン病気にならなくてもこうなってたのかもしれんな・・
👍
高評価
0
👎
低評価
0
15 ななしのよっしん
2019/01/30(水) 22:32:50 ID: bMAyNWUEPc
>>14
クララロベルトの才よりも愛していたぞ?
ブラームスとの関係の根拠も現代の週刊誌レベルの与太話ばかりだし、子沢山過ぎることに辟易していた以外には、クララロベルトさなくなっていたとは到底思えん
👍
高評価
0
👎
低評価
0
16 ななしのよっしん
2020/04/15(水) 00:13:07 ID: Ae8Hy+8611
実際シューマン交響曲第4番の扱い方について晩年のクララブラームス喧嘩してるくらいだし
クララ許可ブラームスが校訂したとかで
結局ブラームスの方が先に折れて和解したけど
クララにとってロベルトの作品がいかに大事だったかと言うことを明するエピソードになっている
👍
高評価
0
👎
低評価
0
17 ななしのよっしん
2020/04/15(水) 00:25:35 ID: Ae8Hy+8611
もちろんブラームス行動は恩師シューマンへの敬からきた善意のものだったが
まず奥さんの意向を聞かなければいけなかった
もっともこういった細かい誤解からくる不和はブラームスとその周囲の友人達とはしょっちゅうのことだったが、ブラームスは誤解を解くという努を全くしない人物だった
しかしクララとまで絶交というのは耐えられずこの件では和解するため一生懸命に努したという点では、ブラームスにとってクララは特別な存在だったとは言える
👍
高評価
0
👎
低評価
0
18 ななしのよっしん
2022/05/15(日) 21:01:05 ID: DN55ZqndIZ
ピアノ協奏曲が素晴らしい
技巧とか新さとかしてひたすらピアノを歌う曲
弾くピアニストたちのライブって全で楽しそうなのが、この曲の魅を何よりも明する
👍
高評価
1
👎
低評価
0
19 ななしのよっしん
2022/09/13(火) 06:04:21 ID: BFb7hh9WyY
>>15
晩年にクララが自分のに「私が一番苦しい時(シューマン自殺未遂してうつ病になった)に支えになったのは方達ではなく、ブラームスだった」って言ってて、そのたちも「人生で何を疑おうと、ブラームスに対する思いだけは疑ったことはない」って言ってるからなんかプラトニックラブに感じる
👍
高評価
0
👎
低評価
0

急上昇ワード改