ショウナンナデシコ単語

ショウナンナデシコ
3.3千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ショウナンナデシコShonan Nadeshiko)とは、2017年まれの日本競走馬栗毛

史上7頭ホクトベガを含む)の古混合ダートGⅠ級を勝ったである。

な勝ち
2022年かしわ記念(JpnⅠ)エンプレス杯(Jpn)マリーンカップ(Jpn)

概要

オルフェーヴルショウナンマオダイワメジャーという血統。
は説明不要の三冠馬種牡馬としても多な産駒を送り出しており、ダート戦線でもマルシュロレーヌを筆頭に活躍は少なくない。ダートで3勝。本従兄重賞キョウヘイがいる。マイル~中距離で活躍し、種牡馬としてもマイルを中心に堅実な成績を挙げている。
*サンデーサイレンスの3×3、*ノーザンテーストの5×4×4というわりときつめのインブリード

2017年2月6日日高町の牧場で誕生。オーナーショウナンパンドラショウナンカンプなど「ショウナン冠名を用いる本哲秀。

名意味はそのまま「冠名+撫子」。

湘南撫子

2歳~4歳

東・須尚介厩舎に入厩し、2歳9月デビュー新馬戦阪神ダート1800m)は単勝15.5倍の6番人気とさほどの評価ではなかったが、デビュー1年でまだ減量騎手だった岩田望来上に、逃げて7身差の圧勝デビューを飾る。

しかし、昇級初戦のもちの木賞で後に重賞戦線で戦うことになるレーヌブランシュの4着に敗れ、砂を被ることを嫌がる点や脚元に不安があったこともあり勝ち味に遅く、1勝クラス脱出は6戦、3歳4月場の条件戦だった。その間には一度だけ芝も試されている(6着)。

その後、S(OP)に出走し、が多数出走する中で紅一点となったが4着に健闘。後に勝ちデュードヴァン重賞でも好走し、2・3・5着オープン入りしていることからレベルの高い1戦だった。

相手にこれだけやれるならと関東オークスJpn)を標にするも、4頭のの内2を芝に埋められた上にショウナンナデシコと同じ2勝も多かったことから除外。勝ちはレーヌブランシュだった。

仕方なく2勝クラスに出走するも3着に敗戦。さらに繋靭帯炎を発症して5か間の休養に入った。

復帰後も2勝クラスを抜け出すのは時間がかかり、前回の勝利から実に1年2ヶ後の4歳6月場の条件戦を勝ち、ようやく準オープンに昇格を果たす。ちなみにこの間、後にJBCレディスクラシック優勝するテオレーマ2勝クラス西湖特別で敗れている。

3勝クラスの休養後、2戦西脇Sを内の狭いところから差し切って突破。砂を被っても慢して好位先行から抜け出しという競馬ができるようになり、4歳にしてようやく本格化。ここから今までの憤をらすような快進撃が始まる。

11月カノープスSOP)も52kgの軽ハンデも活かし、好位先行から内の狭いところを抜け出して快勝。このレースから騎手吉田隼人となる。
続く年末のベテルギウスS(L)は55kgを負うことになったこともあり、逃げアイライトに突き放された2着に敗れたが、オープンでも相手に充分勝負になることを示したショウナンナデシコは、翌年から満を持してダートグレード競走戦線に参戦することになった。

5歳

5歳となった2022年、初戦は重賞初挑戦となる1月TCK女王盃Jpn)。内の4番手から上手く立ち回って直線抜け出したが、外から飛んできた前年のJBCレディスクラシック勝者テオレーマの末脚には追いつけず2着。しかし女王相手にクビ差にまで迫り、一気にダート戦線の第一線に躍り出た。

それまでダート戦線の役だったテオレーママルシュロレーヌが相次いで引退する中、続く3月エンプレス杯Jpn)は前走の内容も評価され1番人気。このレースも前走同様好位の内で仕掛けを待ち、直線で逃げる8歳の古サルサディオーネと追う戦線の常連レーヌブランシュが叩き合っているところを、ぽっかりいた内を掬って一気に抜け出すと、そのまま1身半突き抜けて勝利。念願の重賞制覇を果たした。

4月マリーンカップJpn)は初の57kgを背負わされたこともあってか、前走2着に下したサルサディオーネ(ちなみにこっちは58kg)と分け合って2番人気。しかし逃げサルサディオーネを2番手でマークし、直線々に競り落とすとあとは独壇場。2着にったサルサディオーネを実に8突き放しての圧勝劇を見せる。なお、前走も今回も3着はレーヌブランシュで、2戦続けて同じ面子の同じ着順でワンツースリーという結果に。

この圧勝で、営は強気にかしわ記念Jpn)への出走を決定。パワーの要る日本ダートの実差が大きく、中央・地方交流が始まった1995年以降、古の混合GⅠ級を勝ったはここまでホクトベガを含めても、他にファストフレンドゴールドティアラネームヴァリュー、コーリンベリーサンビスタの合計6頭しかいないかしわ記念も交流重賞となってからの勝ちは1頭もいないのだが、前走の圧勝ぶりと、メンバーが手薄ということもあって、前売り段階では1番人気に支持される。最終的にはフェブラリーS2着のテイエムサウスダンに次ぐ2番人気となった。
この日は最内から好スタートを決めると、吉田隼人は抑えずに久々ハナを切る競馬を選択。テイエムサウスダンからぴったりとマークを受けるポジションにはなったが、中緩みのないラップを刻んで逆に相手のスタミナをすり潰し、4コーナーで迫ってきたテイエムサウスダン々に振り切って、逆に差を開いていく。入れ替わって外から前年の同レース2着リストサンダーが追い上げたがこれも寄せ付けず、1身半差をつけて逃げ切り勝ち。3連勝でGⅠ制覇を成し遂げた。

オルフェーヴル産駒の交流GⅠ制覇はこれが初。マルシュロレーヌJBCじゃなくてBCに行ったからね。そして何より、サンビスタ2015年チャンピオンズカップ以来7年ぶり、史上7頭による古混合ダートGⅠ級制覇(厳密にはホクトベガGⅠ格付け前の勝利なのでそれを除くと6頭という快挙を為し遂げ、ダートの名として歴史に名を刻む勝利となった。

次走は帝王賞Jpn)には向かわず、翌週のスパーキングレディーカップJpnに出走予定。当初は前者に挑んでファストフレンド以来の混合GⅠ2勝という記録に挑むかと思われたが、手堅く限定重賞で実績を積む方針に変更した模様。
はおそらく11月3日JBCレディスクラシック(盛)を標にするものと思われるが、10月マイルチャンピオンシップ南部杯12月チャンピオンズカップ東京大賞典といった混合GⅠ級で再びに挑むのかどうかも注したいところである。

血統表

オルフェーヴル
2008 栗毛
ステイゴールド
1994 黒鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ *ディクタス
ダイナサッシュ
オリエタルアート
1997 栗毛
メジロマックイーン メジロティターン
メジロオーロラ
エレクトロアート *ノーザンテースト
*グランマスティーブンス
ショウナンマオ
2009 鹿毛
FNo.8-c
ダイワメジャー
2001 栗毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
スカーレットブーケ *ノーザンテースト
スカーレットインク
ショウナンハピネス
1995 黒鹿毛
Kris S. Roberto
Sharp Queen
Rambling Barb Cormorant
Bouncy Barb

クロス:*サンデーサイレンス 3×3(25.00%)、*ノーザンテースト 5×4×4(15.63%)、Hail to Reason 5×5×5(9.38%)

関連動画

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%87%E3%82%B7%E3%82%B3
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ショウナンナデシコ

14 ななしのよっしん
2022/05/09(月) 22:56:21 ID: PBrIPC20Ds
大井の砂は流石に深すぎるわな
15 ななしのよっしん
2022/05/09(月) 23:06:30 ID: PBrIPC20Ds
間違えた軽すぎるだ
に「砂が軽すぎる」ッテ摘するのは変な気分だが

走は稍重で足抜きが良くなったのもあるだろうから相手なら大井くらいがベストかもしれんちゃあしれんが
16 ななしのよっしん
2022/05/13(金) 16:53:14 ID: m5DuyHCpa3
まだ先の事だが、繁殖入りした時が大変そうだな。

相手がかなり限定されそう。
17 ななしのよっしん
2022/05/14(土) 07:52:01 ID: BBzM8Rl1ZD
>>16
マルシュと同じくドレフォンとかどうですかね?
18 ななしのよっしん
2022/05/14(土) 09:42:36 ID: 6O4/rXLuPB
ぱっと見だけどナデシコミスプロどころかライズアネティヴもない
リオンディーズとかでも問題ないしそこまで限られないかと
19 ななしのよっしん
2022/05/17(火) 18:44:28 ID: 9yoIcpm7cp
流石SSのさらなる上乗せはマズイやろ、ヘイルトゥリーズン自体割と濃いのに
ま、外種牡馬はけっこうおるし、そこらへんを中心につけることになるんじゃないか
理事長は濃いけどそれ以外のND系入ってないし、ナスルーラ大分遠いし、ミスプロフリーだし
ヘイルトゥリーズンが濃いんでAPインディ系は優先順位下がるだろうけど

産ならSSフリーキンカメ後継からかね
20 ななしのよっしん
2022/05/18(水) 17:24:48 ID: 8du6Ao2CcR
ヘニーヒューズハービンジャーエイシンフラッシュパイロマジェスティックウォリアー、シニスターミニスターディスクリートキャットetc...

種牡馬リーディングの上位30位でも全然余裕でつけられそうね
21 ななしのよっしん
2022/05/24(火) 22:19:53 ID: ls5PhvO1+I
芝切り捨ててダート種牡馬付ければ選び放題じゃん
22 ななしのよっしん
2022/05/29(日) 14:58:38 ID: iaqjJkBSXY
次走はスパーキンレディCみたいね
流石帝王賞はあの2強相手だと勝算薄いか…
23 ななしのよっしん
2022/05/30(月) 05:20:22 ID: liXQkDIBnY
>>22
そもそも本格化後も明確に砂軽くなればなるほどパフォ落ちてるナデシコと明確に軽い方がいいテーオーだしな。
な今年のJBCならともかく地方で一番軽い(砂薄い)大井ではテーオー有利すぎるわ