シルキーサリヴァン単語

シルキーサリヴァン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

シルキーサリヴァンとは、アメリカの元競走馬・元種である。

:Sullivan、:Lady N Silk

誕生からデビューまで

1955年、シルキーサリヴァンはアメリカカリフォルニア州に生まれた。

カリフォルニア州は他州とべて格が落ちるとされており、例えばアメリカ三冠レースケンタッキーダービーを制したカルフォルニア州産は141年の歴史の中でわずかに5頭のみ。4頭のディサイデッドリー(1962年)から5頭カリフォルニアクローム(2014年)まで52年間出なかったほど一級線のカリフォルニアは少なかったのだ。日本の感覚としては九州に近いかもしれない。
シルキーサリヴァンも例に漏れず、“燃えるような毛”はを引くものの体は至って普通の見たであり、期待も注もされず2歳5月デビュー戦・2歳未勝利戦を迎えた。

衝撃のデビュー戦

特に期待をしていなかったデビュー戦で、スタート直後に調教師であるコーネル師、そして騎乗していたタニグチ騎手は愕然とした。
周りのが猛ダッシュを決めて全コース駆ける中、タニグチ騎手が押しても引いてもムチを入れても走る気ゼロやる気のないスピードでちんたら走りだしたのだ。日本競馬においてわかりやすい例を挙げるなら、逆噴射装置が作動した後のツインターボを想像してもらえるとい。
しかもこのレース1100mのスプリント戦である。シルキーサリヴァンの見たに惚れて券を買ったファンもこれを見た間に券を捨ててもおかしくないぐらいで、先頭と20身差がつく頃にはコーネル師も「なんだこの駄馬は。確定だな」と思ったらしい。

ところが、残り600mを切ったあたりでコーネル師、そして観客席のファンたちは再び愕然、と言うより然とすることになる。
ヤケクソ気味にタニグチ騎手をムチを入れた途端、シルキーサリヴァンはコーネルく「まるでに刺されたかのように」急加速したのである。
あまりの急加速に振り落とされそうになったタニグチ騎手を背に、シルキーサリヴァンは前のたちめがけて突貫開始。先頭争いから脱落していったたちを次々交わすと、ゴール直前で先頭も捉えてハナ差差し切ってしまう。
いくら前半サボっていたとはいえ、常識的にありえない末脚にコーネル師に、「こんな速いは見たことも聞いたこともない」と奮気味にった。

ちなみにコーネル師、このレースで「この形がシルキーサリヴァンにとってベストレース運びである」と確信したらしい。名伯楽である彼が調教師だったのも、シルキーサリヴァンにとっては幸運だったのだろう。

さすがにレベルが上がった2戦以降は届かず敗戦ということがあったものの、2歳最後のレースであるマイル戦、ゴールデンゲートフューチュリティSではデビュー戦以上となる最大27身差を逆転して差し切り勝ち。
7戦4勝で2歳シーズンを終えることとなった。

カリフォルニアのスーパースター

1958年カリフォルニア競馬関係者、そしてファンたちは来たるべくクラシックシーズンに向けて胸を踊らせていた。
レベルとされたカリフォルニアから、3年前のスワップスに続くケンタッキーダービー、そして史上初の二冠、あるいは三冠馬が生まれるかもしれないのだ。
それに応えるようにしてシルキーサリヴァンはまたも快なレースを見せつける。
3歳初戦のマイル戦ではザシューとサークルリーというゴール前で競り合っていたのだが、シルキーサリヴァンは大外からそれをまとめてクビ差で差し切り勝ち。ちなみにこのレースゴール直後はサークルリー上のヨーク騎手が「ザシューとの競り合いを制してサークルリーが勝った」と思うほど常識外の場所からシルキーサリヴァンがかっ飛んできたのだった。

続いてシルキーサリヴァンはカリフォルニアブリーダーズ・チャンピオンSで、さらなる伝説を作る。
最大40身差あったところから強な末脚を見せ、勝てなかったものの当時“カリフォルニアの総大将”とされていたオールドプエロをクビ差まで追い詰め、オールドプエロに騎乗していたアーキャロ騎手に「走ることしか眼中にない」と評された。
をこんな破天荒レースぶりで追い詰めたのもすごいが、このレースの恐ろしさはラスト1ハロンラップタイムである。100、あるいは10を切っていたとも言われているのだ。
日本でもアイビスサマーダッシュカルストンライトオが3ハロン296、1ハロン98-102-96の脅威のラップタイム叩きだしたことはあるものの、これは芝1000mのスプリント戦で、しかもテン(スタートからの)の3ハロンの数字である。

シルキーサリヴァンは“ダートの”“マイル戦の”“ラスト1ハロンで”10フラット、あるいは9台を記録したのだ。
アメリカダート日本のそれとべて高速馬場と言われるが、それでも芝にべて時計がかかるのは確かで、不滅の大記録ということは間違いない(ダート世界レコードはほとんどの場合、芝の同距離レコードべて2ほど遅い)。

さらに続く1300mの一般競走では最大41身差と前走よりも広がった差を逆転、それどころか最後には3身差をつけて圧勝した。

激震のサンタアニタ

西海カリフォルニアにシルキーサリヴァンあり」

シルキーサリヴァンの壮絶なパフォーマンスに、この頃には遠く離れた東海競馬ファンにもシルキーサリヴァンの名が知られるようになっており、ケンタッキーダービーの有の1頭として全競馬ファンに注される存在となっていた。

そんな中、シルキーサリヴァンがケンタッキーダービーへのステップレースとして選択したのは、サンタアニタダービー。三年前、同じカリフォルニアとしてケンタッキーダービーになったスワップスが勝ったレースである。

元々注度が高いレースだったうえ、シルキーサリヴァンを応援したいカリフォルニアファン、さらに噂のシルキーサリヴァンを見ようと他州のファンが大集合した結果、サンタアニタパーク競馬場最多記録となる入場者6万1123人を記録。

満員の観衆の前で始まったこのレース。先頭を行くのは、かつてシルキーサリヴァンのデビュー戦で手綱を握っていたタニグチ騎手が駆るジョージエックス。シルキーサリヴァン対策のために作り出されたハイペースの中で、しかしシルキーサリヴァンはいつもと変わらず大きく離れた最後方をのろのろ走る。

1000m通過地点に近づき、その差が30身近くまで広がった時、さすがに場内がざわつき始めた。
40身差を逆転した経験があるとはいえ、普段のシルキーサリヴァンの仕掛けは残り500m前後から。当時のサンタアニタダービーは、1300mのスプリント戦であり、この時点で残り2ハロン(≒400m)を切っていたのだ。
末脚不発か、あるいは仕掛けのミスか。観客たちがを仰いだ間、シルキーサリヴァンの末脚に火が点いた。

一気に群に取り付くと、サンタアニタパークの短い直線に入る頃には10頭中6番手まで浮上。一気に先頭を捉えると、2着ハーコールに3身差をつける圧勝。大いに観客たちを湧かせた。

シルキーサリヴァンのレースを生んだ病

さて、シルキーサリヴァンの極端なレースぶりを生んだ理由だが、これはシルキーサリヴァンが幼駒時代の風邪を原因とする呼吸器疾患を抱えていたからだとされている。
また、先性の関節炎も抱えており、この二つが複合したことで全を出せる距離が数メートルだけだった。

また、シルキーサリヴァンは幼少の頃から非常に賢いで、牧場で広大な放牧地を横断する際に他のたちが半分ほど進んでから出発し、到着する頃には先頭に立っていたという逸話が残っている。
この頃、すでに自分の特徴を活かした競走の仕方を知っていたのだという。

ちなみにゴシップ的な説として、「シルキーサリヴァンは実はスタミナがサラブレッドに劣る代わりにスピードに優れた種・クォーターホースであり、前半の極端なまでにスタミナを温存する走り、そしてあの末脚はシルキーサリヴァンがクォーターホースであるなら不思議ではない」というものもあるのだが、当時のシルキーサリヴァンがそれだけ注されていたというだろう。あと、クォーターホースならには変わりないからガソリンが血の代わりに流れてるとか言われた馬よりはまだ妥当な常識的な範囲のネタだと思う。

ケンタッキーダービー挑戦、そして

東海に移っての初戦、1400mの一般競走では不良馬場に足を取られてしまって4着に敗れるものの、30身差がついた状態からの追い込みであり、東海でも西海と同じ競馬が通用するところを見せた。

しかし好事魔多し。ここでシルキーサリヴァンに不幸が振りかかる。レース直前、疲れが出て微熱が出ていたのだ。これはなんとか当日までに回復したものの、今度はレース前日に5月とは思えない寒波がケンタッキーダービー舞台であるチャーチルタウン競馬場を襲い、加えて当日にはが降ったことで気管支に問題を抱えるシルキーサリヴァンにとって最悪のコンディションとなってしまった。

そして迎えたケンタッキーダービー当日。ここでシルキーサリヴァンは、前年の2歳チャンピオン・ジュエルズリワードに一番人気こそ譲ったものの、重賞6連勝中のティムタムと並んでの二番人気に推された。
ただ、このダービーでもっとも注されていたのは間違いなくシルキーサリヴァンだった。ファンも「どのが勝つか」よりも「シルキーサリヴァンがどんなレースをするか」にを向けていたし、レースを放送するCBS放送は「先頭群とシルキーサリヴァンを別々のカメラで写して二分割放送をする」と表明。
それゆえに最悪のコンディションでも走らなければいけなくなってしまったのだが、結果を見る前からこのダービー役は彼だったのだ。

レースが始まり、いつものように先頭の群からか後方を進むシルキーサリヴァン。アナウンサーはジュエルズリワードティムタムよりもずっと多くシルキーサリヴァンの名を絶叫。
直線に向いてシルキーサリヴァンはスパートをかけ、スタンドテレビの前のファンたちは“あの規格外の末脚”がくりだされる間を固唾をんで見守る。

だが、結論から言えばシルキーサリヴァンは伸びなかった。勝ったティムタムから離されること20身差の12着。最大30身差あったところからは詰めたものの、敗もいいところだった。
だけど、シルキーサリヴァンのダービーはまだ終わらない。コースから引き上げてくるシルキーサリヴァンに、ファンたちの勝ったティムタムに対するそれよりもかに大きな拍手が送られたのだ。

ただ、次走のプリークネスステークスでも二冠達成で今度こそ役に踊りでたティムタムの8着といいところなしで終わり、ティムタムレース中に故障を発症して惜しくも三冠を逃したベルモントステークスの出走の中にシルキーサリヴァンの名前はなかった。

結論から言えば、気管支に問題を抱えていたシルキーサリヴァンにとって2000mのケンタッキーダービーや1900mのプリークネスステークス距離が長すぎたのだろう。

翌年も現役を続行したシルキーサリヴァンだが、3勝したものの重賞勝ちはなくそのまま引退した。2歳から3歳にかけてのやかな活躍を考えるとなんとも寂しい戦績に終わってしまった。

全米のスーパースター

引退後、種入りしたシルキーサリヴァンは500ドルと当時としても安価な料で種付けを行うことになった。
サラブレッドだけでなくクォーターホースの生産者からも種付け依頼が殺到し、クォーターホース界にも血脈を広げることになったのだが、期待とは裏に重賞勝ちをした産駒はほとんど出ずに成功とは言えない結果に終わる。ただ、500ドルの種付け料は生涯変わらなかったため、毎年そこそこの数の種付けはあったようだ。

しかし、種としてはぱっとしなくてもシルキーサリヴァンの人気は衰えなかった。毎年誕生日になるとケーキクッキー手紙が全各地から送られてきて、クリスマスにはプレゼントもたくさん送られたという。
これに応えるべく、引退後のシルキーサリヴァンには“ファンレターに返事を書くための専用秘書”がつけられ、また、誕生日にはゴールデンゲートフィール競馬場で、サンタアニタダービーの開催日にはサンタアニタパーク競馬場でシルキーサリヴァンが役のパレードが行われてファンをおおいに湧かせた。
その人気シービスケットマンノウォーセクレタリアトに匹敵すると言われ、特に“地元”カリフォルニアでは今なおスーパースターのままである。

また、アメリカでは追い込み群から大きく離された状態から差し切って勝つことをシルキーサリヴァンフィニッシュと呼び、さらに競馬のみならずスポーツ全体における大逆転のことをシルキーサリヴァンと呼ぶらしい。

ファンたちにされて余生を過ごしたシルキーサリヴァンは1977年、睡眠中に22歳の生涯を終えた。
現在レース序盤はのんびりと最後方を歩き、ファン応援しても聞こえないかのようにだらだらと進み、そして突如高速化してゴールまで駆け抜けたい弾丸」と刻まれたシルキーサリヴァンの墓碑は、ゴールデンゲートフィール競馬場にある。
競馬場には長らくシルキーサリヴァンのみが埋葬されていたが、現在ではその横に後にカリフォルニアスターとなり、病魔と戦って散ったスピードスターロストインザフォグの墓碑が並んでいる。

関連動画

1:30から

伝説サンタアニタダービー単品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シルキーサリヴァン

1 ななしのよっしん
2016/05/12(木) 18:10:41 ID: GEpvlL4scI
記事書いてくれるのは有難いけど、一級線とかカルフォルニアとか誤字が多い。
カルフォルニアっていう人もいるけど書きは全にカリフォルニアだし、記事書くならもう少し推敲してほしいなあ、と。書きもしない何だと思うかもしれないけど
2 ななしのよっしん
2016/10/10(月) 22:10:21 ID: vzTdlTWiwx
おおっ!シルキーサリバンの記事が出来ていたとは!ありがと~!
英語版Wiki見たら、いの一番に「ホワールウェイギャラントマン、ゼニヤター、追込みは数あれど、これほど後ろからぶっ飛んで来て、しかも勝つはいない。人呼んで“カリフォルニア彗星”」々って書かれてて、今でもされてるんだなって感じしたわ。
タラレバすまんが、今日本に居たら「赤い彗星」なんて呼ばれたのか?
後、この年の二冠ティムタムも、ケンタッキーダービーで、イン強襲のごぼう抜きで勝ってる。この居るからあんまりられないけど。