シルバー仮面単語

シルバーカメン

シルバー仮面はさすらい仮面

シルバー仮面とは、1971年11月28日から1972年5月21日までTBSにて放送された特撮ヒーロー番組、および作品に登場するヒーローの名前である。製作は宣社と日本現代企画
宇宙人父親である春日博士を殺された5人の春日兄妹兄妹達は、亡きから託されたロケットの設計図の秘密を解明するため、父親の友人や子といった協者をめ、ロケットの秘密を狙う宇宙人の魔の手を逃れ、日本中をする・・・というストーリー主人公である春日兄妹の次男である春日二は改造人間・シルバー仮面に変身して宇宙人と戦う。
ナレーター森山周一郎氏。
脚本は、佐々木守氏が1、2話とジャイアント編初回の11話を担当。それ以外のほとんどの回は上原正三氏と市川森一氏が担当した。因みに1、2話の監督実相寺昭雄氏である。
企画時のタイトルは『21世紀鉄仮面』だった。

概要

当時タケダアワーと呼ばれた日曜日ゴールデンタイムに放送された本作は、その時間帯には似合わないシリアスでドロドロとした苛酷な人間ドラマだった。TBS橋本プロデューサーの意向で『逃亡者』を意識したドラマ作りがなされ、変身ヒーローや敵の宇宙人など従来のヒーロー番組の要素はあるものの、全体的に大人向けを意識しており、番組の対年齢も小学校高学年から中高生とされていた。
等身大の宇宙人が醸し出す怪奇な描写、世間から理解されず周囲から迫を受ける春日兄妹など、暗く重いストーリーが展開され、これらの作の影で視聴率では苦戦を強いられていたという。
また、本作のヒーロー、シルバー仮面は必殺技と呼べる物を持っておらず、専ら肉弾戦で敵の宇宙人と戦う。宇宙人へのとどめは普通キックで倒す他の兄妹携帯していたで倒す交通事故に巻き込む・・・など、とてもヒーロー物とは呼べない地味な戦い方をしていた。
低視聴率を立て続けに記録したことや裏番組の『ミラーマン』との競合がきっかけで、10話を最後にこれらの設定はめられることになり、11話からタイトルを『シルバー仮面ジャイアント』題。シルバー仮面がウルトラマンのように巨大化し、巨大宇宙人怪獣と戦うといったストーリーとなり、実質別番組と化している。同時に新たなレギュラーキャラを加え、番組の空気の入れ替えを行ったが人気はさほど回復せず、当初の予定通り26話で終了している。
後年になって本作の大人向けの作が評価され、2006年にはリメイクとして『シルバー面』が製作され、2018年映画BRAVE STORMブレイブストーム)』では本作のキャラクターが使用されている。

シルバー仮面

春日二が変身した改造人間としての姿。鉄仮面イメージデザインされている。
口元が覗いているのは、円谷プロウルトラマンが「当初口が動く設定だったのを没にした」ことへの対抗意識があったためだと言われている。
二が一定のポーズを取った後に「アタック」と叫ぶと、シルバー仮面に変身する(ただし序盤は変身ポーズなし)。変身シーンでの透明な人体模型から徐々にシルバー仮面へと変わっていく・・・という不気味な描写はとてもヒーローには見えず、本作の作徴していると言える。
改造された描写やサイボーグであるという拠は本編には出てきておらず、シルバー仮面のは「シルバー」と表現されている。
タンクローリーを素手で動かすほどのパワーを誇るが、反面手な必殺技や武器を所持しておらず、宇宙人との戦いは格闘戦がほとんどであった。パワーフルに発揮する際にが一する。

シルバー仮面ジャイアント

シルバー仮面が光子ロケットにより巨大化した姿。身長50メートルで、ウルトラマンより10メートル高い。体重5万トン
口かマスクで覆われ、ボディなどに赤色を配している。
二が左右の腕を広げポーズを取った後、「シルバー」と叫び宙返りすることで変身できる。
が常にる、飛行を持つ、線技を使う・・・など、全にウルトラマンヒーローとなった。
な武器はシルバーサーベルシルバージャックシルバー手裏剣など。また、頭部からは必殺線「シルバー線」を放つ。

光子ロケット

春日博士宇宙平和のために開発したロケットで、エンジンの設計図は春日兄妹の体内に隠されている。
ジャイアント編になってからは、性を上回る光子ロケット・ベム5号が活躍した。
劇中に登場したのは、光子ロケット、ベム1号、ベム2号、ベム3号、ベム5号
光子ロケットは11話でサザン人に破壊されてしまうが、それがシルバー仮面ジャイアント誕生のきっかけになった。ベム1号~ベム3号光子ロケットの試作だが、1号2号はモーク人に破壊されている(4号本編には登場していない)。
前半でのロケットの設定は「宇宙を支配出来るを持つ」とされ、ロケットの秘密を狙って数々の宇宙人が攻めてくる・・・というストーリーだったが、ジャイアント編では「宇宙人地球侵略阻止する」というストーリーに路線変更され、ロケットウルトラシリーズでいう防衛隊の戦闘機の立ち位置となり、シルバー仮面ジャイアントを援護するポジションとなった。

登場人物

春日
主人公春日5兄妹の次男。23歳。正義感が強く、兄妹で一番体があるのをに見込まれ、シルバー仮面へと改造される。
演じるのは柴俊夫氏。

春日
長男で、26歳。春日博士の意思を継ぐロケット工学者で、兄妹リーダー的存在。

春日ひとみ
長女、21歳。兄妹達の母親代わりで、からは武器としてを与えられており、この宇宙人を倒したこともあった。

春日
三男、20歳。喧い性格で、事あるごとにを殺した宇宙人しく憎む。その性格をつけこまれ、宇宙人に落ちたこともあった。空手が得意らしい。前半では人間に化けた宇宙人を見破る「スペクトルグラス」というアイテムを使用していた。
中の人は『ウルトラマンタロウ』の東光太郎役で有名な篠田三郎氏。

春日はるか
次女、18歳兄妹の中で精的・体的に弱く、宇宙人との戦いや過酷なについていけなくなり、8話を最後に降している中の人の都合なのだが・・・)
ジャイアント編に入ってからは存在すらなかったことにされ、23話で一が「俺達兄妹だ、4人で戦う。4人で手を取り合えばどんな危機でも・・・」という台詞を言っていた。

大原
春日博士で、みんなからは「叔父さん」と呼ばれている。
武器商人で、当てで光子ロケットの秘密を狙い、兄妹達からは宇宙人と同じくらいに嫌われている。
その一方で、兄妹を助けたり、協したりすることもあった。
脚本家によってキャラのブレが顕著であり、例えば上原正三担当の回ではに「お茶おじさん」としていい人に描かれているが、市川森一担当の回だと兄妹を批難したり悪役っぽく描かれている。

博士
ジャイアント編より登場。宇宙科学研究所SSI)の所長で、春日博士の教え子。春日兄妹を研究所の職員として迎え入れた。
春日博士が遺した言葉「科学暴力に屈してはならない」を信条としている。
リカというがおり、彼女ジャイアント編でのマスコット的存在。
演じるのは岸田森氏。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E4%BB%AE%E9%9D%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シルバー仮面

1 ななしのよっしん
2018/11/19(月) 06:45:07 ID: ER+yqeQFSN
一話で初っ端から火災現場で始まり戦争映画のような襲撃を受けた上でのような敵の笑いが「はっはっはっはう゛ー!」だもんな。その後もテンポ良く話が運んで行く時代をやや先取りした様な内容でした
2 ななしのよっしん
2019/02/07(木) 16:09:51 ID: MpROfUEqQO
一とひとみ光線銃シルバー仮面って感じだったね前半は

急上昇ワード