シルヴァーソニック単語

シルヴァーソニック
6.6千文字の記事
  • 28
  • 0pt
掲示板へ

シルヴァーソニック(Silver Sonic)とは、2016年生まれ日本競走馬である。芦毛

な勝ち
2022年:ステイヤーズステークス(GII)
2023年:レッドシーターフハンデキャップ(サウジアラビアG3)

概要

オルフェーヴルエアトゥーレ、*トニービンという血統。

言わずと知れた三冠馬にして気性難で知られた「金色の暴君」。
言わずと知れた稀代の名種牡馬にしてやはり気性難のステイゴールド。その他にも系にはサンデーサイレンスメジロマックイーンノーザンテーストディクタスといった良血が並ぶ。

2001年阪神牝馬S(GII)の勝ちで、2002年モーリス・ド・ゲスト賞(GI)2着という実績を持つ名繁殖牝馬としてもGIを含む重賞4頭を産んだ。
1988年凱旋門賞で、90年代から00年代初頭の日本競馬界にベガエアグルーヴジャングルポケットなど名を多数送り出した日本競馬史に残る大種牡馬

2008年皐月賞キャプテントゥーレ(アグネスタキオン)、短距離重賞2勝のアルティマトゥーレ(フジキセキ)、2016年小倉記念勝ちクランモンタナ(ディープインパクト)がいる。

2016年3月22日千歳市の社台ファームで誕生。オーナー一口馬主クラブ社台レースホース。募集価格は1口100万円×40口(=4000万円)だった。

名意味は「音速の」とだけ登録されている。
黄金の名を冠する一族に産まれた芦毛からの連想と思われる。

音速の銀

2022年天皇賞(春)に至るまで

と同じ東の名門・池江泰寿厩舎に入厩。デビューはやや遅く、3歳となった2019年1月20日新馬戦(京都・芝1600m)だった。ここでは中団前から脚を伸ばすも、後に2021年中京記念(GIII)を勝つアンドラステに4身差で逃げ切りを許し2着。ちなみにこのレースには後にJBCレディスクラシック(JpnI)を勝つテオレーマもいた(11着)。

このあと2月小倉未勝利戦(芝1800m)も叩き合いの末ハナ差で2着5月京都未勝利戦(芝1800m)も直線抜け出したがアタマ差差しきられて2着
4戦6月阪神未勝利戦(芝1800m)でようやく2身半差の快勝で勝ち抜けると、続く7月東特別(1勝クラス小倉・芝2000m)を川田将雅の果敢なイン突きで差し切り勝ち。9月兵庫特別(2勝クラス阪神・芝2400m)も直線で競り勝って3連勝。あっという間に準オープンまで勝ち上がった。
この後は菊花賞に向かうことも検討されたが、脚元に疲れが見えたこともあって大事を取って休養に入り、3歳シーズンは終了。

明けて4歳となった2020年、この調子一気にオープン、そして重賞へ……と行きたいところだったが、ここからシルヴァーソニックは1年半も3勝クラスで足踏みすることになる。
4歳は5着→5着→3着→6着と掲示板はほぼ外さないが勝ち負けには足りず、はどうも瘤の症状が出たらしく全休となる。

明けて5歳1月美濃S(中・芝2200m)で復帰したがヒートオンビートからだいぶ離された4着。続いて2月籟S(阪神・芝3200m)で初の長距離戦に挑戦、2着とハナ差の3着5月S(東京・芝2400m)ではタイム差なしの3着と惜しいところまでいき、クリストフ・ルメールを迎えた6月ジューンS(東京・芝2400m)にて、4先頭から府中の長い直線を譲らず押し切って勝利。8戦でようやく3勝クラスを脱出、オープンに昇格した。

5歳10月オクトーバーS(L)から始動したが、パンサラッサ逃げ切りの後ろで5着。
前走勝った府中とはいえ芝2000mは短かったか……というわけで、12月ステイヤーズS(GII)重賞初挑戦。3番手の好位からレースを進めたが、逃げアイアンローズを捕まえきれず、外から飛んできたディバイフォースにかわされ3着

明けて6歳は天皇賞(春)標に定め、1月、中3000mの万葉S(OP)から始動。上はここから川田将雅となる。中団前から直線で間を割って抜け出すも届かず3着
続いて3月阪神大賞典(GII)も中団前から直線で前を捕まえに行ったが、外からディープボンドにかわされ、アイアンローズにも届かず3着

……と、3000m以上のレース3戦連続3着というブロコレぶりを発揮しながら、シルヴァーソニックは大標の天皇賞(春)に乗りこむこととなった。

2022年天皇賞(春)・衝撃のスタート、衝撃の好走、衝撃の結末

さて5月1日天皇賞(春)ディープボンドタイトルホルダーの2強対決というムードの中、その2強がって大外8の18番と16番に入れられるという波乱を予感させる順。シルヴァーソニックは、その2頭に挟まれた817番であった。当日のオッズは単勝35.8倍の8番人気

レースが始まる。スタートで躓いて出遅れたシルヴァーソニックだったが、軽くなった斤量を活かして果敢に外から上がっていく。
最初の外回り4コーナーくも先行集団に取り付くと、1コーナーから2コーナーにかけてイン潜り込み逃げタイトルホルダー後ろという絶好の位置を確保。内ラチ沿いでタイトルホルダーをぴったりマークして追走する。
そして直線。1頭だけ余を残して後続をぐんぐん突き放していくタイトルホルダーに、しぶとく食らいついていくシルヴァーソニック。内ラチギリギリを攻め、多少よろめきながらも闘志を切らすことなく走り続ける。
結局タイトルホルダーには振り切られたが、外から追ってきたディープボンドを5身近く突き放し、なんと堂々の2位入線を果たしたのだった。

……上の川田将雅を、ゲートの前に置き忘れたまま。

そう、スタートで躓いた時点で川田騎手は落しており、この時点でシルヴァーソニックはカラとなり競走中止扱いである。
まあ、それだけならGIでもたまに起こるアクシデントではある。8番人気だったシルヴァーソニックは2002年菊花賞の1番人気ノーリーズンや、2008年エリザベス女王杯の3番人気ポルトフィーノのように多額の馬券を吹っ飛ばしたわけでもない。
だが、なんとシルヴァーソニックは制御する騎手がいなくなったにもかかわらず、果敢に先行集団に取り付き、コーナーイン潜り込み逃げタイトルホルダー後ろという絶好の位置をキープし続けるという、名騎手が最高の騎乗をしているかのような位置取りで走り続けたのである。

ポルトフィーノエリザベス女王杯などを見れば解る通り、制御する騎手がいなくなったはふつうコーナーで曲がりきれなかったり、正面スタンド前で大援に怯えるなどして大きく外に逸走するものである。
だが、1~2コーナーでむしろイン潜り込み、3~4コーナーでヨレることもなく内ラチ沿いを保ったまま綺麗にコーナリングするシルヴァーソニックの走りは、騎手が乗っているとしか思えないものだった。
またこの競争は日本競馬GIでは最長となる3200mもの距離を、阪神競馬場での代替開催により外周り→内周りで走る特殊なレースであった。
それを彼は最初から最後まで騎手しで走り切るという離れ業をやってのけたのである。
そしてまさかの事態に騒然とする中、タイトルホルダー勝利する間までカメラに映り込み続け勝ち以上に衆を集める事となったのだった。

レース逃げタイトルホルダーが上がりも最速を叩き出して後続を全く寄せ付けない7身差の勝だったわけだが、最内だけが伸びる稍重の馬場だったにも関わらず、シルヴァーソニックがタイトルホルダーを最内で追走するという最高のポジションを占めてしまい、先行集団がカラに絡まれる危険を避けてタイトルホルダーに対して仕掛けにくくなってしまったという側面は否めなかった。
(いつ逸走するか分からないカラの斜行に巻き込まれると、最悪の場合はレース完走が危ういどころか人共に生命の危険もある)
実際、何度もシルヴァーソニックにぶつけられたタガノディアマンテが戦意を喪失して大差の最下位に沈んでしまう、スタート時に一シルヴァーソニックの外にいたディープボンドも不利を受けるなど、単なる出オチの笑い話では済まない具体的な被害も出てしまっている。

もちろん、こういうアクシデントも起こるのが競馬であり、シルヴァーソニックはただ一所懸命に走っただけで、タイトルホルダー勝利の価値も何ら変わりないのであるが。

さて、衝撃の展開はそれだけではなかった。ゴール後、外ラチに向かって走っていったシルヴァーソニックは、そのまま外ラチに突、背面跳びで飛び越えるようにして外ラチの向こう側に転倒した。同同期メロディーレーンが心配そうに(?)駆け寄る中、倒れたシルヴァーソニックは少しの間もがいていたものの、ほどなく横になって動かなくなってしまった。

観客から悲鳴があがり、最悪の事態を想像して皆が心配する中、横になって動かないシルヴァーソニックに競馬場スタッフが駆け寄っていく。何人かが集まって囲んで様子を見ているところに、担当の池本調教助手が駆け寄ると……突然ビクッと立ち上がったシルヴァーソニック。怪で起き上がれなかったのではなく、びっくりして失神していたらしい。

負傷は外ラチにぶつかった際の擦過傷だけで歩様にも異常はなく、に乗せられ帰っていったシルヴァーソニック。その後、トレセンでの医の触診でも異常なしと診断され、翌日には元気運動していた。落した川田騎手も怪はなく、人とも事で済んだのは何よりである。

休養からの快進撃

次走は目黒記念(GII)に向かう予定だったが、直前の追い切り後に歩様が乱れ、左前脚の瘤で大事をとって回避。さらに再検の結果、左前脚副管膜が出ていることも判明し、全治3ヶ以上ということで休養となった。春天でのアクシデントと故障の因果関係は不明である。

休養を経て、復帰戦は11月6日アルゼンチン共和国杯(GII)……の予定だったが、あえなく抽選除外。12月3日ステイヤーズS(GII)へ向かうことになった。ダミアン・レーン上に迎え、単勝5.4倍の3番人気に支持される。
レースは1番人気ディアスティマが先手を取り、シルヴァーソニックは4番手につける。隊列が落ち着くと中団の内でじっと脚をため、勝負どころで各が仕掛ける中でもレーン騎手は慌てず、春天でシルソニ自身がそうしたように最内の経済コースを通って直線勝負へ。レーン騎手が満を持して追い出すと、シルヴァーソニックは強く最内を強襲。一気に突き抜けると、後方から追い込んできたプリュムドールを寄せ付けずゴールを駆け抜けた。
復帰戦で嬉しい重賞初制覇。これで池江師はJRA通算800勝を達成した。

明けて7歳となった2023年サウジ遠征を敢行。前年にはステイフーリッシュが勝った、3000mのレッドシーターフハンデキャップ(G3)に挑むことになった。上は引き続きダミアン・レーン2021年アスコットゴールドカップを圧勝してから長期離脱し、久々の復帰戦となるイギリスSubjectivistが62kgを背負わされる中、56.5kgという斤量もあって海外ブックメーカーでも1番人気の評価を受ける。
レースでは最内からそのままなりに逃げを見る位置で先行。中やや内に押し込められる節もあったが、直線入口で間を割って強く抜け出すと、外から追ってきたイギリスEnemyを寄せ付けず、逆に突き放す強い内容で勝。昨年のステイフーリッシュに続いて日本勢による連覇を達成した。1351ターフスプリントを勝ったバスラットレオンに続いて出オチ仲間同士の連勝でもあった。

次走はステイフーリッシュと同じく転戦してのドバイゴールドカップと、帰して天皇賞(春)との両にらみだったが、天皇賞(春)を選択。昨年のリベンジすことになった。同日には香港チャンピオンズデーがあったが、ダミアン・レーンはそれを蹴ってシルソニ騎乗を選択。当日はタイトルホルダーvsアスクビクターモアジャスティンパレスボルドグフーシュの4歳勢というムードの中、シルソニは816番というもあってか、22.5倍でディープボンド(5番人気)と同オッズの6番人気に落ち着いた。
レースタイトルホルダーに大外アフリカンゴールドが果敢に競り掛けていってハナを奪い、最初の1000m597のハイペースの入りとなり、シルヴァーソニックは後方に構えることになった。アフゴが心房細動を起こして1コーナーから後退し向こう正面で競走中止、さらにタイトルホルダーまでもが4コーナーで失速し競走中止という波乱の展開の中、ダミアン・レーンとシルソニはインに入れられないまま外を回して前を行くボルドグフーシュを追いかける。直線でボルドグフーシュをかわして追い込んだが、前で立ち回ったジャスティンパレスディープボンドに届かず3着。充分には見せたと言えるが、外不運が惜しまれる感じのレースであった。

この後は宝塚記念には向かわず休養へ。の大標にはオーストラリアへ遠征、メルボルンカッププランが浮上しているとの事。同レースと言えば日本含む外には非常に厳しい検疫や体検などを要する事で近年知られるが、種牡馬入りに箔を付ける為にも実現させたいプランである。

春天のカラ」から歴とした重賞へ、そして海外重賞へと快進撃を続けるシルヴァーソニック。7歳にしてステイヤーとして充実期を迎え、上と一緒に歓喜のゴールを駆け抜け続けていくため、シルヴァーソニックの戦いは続く。

エピソード

  • 池江厩舎で彼を担当する池本啓汰調教助手は、シルヴァーソニックが新から担当した初めての。普段は「シルヴィ」と呼んでいるそうな。2022年春天で倒れて動かなくなったシルヴァーソニックを見たときには死んでしまったかと思い、泣きながら駆け寄って「シルヴィー!」と呼びかけたところ、それに反応してシルヴァーソニックが起き上がった。一部始終を映した現地映像exitでシルヴァーソニックが起き上がる間、外ラチの内側から駆け寄ってきて、その後彼を引いてへ連れていったヘルメットベスト男性池本助手だろう。落事件の後に届いたお守りやファンレターは翌年のサウジにも全て持っていったそうである。
  • 2022年春天での騎手なしでの完璧コース取りなどから「賢い」という印のあるシルヴァーソニックだが、気性は譲りなところもあるそうで、池本助手いわく「大人しく見えますが、本当はヤンチャで手がかかるなんですよ」とのこと。サウジ遠征の際には到着初日から医にっ気を出して襲い掛かろうとし、現地では「レイジホース」と呼ばれることになったらしい。[1]

血統表

オルフェーヴル
2008 栗毛
ステイゴールド
1994 黒鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ *ディクタス
ダイナサッシュ
オリエンタルアート
1997 栗毛
メジロマックイーン メジロティターン
メジロオーロラ
エレクトロアート *ノーザンテースト
*グランマスティーブンス
エアトゥーレ
1997 芦毛
FNo.3-l
*トニービン
1983 鹿毛
*カンパラ Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
*スキーパラダイス
1990 芦毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Ski Goggle *ロイヤルスキー
Mississippi Siren

クロスノーザンテースト 5×4(9.38%)、Northern Dancer 5×4(9.38%)

芦毛の由来は7代ObedientMahmoud、そしてその祖母Mumtaz Mahal、更にそのThe Tetrarchから。

関連動画

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *参照:落馬、転倒から一年経たずして海外重賞制覇した馬と、その担当者の物語exit

【スポンサーリンク】

  • 28
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シルヴァーソニック

373 ななしのよっしん
2023/11/13(月) 10:47:57 ID: RcUHrYf90m
年内はこのまま休養、復帰は年明けが途とのこと。

天皇賞3着のシルヴァーソニックは年明けに復帰予定 12月中の帰厩を検討
https://tospo-keiba.jp/breaking_news/38727exit
👍
高評価
0
👎
低評価
0
374 ななしのよっしん
2023/11/13(月) 16:16:26 ID: o/0nV5stLu
そろそろ衰えが不安になるけども、しかし、ステイゴールドみたいに最後にG1取るかもしれないと考えるとロマンがあってワクワクする
👍
高評価
2
👎
低評価
0
375 ななしのよっしん
2023/11/21(火) 12:30:09 ID: R3EunposDA
復帰決まったか
メルボルン走れなかったのは残念だが何とかG1に手が届くといいな
👍
高評価
1
👎
低評価
0
376 ななしのよっしん
2023/12/03(日) 15:11:47 ID: yljcAzmB67
兄貴クランモンタナも和田騎手をにらみつけてる(用に見える)写真でかなり有名。この写真が撮れた小倉記念優勝でもあるし、キャプテントゥーレ同様大百科記事がほしいところ。ちなみに、シルヴィーの全にナムアミダブツという珍名馬がいる。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
377 ななしのよっしん
2023/12/25(月) 14:13:35 ID: RcUHrYf90m
来年は連覇を狙うサウジレッドシーターフハンデキャップに予備登録。そこからドバイへの転戦も視野に入っているとのこと。

天皇賞3着シルヴァーソニック、来年もサウジ遠征へ ドバイ転戦も視野
https://keiba.sponichi.co.jp/news/20231225s00004000222000cexit
👍
高評価
0
👎
低評価
0
378 ななしのよっしん
2024/01/21(日) 16:21:51 ID: RcUHrYf90m
サウジ遠征の場合相当なハンデが課されるため、脚元を考慮して遠征は見送り。阪神大賞典を初戦として調整を進めていくとのこと。

シルヴァーソニックサウジ遠征を見送り 阪神大賞典を視野に復帰へ
https://tospo-keiba.jp/breaking_news/41208exit
👍
高評価
0
👎
低評価
0
379 ななしのよっしん
2024/01/21(日) 22:09:47 ID: o/0nV5stLu
まあ妥当な判断か
しかし阪神大賞典に行くならドバイ行かず春天に行くのもありではないか
👍
高評価
1
👎
低評価
0
380 ななしのよっしん
2024/01/22(月) 20:39:29 ID: suYtyjqGBu
阪神大賞典行くならもうドバイも行かないで春天行くでしょ
ただ問題は上だよなあ
レーン様…
👍
高評価
2
👎
低評価
0
381 ななしのよっしん
2024/01/29(月) 11:18:06 ID: R3EunposDA
復帰が明確に見えたのは嬉しい
レーン以外で勝ち上げてんのは川田ルメール
川田はこの距離向きではないしそもそも川田ルメールも先約いるだろうし
👍
高評価
3
👎
低評価
0
382 ななしのよっしん
2024/02/18(日) 22:47:52 ID: gRj/FvBWN6
なんだかんだで獲得賞G1ホース並みなのねw
👍
高評価
0
👎
低評価
0