編集  

シンクロ召喚単語

シンクロショウカン

シンクロ召喚とは、遊☆戯☆王ファイブディーズおよび遊戯王OCGの召喚ルールである。

概要

2008年3月15日発売のSTARTER DECK(2008)の収録カードである「ジャンク・ウォリアー」「大地の騎士ガイアナイト」「ギガンテック・ファイター」が、シンクロモンスターとして登場した初めてのカードである。2008年4月2日から始まったアニメ遊戯王5D's」の中核をなす召喚である。

synchro(シンクロ)には同期という意味がある。映像と音を合わせ同調させるsynchronismシンクロニズム)という言葉やtunerチューナー)の調、周波数を合わせるチューニングから楽器のようなイメージを持ったのではないかと思われる。

シンクロ召喚遊戯王原作者である高橋和希先生が考案したもので、「低レベルモンスターも重要」になるという発想のもとに生まれた。5D's主人公不動遊星」のデッキもこの言葉から、低レベルをかき集めて作ったデッキというコンセプトである(その割には完成度が高い)。

シンクロ召喚の内容

モンスターの名前)
シンクロモンスター
?/?属性/?族/攻?/守?
(例)チューナーチューナー以外のモンスター1体以上

自分のターンメインフェイズ時に自分のフィールド上に表側表示で存在する、種族の横にチューナーと記載されたモンスターとそれ以外のモンスターの合計二体以上を選び、そのレベル)の数を合計してそれと同数のレベル)のモンスターエクストラデッキシンクロモンスター融合モンスターを入れるデッキ、15枚以下)から呼び出し、フィールドに表側表示で出す。

同じエクストラデッキを使用するにしても、モンスター以外に魔法融合」のカードを必要とし、融合モンスターが限定されている「融合召喚」にべて、あらゆる組み合わせで召喚できるシンクロ召喚はるかに簡単で、遊戯王5D'sの話の中核な為か強モンスターが多い「シンクロ召喚」は、く間に遊戯王を塗り替えていった。

あらゆる組み合わせと言っても大半の場合は、チューナーもしくはその相方モンスター属性・種族・モンスター名などの定がある。また、どの場合はシンクロ召喚を行う際に、チューナー相方モンスター最低でも2体フィールドに並べる必要があるため、カイザーコロシアムを始め、場を圧迫するタイプ等のメタカードが苦手という、融合召喚儀式召喚とは違う弱点もある。
 
ZEXALに突入後も、カタストルなどの一部の汎用シンクロは根強い支持率を誇り、エクシーズ召喚特化カテゴリーの続出に気おされ気味になりながらも用された。エクシーズ召喚に秀でたカテゴリーのなかにも、炎星幻獣機と名のついたチューナーも僅かながらも登場。2013年からは征竜という際物の登場で、エクシーズともども大変な事態になったものの、眼新規チューナーとともに一応立て直した。

ARC-Vに突入してからは、エクシーズに続く新たな召喚法・ペンデュラム召喚の導入や、スピードロイドなどの新たなシンクロ特化カテゴリーの登場により、さらなる発展がされるようになった。
旧来のアドバンス召喚融合召喚儀式召喚なども強化されたため、全盛期ほどの繁栄は難しくなったが、既存シンクロカテゴリーであるリゾネーター音響戦士といったカード群も強化されている。

口上

「集いし願いが新たにとなる。差すとなれ!シンクロ召喚飛翔せよ、《スターダスト・ドラゴン》!」

原作アニメにおいて、シンクロ召喚の際にプレイヤーが、呪文のように唱えるのが口上である。ほぼアニメ全てのシンクロモンスターに存在しており、気合を込めて発言する。大体はそのモンスターにまつわる様な口上を唱えるが、ディヴァインなどはあまり関係性のない口上を唱えていた。言わない時は言わないので別になくても構わないのだが、気持ちの問題であろう。この口上を覚えると登場前にどのモンスターが使われるか分かるため、既存モンスターの時は「キタ(゚∀゚)━!」といった期待感を、初登場モンスターの時は何が登場するのかといったwktk感が味わえる。

それこそ遊戯王無印時代から口上そのものはあった。(武藤遊戯ブラック・マジシャン「今、千年の時をえ~」、海馬瀬人眼の白竜が魂~」など)。エクシーズ召喚では「オーバーレイネットワークを構築~」と全ての召喚が同じ言葉になってしまったが、時々は口上を唱える。
ARC-Vに移行してからはシンクロ召喚だけでなく、アドバンス召喚融合召喚などを行う場合も、登場人物がそれぞれ同じような口上を言うようになった。)

現実でも口上を唱えるデュエリストは存在する。鬼柳京介声優である小野友樹は、トリシューラ召喚の際にオリジナル口上を考えた(詳しくは小野友樹の記事で)。大会などでも口上を唱えること自体は禁止されていないが、遅延行為と取られてジャッジに注意される可性がある。そもそも唱えた側は楽しいかもしれないが、友人でもない関係のプレイヤーがそれを聞いても、愉快な反応は期待できない。口上を唱えて召喚したモンスターが、召喚されてすぐに奈落の落とし穴で除外されたり、強制脱出装置でデッキに戻されたらも当てられない。

時・場所・状況を考えて、プレイしよう。

関連動画

関連静画

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AD%E5%8F%AC%E5%96%9A
ページ番号: 4512082 リビジョン番号: 2512750
読み:シンクロショウカン
初版作成日: 10/11/25 20:27 ◆ 最終更新日: 17/08/05 23:20
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に各種特殊召喚追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シンクロ召喚について語るスレ

530 : ななしのよっしん :2018/09/26(水) 15:27:59 ID: PpuOAxAM+D
上回っていていいのはリンク召喚
そっちはOCGで楽しめるよ
531 : ななしのよっしん :2018/09/26(水) 19:19:15 ID: mCL9l4sOwW
VRAINSシンクロ召喚演出、今までと大きく変えてきたな
532 : 削除しました :削除しました ID: VZ7tT+YyvN
削除しました
533 : ななしのよっしん :2018/09/27(木) 10:58:27 ID: QsL/4uIhRr
元々5D'sって近未来的な雰囲気だからヴレインズとはベストマッチなんだよね
そしてヴァレルロード・S・ドラゴンかっこいい…
534 : ななしのよっしん :2018/10/04(木) 10:08:52 ID: EgJHeCeipm
>>528-529
儀式EXじゃないから手札から素材に出来るんだが
535 : ななしのよっしん :2018/10/05(金) 21:14:32 ID: lyso9uNo/A
>>531
VRAINSが違うというより5D'sARC-Vがどっちも小野監督だから似通ったって気がするな
次のシリーズでまた別の監督シンクロ召喚やったら今回ともまた違う演出になると思う
536 : ななしのよっしん :2018/10/06(土) 13:30:45 ID: PYhPG3dG35
そろそろレベル4と6の汎用シンクロにも横に展開できるようなシンクロが欲しい
というか2,3,5,7の層が優秀すぎる
537 : ななしのよっしん :2018/10/11(木) 16:01:05 ID: nC7Cedy/Ai
>>535
ARC-Vは単純に過去作をオマージュしたってだけで監督がどうとは違う気がする
融合エクシーズ過去作に合わせてたし
538 : ななしのよっしん :2018/10/16(火) 07:36:40 ID: EgJHeCeipm
>>536
レベル4はランク4の仕事だしなぁ…
539 : ななしのよっしん :2018/10/17(水) 19:22:22 ID: PYhPG3dG35
今のシンクロ召喚の一番の強みというか特徴って相手ターンのフリチェシンクロかな
リンクの下位互換だと思ってたけど、この点に関してはかなり差別化できてると思う
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス