シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ単語

シンドバッドストーリーブックヴォヤッジ
東京ディズニーシー > アラビアンコースト > シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジとは、東京ディズニーシーアトラクションである。施設番号は79

概要

ボートに乗り込んでシンドバッドと共に冒険へと立つライドスルーアトラクション提供日本通運株式会社東京ディズニーシーで最もオーディオアニマトロニクスを使用しているアトラクションであり、いつ行ってもいているアトラクションの1つ。

開園当初は「シンドバッドセブンヴォヤッジ」というアトラクション名であったが、2007年03月29日ストーリーや内装、オーディオアニマトロニクスなどをリニューアルして「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」としてオープン

リニューアル前のシンドバッドを担当していたのは唐沢寿明。全体的に悪党感が強く、暗くて怖くて殺伐とした雰囲気になっていた。リニューアル後は坂本健児に変更。全体的にイケメン英雄感が強いシンドバッドに代わり、明るく楽しい雰囲気へと変わった。また、チャンドゥという小さなトラ仲間に加わった。チャンドゥはリニューアル後からじわじわと人気が出るようになり、オリジナルグッズモチーフにしたフードなどが販売されている。

リニューアル後のアトラクション演出は『ホールニューワールド』などを作曲しているアラン・メンケンが担当。アトラクション中に流れている楽曲『コンパスオブ・ユア・ハート』の作曲も担当している。

特殊効果にもを入れているアトラクションで、の中をするシーンではの演出、サルと共に温顔を奏でるシーンではバナナの匂いがするようになっている。

各種制限

特に制限はありませんが、液晶画面を使っての撮影やフラッシュ撮影はご遠慮ください。また、このアトラクションは、車いす搭載ボートがある。

バックグラウンドストーリー

船乗りのシンドバッドは、子トラチャンドゥと共に7つのへと冒険へ立つ。様々な困難に遭いながらも、「心のコンパス」を信じ、行く先々にいる仲間たち共に助け合いながら冒険を続けていく。

キャストのコスチューム

アラビアンコースト標準コスチュームアラビアを思わせるようなゆったりとした上下。上はで下は薄めの色っぽい感じ。ベストのようなものを着用している。

関連リンク

関連項目

東京ディズニーシーアトラクション
メディテレーニアンハーバー ヴェネツィアン・ゴンドラディズニーシー・トランジット・スチーマーラインフォートレス・エクスプロレーション
アメリカンウォーターフロント タートル・トークタワー・オブ・テラーディズニーシー・エレクトリックレールウェイディズニーシー・トランジット・スチーマーライントイ・ストーリー・マニア!ビッグシティ・ヴィークル
ポートディスカバリー アクアトピアディズニーシー・エレクトリックレールウェイニモ&フレンズ・シーライダー
ロストリバーデルタ インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮ディズニーシー・トランジット・スチーマーラインレイジングスピリッツ
アラビアンコースト キャラバンカルーセルジャスミンのフライングカーペット|シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ|マジックランプシアター
マーメイドラグーン アリエルのプレイグラウンドジャンピン・ジェリーフィッシュスカットルのスクーターフランダーのフライングフィッシュコースターブローフィッシュ・バルーンレースマーメイドラグーンシアターワールプール
ミステリアスアイランド 海底2万マイルセンター・オブ・ジ・アース

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%A4%E3%83%83%E3%82%B8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

1 ななしのよっしん
2017/10/12(木) 21:36:55 ID: LFMga1xdXi
ゆったりとしたライドであることやいつでも並ばずに入れることから「休憩所」呼ばわりされてるかわいそうなアトラク。あとテクノウチ先生のお気に入り。
2 ななしのよっしん
2018/07/01(日) 19:50:23 ID: kH+1bqxonN
ラストシーンの曲の盛り上がりで毎回泣きそうになる。
ほぼ待たないから、次のファストパスまでの繋ぎとかに重宝する。
立ちっぱなし・歩きっぱなしで疲れた時の良い休憩になるしね。

急上昇ワード