シンハラ語単語

シンハラゴ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

シンハラ語とは、インド・ヨーロッパ語族インドに属する言のひとつである。

概要

スリランカ人口の7割を占めるシンハラ人が用いる言で、同公用語のひとつ。南インドドラヴィダ族が多数の中、2000万人程度の人数がこの言を用いる。

基本的には音節がCVが大半を占めており、強勢アクセントもないなど日本人には親しみやすいが、ブラーフミー系文字の中で全にガラパゴス的な進化を遂げた丸みを帯びたシンハラ文字と格変化が門となっている。

また口体と文章体が明確に分かれており、学ぶときは教材がどちらに属しているか注意する必要がある。

文字体系

詳しくはシンハラ文字の記事を読んでくれ。

音韻体系

前舌 中舌 後舌
[iː] [i] [uː] [u]
[eː] [e] ([ə]) [oː] [o]
[æː] [æ] [aː] [a]

子音

唇音 音/
歯茎
そり舌音 硬口蓋音 軟口蓋音 門音
鼻音 [m] [n̪] [ɳ] [ɲ] [ŋ]
破裂音 [p] [t̪] [ʈ] [tʃ] [k]
[b] [d̪] [ɖ] [dʒ] [ɡ]
前鼻音化 [mb] [d̪] [ɳɖ] [ŋɡ]
摩擦音 [(f)] [s] [(ʃ)] [h]
R音 [r]
接近音 [ʋ] [l] [j]

南アジアインド・ヨーロッパ語族によくみられる有気音と気音の対立はまったく見られない。

文法

が最後に来るSOVである。

名詞は単複の区別のほかに生物生物かを区別する(外来語はまた独自の活用が行われる)。この区別は格変化において極めて重要な影を与えている。というのも口体においては生物・属・与・対・奪の5格なのに対し、生物・属・与・具の4格だからである。

生物 語尾
-
属格 -gē
与格 -ṭa
対格 -va
奪格 -gen

生物 語尾
-
属格 -vala
与格 -valaṭa
奪格 -valin

文語体になるとこれに男女の区別がついたりするのでさらに難しい。

シンハラ語の動詞は自動詞、他動詞、使役動詞の3種類に大別できる。口体では動詞は現在未来が同形の-navā、過去形は-āか強調したい場合は-ē、了形は-lā、と人称・数の区別が行われないので楽ではある(なお文語体)。

動詞は形容詞化されるときの末字韻の変化で7種類に分けられる。

  1. -apu系
  2. pu
  3. -icca系
  4. pu
  5. -ecca
  6. -gattu系
  7. -giya系

このように動詞の活用がほとんど行われないため、表現を上げるためには名詞の活用と文構造を覚えていくのが一番の近だと思われる(なお文語体)。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%A9%E8%AA%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シンハラ語

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • シンハラ語についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/12/07(土)01時更新