シンボリクリスエス単語

シンボリクリスエス
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

シンボリクリスエスとは、1999年まれの競走馬G1に4勝もした名である。

名前が言いにくいので有名。言い間違えて「クリエンス」と言っちゃうと障になっちゃうから注意。

概要

Kris S. Tee Kay Gold Meridianというアメリカ。ただしシンボリ牧場社長和田氏の持ちで、配合を考えたのも和田氏であった。クリスエスロベルト系の名種は異系で、種になった時に幅広い配合が出来るようにと考えて生産されたらしい。

まぁ、その辺の事情が分からないファンたちは「なんでシンボリ牧場が外を走らせてるん?」「ルドルフがあんまり走らないからか?」などと言ってたな。シンボリインディも含めて。

シンボリと付き合いの深い藤沢和雄調教師の元に入り、デビュー戦を出遅れながら勝利540kg近い巨であり、仕上がりはきっと遅いだろう藤沢厩舎だしと思っていたファンを驚かせた。

その後勝ちあぐねるが、3歳の山吹賞、青葉賞を連勝。出走資格を得て日本ダービーへ向かう。藤沢調教師はこの頃日本一調教師の名を欲しい侭にしていたのだが、クラシックには縁がく「このならダービー勝てるんじゃね?」とこっそり思っていたらしい。

そこへ、青葉賞で乗っていた武豊騎手が一言「このになったら強くなりますよ」

かよ!」

その言葉どおり、ダービーではタニノギムレット(武騎手上)に僅かに及ばず二着。そうか、あの言葉は「が勝つけどにはまた乗せてね」って意味だったんだな。乗せねーから。

神戸新聞杯ノーリーズンに楽勝。しかし距離適正を考えて天皇賞に向かう。この年は東京競馬場修工事のため中山開催であった。このレースの敵は古ナリタトップロード。ただしこの中山競馬場を苦手としているのは周知の事実だった。実際、コーナーでもたもたしているトップロードに、あっさり抜け出して優勝

中山2200mという変な開催だったジャパンカップでは日本総大将に推されるも、僅差で3着に敗れる。正直、馬場がもう少し良ければ勝っていただろう。有馬記念ではタップダンスシチーの大逃げにも動ぜず、物凄い脚で差し切って優勝

あっという間にG1二勝。JCこそ惜しかったが、勝ったレースは正に予定通りな感じの優等生的な勝ち方で、全然血縁関係はいのにシンボリルドルフレースと重ねて見たファンも多かった。この年の年度代表にも選ばれ、テイエムオペラオー後の競馬を担う存在になる、と思われた。

だが、この頃から競馬人気は急速に冷え込み始めていた。既にオペラオーの頃からかなりその傾向があったのだが、この2002年にはより酷くなってきていた。もちろんシンボリクリスエスはのせいとだけは言えないが、彼は外で、ストーリー的にファンに訴えてくるバックボーンを持っていなかったこともあり、彼が勝ってもなんとなく盛り上がらなかったのである。まぁ、後から考えると、その年の秋天勝利岡部騎手最後のG1制覇だったのだが。

そんなわけで、シンボリクリスエスは翌年、宝塚記念までお休みしていたのだが、も文句を言わなかった。その宝塚は全然らしさが出ず5着。勝ったのはヒシミラクル。そう。あの、ミラクルおじさんが二億円けたあのレースである。ちなみに一番人気はシンボリクリスエスで、おじさんけたのはにシンボリクリスエスが人気を背負って負けたからだと言って良い。

またお休みして秋の天皇賞。前年と違ってピカピカになった東京競馬場での開催であった。大外であったが、ローエングリン逃げにも動ずることなくそつのレースで圧勝。秋天連覇は史上初だった。このレース上はオリビエ・ペリエ騎手騎手まで外国人か~。ファンはなんとなく溜息を吐いたのだった。

そして去年の辱を狙ったジャパンカップ。だったのだが、ここはタップダンスシチーがなんだかのように強かった。シンボリクリスエスは不良馬場でのめってしまい、大きく離される3着。

このレース敗北に怒ったのか、藤沢調教師は引退レース有馬記念を前に、シンボリクリスエスにしく強い調教を掛けたという。そうとは知らないファンは、その年の中山馬場があまり良くなかった事もあり彼への評価を下げてしまう。

ところがレースは凄かった。物凄いハイペースめに上がって前をつつきまわし、4コーナー出口では先頭に並びかけ、追い出したらもう差が開きっぱなし。次代の王者ゼンノロブロイが画面に映らなくなるほどぶっちぎってレコードタイムゴールファンは「そんなに強いだったんか!?」と今更気が付いたのであった。もっとくこういう手なレースをしていれば人気が出たろうに・・・。

ペリエ騎手は「自分の乗ったの中でパントレセレブル凱旋門賞)に匹敵するベストホースだ」と言い、この年も年度代表に選出された。有馬記念連覇は史上4頭。名である。

いや、強いのは強いのだが、圧倒的な感じがせず、馬券的に軸にするにはやや頼りないであった、レース振りも面くなく、出走レースも多くない。う~ん。大方のファンは「シンボリクリスエス?ああ、あの強かった名前が言いにくいね」くらいに覚えているのではないだろうか。このゼンノロブロイ藤沢厩舎の全盛期を担った名なんであるが、ってなんとなく印に薄い。同時期にいたタニノギムレットとかヒシミラクルとかタップダンスシチーのほうがタレント性に優れていたとか言わない。その後出たディープインパクト手すぎるせいともいわない。

引退して種入りしたシンボリクリスエス。ノーザンダンサー系にもミスタープロスペクター系にも付け易いのが売りで、かなり期待されたのであるが、サクセスブロッケンフェブラリーステークスに勝ったくらいでそれほどパッとしない(まぁ、サンデー系のらが異常過ぎるのだ)。2011年にはアルフレードが朝日杯フューチュリティステークスに勝って久しぶりにG1勝ちが出た。に似て大きな形の良いであるので期待したい(に似て不良馬場スプリングステークスで沈没しているけど)。また、2013年エピファネイア菊花賞を制し、自身が勝つことの出来なかったクラシックレースを制した。後にジャパンカップにも勝ち、中長距離で第一線をる事の出来るがようやく誕生した。ブルーメアサイアーとなっても優秀なは誕生し、日本ダービー天皇賞秋を勝ったレイデオロ歴史的な障であるオジュウチョウサンなどを出している。

産駒の傾向としては丈夫でダートも走りサンデー系にもつけやすいことでずっと人気だった。また、活躍がほとんど20頭以上の重賞級勝利があるのに対し、の重賞級勝利はいなかった。

シンボリクリスエスは、おそらく実況でもっとも名前を言い間違えられたなんではないだろうか。

受精率低下のため2019年で種引退2020年12月8日千葉県成田市シンボリ牧場で蹄葉炎のため死亡21歳だった。

血統表

Kris S.
1977 鹿
Roberto
1969 鹿
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarelea
Sharp Queen
1965 鹿
Princequillo Prince Rose
Cosquilla
Bridgework Occupy
Geale Bridge
Tee Kay
1991 鹿
FNo.8-h
Gold Meriden
1982 鹿
Seattle Slew Bold Reasoning
My Charmer
Queen Louie Crimson Satan
Reagent
Tri Argo
1982 鹿
Tri Jet Jester
Haze
Hail Proudly Francis S.
Spanglet

クロスRoyal Chager 5×5

主な産駒

2005年産
2006年産
2007年産
2008年産
2009年産
2010年産
2011年産
2013年産
2014年産
2015年産
2017年産

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%A8%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シンボリクリスエス

23 ななしのよっしん
2019/01/15(火) 08:35:24 ID: uDZ7LOF2pH
なぜかハマると強いと言うイメージがある
成績を見るとむしろ安定して強いのだが
24 ななしのよっしん
2019/03/02(土) 13:53:39 ID: UPf5VdVk7x
>>23 ボリクリ自体はさておき産駒は全にソレだな>ハマると強い
数字だけ見ると掲示板はずしてない安定感なんだけど期待に対してズッコケが多いというかダントツの本命の癖にレースムラ駆けなんだよな それがそういうイメージの元なのかも
25 ななしのよっしん
2019/06/05(水) 20:11:18 ID: n9HJAPOGWl
>>21も触れてるけど、「ムラがあるけどハマると手が付けられない強さ」がロベルト系の特徴
むしろシンボリクリスエスが血統の異端児と見るべき
祖先も子供ステイヤーなのに、(気性もあるが)自分だけ短距離だったサッカーボーイみたいなもん
26 ななしのよっしん
2019/09/25(水) 06:18:51 ID: UPf5VdVk7x
>>22 結局この後止まってしまって、そのまま一年が立ちそうだな・・・気がつけばほかの同期達に話題かっさらわれて全に空気に まぁもともと脚元に不安しかなかっただからさっさと引退した方が彼の為だと思う
27 ななしのよっしん
2020/06/05(金) 23:03:13 ID: UPf5VdVk7x
リクリは競争成績はともかく種成績は全にロベルト系らしく息の長い活躍で終盤一発で稼ぐタイプだな
ルヴァンスレーヴダートだし見事に迷走してるからこの後どうなるかはだが エピファネイアは見事に初年度から敗の2冠を出して3冠に届かせようってだしおそらくラインは続くだろう
28 ななしのよっしん
2020/08/18(火) 06:50:06 ID: UPf5VdVk7x
ルヴァスレが急きょ引退入り・・・今この時期じゃなんもできねぇ・・・
29 ななしのよっしん
2020/12/09(水) 15:38:05 ID: hi5DInhqu9
安らかに眠ってくれ
30 ななしのよっしん
2020/12/10(木) 05:20:55 ID: rKXI1Nv6Fs
蹄葉炎か…まだ引退して一年しか経ってないのになぁ。ボリクリ自身も産駒も丈夫だったけど、蹄葉炎はどうしようもないな。安らかに
31 ななしのよっしん
2020/12/10(木) 06:34:26 ID: UPf5VdVk7x
史上一だった秋天連覇の偉業を引き継ぐが現れターフを去るのを見届けるかのように逝くとは・・・
福をお祈りいたします
32 ななしのよっしん
2020/12/11(金) 12:03:41 ID: rdYSC7Fncb
三冠獲って後継種の見通しが立ったタイミングで、って感じだなあ……

おすすめトレンド

最新の話題で記事を新しくしてみませんか?

ちらし寿司 ドラゴン桜 雛祭り NTT 清水佐紀 福原愛 桃の節句 菅谷政子