シン・ウルトラマン単語

シンウルトラマン
3.7千文字の記事
  • 36
  • 0pt
掲示板へ

想と浪漫

そして、

友情

シン・ウルトラマンとは、2022年5月13日開の日本映画作品である。

概要

2019年8月1日に正式発表された、現在テレビ放送などで展開中の「ウルトラシリーズ」とは別ライン映画作品。

シン・ゴジラ」で話題となった庵野秀明企画・脚本を担当。監督作品ではないので注意野といえばかつて同人作品として「帰ってきたウルトラマン マットアロー1号発進命」を作ってしまった事で有名だが、その野が公式ウルトラマン映画制作することになったスタッフ監督樋口嗣、音楽鷺巣詩郎が担当するなど「シン・ゴジラ」とも共通するスタッフが名を連ねている。ほか、円谷プロダクション東宝カラーの三社が共同制作という体制を取っている。その為、他ウルトラシリーズ同様にULTRAMANブランドロゴタイトル上部に表記されている。

2021年開をして制作されていたが、新型コロナウイルスの流行により制作スケジュールを変更した都合で開日が2022年5月13日に延期となった。作中に登場するウルトラマン怪獣の関連グッズは予定通り2021年頃から発売を開始している。

2022年11月18日からAmazon Prime Videoにて独占配信開始。

ウルトラマンのデザイン

本作に登場するウルトラマンデザイン2019年12月14日に初開された。

シンウルトラマン

ウルトラマンデザインを担当した成田亨氏が初期に考案したデザイン底的に再現した結果、現代に続くヒーロー然としたデザインというよりもどこか不気味な雰囲気を備えたウルトラマンが誕生した。

本作のウルトラマンデザインについて、野氏は以下のコメントを残している。

成田亨氏の描いた『真実正義と美の化身』を観た間に感じた「この美しさを何とか映像に出来ないか」という想いが、今作のデザインコンセプトの原点でした。

々が『ウルトラマン』というエポックな作品を今一度現代で描く際に、ウルトラマン自身の姿をどう描くのか。その問題の答えは、自ずと決まっていました。
それは、成田亨氏のした本来の姿を描く。現在CGでしか描けない、成田氏が望んでいたテイスト再現す事です。世界観を現代に再構築する事は挑戦出来てもあの姿をめる必要を感じ得ず、成田亨佐々木明両氏の創作したオリジナルへの回帰しか、々のめるデザインコンセプトを見出せませんでした。

その為に―――

真実正義と美の化身』と成田氏が当時から後年にかけて描いていた様々なウルトラマンイメージを踏襲し融合し再構成させた新たな体表のライン
成田氏が監修した、佐々木明氏制作によるマスク
成田氏が望んだ、古谷敏氏の体データベースとした体
成田氏が望まなかった、眼の部分に覗きを入れない。
成田氏が望まなかった、スーツ着脱用ファスナーに伴う背鰭を付けない。
そして、成田氏が望まなかった、カラータイマーを付けない。

と、いう作業を行った結果が今回のデザインです。
ウルトラマンの美しさに、少しでも近づきたいという願いから生まれた姿です。

この想いが、わずかでも観客の皆様に伝わる事が出来れば、幸いです。

ストーリー

次々と巨大不明生物禍威獣(カイジュウ)】があらわれ、その存在が日常となった日本
通常兵器は全く役に立たず、限界を迎える日本政府は、禍威獣対策のスペシャリストを集結し、
禍威獣特設対策室専従班】通称【禍特対(カトクタイ)】を設立。

班長・田村君男(西島秀俊)
作戦立案担当官・神永新二(斎藤工)
非粒子物理学者・明久(有)
汎用生物学者・由美(早見あかり)
が選ばれ、任務に当たっていた。

禍威獣危機がせまる中、大気圏外から突如あらわれた銀色巨人
禍特対には、巨人対策のために
分析官・浅見子(長澤まさみ)
が新たに配属され、永とバディを組むことに。

浅見による報告書に書かれていたのは・・・
ウルトラマン(仮称)、正体不明】。

公式サイトSTORY』より引用

登場禍威獣・外星人

今までのウルトラシリーズにおける怪獣宇宙人は本作ではそれぞれ禍威獣』『外人』と呼称される。ウルトラマンも外人である。

本作に禍威獣・外人は以下の通り。

禍威獣

外星人

ネタバレ注意 この項は、下記に本作のネタバレを含んでいます。
未鑑賞の方はご注意ください。(要スクロール

外星人

天体制圧用最終兵器

キャスト

スタッフ

主題歌

M八七えむ・はちじゅうなな)」
歌:米津玄師

反響

関連動画

関連静画

関連商品

Amazon Prime Video

CD

書籍

フィギュア

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 36
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シン・ウルトラマン

2215 ななしのよっしん
2023/01/27(金) 22:10:12 ID: /iYw6LsCXe
>>2208>>2209
ウルトラシリーズマンガアニメゲームなどでネタにされるほど有名なのに
知識が昭和で止まっているどころか間違った認識が今だ信じられているからなあ

まあ、U-40やO-50とか知らない人は多いだろうなあ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2216 ななしのよっしん
2023/01/28(土) 11:11:58 ID: bHt7Rs/eyx
シンゴジの焼き直しみたいに言われるけど、監督が最良のコンディションで作品のテーマや自分が伝えたいこと(エヴァで一度破綻したこと)に実に向き合ってホン書いたシンウルの方が好きだなあ。
👍
高評価
0
👎
低評価
1
2217 ななしのよっしん
2023/01/28(土) 11:18:03 ID: ERHZRxX88v
言われてるか?>シンゴジの焼き直し
👍
高評価
4
👎
低評価
0
2218 ななしのよっしん
2023/01/29(日) 02:31:00 ID: gJ8+mqSCIi
ゾフィーゼットンを使って地球を滅ぼしに来たウルトラマン故郷は地球の敵だと広めてどうしたいんだよ
👍
高評価
0
👎
低評価
1
2219 ななしのよっしん
2023/01/29(日) 16:08:22 ID: iKQmEZ8B6w
しかしあそこまで進んだ文明ならもう少し他種族にも道徳的になっていいと思うんだがなぁ
メフィラスザラブはまあ敵だから仕方ないとして本来は善玉のはずの倫理レベルが人類と大して変わらんって結構恐ろしい世界だね
👍
高評価
0
👎
低評価
2
2220 ななしのよっしん
2023/01/29(日) 16:19:21 ID: 46B3nMoABD
道徳禍威獣(先兵兵器)が止められたらそうなってんじゃね?
実際はスぺシウム線で武行使なんだし
その最上位がゼットンなわけで宇宙も結局弱肉強食
👍
高評価
2
👎
低評価
0
2221 ななしのよっしん
2023/01/29(日) 21:20:38 ID: /iYw6LsCXe
ゾーフィの場合は宇宙の秩序を守るためであって、地球だけ見ている地球人とは俯瞰している範囲が違う
どちらかと言えば、ウルトラマンジャスティスが協していたデラシオンに考えが近い

そもそも原点であるウルトラマンだって地球を守るためにやってきたわけじゃない
だから考え方が根本的に違う
👍
高評価
1
👎
低評価
0
2222 ななしのよっしん
2023/01/30(月) 19:58:33 ID: DEEiIrSYO9
そもそも「道徳」の観念が曖昧だというのは置いておくとして、科学的に高度に発達した文明が道徳的にも発達しているだろうかというのはSFテーマとしてはまあまあありがちだけど面

昔のSFだと科学的には発達しているけど感情を失った文明というのがよく出てきて、だいたい共産主義メタファーだったりするんだけど、利他義や自己犠牲にまったく価値を認めない文明が果たして高度に発達できるのかという思考実験が…まあウルトラマンでやることではないな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2223 ななしのよっしん
2023/01/30(月) 22:56:28 ID: /iYw6LsCXe
>>2222
O-50という道徳より悪徳が支配してる世界が存在している
利他義や自己犠牲を是とする善人はまず生きるのが困難

この世界ではウルトラマンを手に入れた者が善人とは限らない
その中でウルトラマンオーブは例外
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2224 ななしのよっしん
2023/01/30(月) 23:07:36 ID: cx3ig5vgN8
生命とはなんだ?君の宇宙は分かりにくい
👍
高評価
0
👎
低評価
0