ジェイド単語

ジェイド
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ジェイドとは、

  1. (英) ヒスイ
  2. テイルズオブジアビス」の登場キャラクタージェイド・カーティス
  3. 漫画キン肉マンII世」の登場キャラクター。本項で説明。
  4. 本田技研工業がかつて製造、販売していたオートバイの名称。CBR250RRから流用した4st250cc冷直列4気筒エンジン搭載。後継種はホーネット

VSヘル・イクスパンションズ

概要

アニメ版の声優野島健児

ドイツ出身。伝説ブロッケンJr.師匠に持つ。新世代正義超人の一人であり、ヘラクレスファクトリー二期生。同期にはスカーフェイスクリオネマン、デッド・シグナルなどがいる。

幼少の頃、孤児として育った経験を持つ。親を知らないジェイドは、周りから厄介者扱いされていたが、優しい人間の老夫婦に拾われ、が子同然に育てられていた。しかし、ある日ゴロツキによって老夫婦が惨殺されてしまい、再び孤児となってしまう。パワーを正しいことに使うためにブロッケンJr.の下で訓練を積み、その後ヘラクレスファクトリーに入学する。

ブロッケンのことは「師匠レイラァ)」と呼んで尊敬しており、ジェイドと出会うまで自堕落な生活を送っていたブロッケンもジェイドの成長を生きがいとしており、師は固い信頼関係で結ばれている。二人の関係は、キン肉万太郎テリー・ザ・キッドケビンマスクといった伝説人の息子たちが偉大な父親との関係に問題を抱えていたのとは対照的に描かれている。

外見では深い緑色装で自転車競技に使用するようなヘルメットを装着している。軍帽にしなかったのはブロッケン一族の血族ではないことを表現したかったのだろう。Vジャンプ版のみの設定であるが、ジェイドのヘルメットは、後部が伸縮自在になっており、武器として使用することもできる。また、ブロッケン一族のである「ドクロの紋章」を首飾りとして大切に身に付けている。なお、師匠と違ってジェイドは生まれながらの人であるため、紋章が体から離れても人間に戻るといった変化はない。

師匠ブロッケンJr.と同様に女性人気の高いキャラクターであり、公式にも新世代人No.1のイケメンと紹介されている。オリンピック編の頃には、ヒロインである二階堂凛子から想いを寄せられていた(後にカオス・アヴェニール乗り換えてしまうが)。その反面、初登場以降の戦績は思わしくなく、かませ犬的な扱いを受けていたことは否めない。加えて、右腕を切断されたり、を削り取られるなど毎回凄惨なやられ方をすることで知られている。な熱血の好青年ではあるが、メンタル面の弱さが大きな欠点となっており、を忘れたり、動揺したり、甘さが出たところを付け込まれやすい。

プロフィール

戦績

H・F一期生・二期生入れ替え戦編

ヘラクレスファクトリーの2期生として登場し、地球での任務を忘れて遊びほうけるTeam-AHOことキン肉万太郎たち1期生と地球駐屯人の座を賭けた入れ替え戦をおこなうことになる。ちなみに、H・F時代のジェイドは卒業試験でバッファローマンを5分ジャストで倒している。

Aブロック1回戦でガゼルマンと対戦。鍛錬を怠っていたガゼルマンのスタミナ切れを誘い優位に立つも、ドクロの紋章を馬鹿にされたことで激怒ベルリンガゼルマンの胸を切り裂き、KOする。
次の試合ですでに戦闘不能となったテリー・ザ・キッドに対し執拗に攻撃する同じ二期生のスカーフェイスと対立。準決勝で対戦する両者に因縁が生まれる。
準決勝前の記者会見の場にブロッケンJr.が姿を見せ、2人の師関係がになる。

準決勝はスカーフェイスの意向によって「コンクリートデスマッチ」で対戦することになり、かつてラーメンマンに敗れたトラウマを持つブロッケンはセコンドとして示が出せなくなる。精神攻撃を受けたうえ、体格とパワーで上回るスカーに圧倒されてしまう。トラウマから立ち直ったブロッケンアドバイスによって盛り返すが、またもスカーの策略によってブロッケンへの不信感を植え付けられ精的に動揺。「狂乱の仮面」を装着したスカーの残虐ファイトの犠牲となり右腕を無惨に切断され、最後は「アルティメットスカー・バスター」によってKOされてしまう。

決勝ではあれだけ酷いに遭わされながらも、スカーのことを正義超人と信じて健気に応援していた。

超人オリンピック ザ・レザレクション編

1シリーズ出番がない間に右腕は元に戻ったようで、オリンピック ザ・レザレクションのドイツ予選を戦い、ベルリンによってホフマンを倒し、ドイツ代表として出場することになる。
予選では、第3次競技「ビーチフラッグスでイエイ!」でキッド、バアロノスと同じ組になり、一時的にキッドと共闘してバアロノスを撃退。その後キッドが溺れている子供の救助に向かい失格となったため、勝ち抜く。最終競技の「二人三脚でZEIZEI!」では二階堂凛子パートナーにし突破している。

本戦にはシード権を得たことで2回戦から出場し、ブラジル代表のヒカルドと対戦。試合中にヒカルドオーバーボディが剥がれ悪行人出身という正体を現すと、残虐ファイトの前に劣勢を強いられる。ヒカルドに「甘ちゃん」と言われたことで激怒し、ブロッケンアドバイスを拒否してしまうという精的な脆さがまたも出てしまうと、関節技によって戦闘不能に追い込まれる。見かねた凛子タオルを投げ入れたことでTKO負けが確定するが、技を解かなかったヒカルドのトーチャー・スラッシュを喰らってしまい瀕死の重傷を負う。救急車で運ばれる際に駆け寄った万太郎友情で結ばれ、その様子を見ていたブロッケン子の独り立ちを確信し、ジェイドの元を去っていく。

悪魔の種子編

キッドたちと共に与那国島に出現したジェネラルパラストに向かうが、悪行人に在籍したことがないためバリアを通過することができなかった。

万太郎の戦いを見届けた後、北海道の五稜へ向かいバリアフリーマンのセコンドを務めることに。最初は、スケベで不バリアフリーマンに怒っていたが、彼の意を知ったことでセコンドとしてサポートする。

その後仲間たちと合流し、万太郎と喧別れしたケビンマスクを追うが発見することはできなかった。

究極の超人タッグ編

体が消滅する危機に直面したケビンマスク救出のために20世紀へタイムワープすることとなり、孤独も悲しむ人はいないということで自ら危険なミッションに志願する。20世紀の世界で若き日のブロッケンと対面するが、他の伝説人と同じく突如現れた新世代人を信用せず、突き飛ばされる。

救出作戦失敗したことで、究極のタッグが開催されることになり、ジェイドはH・Fの同期であるスカーフェイスとのタッグチームスーパートリニティーズ」として出場することになる。だが、純ケビン救出の使命を第一に考えるジェイドに対し、スカーはコンプリートバルブの魅に取りつかれてしまい、トロフィ奪取への野望に気持ちが傾き始めていた。

自分たちの試合が始まる直前に急きょリザーブマッチが開催されることになり、ブロッケンジェロニモのテガタナーズが全ての元凶である時間タッグ世界五大厄と戦うことになる。徐々に悪行人時代に戻りつつあったスカーの隣で若き日のブロッケンの戦いぶりが見れることに胸を躍らせていたが、テガタナーズは敗れ、ブロッケンは右腕を切断されてしまう。ジェイドが「師匠レイラァ)」と呼んだことでジェイドが未来からやって来た自分の子だと悟ったブロッケンは、薄れる意識の中でジェイドと言葉を交わすと、くなったはずの右腕でジェイドと握手をする。

ようやく始まった1回戦第4試合でスーパートリニティーズはヘル・イクスパンションズ(ネプチューンマンセイウチン)と対戦。ブロッケンの想いを受け気合い十分のジェイドだったが、すっかり悪行人時代に戻ったスカーと不協和音を起こしてしまう。かつての優しい姿をダブらせてセイウチンへの攻撃をためらってしまったことに加え、ブロッケンが右腕を失った影ベルリンが打てなくなったことが発覚する。ついにはスカーに踏みつけられたままタッチされた挙句、パートナーとして見限られるという屈辱を味わう。これでもかというばかりに精ダメージを受けてばかりの惨めなジェイドだったが、変された歴史の中で隻腕となったブロッケンから新しい必殺技を伝授された記憶が浮かび上がる。ピンチに陥ったスカーを救出するためにリングに入ると、新必殺技ブロッケンの帰還」をセイウチンに炸裂させる。復活したジェイドの摯な説得もあってスカーも正義の心を取り戻し、空中分解していたタッグ復活する。ところが、セイウチンの擬態によって騙される甘さが出てしまい、マスクジ・エンドによって失明させられる。ヘル・イクスパンションズのオプティカル・ファイバークロスボンバーによって絶体絶命ピンチに陥り、身代わりとなったスカーが顔の皮を剥がされ、1人になってしまう。心ので放ったブロッケンの帰還もネプチューンマンを倒せず、オプティカル・ファイバークロスボンバーを喰らって敗れてしまう。もっとも、セイウチンの心の動揺が原因で顔の皮を剥がされるのだけは免れ、ヘルメットが飛ばされるのみとなった。

試合後病院送りとなるが、準決勝第1試合でマッスルブラザーズ・ヌーボーの応援のため会場に姿を見せる。さらに、カオス死亡した後、ピラリア花粉が起こした奇跡によって両の視回復キッドスカーと共に万太郎マッスル・スパーク会得のための特訓に付き合う。

Vジャンプ連載版

H・Fの2期生として登場するが、d.M.pによって洗脳された改造人となり、本編では実現しなかった万太郎との対決おでん3階コンニャクリングで実現する。本編べてヘルメットを使ったギミック系の技が多かったが、本当は万太郎と戦うために洗脳されたフリをしていた。正気に戻るよう説得しようとした洗脳が解けた他の二期生の2人を攻撃する場面もあったが、急所は外していた。試合は正々堂々とした熱戦となり、キン肉バスターを破る活躍を見せるが、マッスル・ミレニアムによって倒される。

人一等祭にはドイツ代表として出場するが、予選落ちとなる。

主な必殺技

シングル技

ベルリン
師匠ブロッケンJr.より受け継がれたブロッケン一族代々に伝わる必殺技。ジェイドもフェーバリット・ホールドとして用している。師匠のものと同じく右手から放たれる鋭い手によって相手を切り裂く技だが、ジェイドの場合は闘気によって炎が噴出されるようになっており、熱で物質を溶かすこともできる。
炎の噴出は、当初ジェイド特有のものかと思われたが、究極のタッグ編でブロッケンが使用する際にも右手から炎が噴出するようになっていた。
ビーフケーク・ハマー
ベルリンに次ぐジェイドの得意技。相手の片足を上げさせた状態のまま背後から両腕を掴んでクロスさせ、相手が受け身を取れない状態で放つスープレックス
胴倒しかかと落とし
ジャンプして中で体を横に倒した状態から放つ強なかかと落とし。
ヘルム・シュヴァン
Vジャンプ版でのみ使用。ヘルメットの後ろに伸びた部分がさらに長くなり、相手を刺しにする。
ヘルム・ギロチンドライバー
ヘルム・シュヴァンツの状態からヘルメットを相手の首に当ててキャンバス叩きつける。これもVジャンプ版のみの技。
バズソー・シルト
Vジャンプ版のみの技。アームカバーに仕込まれた物を仕込んだクライス・シルト」を回転させ相手を切り裂く。
ブロッケンの帰還
時間人に右腕を切り落とされたことで歴史変され、ベルリンが使えなくなったブロッケンが新たに編み出した、ジェイドに伝授した技。右肩を軸としてコーナーポストを旋回し、その勢いを活かし片足首を掴んだまま高速回転、掴んだ足をへと変化させ相手を切り裂く荒技。
ベルと同様に左脚から炎が噴出する。
隻腕であることが利点の技らしく、ジェイドは仕様の際に右腕をあいて封印している。

タッグ技

レッドレイン・テイル
スーパートリニティーズ必殺のツープラトン技。スカーフェイスのスワロー・テールにジェイドがベルリンによって噴出させた炎によって点火し、相手を切り裂く技。ビルをっ二つに両断してしまうほどの破壊がある。
ヘル・イクスパンションズ戦では、ジェイドがベルリンを使えなくなっていたため、ブロッケンの帰還による炎で点火している。

タッグパートナー

キャラクターソング

ジェイド!
歌 - 野島健児(ジェイド) / 作詞作曲 - 田マコト / 編曲演奏 - 田マコトとザ・パーマネンツ

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジェイド

6 ななしのよっしん
2014/06/30(月) 20:08:23 ID: 0Mtq1h0vfz
強者オーラを全開に漂わせながらもぜんっぜん活躍しなかったよなw
キャラデザ二世でも一二を争うほど秀逸なのにな
7 ななしのよっしん
2018/11/10(土) 18:07:52 ID: NTq/YRwPMZ
個人的にブロッケンの帰還は結構好き
歴史が変わって技が使えなくなるってのは予想出来たけど、それが新技の登場に繋がるって意外性が
8 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 01:06:40 ID: depcei80pu
キン一族・ロビン一族→オリンピック優勝を争う
ブロッケン一族→大体本選初戦敗退
テリー一族→そもそも本選にすら行けない
9 ななしのよっしん
2019/12/30(月) 05:07:28 ID: Hwic7vKoxC
賛否分かれるVジャンプ版の技はそれなりに好き、
腕から出したりヘルメット伸ばしたりよー分からん感じだけど。
10 ななしのよっしん
2020/04/08(水) 16:47:36 ID: +BteppmV4v
ポジション的にはブロッケンというよりはウォーズマンに近いよなジェイド
11 ななしのよっしん
2020/06/02(火) 20:24:44 ID: wDbKunoOIM
FF2に出るダンジョンの名前で、パンデモニウムへ通じる通路。
マス分のが入口となっている。
12 ななしのよっしん
2020/08/03(月) 21:59:58 ID: depcei80pu
>>10
世の純正義超人の中では超人強度一番高いしオリンピック優勝補だったしな
13 ななしのよっしん
2020/08/15(土) 06:25:01 ID: Hwic7vKoxC
普通にいい人なんだけどそれで損してるなぁって感じ。
ガゼルマン罵ってたときが全盛期
14 ななしのよっしん
2021/03/02(火) 00:01:49 ID: 2ssdhy/zf4
ジェイド」といったら、曖昧さ回避以外にも結構な数の用例があるし、
記事名を「ジェイド(キン肉マン)」に変更した上で、曖昧さ回避独立化させた方が良いのでは?
15 ななしのよっしん
2021/03/02(火) 18:28:16 ID: jGSSahgoX5
>>14に同意

2世キャラよりもFF2の方が歴史が古いからな。