ジェノアス単語

ジェノアス

ジェノアス(形式番号:RGE-B790)とは、アニメ機動戦士ガンダムAGE」に登場するモビルスーツMS)・モビルセキュリティロボット)である。

概要

A.G.(アドバンスドジェネレーション世界地球連邦軍が制式採用している量産型モビルセキュリティ(警備を的としたモビルスーツのカデゴリ)。A.G.史上連邦軍で初めて配備された戦闘モビルスーツとして扱われることも多い。「機動戦士ガンダム」のジムや「機動新世紀ガンダムX」のドートレス、「機動戦士ガンダムSEED」のストライクダガー等の流れを受け継ぐ、いわゆる「やられ役地球量産機」(とはいうもののアニメ本編に関して言えば、同じ連邦の機体であるシャルドールや後継のアデルクランシェ較すると、最も撃墜されている描写が少ないのだが)である。シンプルな機体構造と系統のカラーリングパイロットスーツを思わせるバイザーが特徴。バイザー内部には一つが配置されており、14、15話では内部メカを見ることができる。

アンノウン・エネミーUE)」の出現にあわせて、モビルスタンダード(作業用モビルスーツ)であるデスペラードを元に開発され、量産、配備された。制式採用されているとはいえ、「の杯条約」により兵器棄と技術封印が行われた後に作られた兵器なので性は高いとはいえず、14年間もUEに対しては辛めさせられ続けていた。

武装は車両破壊用のを対MS用に修した「ビームスプレーガン」と対MS用に修した近接戦闘用の「ヒートスティック」の二種類を標準装備としているが、いずれもUEに致命傷を与えることはわなかった。また、HGジェノアスにはヒートスティックと差し替えで使うビームサーベルが付属しているが、こちらは本編未登場である。

A.G.123年あたりから後継機「ジェノアスII」が登場。後述のドッズガンやビームサーベルを装備した本機と混成で運用され続けたが、ジェノアスIIが普及するにつれ性が対UE戦に不十分な本機は姿を消していくようになり、A.G.140年あたりでは全に退役している。

数々のカスタム機や色違いなどが存在する。

バリエーション

ジェノアス(ラーガン機)
ディーヴァのパイロットラーガン・ドレイスが駆るジェノアス。待ち伏せされた機体としてその筋には有名。
ファーデーンに駐留していたとき同艦のメカニックバルガス・ダイソンにより装甲の強化が行われた(外見上に立った変化はない)。非力ながらもバクト相手に時間稼ぎをしたりと活躍している。対ストラー艦隊戦からは量産型ドッズラフルであるドッズガンを装備、ついにUEを倒せるようになり、ディーヴァのエースの一人として活躍した。
ラーガンは「(こいつも)まだまだやれるさ」と本機への着を口にしている。戦となったコウモリ退治戦役も最後まで戦い抜いた。
RGE-B790CW ジェノアスカスタム
」の異名を取るウルフ・エニアクル専用にモビルスーツ鍛冶ムクレド・マッドーナカスタマイズしたジェノアス。スラスターの増設、ツインアイ化、アンテナの大化などのより戦闘用に適した設計変更をしたり、ウルフにあわせて機動性重視のチューンが施されており、専用兵装として銃剣つきのビームスプレーガンIIIB」を装備する。
この機体を持ってしてもUEを倒すのに性が足りなかったため、Gエグゼス登場以降はマッドーナ工房に引き取られ、フェードアウトしていったが、後の連邦モビルスーツの礎を築いたこの機体も評価に値する。
ジェノアスカスタム・ナハト
ゲームユニバースアクセル/コズミックドライブ」で登場。パスワードで設計図を入手できる。
ウルフのジェノアスカスタムをさらにカスタマイズしたMS。その性は制式量産タイプであるジェノアスIIの上を行くほど。カラーリング藍色ウルフがこの機体を見たらどう思うのだろうか・・・。
RGE-B790CF ジェノアスフォックスカスタム
連邦軍のエースパイロットフォックス専用にモビルスーツ鍛冶ムクレド・マッドーナカスタマイズしたジェノアス。重武装化が図られており、両腕に装備した巨大バズーカフォックスビーム」は絶大な破壊を誇り、仮にUEの装甲を貫けなくても相当な衝撃を与えることが可である。機動を補うべく、脚部はホバーとなっている。
EXA-LOG』で詳細が明らかになった機体だが、実はアニメにもほんの少し登場している。
ジェノアス(地球連邦軍第8宇宙艦隊カラー
トラー・グアバラン中佐率いる地球連邦軍第8宇宙艦隊特別分遣隊のジェノアス。カラーリングが施されているが、性、武装は通常のジェノアスと同じと思われる。モブ兵が搭乗してた機体とはいえガンダムの攻撃を回避するなど、なかなかの動きを見せた。
コテツジェノアス
外伝作品「機動戦士ガンダムAGE トレジャースター」に登場するコテツ・サカイ専用の魔改造ジェノアス。UEの装甲にダメージを与えるほどの威を持つ火器や隠し腕「アシュラアーム」を4本搭載しており、全ての隠し腕を展開し、重装備して一斉射撃する必殺技「全弾丸撃ち尽くし(ぜんぶのせ)」を使う。
ジェノアス・テリオ
ゲームユニバースアクセル/コズミックドライブ」で登場するチューンナップされたジェノアス。外見こそジェノアスそのものだが、性は第二世モビルスーツと同等となかなかの高性機。第二世の各地のMSファクトリーで販売されており、較的簡単に調達できる。カラーリングバイザーを備え、かなり々しい外見をしている。
ジェノアス・カロ
ゲームユニバースアクセル/コズミックドライブ」で登場するジェノアス。ゲーム内シミュレーター「MSG」でのみ登場する。カラーリングアデルマークII(陸戦)と同様の深緑プレイヤー側で使用することはできない。
ジェノアス(訓練機)
アーケードゲームゲイジンバトルベース」(稼働終了)で登場するジェノアスの訓練機。黄色カラーリングをしている。

ジェノアスII

ジェノアスII(形式番号:RGE-B890)は、アセム編(A.G.140)における地球連邦軍の量産機であり、ジェノアスの後継機でもある。

機体の外見はマッドーナ工房修を施したジェノアスカスタムと同一で、同機を参考に開発・量産された。機体カラーはジェノアスと同様のカラーリングが基本となっているが、バイザーはジェノアスカスタムと同様のカラーとなっている。本機を含めてアセム編連邦MSの装甲はAGE-1並に強化されており、ヴェイガンMSビームバルカンなどを防げる様になっている。

武装はドッズラフルの簡易量産型ではあるが、初期の本家にも劣らない威を持つドッズガンと、近接戦闘用のビームサーベルを標準装備としている。上記のように装甲材やフレーム材、武装、そしてジェネレーターやスラスター、電子機器、センサーなどにAGE-1の技術が投入されており、性はかつてのジェノアスとはべ物にならない位に強化されており、ヴェイガンMSとも渡り合える。

信頼性も高く、ガンダムAGE-1の量産仕様である後継機「アデル」に更新される中で長くパイロットされた。特に、先代ジェノアスで腕を慣らしたMSパイロット用されたといわれてる。運用そのものはA.G.123年時点ですでに確認されており、息の長い機体。実はジェノアスの基本設計自体はすでに初代の時点でヴェイガンMSに勝るとも劣らない完成度であり、容易に修が可なように設計されていたので様々なバリエーションを生み出していき、後世においてり継がれる傑作機となった。

16話(アセム編第1話)ではコロニー・トルディアに配備されている機体がシャルドール2機を従え、ヴェイガンを迎撃するべく出撃。僚機を失い自身も中破するが、AGEモブ正規兵らしく文字通り転んでもただでは起きないアシストを決め、加勢に入ったガンダム勝利に貢献している。

第三部、第四部では後継機種の普及もあり一線を退いたが、ごく少数ではあるものの運用が確認されている。また、戦艦ディーヴァのMSパイロットオブライト・ローレインはジェノアスIIに強いこだわりを持ち、修を重ねながら運用を続けていた。大気圏内では高い飛行機を持つ連邦機「クランシェ」に追随するため、サブフライトシステムウェイボード」を併用するケースも多い。

バリエーション

ジェノアスII(ディーヴァカラー
戦艦ディーヴァで運用されているジェノアスII。青色のディーヴァカラーが施されており、同艦のMS隊員オブライト・ローレインが搭乗する実質的な彼専用機である。
ジェノアスII(ラーガン機)
外伝作品「機動戦士ガンダムAGE 〜追憶のシド〜」に登場するベテランパイロットであるラーガン・ドレイスが駆るジェノアスII。
外見は普通のジェノアスIIと変わらないが、ラーガンが乗ることにより高い戦闘力を発揮し、主人公であるウィービック・ランブロの駆るGサイフォスを圧倒した。秘技「マスターズ・ステップ」で軽やかに、しかし正確にシドの攻撃をよける様は量産機の動きじゃない!?と言わしめた。
ジェノアスII・イオ
ゲームユニバースアクセル/コズミックドライブ」で登場するジェノアスII。ジェノアス・カロ同様MSGでのみ登場する機体で使用不可。どこぞのシャア専用機みたいなカラーリングをしている。
ジェノアスOカスタム
キオ編以降に登場するジェノアスIIのオブライト専用カスタム機。ジェノアスIIを連邦軍が持つ最新技術で全面修した結果、凄まじい性になっており、アデルすらぐと言われている。装備自体もクランシェが用いていた新ドッズラフルビームサーベルを旧モビルスーツ用に修したのを用いている。
ジェノアスII自体はほぼ全機退役しており、アデルクランシェの今、前線で活躍する数少ないジェノアスの一機。乗り続けている理由は今は亡きする人が影しているとも。
三世代編OPではガンダムの切り替わりと共に時代の変遷を表す演出があるが、地味に格納庫の機体も変わっており、ガンダムAGE-3と映っているのがこの機体。ジェノアスもまた、ガンダムとともに進化ヴェイガンとの最終決戦まで戦い抜いた機体であり、この演出は進化するジェノアス」などと言われることも。
クランシェに乗るジョナサンデレクをフォローしながら活躍する様はまさにいぶし銀。ラ・グラミス攻防戦ではヴェイガンの特機二機相手に互の活躍を見せたが…

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8E%E3%82%A2%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジェノアス

77 ななしのよっしん
2015/01/10(土) 07:49:15 ID: 0JpY/SVId1
>>75
14年間、ガフラン相手に苦戦を強いられるジェノアスの話があれば面そうだな。それこそアルドノア・ゼロ絶望的な戦いみたいになりそうだ。
初期の頃のジェノアスはどんな感じだったのか気になるね。武装はビームスプレーガンやヒートスティックじゃなくて、マシンガンナイフあたりでも持ってたのかな。
78 ななしのよっしん
2015/04/08(水) 23:02:22 ID: B6JNaoT2A9
やられ役』というよりも『役が助けに来るまで痛めつけられる役』って扱いだったよな
79 ななしのよっしん
2015/07/05(日) 23:03:23 ID: 7cVLo2KSz9
個人的には「EXA VS」でのテミス搭乗機は結果的にフリットの殺を防ぐという結構大きな役割も果たしていたんじゃないかと思う
ジェノアスAGE-1の2機をまとめて破壊しようとしたから横一文字に両断されたわけでもしAGE-1単機だったら確実にフリットを殺するために縦に一両断されたんじゃないかと思う
80 ななしのよっしん
2015/08/30(日) 11:37:10 ID: uQHNw0cSu7
AGE1がアスの個人所有MSだから旧式にもかかわらず近代修を受けて使用継続がされたあたり、Oカスタムオブライトさんが思い入れのあジェノアスIIを買い取って修したのかな。
81 ななしのよっしん
2015/08/30(日) 14:50:35 ID: +TE7DsjI/I
トリントン基地バイアランカスタムみたいな感じじゃないかな。旧式機体の修強化プランを提出したりとかして徐々に強化していった感じ。
23年間中尉のままなのを考えるとディーヴァに居座り続けるために昇進棒に振っているようだし。
82 ななしのよっしん
2016/03/18(金) 12:01:21 ID: TNYUlFXoQ5
個人的にガンダムシリーズで一番好きな量産機なんだよなコイツ
いかにも作業用って感じだけど乗ってみたいと思うデザインだし、オブライトさんみたいにチューニングして一緒に強くなりたいって思える機体だと思う。
83 ななしのよっしん
2016/08/28(日) 02:05:35 ID: yMx/CAK6wd
「ここまで攻撃が効かないんだったら、もう関節技を試すしかないだろうな…」とか思いながら見てた
84 ななしのよっしん
2016/11/07(月) 13:33:07 ID: GwKtOjlgC7
キオ編ロストロウランだか何だかでも頑って応戦してたな
85 ななしのよっしん
2018/04/22(日) 21:08:04 ID: GPNK3iueWV
ビルドダイバーズ冒頭にちょろっと出てたな
ビームスプレーガン装備なあたりこちらのスプレーガンはまともな威のようで
86 ななしのよっしん
2018/06/14(木) 18:55:11 ID: B6JNaoT2A9
10話で久々ジェノアス2を見れた、一言で言えば撃墜されなくてよかった