ジェンダーフリー単語

ジェンダーフリー

ジェンダーフリーとは、「男らしさ」「女らしさ」に囚われない生き方をしようという考え方である。

概要

一般的にが物質的・技術的に豊かになり、民の市民的意識も成熟してくると、女性社会進出が活発になってくる(もちろん例外もある。貧しい土地柄ゆえ性別に関係なく総出で労働するケースも存在する)。衣食住が充実し、庭における作業も化され、仕事の内容も肉体労働から知識労働へと移行して、さらに男女同権の思想が広まることにより、男女がともに肩を並べて作業することが増えていくのである。
そういった流れの中、賃等性や男性女性としての生き方などの価値観が多様化し、多くの人間が「ジェンダー(性差)」という存在を生き方の枷として意識するようになり、ジェンダーフリー思想が広まっていくとされている。

尚、ジェンダーフリーという言葉は「ジェンダーを視する」と英語圏では解釈されるので、厳密には実際の意味合いとやや異なる単となる。
事実国連日本政府公式に「ジェンダーフリー」という言葉を用いたことはない。
しかし既にそういった思想及び運動が「ジェンダーフリー」と定義されたこともあり、関連する市民団体などが用いることが多々ある。
いわば、内でのみ通用するキーワードである。厳密には、「ジェンダーバイアスフリー」「ジェンダー・イクォリティ」と呼称した方が、意味としては正しい。

影響と批判

ジェンダーフリーの考え方は今日における日本にも一定の影を与えている。
特に教育機関では日教組が積極的にこの思想を取り入れた活動を行い、男女混合のクラス名簿が作成されたり、運動会の競技も混合で行ったり、体育着が男女兼用のハーフパンツになったりと、一定の「成果」を上げている。

かしこれらの取り組みは「男女の身体的性差を考慮しないもの」「伝統的な文化を曲・破壊するもの」として保守から批判され、多くの人々の反感を買う結果にもなった。
こういった背景もあり、2ちゃんねるを始めとするネット上では、ジェンダーフリーはフェミニズムと並んで嫌悪の対となることが多い(但し全てのフェミニストがジェンダーフリーを推進しているわけではない)。 

ジェンダーレスとの違い

上記のような事例からよく誤解されがちであるが、本来ジェンダーフリーとは、「ジェンダーに拘らない」ようにしようという考え方であり、「ジェンダーを否定する」考え方ではない。
性差の否定はジェンダーフリーの精とは本来異なるもので、それはどちらかというとジェンダーレスという意味になる。

例えば、男性ジーンズを、女性スカートを着用することが多い現状があるとしたとき、ジェンダーレスの考え方に基づけば双方ともジーンズないしスカート統一するべきとされる。
一方でジェンダーフリー本来の考え方を実践するならば、男性女性ともにジーンズとスカートの両方を選ぶ権利があり、それは他者からの強制を受けないよう配慮するべきだとされる。

つまり、ジェンダーフリーとは、ジェンダーバイアスによって生き方の選択肢が狭まることを防ぎ、多様な生き方を男女双方に可にしようとする考え方であり、性差の撲滅・画一化と、それを的とした新たな制限の創造は的ではないのである。

よってネットでよく玉に挙がる「性差を考慮しない」「伝統・文化を破壊する」行為は、必ずしも「ジェンダーフリー」の精に則っているわけではないとも考えられる。

各機関の対応

ジェンダーフリーを推進する立場

戦後日本では何れの与党も男女共同参画社会の推進と同時に、ジェンダーフリーの思想に基づいた環境整備などを進めて来ている(但し一部のやり過ぎに関する批判も少なからず行っている)。しかし前述したとおり、「ジェンダーフリー」という句は極公式にて用いられないようにしている。
また、前述した日教組などのケースも含め、各NGOによる運動も活発に行われている。だがこれらの活動が時に問題を招いてきたこともまた事実であり、慎重な運用がめられるようになっている。

今後日本がより男女平等社会になるにつれ、ジェンダーフリー的社会に移行していくのは避けられない現だという摘もある。

ジェンダーフリーを批判する立場

保守政治家や知識人、及び団体がジェンダーフリーを批判することは少なからずある。例えば石原慎太郎都知事は、「男女の違いを理やり視するもの」「男女の区別なくして人としての規範はもとより、庭、社会も成り立たないのは自明の理」として厳しく批判している。

カトリックキリスト教を始めとした宗教団体から批判されることも多い。統一教会では教義的立場からそれらの活動を強く非難しており、機関世界日報においても度々攻撃的な記事を掲載している。

ノーベル平和賞を受賞したマザーテレサは、1995年の第四回北京世界女性会議に「男女の間の素晴らしい違いを否定する人たちがいるのが理解できない」 「彼らは世界に分裂と不幸をもたらし平和を破壊するだけ」「最大の世界に対する破壊である中絶にも賛同的」と、ジェンダーフリー(とフェミニズムも含むかもしれない)を批判する書簡を送ったとされる(但しこの書簡の初出も世界日報であるようで、公式機関からの発表は現在のところ未確認である)。

ただし、先述のような違いを掴み切らぬまま、ジェンダーフリーとジェンダーレスを混同している批判意見も少なからず存在する。

関連商品

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジェンダーフリー

178 ななしのよっしん
2019/02/19(火) 18:38:41 ID: UjI0ntoAt8
>>177
いやそこに突っ込むならミサンドリー男性嫌悪)よりもホモフォビア(同性愛嫌悪)の問題でしょ。
メンズリブとかマスキュリズムと呼ばれる運動が一般的にゲイ仲間と看做さないように、ウーマンリブとかフェミニズムと呼ばれる運動レズビアン仲間と看做す義理は本来い。
当たり前のように同居してたこれまでの方が異常だったのであり、だから流行らなかったと考えた方が論理的だ。
ぶっちゃけて言えばなんで女性というだけでLGBTへの理解をめられるの?それこそ女性差別ってやつじゃないの?あたし淫夢ネタで盛り上がったりしたいのに!ってのが一般女性の本音だったわけよ。

逆にLGBTがジェンダー論に与する義理もい。
カマホモ」がホモ界で死ぬほど差別されるって話が有名なように、彼らこそよりも男らしさ、女らしさをめる節さえある。衆道も耽美義もそうしてハッテン(意味深)したものだった。
例えフェミニストを黙らせてくれてもジェンダーフリーの為に働くとは到底思えないなあ。
179 ななしのよっしん
2019/02/28(木) 19:45:16 ID: PI3uuzsyzz
>いやそこに突っ込むならミサンドリー男性嫌悪)よりもホモフォビア(同性愛嫌悪)の問題でしょ。

逆だろ、ホモフォビアがフェミニズムと結びついたことによって日本ミサンドリーは形成されてるんだよ。
ミサンドリーフェミの「お前らゲイに対して抱いている恐怖と同じ恐怖を私は男性全体に対して抱いている」といった発言はまさにそれを徴している。
そもそもその「ゲイに対して抱いている恐怖」自体がヘテロ偏見に基づいていることは散々り尽くされてるんだがなあ。
それに「男性全体」というからにはその中にゲイトランス(MtF・FtM両方)も含まれているのは自明だ。
さらにチ○ポ騎士団しかりトロフィーワイフしかり、そうしたヘテロ同士の競争性がミサンドリーフェミをつけ上がらせている面もある。

>当たり前のように同居してたこれまでの方が異常だったのであり、だから流行らなかったと考えた方が論理的だ。

LGBTフェミニズムはこれまでいくつか政治的課題を共有していたことを考えれば致し方ないことではある。
女活法が成立して、フェミニズムが単独で課題解決を進められるようになって分裂の機が熟してきた訳で。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
180 ななしのよっしん
2019/02/28(木) 20:27:23 ID: PI3uuzsyzz
>「カマホモ」がホモ界で死ぬほど差別されるって話が有名なように、彼らこそよりも男らしさ、女らしさをめる節さえある。衆道も耽美義もそうしてハッテン(意味深)したものだった。
>例えフェミニストを黙らせてくれてもジェンダーフリーの為に働くとは到底思えないなあ。

このようにゲイの内部対立を持ち出してジェンダーフリーへの影を否定するのなら自分も「黙れホモウヨ」と言わざるを得ないね。
そんなこと言ったら一人一フェミニズム政治的なゼロってことになるじゃないか。実際そんなことは全くないのに。
それに、そもそもLGBTの「男らしさ・女らしさ」とジェンダー論でいう「男らしさ・女らしさ」は意味が全然違う。
LGBTでは例えばヴィレッジ・ピープルマッチョマンやトランスの「パス度」というジャーゴンに代表されるように、「男らしい/女らしい容姿」という意味合いに過ぎないが、ジェンダー論ではもう少し広い概念になっていて、
「男らしさ」=地位や資産、(ないし攻撃性)を誇示し、競い合い、時にそれらが低い男(例えばキモくて金のないオッサンと呼ばれる層)を見下し、蹴落とすこと
「女らしさ」=(その誇示性が高い男に受け入れられるため)自身の魅を高め、競い合い、その魅が低い女(例えばブスと呼ばれる層)を見下し、蹴落とすこと
という、どちらかと言うと「振る舞い」に重きをおいた意味合いで用いられている。
これを踏まえるとジェンダーフリーは「そのような競争向をやめろ」ということが本義になる。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
181 ななしのよっしん
2019/02/28(木) 20:42:05 ID: TsPDhXGeyt
ぶっちゃけメリットが感じられない、コレを推進することでどんな良い事があるの?
182 ななしのよっしん
2019/03/01(金) 00:16:21 ID: PI3uuzsyzz
>>181
メリットじゃない、「男性であること」のデメリットを最小にするためにジェンダーフリーを「再評価」すべきというのが本来の自分の立場。
確かに00年代保守政治家は「社会的にあって一利なし」という立場からジェンダーフリーに反対していたが、その10年後に女性活躍推進法を通してしまい、(おそらく不本意ながらも)女性利権日本社会下最大最強利権に押し上げてしまった。
男性側がそれに反発しようにも「男と女は 生 物 的 に 全く異なるものだ」の一言で振り払われ続けている(本来これはジェンダーフリー反対の理屈だし、それを反する論文を自分はいくつも知ってるのだが…)。
そうしている間にも女性利権はどんどん拡大を続け、男性の、いや正確に言えば「純女でない人類すべて」の、生命・尊厳・人権を本格的に脅かす存在になりかねない。
実は、人権についてはすでにそうなっている。日本はかねてから「先進国で最も男性人権が擁護されていない」として海外マスキュリストから批判されてきた。親権しかり、性犯罪からの保護しかり、果ては商業の女
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
183 ななしのよっしん
2019/04/10(水) 20:28:18 ID: nFLVuGzBQK
ジェンダーバイアスのかかった漫画は滅びればいい」。漫画家楠本まきはなぜ登場人物にこうらせたのか
https://t.co/C81f1tgQ3Yexit
ジェンダーも規制論に走るのが好きだよね
184 ななしのよっしん
2019/04/10(水) 20:34:47 ID: aSbSLJwAe3
>>183
表現が暴走した作品を描くおかしな人たちを野放しにし続けた結果だから仕方がない
185 ななしのよっしん
2019/04/15(月) 00:39:08 ID: PI3uuzsyzz
>>183-184
だがちょっと待って欲しい
その規制は「法的に」可であろうか?

00年代末の児童ポルノ法正案や東京都少年健全育成条例正案による規制計画を思い出せよ。
あれも叩き台のころはフェミニスト流やジェンダーフリー支持も賛成していたが、いざ委員会に諮られると突如として反対に回った。
当時のアンチフェミ議員や宗教の策略によって、(キスお風呂シーンはもちろんのこと)性教育の教材とかLGBT関連のメディアなども「児童ポルノ」だの「規制すべき性表現」だのに含まれる懸念が強まったからだ。マツコ・デラックスによる批判は有名になった。

女性活躍推進法も似たような末をたどってる。別にアンチフェミ政治家男性人権のことなど、一歩も顧みていない。
だから「異質等論」だの「結果等」だの唱えて、雇用数の面で女性優遇「だけ」を進めても、まったく彼らのイデオロギーに反することはなかったのだ。
当時、「男性に一般職採用が認められていないのは男性に対する性差別である」というは確かにあったし、当時のジェンダー論がそもそも、ジェンダー格差の是正に関してしていたことは、「雇用における男女同数化(=結果等)」などではなく、「女性管理職の増加」と「選挙における女性補の積極的擁立」であった。
で、この二つに関しては、当の保守政治家の猛反発があって、現在もなかなか政策として進んでいない。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
186 ななしのよっしん
2019/05/15(水) 11:57:57 ID: GxBdF1WZkP
なげえ
187 ななしのよっしん
2019/07/27(土) 23:36:48 ID: rYpb7JiD8I
一方で動画サイトクソ女共はわざわざタイトル
女性ライダーだの女性ゲーマーだの「女性チャンネル」で
あることを強調するんだよねぇ