ジギスムント2世単語

ジギスムントニセイ

ジギスムント2世とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。

概要

ゴールデンバウム朝銀河帝国第7代皇帝(在位R.C.144-159)。もとブローネ侯爵

そのの亡者ぶりによって国家を破綻させかけた「痴愚として知られる。
人呼んで「史上最悪の狂」「歴史上最大の禁治産者」とも。

その統治は、のちの暴君アウグスト2世流血のそれに対照的な「いちじるしい不正」が特徴といわれる。王創立以来1世紀半、悪評を持つ皇帝が決して存在しないわけではなかったが、政に直接関わり、国家を傾けるかたちの「暗君」は彼ジギスムント2世がその嚆矢といえるだろう。

即位まで

第4代オトフリート1世のである第6代ユリウスの長男フランツ・オットー大公の次男の息子
実質的な摂政を務めていたフランツ・オットー大公皇太子のまま75歳で薨去した後、その長男逝していたため長男の子のカール大公が皇太曾孫に立てられたが、どうやらフランツ・オットー大公の次男も逝していたらしく、長男でブローネ侯爵であったジギスムントが位継承権第二位を有する皇族となった。

そして帝国144年、ユリウスがその長寿を畏れたカール大公殺される事件が発生する。ジギスムントはそれを密告によって知るとカール閉し、自ら第7代皇帝冠を戴いた。

「史上最悪の黄金狂」

庫の富は、皇帝個人のものでなければならない。国家臣民のために皇帝が富を消費するなどありえない。それが、ジギスムント2世の考えだった。彼はとにかくを、銀河のありとあらゆる富を、自らのもとに収めようとした。

強欲に取り憑かれた銀河系の最高権者は、富を得るために政を切り売りすることを選んだ。徴税権の売買というあり得べからざる手段を選んだことを皮切りに、刑事犯の銭による贖罪を許し、さらに寵を手に入れる時は持参を、下賜するときは結納をそれぞれ要することまでした。彼には務尚書ヴァルテンベルク侯爵、財務尚書ルーベン男爵、それに軍務尚書元帥ナウガル子爵という3人の心がいたが、いずれも狂に堕ちた皇帝を諌めようとはせず、かえってそれに協して私を肥やす有り様だった。

そうまでして集めた銭を、彼は自身の奢な生活に飽くことなく消費した。具体的には「プールの底にエメラルドをしきつめ、珠をに溶かして飲」んだという。そんなに酸っぱいのが好きだったのだろうか……?
ジギスムントはそれまでの皇帝と違い死後の世界にも興味を持っていたらしく、生きている間に死後の準備を整えさせた。彼のために用意された巨大なプラチナダイヤモンド製のミラーボールのような代物であり、さらに美女像を600体鋳造させて死後の後宮としたという。始皇帝ドン引きである。まだ兵士の像のがまともでは。

こうして、フランツ・オットー大公摂政期に再建を果たして以来、一応の安定を保っていた銀河帝国庫は、わずか15年で崩壊の危機に追い込まれた。

退位

しかしジギスムントはまだ飽きたらなかった。帝国159年、彼は財産を没収しが物にしたい、というただそれだけの的で、実の罪で300人を一族係累まとめて捕らえ、死刑に処したのである。

事ここに至り、彼にはるかにまともな人物であった皇太子オトフリートはプッツンした。マジギレした。ジギスムントは荘園に閉され、第8代皇帝オトフリート2世となった皇太子はジギスムントの心を処刑し、ほか官僚商あわせて六万人に及ぶ既得権者を罰し、全財産を没収して「まともに」庫に加えた。そしてフランツ・オットー大公の時代への回帰」という一事だけに持てる全を注ぎ、在位6年にして過労死した。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%82%AE%E3%82%B9%E3%83%A0%E3%83%B3%E3%83%882%E4%B8%96

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジギスムント2世

1 ななしのよっしん
2014/06/19(木) 09:55:08 ID: WTiVqONAn/
たしか、エジプトクレオパトラが生きてる時代で、
(当時は)宝石より希少価値の高い珠を、で溶かして飲むのは最高の贅沢々って話からと思う<珠をに溶かして飲

まあ、下手したらアコガイクローン増産して、
そのアコガイから珠の高速生成の技術がありそうな時代で、
この行為に意味があるはは甚だ疑問だが。
2 ななしのよっしん
2014/06/19(木) 11:30:26 ID: JQ++GIsprQ
意味がい時代錯誤な浪費だから「愚」の表現として意味がある訳でな
3 ななしのよっしん
2014/06/20(金) 04:04:24 ID: mQ9/RcSgaE
人間で育てただとか、人間の体温で発酵させただとか
饅頭の山だとか、権者はわけのわからん浪費に走るな。

4 ななしのよっしん
2014/06/22(日) 13:43:00 ID: h/v24s9fVr
まあ贅沢品なんて、ある程度まで行けば機的には大差がなくなるわけで。
それ以上をめたらあとは「見えないところにどれだけの手間暇(というと聞こえはいいが要は駄)をつぎ込んだか」という本末転倒な話になる。
5 ななしのよっしん
2016/02/02(火) 13:31:10 ID: KL5wPIYTR0
この皇帝の愚行のツケを後の皇帝が少なくとも二代にって清算しなければならなかった点でもその罪は重い
6 ななしのよっしん
2016/11/27(日) 23:57:35 ID: BWdApC+AW9
>そして「フランツ・オットー大公の時代への回帰」という一事だけに持てる全を注ぎ、在位6年にして過労死した。
お子さん気の毒過ぎる
7 ななしのよっしん
2017/03/03(金) 21:14:14 ID: rLVJJTb2wp
を討つためにユリウス殺事件の拠をこの人の元に持ち込んだ近衛兵は、その結果としてもたらされた悪政をどう思ったのか。

自分のしたことを後悔したのか、復讐の成就以外は関心だったのか。
8 ななしのよっしん
2017/03/08(水) 20:29:04 ID: h/v24s9fVr
近衛兵のお兄さんは、そもそも生きてないんじゃないかなぁ……カール大公による皇帝暗殺自体が隠匿されてたのに、その人を生きたまま野放しにする理由がない。
(まあ、記録そのものはラインハルトの時代まで残ってたわけで、大で言いふらさなきゃ案外どうでもよかったのかもしれないが)
9 ななしのよっしん
2017/03/13(月) 18:32:36 ID: /CoP0K63h+
こいつの後がオトフリートと名君のアウグスト1世だったからゴールデンバウムは転覆しなかったんだよな。
しかし、こいつの浪費は酷いけどアウグスト1世の女のに関する思考を見ているとこいつが浪費癖の方がまだ人としての感性的には理解できるという範疇なのが不思議。
いや、浪費もほどほどになんだけど(汗)

急上昇ワード

2019/08/22(木)18時更新