ジムⅡ単語

ジムツー

ジムⅡとは、アニメ機動戦士Ζガンダム』等に登場するモビルスーツである。

概要

一年戦争期の戦闘MSジム」を近代修したMS

リニアシート・全モニターの導入、スラスター・ジェネレーター・電子機器類の刷新、センサーユニットの増設など、旧式化したジム系を戦後の技術準に近付けるべくリファインしている。ビームスプレーガンは非Eパック式のビームライフルに変更されており、火力も大きく向上している。

以上の2種だが、細分化すると実はこの限りではなかったりする。

RGM-79R(前期仕様)

ジムⅡ計画で近代修されたリニューアル機。ジム・カスタムが量産に不向きな設計の為、残存近代修がクローズアップされた。基本的に残存機からの改造組がとなっているが、新規生産機も存在する。

ベースジム前期生産。そのどれもが一から設計された機体ではない上に、元々が一年戦争時の落ち品のため、総合的なスペックではハイザックにも劣る。

AOZ』の批評だが、アナハイム社や接収したジオンMSの台頭、性と価格の費用対効果、改造の所要時間や手間を考えると、ジムⅡ計画は決して最良の手段とは言えなかったとの事(ジムⅡの採用背景に新規MS開発に消極的な連邦上層部と部品製造メーカーの癒着説も囁かれるくらいである)。

さらにジムⅡ初期リニアシートすら未導入で単なるジム改の性向上機に過ぎなかったらしい。しかし当時のジムブラッシュアップとしては最高峰の性を持っていたのは確かであり、リニアシート導入後の仕様く間に各部隊に普及した。当時としてはジムⅡ計画でも充分だったのだと思われる。

Zガンダム』のグリプス戦役期には既に旧式化し、新機に性能面で遅れを取っていた。初代から続く雑魚キャラ路線だが、このせいでジムⅡも同じを辿ることになってしまっている。
ちなみに初代ジムは、現在雑魚キャラ路線の脱却に成功しつつある。そしてジムⅡも同じようにグリプスで新規生産されたティターンズ導開発の「RGM-179」の追加設定によって、ある程度見直されつつある。

第一次ネオジオン戦争以降はRGM-86「ジムⅢ」へ順次アップデートされ、そうでない機体は一線から退いて基地防衛にしたり、もしくは退役したとも言われている。

エゥーゴカラー

塗装エゥーゴ機だが、中にはネモと同色の機体も存在する。これは当時の作画ミスから生まれた色である。しかし新訳(劇場版ゼータ)、ガンダムイボルブアナハイム・ラボラトリー・ログ等ではもう一つのエゥーゴカラーとして登場しており、公式設定となったようだ。

エゥーゴ側ではこのジムⅡの後継機も兼ねる新機「ネモ」が開発されている。

RMS-179(後期仕様)

ジムⅡのグリプス生産機。後期生産とも呼ばれる。正規部隊やティターンズ兵が搭乗した。

パーツが新造の上、T3部隊で運用された「ジム改高機動型」のデータもフィードバックされ、79Rべると高準を保っている。ちなみに調達や編成の都合上、79Rと同じく従来のジム系からのアップデート例もあったと言われるが、それらに関しては不明である。

基本的にはジムⅡのため他機に劣ると思われるが、「新規製造機としてのRMS-179」の性の低さに言及した資料はあまり見られない。『AOZ』や『プリズティック・モビルズ』では、グリプス戦役前期の基準とはいえ安定性の面で高く評価されている。漫画『機動戦士ゼータガンダム1/2』によると、「RX-78系(ハーフガンダム)よりジムⅡの方がかにマシ」との事である。

ラプラス紛争時にも一部基地の防衛用として配備されている。

ジムⅡセミ・ストライカー

ジムⅡの簡易的なジム・ストライカー仕様
セミストライカーは通称である。既存機のカスタム機であり式番号にも変更はない。

トリントン基地に配備されたジムⅡの両肩部と左前腕部に増加装甲を施し、兵戦兵器「ツインビーム・スピア」を装備している(前腕部シールドはガンダリウム合製)。

パイロットに合わせて一定の近接モーションに特化したOSの書き換えが行われ、1.8アドバンテージを実現しているが、非常に癖が強く、他のパイロットでは立ち上がることすら困難らしい。相当DEADななのだろう。

劇中ではイフリート・シュナイドと交戦し、コックピットヒートダートを喰らって撃破された。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A0ii

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジムⅡ

1 ななしのよっしん
2018/11/05(月) 11:45:42 ID: nRuu8hJN6X
>『AOZ』の批評だが、アナハイム社や接収したジオンMSの台頭、性と価格の費用対効果、改造の所要時間や手間を考えると、ジムⅡ計画は決して最良の手段とは言えなかったとの事(ジムⅡの採用背景に新規MS開発に消極的な連邦上層部と部品製造メーカーの癒着説も囁かれるくらいである)。

を潤沢にむしりとってオーバーテクノロジーな機体を使うティターンズ試験部隊は連邦軍を破産させたいと見える
絵に描いた餅とはこのことか
2 ななしのよっしん
2018/11/20(火) 02:12:22 ID: XoaEY0OAzl
>>1
しかも大元のTR計画におけるゴールからしアレだから始末に負えないんだよなぁ…
3 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 22:15:58 ID: xrLJDPSQoH
実は未だにスパロボに登場してなかったりする

急上昇ワード

2019/08/21(水)14時更新