ジャスティスマン単語

ジャスティスマン

ジャスティスマンとは、漫画アニメキン肉マン』に登場するキャラクターである。太古の昔においての人へのの裁きを逃れた人「完璧超人始祖」の一員であり、一切の隙のファイトが武器。

概要

太古の昔に人としてのを正しく使おうと唱え、元の男ザ・マン(現超人閻魔=ストロング・ザ・武道)に導かれカピリア線での全虐殺から助かった人達「完璧超人始祖」の一人。"璧・陸式(パーフェクト・シックス)の称号を持ち、「ダンベル」を所持する。

人界に伝わる神話において、ゴールドマンシルバーマン決闘を裁いた「裁きのジャスティス」として知られている人。

外見

作中モンゴルマン(又は正体のラーメンマン)にそっくりな外見としてられており、新シリーズでの初登場時もソックリな姿だった(辮髪は甲冑と秤とを繋げた鎖)が、戦闘時に本当の姿を現した。姿を変えたのはゆでたまご先生ラーメンマン人気を借りるようで嫌だったから。

本当の姿は兜のようにった頭部に血管が浮き出ている巨体。頭部にはみそのような部分が露出しており弱点のように見えるが、実際は人硬度10・ダイヤモンドパワーと同等の硬さを誇る場所である。

人物像

厳格で冷鋭利。その立ち姿は威厳溢れる。どのような危機にも慌てずに的確に対処し、対戦相手にも冷に評価を下す。感情を不安定な要素と一蹴し必要ないとしており、かつての理想の実現のために邁進している。悪魔将軍も「冷静沈着という言葉があれほど似合う男を私は他に知らぬ」「かつてのザ・マンに最も近いものかもしれん」と評している。感情に支配されている地上の人を下等人と見下しているのは他の完璧超人と変わらないが、何故下等なのかを冷静に分析している。その様はまさに裁判官といったところか。

その性格故にザ・マンが変貌し、理想が崩れている事を理解しており疑問を抱いている。かつてゴールドマンした思想を否定していたが、悪魔正義人との戦いの後に考えに理解を示し認めるようになった。

手持ちの秤で戦闘中の戦いから相手の信念などが正しいかどうかを裁判する。その裁きは容赦底しており、正確で明。秤に載せて相手を測りべる装飾品は絶対の器「ダンベル」が形を変えたものである。対戦相手は「正しかった頃のザ・マンが抱いていた理想」と較される事になるのだ。

笑いは「フフフ」。掛けとして「ハワーッ」を使う。

戦闘スタイル

特殊の類は持たず、己の鍛え上げられた身体と錬磨された技術のみで戦う正統派ファイトスタイル永遠ともいえる時間で鍛えられた体と技でどのような攻撃も防ぎ、技もあっさり攻略してしまう。奇策に対しても冷静に対処して対応し、強な蹴りを喰らっても仰け反らず、テキサス・クローバーホールドにも顔色一つ変えず、この体の強さは驚異的である。

技も手なものはいが極限まで鍛えられた技はどれも強で、どんなシンプルな技も致死的な技に化ける。ジャスティスマン自身も焦るという事がく適応が高いため、全に隙がい。

圧倒的な攻撃戦闘技術、防御、洞察どれをとっても璧であり、悪魔将軍さえも「ヤツを倒すとなるとこの私でも少々が折れるかもしれんな」と評価している。

作中での活躍

ザ・マンに導かれてカピリア線を逃れて以降は仲間たちと共に修練に励んでいた。ゴールドマンとも友好を結んでいたがその思想には理解出来なかった。裁きの日を経てゴールドマンシルバーマンは始祖の下を離れてしまう。その後ゴールドマンシルバーマン決闘を見届けている。

無量大数軍&完璧超人始祖編

魔界にてアシュラマンと対決。かつてアシュラマンの先祖に子のミロスマンが倒され腕を奪われているが、その事についてはなんとも思っていないらしい。

まさしく璧な技術と体によりミロスマンのファイトスタイルが受け継がれていたアシュラマンの攻撃を悉く効化する。一計を案じたアシュラマンが腕を全て入れ替えて今までの戦いで倒れていった悪魔人たちの腕を用いて戦うことで勢いを盛り返される。しかし、それでもジャスティスマンの強さは変わらず「璧・陸式ジャッジメント・ペナルティ」でアシュラマンの全腕・全顔を粉砕し勝利を収めた。しかし、戦闘中アシュラマンの戦いっぷりからゴールドマンめた理想を感じ取り、秤も善悪を決め兼ねていたため、動揺を深めてしまう。

正義悪魔連合と完璧超人との戦いは続き、始祖もそのどが戦死。始祖中最過激派であったガンマンまで敗死し、衝撃を受ける。

許されざる世界樹(アンフォーギブン・ユグドラシル)での戦いではテリーマンと対決。今までの戦いを顧みてテリーに対し殺す気で攻める自分に勝てれば下等人を認めてもよい、と提案する。

テリーの奇策や全身全霊の攻撃を悉く突破し、何度も立ち上がるテリーを何度も返り討ちにする。また、途中でテリーの左足が義足である事を見破るがあえて狙わず、相手をぐうの音も出ないほどに膚なきまでに倒す事を宣言している。策を練ったテリーカーフ・ブランディングも通じず、義足である左足以外を全に破壊し戦闘力を封じ、トドメの「璧・陸式ジャッジメント・ペナルティ」をブツけた。これで勝負あったと思われたが、なんとテリーは立ち上がった。なおも戦う意志を燃やし続けながら食らい付くテリーゴールドマンした理想と永遠の寿命以外でも永遠をもたらす可性を見たジャスティスマンは、「二重処罰の禁止」という法規に従い試合を放棄。自らの敗北を認めた。

関連立体

関連項目

  • 裁判

完璧・無量大数軍

完璧超人始祖

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジャスティスマン

71 ななしのよっしん
2018/10/25(木) 22:02:13 ID: jLZAaZCh/9
>>62
3階のバカから転送されました。
酷い字面だなwww
72 ななしのよっしん
2018/10/28(日) 20:02:40 ID: qnSlkY9uHk
実際に3階のバカ転送持ってるのもポイント高いなw
73 ななしのよっしん
2018/10/31(水) 09:33:59 ID: jLZAaZCh/9
グル3階のバカ転送されました。」
気付いてないけどw

さてオメガの民がザ・マンの首を取るなんて言っているけどジャスティスマンはどう出るか?
粛正の当事者でもあるし流石に傍観者ではいられず参戦するかな。
74 ななしのよっしん
2018/10/31(水) 11:31:12 ID: nOepIqLCAX
「これからの時代は若い人たちに任せて、私はもう見守るだけだ」
というのがありがちなパターンなのだが、そうはしないために立ったのだから
何か新しい気持ちで戦う場面は欲しいなあ

しかし戦う相手がサタン本人か、もしくはシングマン洗脳されたとかでもないと……
75 ななしのよっしん
2018/11/02(金) 21:44:36 ID: MrGWMhbNCL
マリキータマンサタン軍団の1人をフルボッコにしそうな予感しかしねえw
76 ななしのよっしん
2018/11/03(土) 18:05:49 ID: FV/ChmGw5T
いまさら出てこられてもなあ・・・と思ったけど一応因縁は作られたのか
でもまあオメガ軍団の標的はザ・マンであってジャスティスマンじゃないからなあ
本人が戦うことはないかな?
あ、でもザ・マンvsオメガかが戦ってる時に乱入なり別の場所で暴れるなりしようとしたサタン軍団を1人でボコす役割は残ってるのか
77 ななしのよっしん
2018/11/24(土) 18:37:09 ID: bRUE3yDagf
ジャスティス審判モンゴルマンオマージュしてほしい
作中的にはモンゴルマンのほうがオマージュしているんだろうが
さらにできれば形態の方で
78 ななしのよっしん
2018/12/15(土) 16:30:13 ID: 33DjqSW+PY
六鎗客に「ザ・マンを成敗するつもりでいる」ことを説明してあげて欲しいところ
説明したところで六鎗客の考えが変わるとも思えないが、今の相関図は読者から見てもどかしい
79 ななしのよっしん
2019/01/28(月) 18:18:27 ID: DlrnWg3e+0
こいつなんかに似てるな~って思ってたがアレ
遊戯王マスターヒュペリオンに似てるんだ
80 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 21:31:31 ID: AQ4guyPRsM
あやつのの向こう側は懲りてないのかよアイツらとオメガに向けた発言とも取れる。王位争奪戦の邪悪の醜態は快く思ってはいないだろうけど、々の粛清の狂乱の時代を知る者として下等にクソは過ぎた物と卓の粛清では一致している。
今の所はあやつが々をどう認識しているかは不明。

急上昇ワード