ジャパンダートダービー単語

ジャパンダートダービー

ジャパンダートダービーとは、大井競馬場・外回り2000mで行なわれる地方中央競馬交流の統一のJpnI競走である。
このレースの前身はスーパーダートダービーとされる。概要としてはダート版の日本ダービーということで間違いないであろう。
ダービー』と名がつくだけあって、出走条件は3歳となっている。

地方定競走を勝ち上がってきた地方競馬の代表と中央競馬の強たちが戦う3歳ダート頂上決戦であるが、近年は中央競馬ダート路線が整備されたので、ダート適正が高いJRA所属も多数出走するようになった。地方所属の逃げJRA所属ペースについていけないということも。また4コーナー回ったときには既に中央競馬勢だけの争いになっていることも多い。

南関東においては、羽田盃・東京ダービーに続く南関東三歳三冠レースの三戦に位置している。レース創設以前は、に行われていた東京王冠賞が三冠の三戦に位置づけられてたが、現在止されている。2001年トーシンブリザードが達成。トーシンブリザード羽田盃と東京ダービーの間に行われていた東京王冠賞も制したため、四冠とも称される。ちなみに1999年オリオンサンクスがこの三戦全てを制したが、東京王冠賞を落としたため三冠馬とは呼ばれない。
現行の三冠制度が確立された2002年から2014年までの間に、最初の二冠を制覇したは4頭いる(2003年・ナイキアディライト2005年シーチャリオット2011年クラーベセクレタ、2014年ハッピースプリント)ものの、三冠達成は現れていない。クラーベセクレタはロジータ以来となる南関東三冠達成なるかと期待されたが、グレープブランデーボレアス(いずれも3)の前に3着に敗れたうえに後日失格処分となってしまった。ハッピースプリント写真判定での僅差の2着に敗れて三冠を逃す結果となった。

2017年までの19回で、地方5勝、JRA14勝となっている。

ダービーWeek

6月第1週に各地の地方競馬ダービーを集中開催するイベントである。
ジャパンダートダービーの前戦に当たる。

6レースの内、東京ダービーの1・2着にはジャパンダートダービーへの優先出走権が与えられ、他の5レースの勝ちはジャパンダートダービーの出走選定にノミネートされる。

前身:スーパーダートダービー

中央・地方間の交流競走が本格的に始まった1996年、以前から地方競馬における4歳(当時の表記)最強決定戦というコンセプトで開催されてたダービーグランプリ(盛岡競馬場 2000m)が4歳ダート最強決定戦に位置づけられた。しかし、地方競馬の盟を自認し、ダービーグランプリに対して冷淡な対応を取っていた南関東にとってこの決定は面いものではなかった。そこで南関東は新たな4歳ダート最強決定戦を新設し、ダービーグランプリと並ぶ競走に位置づけることを論んだ。こうして同じ1996年に創設されたのがスーパーダートダービーである。

しかし、そんな横が通る訳もなく、翌年ダートグレード制が施行された際スーパーダートダービーに与えられた格付けはGⅡ(当時の表記)。レースの位置付けもユニコーンステークスGⅢ)からダービーグランプリ(GⅠ)に続く4歳ダート三冠の第2戦というものであった。

不満の収まらない南関東はわずか3回でスーパーダートダービーダートグレード格付けを返上。地元重賞に格下げされて名称もスーパーチャンピオンシップに変更された挙句、3年後あっさり止されてしまった。そして、代わりにの3歳ダート最強決定戦という位置づけの下、ジャパンダートダービーが創設され、現在に至っている。

ちなみにだが、本来の3歳ダート頂上決戦に位置付けられていたダービーグランプリは2007年をもって止されてしまった(地方競馬全国協会のリリースexit)。これは当時岩手競馬の経営善が急務だったという事情もあった(記事exit)。2010年に競走名自体は復活するものの、地方競馬所属のみの競走となり(中央競馬所属は不可)、1着賞も5,000万円から800万円と大幅引き下げとなった。

歴代勝ち馬

回数 開催日 勝ち 性齢 所属 勝利騎手 タイム 動画
20 2018年7月11日 ルヴァンスレーヴ 3 JRA M.デムーロ 2:05.8
第19回 2017年7月12日 ヒガシウィルウィン 3 本田正重 2:05.8 sm31557721exit_nicovideo
第18回 2016年7月14日 キョウエイギア 3 JRA 戸崎圭太 2:05.7
17 2015年7月8日 ノンコノユメ 3 JRA C.ルメール 2:05.6 sm26664678exit_nicovideo
第16回 2014年7月9日 ゼノ 3 JRA 秋山一郎 2:03.9 sm23964565exit_nicovideo
第15回 2013年7月10日 クリソライト 3 JRA 内田博幸 2:04.8 sm21323347exit_nicovideo
第14回 2012年7月11日 ハタノヴァクール 3 JRA 四位洋文 2:05.3 sm18324086exit_nicovideo
第13回 2011年7月13日 グレープブランデー 3 JRA 横山典弘 2:04.9 sm15013170exit_nicovideo
第12回 2010年7月14日 マグニフィカ 3 戸崎圭太 2:05.2 sm11394184exit_nicovideo
第11回 2009年7月8日 テスタマッタ 3 JRA 岩田康誠 2:04.5 sm7577780exit_nicovideo
第10回 2008年7月9日 サクセスブロッケン 3 JRA 横山典弘 2:04.5 sm3909346exit_nicovideo
第9回 2007年7月11日 フリオーソ 3 今野忠成 2:02.9 sm3736452exit_nicovideo
第8回 2006年7月12日 フレンドシップ 3 JRA 内田博幸 2:06.1
第7回 2005年7月13日 カネヒキリ 3 JRA 武豊 2:04.9 sm6212460exit_nicovideo
第6回 2004年7月8日 カフェリンポス 3 JRA 柴田善臣 2:04.5 sm5553484exit_nicovideo
第5回 2003年7月8日 ビッグウルフ 3 JRA 武豊 2:04.9 sm3701286exit_nicovideo
第4回 2002年7月4日 ゴールドアリュール 3 JRA 武豊 2:04.1
第3回 2001年7月12日 トーシンブリザード 3 石崎 2:05.8 sm15472606exit_nicovideo
第2回 2000年7月12日 イネルコバット 3 JRA 大西 2:06.4
第1回 1999年7月8日 オリオンサンクス 3 大井 田秀治 2:06.9 sm3701473exit_nicovideo

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジャパンダートダービー

1 ななしのよっしん
2012/02/03(金) 21:25:46 ID: osAnGGQKyV
スーパーダートダービー止して新たにこの競争を新設したのは、盛ダービーグランプリがGⅠになった時に地元ファンが「どうして盛のはGⅠでうちらはGⅡなんじゃ!」と文句をつけたからだと聞いたことがある。
2 ななしのよっしん
2012/06/03(日) 20:19:58 ID: 0QCRCTsDSL
2011はグレープブランデーですよ
3 ななしのよっしん
2012/10/19(金) 16:57:56 ID: osAnGGQKyV
今年、競馬処女(?)の友人を連れて大井に行ってきてJDDを観戦してきた。トゥインクル競馬も悪くないと思った。ちなみに券は小生ハズレで友人は当たり。あるある

本題だが今年のハタノヴァクールも追加してあげてください…