ジャン=バティスト・セイ単語

ジャンバティストセイ

ジャン=バティスト・セイ(Jean-Baptiste Say1776〜1832)とは、経済学者、実業である。セイの法則で有名。

概要

セイの著作は今日ではど読まれることがないが、それでもセイの法則、すなわち「競争市場が自動的に全雇用を達成する傾向」をする後のあらゆる思想の摘したものの考案者として有名であり経済学史上重要な人物である。

余り知られていないがセイの法則はセイが発見したわけではなくジェイムズミルが「商業擁護論」の中でセイの言葉を引用しつつ現在のセイの法則の定義を完成させたのだ。

セイの法則

一言でいえば「供給はそれ自体が需要を創造する」ということである。この法則によれば会社はどれだけ物を作っても売れ残ることはなく、全て消費されることになってしまう。物余り現在から考えると明らかにおかしい法則であるが、まだ飢餓や貧困に苦しむ民の多かったセイの時代には自明の理として受け入れられた。しかし後に物余りの時代が欧にも襲来し、1930年代ケインズの一般理論におけるケインズ革命によってセイの法則は否定された。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%3D%E3%83%90%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジャン=バティスト・セイ

1 ななしのよっしん
2018/01/14(日) 10:56:26 ID: 9J58ukv0yb
セー法則批判経済学史として割と興味深い論点。意外とケインアンとマル経を除けばセー法則コピペしたような経済学は今でも残ってたりする。

ちなみに、過去の記事を見ると例によって表記がバラバラだったりする。Say(セイ)は「セー」で表記されることもあるし、Say's law(セイの法則)は「セイ法則」、「セー法則」、「セーの法則」とも表記される。CiNiiあたりで検索する時は要注意。

急上昇ワード