ジャンヌ・ダルク[オルタ]単語

ジャンヌオルタ

ジャンヌ・ダルク[オルタ]とは、スマホRPGFate/Grand Order」のサーヴァントの1騎である。
以後、この記事内では彼女を『ジャンヌ・オルタ』と表記する。

CV坂本真綾

サーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)の記事を参照。

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

概要

チュートリアルの次に攻略することとなる第一章フランス編で現れる。

フランスが自分を否定したのならば、自分行ったフランス救済もなかったことにするべき』という信念をもって進撃する。
手に持つ軍旗にはの紋が描かれ、と狂化したサーヴァントたちを率いてフランス各地に進撃して焼き尽くし、自らを魔女と自称する女性
サーヴァントとしてのクラスは”ルーラー(裁定者)”であり、通常のクラスで割り当てられたサーヴァントに優越権を持つため加が困難であり、それは出自の異なるカルデアのサーヴァントとて例外ではない。
とある条件で仲間として召喚することができ、その際のクラスは”アヴェンジャー復讐者)”となる。

い着衣の各所が火で爛れたように崩れており、瞳は色、長かったであろうく短い。
なお、プレイヤーキャラクターとして召喚し、第三再臨形態ではロングヘアが復活する。

真名・史実

百年戦争においてフランス軍を率いた女性兵士の一人であり、オルレアンを解放した処女ジャンヌ・ダルク

ただの農民のでありながら啓を得て戦場立ち、奇跡ともいえる数々のエピソードとともにられる快進撃の後にフランス側の勝利を導いた人物。
学ながら聡明で信仰心と問答において隙がかったとされる。
記録によると良くも悪くも解放者らしい精であり、効率義で突猛進な行動は兵士の士気を猛に鼓舞する一方、政治的な配慮に欠けた言動により貴族から疎まれていたようだ。
そして敵軍であるイングランド軍に捕縛されて以後はまさに”見捨てられた”と言ってもよい末路といえる。厳しい審問に耐えたものの、文盲である点を突いて魔女であることの明書にサインさせられるという陥れられ方をした結果、火刑に処された。火刑は当時のキリスト教における最低最悪の処刑法であった。
女として認定されたのは20世紀に入ってから、実に500年弱もの隔たりがある。

ただし、以下の要因でFate世界における史実のジャンヌ・ダルクとは別人と言える存在である。
ネタバレゆえ反転
黒幕から「あらゆる願いをえる具」である聖杯を受け取ったジル・ド・レェの願望を忠実に再現した存在。
結果、「ジャンヌは生き返り、(々に)復讐するべきだ」というんだ想い反映したことでこのような性格へと変貌した。
ちなみに、オリジナルの方はその人生に後悔も嗟も抱いていない。
どのように本人と異なるかという相は第一章フランス編のクライマックスなので是非確かめていただきたい。

本来は英霊の座として世界に記録されず、英霊召喚されないのだが、主人公たちとの邂逅・そして敗北の結果、英霊として個別に登録されることとなり、カルデアにクラス復讐者(アヴェンジャー)”として召喚することがうようになった。

人物像

で冷酷、そして毒舌。同じくオルタ化したサーヴァントセイバーオルタに似たような変貌ぶりである。
ただ、なあまり融通が利かず、効率が良ければあらゆる手段を取り、バレなきゃ犯罪じゃないんですよという精はやっぱり元の人物と同じ。

自分が陥れられた過去人間を恨み続けているのだが、それらは自己破滅願望に由来するもの。
同時にそういった事実かに認めてもらいたいという承認欲求も強いため、を深めるとそういった事実を受け入れつつ親しくするマスターを巻き込むまいと邪険にする姿を見せてくれる結果、あざといツンデレのような態度になる。
特に彼女アヴェンジャーとしてのお披露イベントダ・ヴィンチと七人の贋作英霊』では、自分が主役の学園モノを作り出して収拾不能になっているという残念展開でプレイヤーを大いに懊悩させた。
余談だが、同イベントで登場する贋作の美術品は彼女の手によるもの。特に手紙などの文章はダ・ヴィンチちゃんに絶賛されているため識字もそうとう頑ったご様子。

それらを総括して『反抗期の女子』『邪悪JK奈須きのこ談)』というべき人物像になり、マスターたちは論、製作側からも弄られやすいキャラとして定着。
お蔭でマスターたちから『邪ンヌ(じゃんぬ)』と呼ばれ、親しまれている。
その人間臭さから女としてある意味近寄りがたい元のジャンヌよりも人気があるのではと専らの噂。次のピックアップが開催されたらどれほどのセールスを叩きだすかが注されている。

同じくオルタサーヴァントであるセイバーオルタがいるが、後先考えない秩序をな破壊を望むジャンヌ・オルタに対して圧政による秩序を思い描くセイバーオルタとは根本的に反りが合わない。お互いを「突撃女」、「馬鹿王」と呼びあうの仲。しかしオルタ化した者同士なので嗜好が似ている。具体的に言うとマスターに悪戯するときは吽の呼吸で連携する。
セイバーオルタに対しては常に対抗心を抱いており、大体回りで終わる
2017年配信の1.5部『新宿幻霊事件』ではセイバーオルタカジュアルファッションを見て人のブティックへ押し入ったりした。2016年クリスマスセイバーオルタサンタ役として活躍していたクリスマスに対抗し、前年から入念に準備していた結果、ひどく頭の悪い騒動を引き起こしてしまったりしている。 → ジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィ

サーヴァントとしての能力

女の方のジャンヌ宝具による鉄壁というガンであるのに対し、彼女は炎とによる弾幕押しするガン攻めスタイルの戦術をとる。
攻撃性に特化した空母にも例えられるとんでもない破壊を発揮する反面、宝具の性質や、彼女突猛進さがになってマスター揮がい状況では効率的な戦いができない。

スキル

魔女(EX) ある人物の願いで生み出された彼女は、生まれついてを従えるを持つ。マルタ、あるいはゲオルギウスなど種を退散させたという逸話を持つ人からの反転と思われる。を従わせる特殊なカリスマと、パーティの攻撃を向上させるを持つ。
カリスマ(E) 軍団のカリスマ性の高さを示す。団体戦闘に置いて自軍のを向上させる稀有な才。生前に王として君臨した者ほど高レベルになる傾向にある。
自己改造(EX)

自身の体に別の体を付属・融合させる。このスキルランクが高くなればなるほど、正純の英雄からは遠ざかる。“裁定者”としてしか召喚されないはずの処女ジャンヌを、魔女に貶めたうえに“復讐者”として召喚せしめたこと自体こそ、ある意味で究極の改造と言える。


自身のクリティカルアップ & スター集中アップ(自分の攻撃のみクリティカル率上昇) (3ターン
スターを稼ぐことに関しては仲間サポートが必要だが、そういうパーティさえ組めてしまえば彼女のアタッカーとしての本領を発揮するスキル

魔女(EX)

同上。


パーティ全体の攻撃アップ & []特性持ちのパーティメンバーの攻撃アップ (3ターン
彼女のアタッカーサポートの両面を支えるバフスキル。ただし[]特性ジャンヌ・オルタは持っていないので、2番の効は自分以外を対にするものとなる。

うたかたの夢(A)

願望によって生まれた、本来は存在しない者であることの。大きなを持つが、世界彼女を生命体として認めることはい。
 “うたかた”とは泡――、く消える泡の事。そして人の世と命の喩え。全てを終えた時、彼女は静かに眠りにつく。初めから何も存在しなかったかのように。


HP減少のデメリットを持つが、1ターンに限りBusterカードの強化と無敵を付与する。
宝具クリティカルともに大幅なダメージブーストが可でありながら彼女一の防御スキルでもあるという攻守両面における切り札。元の体が低いこともあってデメリットはそこそこ痛いが、最低でも1は残る仕様なのでこのスキルだけで死亡はしないことを覚えておこう。

復讐者(B)

クラススキル。恨み・念が貯まりやすい。第一章オルレアンの事後心したためランクが下がっている。


ダメージによるNP上昇率が高くなる。
反面パーティ全体に弱体耐性劣化デメリットを持つパッシブスキル

忘却補正(A)

クラススキル復讐者であり続けるため時がどれほど流れようとも、彼女の憎悪は決して晴れない。たとえ、憎悪より素晴らしいものを知っていたとしても。


自身のクリティカルアップするパッシブスキル

自己回復(魔)(A+)

パッシブスキル
復讐が果たされるまでその魔は延々と湧き続ける。魔を微量ながら毎ターン回復する。聖杯の願望で生み出されたためか、特級の回復量。

宝具

吼え立てよ、憤怒(ラ・グロンドメント・デュ・へイン

ランク:A+ / 種別:対軍宝具 / レンジ:1~10 / 最大補足:100

魔女として再臨した彼女が持つ呪いの旗。
女としての彼女のそれ「はここにありて(リュミノジテ・エテルネッル)」は女としての加護再現であったが、これは自身の念を魔として焚き付け、相手の不正や汚濁、独善を焼き尽くすという女の裁きを体現する宝具
にもそれは当時の貴族たちが抱いた『民衆を味方につけ、革命として貴族向かう』という虚構の具現である。
先輩アヴェンジャーと同じく受けたダメージによって威が増すカウンターの側面があるので、彼女は多少の負傷を恐れない。

登場タイミングで演出アニメーションが異なる。
ルーラー時は天空から多数のが降り注ぐものとなっているが、アヴェンジャー時は旗から延燃した炎が敵を包み、その後地面からが突き出して敵を刺しにするという彼女の最期を再現する。

ゲーム内ではBuster種の単体攻撃。追加効果としての呪い(DoT)付与、強化スキルを1度だけ失敗させるデバフ効果がついている。

キャラクター性能

最高度のレアである5、エクストラクラスアヴェンジャーという希少さに相応しいアタッカー
アタッカーに必要とされるありとあらゆる要素を備えており、こと1ターン火力は現環境トップクラス

アヴェンジャーゆえに基本7クラスバーサーカー以外等倍で耐え、対を選ばない攻撃を発揮することができる。また、素の攻撃に加えてクリティカルの効果が高いため火力はなおのこと優秀。
NP回復が高く、高性宝具を連発しやすい。そして宝具火力論、特に敵のバフ阻止できるのでボス戦でく。
欠点は低体に加えて「うたかたの夢」によるHP減少デメリット、防御有利を取れる相手がどいない特殊クラスが相まって非常に低い耐久
また、スターに関連したスキルを持つもののその生成は並で仲間任せとなるのが欠点。また、「自己改造」発動中でもスキルレベルが低いうちは安定してクリティカルさせられるほどのスターを吸えないことの方が多い。

彼女をアタッカーに据え、他のメンバーサポート要員で固めるパーティが分かりやすく組みやすい。
まず一のの攻撃面の欠点であるスター生成を補うメンバーが居るとよい。欲を言えば低耐久サポートとしてヒーラー役も欲しい所。

スターも出す、Busterの強化ができる、クリティカルも上がる、HPも回復できる……ということからマーリンに極めて相性がいいことから、トッププレイヤーの間ではあらゆる困難を火力で解決する構築、『ダブルマーリンジャンヌ』は理想と名高い。 スキル宝具レベルなどを含めて完成すればメガ単位火力を出せてしまうため、運営HP上限であるブレイクシステムを搭載させた元

水着Ver

Fate/Grand Order 2018年水着イベントサーヴァント・サマー・フェスティバル!」報酬。
フォーリナー反応をハワイにて検知、解決ついでに観光しようと水着霊基になった。が現地にてBB同人即売会で売り上げ一位になり報酬である聖杯を手に入れなければ7日間を永遠に繰り返すエンドレスセブンに取り込まれてしまう。チームゲシュペンスト・ケッツァー」を結成しループからの脱出をす。
バトルスタイルは火炎弾と二刀流(自作、銘は『荒覇吐七十二』と『大万破(ブラックマンバ)』)。

バーサーカークラス変更されたため、アヴェンジャー時とは打って変わってほとんどのクラスから割増ダメージを受けることになるが、その分「狂化」により攻撃はさらに上昇。スキル「シュバルバルトファルケ」で敵の攻撃を回避しつつNPを稼ぎ、「失墜の魔女」と「ムール・ウ・テュ・ドワ」でより強化された宝具叩き込みたい。追加効果として「やけど」も付加されるので、一部高難易度の相手にも有用である。

弱点はやはり撃たれ弱さ。「シュバルバルトファルケ」の効果は1ターンにつき1回の回避なのに加えて、HPも低く設定されているので集中攻撃されるとすぐに沈んでしまう。となるサーヴァントと組ませて運用するのがベストだろう。

関連動画

関連静画

新宿ver

水着ver

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%AB%E3%82%AF%5B%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%BF%5D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジャンヌ・ダルク[オルタ]

147 ななしのよっしん
2019/05/04(土) 12:13:02 ID: VaViklpyOp
たぶん「理不尽に処刑されたらこれくらいの霊になってるよね」
くらいのノリで作ったんだろうと考えると納得行く
戦場に立ち続けて未練ない方と較するとなお
148 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 22:27:12 ID: xSSPLm7un6
>>145
本物ジャンヌのそういう系の本はほとんどないのに逆に邪ンヌのそういう系の本は多いの不思議w
他のオルタ連中と違って邪ンヌ自身が悪堕ちではない存在かつ強気な女を堕としたい同人絵師がそれだけいたってことかな
149 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 22:37:08 ID: xSSPLm7un6
>>136
普通中国アメリカでも萌え系って大人気なのにな
馬鹿にしてる連中は変に拗れてそう
150 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 22:49:50 ID: CFMc9x+LL1
悪役として人気が出たのかツンデレキャラとして人気が出たのか
それとも攻撃面の性の高さが評価されて人気が出たのか

まさか都合よく扱えるラブドールだから人気が出たなんてことはいと思いたい
151 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 22:52:21 ID: qAaFSWVmnM
この手のゲームである以上「トップレア」「(一時とは言え)圧倒的な高性」は大人気の必須条件
あと再販をくっそ渋ったせいでかなり長期間「おりゅ?」できたかどうかが本気でデカい
152 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 23:02:28 ID: xSSPLm7un6
その4つ全部だったりして
153 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 23:06:50 ID: xSSPLm7un6
>>152>>150
154 ななしのよっしん
2019/05/16(木) 21:40:34 ID: zw63TiZzRQ
ありがとうごめんなさいがちゃんと言える子になったなあ
オルレアンでやったことは取り返しがつかないけど、終わりは救いがある形であって欲しい
155 ななしのよっしん
2019/05/17(金) 03:53:24 ID: xSSPLm7un6
あのオルレアン自体が元々存在しないし消滅する運命にある世界とはいえ、やらかしたもんはやらかしてるからな
156 ななしのよっしん
2019/05/18(土) 11:35:25 ID: GR2t6NXPBk
そこら辺は主人公姉なるものと交流してくうちに、考え方が柔軟になったのかね