編集  

ジャンプ(フィギュアスケート)単語

ジャンプ

フィギュアスケートにおけるジャンプとは、演技を構成する要素の1つである。
その美しさや迫ゆえに、「フィギュアスケートと言えばジャンプ」という人も多いと思われる。

この記事では、各ジャンプ概要と、その見分け方について記述する。

概要

スケート連盟(ISU)が認しているジャンプは全部で6種類。さらにエッジの使い方、踏み切り方、ポジション、回転数により細かく分類され、それを基に採点が行われる。 

回転数は、1回転をシングル、2回転をダブル、3回転をトリプル、4回転をクワドと呼ぶ。日本では回転数をそのまま言うことも多い(例:「トリプルアクセル」、「4回転トウループ」)。

採点時は、各ジャンプごとに定められた基礎点に加え、出来栄え点(GOE)を足して算出される。

分類

右利きの場合、回転方向は反時計回りで、着氷(スケーティングレッグ)は右足となる。フリーレッグとは、氷に着いていない(体重が乗っていない)足をす。

主要ジャンプ

難易度が低い順に記述する。

トウループ Toe loop (略記:T)

後ろ向きに滑りながら、着氷時のスケーティングレッグのバックアウトエッジ側に、フリーレッグのトウピックを突いて後ろ向きに踏み切る。6種類のジャンプのうち難易度が最も低く、基礎点も最も低い。

コンビネーションジャンプの第2、第3ジャンプにもよく用いられる。

1920年にアメリカプロケーターだったブルース・メープスが初めて跳んだ。

ISU公式競技会で4回転トウループを初めて成功させた選手は、カナダカートブラウニング(1998年世界選手権)。女子の成功者はまだいない。

トーループトゥループの表記も見られる。

サルコウ Salchow (略記:S)

後ろ向きに滑りながら、着氷時のスケーティングレッグとは逆足のバックインエッジ踏み切りフリーレッグを振り上げたときの遠心力で回転する。上体やエッジが、離氷前におよそ1/2回転する。

1909年、スウェーデンウルリッヒ・サルコウが初めて跳んだ。

ISU公式競技会で4回転サルコウを初めて成功させた選手は、男子アメリカティシー・ゲーブル(1997年ジュニアグランプリ)、女子日本安藤美姫(2002年ジュニアグランプリ)。安藤以降、女子の4回転成功者は現れていない。

ループ Loop (略記:Lo)

後ろ向きに滑りながら、着氷時のスケーティングレッグのアウトサイドエッジで踏み切る。エッジが離氷前におよそ1/2回転する。原理はサルコウとほぼ同じだが、重心を保つためにフリーレッグを軸足の前でクロスさせるため、サルコウより難しくなる。

コンビネーションジャンプの第2、第3ジャンプにもよく用いられる。

1910年、ドイツヴェルナー・リットベルガーが初めて跳んだ。

ISU公式競技会で4回転ループを初めて成功した選手は、日本羽生結弦(2016年スケートカナダオータムクラシック)。女子の成功者はまだいない。

フリップ Flip (略記:F)

後ろ向きに滑り、着氷時のスケーティングレッグとは逆足のバックインエッジに乗り、フリーレッグのトウピックを突いて踏み切る。アウトサイドエッジで踏み切るとGOEで減点される(通称:リップ Lip)。

6種類のジャンプのうち、一発案者の記録が残っていない。

ISU公式競技会で4回転フリップを初めて成功した選手は、日本宇野昌磨(2016年コーセー・チームチャレンジカップ)。女子の成功者はまだいない。

ルッツ Lutz (略記:Lz)

後ろ向きに滑り、着氷時のスケーティングレッグとは逆足のバックアウトエッジに乗り、フリーレッグのトウピックを突いて踏み切る。インサイドエッジで踏み切るとGOEで減点される(通称:フルッツ Fluz)。
6種類のジャンプのうち、「助走のときに体にかかっている回転のの方向」と「中での回転方向」が逆になる一のジャンプであるため、難易度が高い。

1913年、オーストリアアロイスルッツが初めて跳んだ。

ISU公式競技会で4回転ルッツを初めて成功した選手はアメリカブランドン・ムロズ(2011年NHK杯)。

アクセル Axel (略記:A)

前向きに滑り、着氷時のスケーティングレッグとは逆足のフォアアウトエッジに乗り、フリーレッグを振り上げて前向きに踏み切る。
一の前向き踏み切りであるため、難易度が最も高い。また、着氷は後ろ向きなので他のジャンプよりも半回転多く回る必要がある。よく「~回転半」と呼ばれるのはそのためである。

1882年、ノルウェーアクセル・パウルゼンが初めて跳んだ。

ISU公式競技会で4回転アクセルの成功者はまだいない。

ちなみに、単に半回転するジャンプは「スリージャンプ」または「ワルツジャンプ」と呼ばれ、初心者ジャンプ入門として教えられることが多い。新採点方式の競技会では回転アクセルとみなされ、得点はつかない。

ジャンプコンビネーション

ジャンプを着氷した後、ステップやターンをせずに連続してジャンプを跳ぶことをジャンプコンビネーションという。

最大で3連続まで跳ぶことができ、それぞれファーストジャンプセカンドジャンプサードジャンプと呼ぶ。
跳ぶことができるのはISU認の6種類のジャンプのみである。このため、セカンドジャンプサードジャンプは必然的に、前のジャンプで着氷したときのスケーティングレッグと同じ足で踏み切るトウループループに限定される。

得点は、各ジャンプの基礎点をそのまま加算したものとなる。

ジャンプシークエンス

複数のジャンプの間を、その他のジャンプやホップでリズミカルにつないで跳ぶ連続ジャンプジャンプシークエンスという。

ジャンプコンビネーション較すると難易度が低く、セカンドジャンプ以降のジャンプの制限がない反面、得点は各ジャンプの基礎点を加算して0.8を掛けるため低くなる。

ジャンプシークエンス中は、ターン/ステップ、ストローキングなどの動作を含んではならない。

スロージャンプ

ペアにおいて、女性ジャンプ男性が補助し投げ上げるものをスロージャンプという。略記にはThが付く。

ジャンプシングルと同じ6種類で、女性踏み切り時のエッジポジションによって区別される。

簡単な見分け方

ここまでの記述では、素人ではなかなか判別が難しい。そこで、簡単な見分け方を解説する。
足の左右は右利きを基準とする。 

  1. 6種類のジャンプは、つま先のトウピックを氷に突いて跳ぶ「トウ系ジャンプ」と、エッジを使って踏み切る「エッジジャンプ」に分けられる。
  2. アクセルは、一の「前向き踏み切りジャンプであり、最も判別しやすい。
  3. エッジジャンプのうち、サルコウ踏み切り時に両足が「ハ」の字になる。一方、ループ踏み切り前に足をクロスさせる動作が入る。
  4. トウ系ジャンプのうち、トウループ左足で氷を突いて踏み切る。
  5. フリップ左足を内側に傾け、右足で氷を突いて踏み切る。跳ぶ直前に後ろを向くのが特徴で、助走はCの字を描く。
  6. ルッツ左足を外側に傾け、右足で氷を突いて踏み切る。後ろ向きのまま、S字を描いて助走する。

ね、簡単でしょう?

得点

ジャンプの種類・回転数別に基礎点が付けられていて、そこに出来栄え点(GOE)が加えられる。
効と判定された要素は0点。転倒は「エッジ以外の部分で体重の大部分を支える」という違反行為にあたり、1回につき1点が総合得点から減点される。

基礎点

現在の得点は、2016年6月以降のもの。今後変される可性あり。

シングル、ペア共通

種類 基礎点 GOEによる加減点
名称 記号 V V1 V2 -3 -2 -1 +1 +2 +3
1回転トウループ 1T 0.4 0.3 -0.3 -0.2 -0.1 +0.2 +0.4 +0.6
1回転サルコウ 1S 0.4 0.3
1回転ループ 1Lo 0.5 0.4
1回転フリップ 1F 0.5 0.4 0.3
1回転ルッツ 1Lz 0.6 0.5 0.4
1回転アクセル 1A 1.1 0.8 -0.6 -0.4 -0.2 +0.2 +0.4 +0.6
2回転トウループ 2T 1.3 0.9
2回転サルコウ 2S 1.3 0.9
2回転ループ 2Lo 1.8 1.3 -0.9 -0.6 -0.3 +0.3 +0.6 +0.9
2回転フリップ 2F 1.9 1.4 1.3
2回転ルッツ 2Lz 2.1 1.5 1.4
2回転アクセル 2A 3.3 2.3 -1.5 -1.0 -0.5 +0.5 +1.0 +1.5
3回転トウループ 3T 4.3 3.0 -2.1 -1.4 -0.7 +0.7 +1.4 +2.1
3回転サルコウ 3S 4.4 3.1
3回転ループ 3Lo 5.1 3.6
3回転フリップ 3F 5.3 3.7 3.2
3回転ルッツ 3Lz 6.0 4.2 3.6
3回転アクセル 3A 8.5 5.9 -3.0 -2.0 -1.0 +1.0 +2.0 +3.0
4回転トウループ 4T 10.3 8.0 -4.0 -2.4 -1.2 +1.0 +2.0 +3.0
4回転サルコウ 4S 10.5 8.1
4回転ループ 4Lo 12.0 8.4
4回転フリップ 4F 12.3 8.6 8.0
4回転ルッツ 4Lz 13.6 9.5 8.4
4回転アクセル 4A 15.0 10.5 -4.0 -2.4 -1.2 +1.2 +2.4 +3.6

スロージャンプ(ペア)

種類 基礎点 GOEによる加減点
名称 記号 V V1 -3 -2 -1 +1 +2 +3
1回転トウループ 1TTh 1.1 0.9 -0.9 -0.6 -0.3 +0.3 +0.6 +0.9
1回転サルコウ 1STh 1.1 0.9
1回転ループ 1LoTh 1.4 1.0
1回転フリップ 1FTh 1.4 1.0
1回転ルッツ 1LzTh 1.4 1.0
1回転アクセル 1ATh 2.2 1.5 -1.5 -1.0 -0.5 +0.5 +1.0 +1.5
2回転トウループ 2TTh 2.5 1.8
2回転サルコウ 2STh 2.5 1.8
2回転ループ 2LoTh 2.8 2.0
2回転フリップ 2FTh 3.0 2.1
2回転ルッツ 2LzTh 3.0 2.1
2回転アクセル 2ATh 4.0 2.8 -2.1 -1.4 -0.7 +0.7 +1.4 +2.1
3回転トウループ 3TTh 4.5 3.2
3回転サルコウ 3STh 4.5 3.2
3回転ループ 3LoTh 5.0 3.5
3回転フリップ 3FTh 5.5 3.9
3回転ルッツ 3LzTh 5.5 3.9
3回転アクセル 3ATh 7.7 5.4 -3.0 -2.0 -1.0 +1.0 +2.0 +3.0
4回転トウループ 4TTh 8.2 5.7
4回転サルコウ 4STh 8.2 5.7
4回転ループ 4LoTh 8.7 6.1
4回転フリップ 4FTh 9.0 6.3
4回転ルッツ 4LzTh 9.0 6.3

回転不足

ジャンプの回転数は、「踏み切り動作から着氷までの間に何回転したか」によって決まる。回転が足りない場合は「回転不足」となり、得点は以下のようになる。

  • アンダーローテーション
    • 回転が軽度に不十分(1/4回転以上1/2回転未満の不足)である場合、該当するジャンプの基礎点の70%が基礎点として与えられる(表の「V1」参照)。
  • ダウングレー
    • 回転が重度に不十分(1/2回転以上の不足)である場合、該当するジャンプの基礎点は1回転少ない同種のジャンプの基礎点となる。

例えば、4回転トウループに成功すると基礎点10.3が与えられる。しかしアンダーローテーションと判定された場合は、トウループの基礎点の70%にあたる7.2が、ダウングレードの判定ならば3回転トウループの基礎点4.2がそれぞれ与えられる。

踏み切り違反

ルッツフリップ踏み切りエッジが正しくない場合、基礎点が表の「V1」となる。

また、回転不足と踏み切り違反が同時に起こった場合、基礎点は表の「V2」のものを使用する。

無効要素

効要素と判定されると、その要素は0点となる。以下に一例を示す。

またザヤックルールの記事に詳細な解説があるので参照いただきたい。

関連動画

ジャンプ動画フィギュアスケートジャンプ集検索すると良い。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%28%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%29
ページ番号: 5202111 リビジョン番号: 2412432
読み:ジャンプ
初版作成日: 14/02/18 01:32 ◆ 最終更新日: 16/10/02 19:03
編集内容についての説明/コメント: 基礎点ほか最新情報に更新
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジャンプ(フィギュアスケート)について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2014/02/18(火) 18:34:53 ID: L30UgPMvZK
記事作成乙です
2 : ななしのよっしん :2016/09/25(日) 07:36:02 ID: dAL3k3HCX5
さん女子初の8トリプル構成成功おめでとう!!GOEにほぼマイナスいのも素敵
もしかして6種トリプル成功もみどり以来?
3 : ななしのよっしん :2016/12/25(日) 22:57:55 ID: 4JYtNT97xV
4回転ジャンプ論争とか見てて思ったけど
そんなにジャンプ中心の競技がしたいなら「フィギュアスケート」とは別に「ジャンプスケート」とかいう新競技を作ればいいじゃんよ
もともとフィギュアスケートにはジャンプの要素とかかったんだし
http://www.jsports.co.jp/skate/history/

ジャンプの回転数とか高さをべる他にも、ジャンプしながら飛んだ距離を測るとか障物をえてジャンプしていく種とかも用意したらいいと思うんだけど
あと、BGMとかヒラヒラ衣装とかも要らないよね
スピードスケートと同じようなぴっちりしたスーツを着て競技すればいい

今のごたごたは、フィギュアスケートジャンプ体操ダンスとか色んな要素を詰め込み過ぎてるのが問題の原因だと思うんだ
4 : ななしのよっしん :2017/02/04(土) 16:01:40 ID: 0myJd+A3+A
一位、二位と順位を付ける以上、フィギュアスケートスポーツと言える。
そして最大の得点であり、最も失敗しやすく、その成否が明確なジャンプ
フィギュアスケートの競技性を担保する最大の要素。

もちろんジャンプが全てではないけど、
ジャンプが全てじゃない、芸術性がうんたらかんたら」
というのは競技性の否定に他ならない。
もっともらしいことを言ってフィギュアの競技性を否定する人は
競技会でなくアイスショーを見に行けばいい。
5 : Yappy :2017/05/02(火) 21:44:16 ID: ouNUcmjQZ+
>>4
フィギュアスケート芸術性など関係なく、ジャンプがなくても元々スポーツ。最近の人は知らないだろうけど、30年くらい前までは「コンパルリーフィギュア」がSPやFSと別の種としてちゃんとあった。

身体というより、熟練度や正確性を競うタイプスポーツだけどね。ウインタースポーツだとカーリングとかが近いんじゃないかな。
6 : ななしのよっしん :2017/06/23(金) 08:40:03 ID: 4JYtNT97xV
現在フィギュア(=図形)スケート」という競技名の元になってる種コンパルソリー)がいつの間にか消されて、元々かったジャンプという要素がいつの間にか最重要になってるけど
これってもしかしたら、別にフィギュア進化したんじゃなくて、いつの間にか元の競技からまったく別の競技に化けてるだけなんじゃなかろうか?


あと、何故ジャンプには基地度の高いやつが多いのか
4回転ジャンプ論争とかいうのもほとんどジャンプが自分たちの意見に賛同しない人間たちを一方的にぶっいてるだけじゃね?
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス