ジュビロ磐田単語

254件
ジュビロイワタ
1.1万文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ジュビロ磐田とは、静岡県磐田市御前崎市菊川市掛川市袋井市町、浜松市湖西市ホームを置く日本プロサッカーリーグJリーグ)に加盟するプロサッカークラブである。

概要

日本プロサッカーリーグ
ジュビロ磐田
基本情報
創設 1972年
クラブカラー サックスブルー
所属 J1リーグ
ホーム
スタジアム
ヤマハスタジアム[静岡県磐田市]
ホームタウン 静岡県磐田市御前崎市菊川市掛川市袋井市町、浜松市湖西市
前身 ヤマハ発動機サッカー
プロサッカークラブテンプレート

前身は株式会社ヤマハ発動機サッカー部で、クラブ正式社名は株式会社ヤマハフットボールクラブ1994年Jリーグに正式加盟。チーム名の「ジュビロ」はポルトガル語のjúbilo [ʒuːbilu](ジュビル)およびスペイン語のjúbilo [ˈxuβilo](フビロ)で「歓喜」を意味する。

ホームスタジアムは磐田市にあるヤマハスタジアム(旧名 ジュビロ磐田スタジアム)。

クラブマスコット静岡県の県であるサンコウチョウモチーフにした「磐田くん」。2003年には磐田くんのガールフレンドとして「ジュビィちゃん」が誕生している。

1990年代後半から2000年代前半にかけて黄金期が到来しており、この頃には中山雅史名波浩高原直泰藤田俊哉ら日本を代表する名プレイヤーがを擁していた。またドゥンガサルバトーレ・スキラッチ、ジェラルド・ファネンブルグといったビッグネーム外国人選手が在籍していた。この時代は鹿島アントラーズと並ぶ二強としてタイトルを総なめにしており、1999年にはアジアの頂点にもいている。この頃のチームJリーグ歴代最強チームという呼びも高い。

Jリーグ所属クラブ中最多のMVPを4人、得点王を3度輩出したり、リーグ通算勝率2位ステージ優勝6回などという昔は良かったな的記録があるが、2000年代半ば以降は下降線を辿り、今やJ2降格を数回経験するほど弱体化し、見るい。最近の低迷のせいか、契約更新できず続々とスポンサーが離れて2009年以降ははユニフォームの胸がYAMAHAになった。

2023年には、ファビアンゴンザレスの加入を巡るクラブの違反行為によって、FIFAから下部組織の全チームを含めて、「新規選手登録」を禁止される重い処罰を受けている。

なお、ジャパンラグビートップリーグに所属するヤマハ発動機社会人ラグビークラブ2003/04年~2020/2021年シーズンまで「ヤマハ発動機ジュビロ」という名称であり、ジュビロ称を共有していた。ラグビーワールドカップ2015で一躍有名になった五郎丸歩が所属していたチームでもある。

歴史

1972年に創部したヤマハ発動機を前身となり、1992年Jリーグ準会員として承認される。

1993年の旧JFLにおいて2位に入り、翌年のJリーグ加盟が認められる。この頃、いわゆるドーハの悲劇において中山雅史民的人気者となっており、Jリーグ昇格のニュースは大きく取り上げられた。

Jリーグ初参戦となった1994年に前日本代表監督ハンス・オフト監督に就任。前年に元オランダ代表のファネンブルグ、に元イタリア代表のスキラッチ、そして1995年には現役ブラジル代表将のドゥンガが加入。また、名波浩藤田俊哉、福西崇史、大介、服部田中らが加入したのもこの頃で、オフト時代の3年間で着実にチームは成長を遂げ、後に到来する黄金期の土台を築いた期間となった。

1997年よりルイスフェリペ・スコラーリが監督に就任するが、1stステージ限りで退任。コーチを務めていた桑原監督代行となった2ndステージでは名波や藤田が成長を遂げたこともあって優勝を果たした。そして、鹿島アントラーズとのチャンピオンシップでは合計4-2で勝利し、初のJリーグ年間王者の座に就くオリジナル10以外のチームJリーグを制覇した初めての事例ともなった。リーグMVPにはドゥンガが選出されている。

1998年には自慢の攻撃爆発1stステージ第9節のC大阪戦では中山雅史が5ゴールを決めるなど、大量9ゴールを奪う歴史的大勝を飾っている。その後も中山は4試合連続ハットトリックギネスに載るほどの大暴れを見せ、圧倒的強さで1stステージ優勝2ndステージでは2位に終わるが、年間勝ち点は1位、総得点107、得失点差+68という記録を生み出している。しかし、チャンピオンシップでは鹿島辱を許し、年間王者の座を逃している。27試合36得点という数字を残した中山MVP得点を獲得。
ナビスコカップでは、高原直泰川口信男といった若手の活躍による優勝を果たしている
この年を最後にドゥンガが退団。

1999年は、2月全アウェイという劣悪な環境の中でアジアクラブ選手権(現在ACL優勝を果たし、初のアジア王者となる。また、11月にはアジアスーパーカップも制している。
Jリーグでは1stステージこそ優勝したものの、アジアの戦いを勝ち抜いた疲労と7月に名波がイタリアへ移籍したも重なって12位と低迷する。それでも清水エスパルスとの"静岡ダービー"が実現したチャンピオンシップを制し、苦しみながらも2度Jリーグ年間王者となる。

2000年ハジブスキー監督が3バックを採用し、福西をリベロで起用する革に乗り出すがこれが不発に終わり、1stステージは5位に終わる。2ndステージは名波が復帰し、怪に苦しんでいた中山復活したことで盛り返すも3位に終わる。中山が2度得点王を手にしたが、獲得したタイトルは開幕前のゼロックススーパーカップのみとなった。

2001年より名波浩を中盤4人で形成された四形の中央に置いた「N-BOXシステムを導入。1stステージ優勝2ndステージ2位と好成績を残す。しかし、チャンピオンシップで宿敵鹿島に敗れて年間王者になれず、ナビスコカップは準優勝に終わり、3大会連続で決勝まで進んだアジアクラブ選手権でも準優勝となり、結果的に冠に終わる。藤田俊哉がリーグMVPに選出。

2002年は前年より取り入れた"N-BOX"の中心である名波が怪で欠場がちであったが、アルゼンチンから復帰した高原直泰ストライカーとして覚醒。名波のコンディションが整ったワールドカップ後には他を寄せ付けない驚異的な強さを見せつけ、中山高原の2トップは2人合わせて42ゴールを量産する。結果、年間勝ち点では2位以下に20ポイント近くを稼ぐ独走状態となり、史上初となる両ステージを制覇しての優勝を達成。27試合26得点の活躍を見せた高原リーグMVP得点を総なめにする。またこの年のベストイレブンには史上最多タイの7人が選出された。
シーズン終了後、2000年10月から監督を務めていた鈴木政一が勇退。高原ドイツブンデスリーガハンブルガーSVに移籍する。

2003年リーグナビスコカップ共に冠に終わるが、Jリーグ発足後一手にしたことがなかった天皇杯を制覇。これによって内の3大タイトルを全て制したことになる。しかし、2004年になると少しずつの衰えが見られるようになり、2ndステージは一時は最下位に転落するほど低迷する。年間順位は5位となったが、黄金期終焉を意味するシーズンとなった。

2005年より前アテネ五輪代表監督山本昌邦が監督に就任。川口能活ら大補強を敢行し、世代交代にも着手しようとする。2005年カレン・ロバートが新人王を獲得し、前田遼一が新たなエースに台頭するなど成果もあったが、黄金時代のような強さはもはやを潜め、優勝争いから遠ざかってしまう。世代交代により出場機会を減らした藤田、名波は退団。2007年には次世代の中心選手と期待されていた菊地直哉が県条例違反(淫行)容疑で逮捕されるという不祥事まで起こしてしまう。

2008年はとうとう残留争いに巻き込まれるほどチームは低迷。9月ハンス・オフト監督に復帰するもどうにか自動降格は免れるも、16位で入れ替え戦を戦うことに。ここでベガルタ仙台を破り、どうにかJ1残留を決める。この年の4月社長に就任した淵喜勇がシーズン終了後に成績不振と大幅減収の責任で退任するなど、混迷の1年となった。
この年、チームに復帰していた名波が現役を引退

2009年は開幕戦でモンテディオ山形に2-6と大敗。チーム衝撃が走るが、その後どうにか持ち直す。特に前田遼一は20得点記録し、得点王を獲得する。一方失点リーグワーストの60失点記録。前年のように降格の危機には直面することはなかったが、11位に終わる。
シーズン終了後、クラブ創成期からチームの顔となっていた中山雅史が退団。

2010年リーグ戦17節の時点で15位と低迷するが、後半戦に入ってが先行するようになり前年と同じ11位となる。シーズン17得点前田は2年連続で得点王にく。また、この年のナビスコカップでは決勝のサンフレッチェ広島戦を前田の2ゴール1アシストの活躍で制し、7年ぶりにタイトルを獲得

2011年久々に一桁順位の8位でシーズンを終え、2012年は序盤こそ優勝争いをしていたが、8月勝利を最後にズルズルと順位を下げ一時は残留争いに巻き込まれる事に。

2013年に入っても勝負弱さを露呈。先制点を挙げながらも同点に追いつかれたり、または逆転負けを喫する事もしばしば。頼みの前田も「デスゴール」で余計なプレッシャーがかかり不調に陥ってしまう。ついには第31節にてサガン鳥栖に1-0で敗れ、史上初のJ2降格が決定。

2014年は前半こそ2位で折り返すものの、後半に入ると失速。9月シャムスカ監督を解任し、レジェンドである名波浩監督に就任。最終的には4位でシーズンを終了し、昇格プレーオフではモンテディオ山形に敗れ1年での昇格を果たせなかった。

2015年前田遼一FC東京に移籍となり、厳しい戦いも予想されていた。しかし、全移籍のジェイレンタル移籍のアダイトンの両外国人FWが2人合わせて37ゴールを挙げるなど大活躍。さらに同じく新加入のGKカミンスキーが好セーブゴールを守るという、3人の新外国人全員する結果となった。シーズンを通して自動昇格を争い、終盤にアビスパ福岡に猛追されるも2位シーズン終了。最終節の大分トリニータ戦は後半45分に追いつかれるも46分に再びリードするという闘で、福岡とは勝ち点が82で並び、得失点差で3点上回ったという僅差であった。

2016年1stステージは8位とまずまずの成績を残すが、2ndステージでは開幕から9試合未勝利で低迷。最終節まで残留争いに加わることになるが、何とか13位でシーズンを終え、最低標だったJ1残留を果たす。2017年元日本代表の中村俊輔又堅が加入。すでにピークは過ぎたと見られていた二人だったが、中村俊輔は攻撃の中心として機し、又も14ゴールを決め復活。14節から19節まで6連勝を記録し、ACL出場争いに加わる。当初の予想を大きく上回り、6位とここ10年では最高の成績を残す。

名波監督トップ5を標に掲げた2018年だったが、アダイトンムサエフの両外国人が怪により長期離脱。40歳となる中村俊輔流石に稼働率が悪くなり、期待されたギレルメは横浜F・マリノス戦で相手選手とスタッフ暴力を振るうという愚行を働き、5月契約解除となる。深刻な得点不足に苦しむチームは大きく低迷。起爆剤としてシーズン途中に大久保嘉人が加入するも調子は上がらず。16位でシーズンを終え、J1参入プレーオフに回ることに。ここで東京ヴェルディ勝利し、J1残留を果たす。

2019年も第16節時点で降格圏の17位と低迷。第17節の川崎戦に敗れた後、ついに名波監督は辞任。しかし、その後1シーズンに4人の監督が就任するドタバタ劇が続く。それでも残留が絶望的と見られた状況で就任したフェルナンド・フベロ監督が建て直しに成功し、残留の可性も見えるようになったが、結局大事な終盤戦で勝ち点を落とし、最下位で2度J2降格が決定。

ベロ体制継続で臨んだ2020年だったが、開幕からいまいち波に乗ることができず、後半戦に入って失速。10月にフベロ監督を解任し、鈴木政一が16年ぶり3度監督復帰、さらに遠藤保仁が加入するも6試合を残して1年でのJ1復帰の可性が消滅する。2021年中山雅史コーチとしてチームに復帰。開幕連敗という不安なスタートとなったが、その後は8連勝を飾るなど好調を維持。10月鈴木監督が体調不良のため離脱するが、チームは首位のままシーズンを終え、J2リーグ優勝と2年ぶりのJ1復帰を果たす。

2022年甲府から引き抜いた伊藤彰監督に就任。しかし、前年J2得点王にいたルキアンが移籍してしまい、代役として獲得した杉本健勇は全くの期待外れに。戦低下した状態でJ1を戦うという補強面の失敗がし、最下位に転落。8月浦和戦で0-6と大敗すると伊藤監督は解任となり、渋谷コーチが後任となる。終盤戦に意地は見せたものの、結局最後まで最下位を脱出できず、1年でのJ2降格が決定。
追い打ちをかけるかのように、ファビアンゴンザレスの加入を巡り、前所属クラブ退団後、磐田との契約締結前にタイクラブと取り交わした契約が存在したことに関してFIFA規則に違反するとして補強禁止(ユース含む)の処罰を受けてしまう。

補強禁止という思いハンディを背負った2023年は前日本代表コーチの横内昭展が監督に就任。開幕直後に全移籍に以降したばかりの杉本横浜Mに移籍するというまさかの事態が起こり、開幕10試合で3敗を喫する苦戦を強いられる。しかし、5月から場になるにつれて総合の高さで勝ち点を積み重ねるようになり、後半戦に入ると清水東京Vとの三つで自動昇格圏の2位を争うようになる。2位争いは最終節までもつれこむようになり、3位で迎えた最終節の栃木FC戦に勝利すると、引き分け清水を逆転し、得失点差で東京Vの追撃もかわし、2位が確定。1年でのJ1復帰を果たす。

主なタイトル

国内タイトル

国際タイトル

個人タイトル

ホームタウン

磐田市を始め、浜松市湖西市御前崎市菊川市掛川市袋井市・周智町といった静岡県西部はジュビロ磐田の活動区域となっている(参考exit)。特に浜松市磐田市に続く第二のホームタウンと言われており、また、スポンサー磐田市外に本社を構える企業が付いていることもある。

それらの地域の内磐田市以外は長らく「正式には」ホームタウンに定められていなかったが、2023年5月16日についに他の地域が「正式に」ホームタウンに追加された。

かつてはJリーグ加盟の際には浜松市を本拠地にしようとしたり、同じくJリーグ入りをしていたHonda FCと共用のホームスタジアムを浜北(現:浜松市名区の東部)に構えようという計画もあったとか。まぁ、大人の都合で全てポシャったが。

現在の所属選手

背番号 Pos. 選手名 生年 加入年 前所属 備考
- 監督 横内昭展 1967.11.30 2023 サッカー日本代表 コーチ
1 GK 川島永嗣 1983.3.20 2024 RCストラスブール
2 DF 一輝 1997.11.8 2024 カマタマーレ讃岐
3 DF 森岡 1998.11.20 2021 法政大学 【H】
4 DF 松原 1996.8.30 2022 シント=トロイデンVV 【H】
5 DF 小川 1991.10.16 2014 明治大学 【H】
6 DF 伊藤槙人 1992.10.18 2021 横浜F・マリノス 【H】
7 MF 上原力也 1996.8.25 2015 ベガルタ仙台 【H】
10 MF 山田大記(C) 1988.12.27 2017 カールスルーエSC 【H】
11 FW ジャーメイン 1995.4.19 2022 横浜FC
13 MF 藤川虎太朗 1998.7.2 2017 ギラヴァンツ北九州 【H】
14 MF 松本 1995.1.25 2017 大分トリニータ
15 DF 鈴木 2002.8.25 2021 栃木SC 【H】
16 MF レオ・ゴメス 1997.7.30 2024 ECヴィトーリ
17 FW ウェベルト 2002.6.29 2024 ニューイングランドレボリューション
18 DF 高畑奎汰 2000.9.26 2024 大分トリニータ
19 MF ブルーノジョゼ 1998.3.31 2024 グアラニFC
20 GK 坪井湧也 1999.8.23 2024 ヴィッセル神戸 【レ】
21 GK 三浦 1992.5.27 2017 AC長野パルセイロ
24 GK 杉本 2001.8.17 2024 立正大学 【卒】
25 MF 中村駿 1994.2.24 2024 アビスパ福岡
26 DF 西久保駿 2003.7.30 2024 ジェフユナイテッド千葉
28 MF 鹿沼直生 1997.12.5 2021 SC相模原
31 MF 古川陽介 2003.7.16 2022 静岡学園高校
35 MF 勢己 2005.5.16 2024 東邦高校 【卒】
36 DF リカルド・グラッサ 1997.2.16 2022 ヴァスコ・ダ・ガマ
37 MF 平川 2000.4.20 2024 ロアッソ熊本
39 MF 志郎 2002.8.13 2024 筑波大学(在学中) 【特】
40 MF 金子将太 1995.5.2 2021 清水エスパルス
41 FW 石田 1995.5.4 2024 大田ハナシチズン
46 FW 山本将太 2006.5.8 2024 ジュビロ磐田U-15 【2】
47 GK 飯田恵然 2006.4.5 2024 ジュビロ磐田U-15 【2】
48 MF 川合 2007.3.3 2024 ジュビロ磐田U-15 【2】
50 MF 植村洋斗 2001.8.26 2023 早稲田大学
67 DF 吉村 2003.7.2 2024 関西大学(在学中) 【特】
77 MF 藤原健介 2003.12.21 2022 ジュビロ磐田U-18 【H】

※備考欄は【】=全移籍での加入、【レ】=レンタル移籍での加入、【復】=レンタル先からの復帰、【新】=新任の監督、【昇】=トップチーム昇格、【卒】=新卒での加入、【特】=特別定選手、【2】=2種登録、【H】=ホームグロウン選手

過去に所属した主な選手

歴代監督

監督 在任期間 備考
長澤和明 1993年 ・前身のヤマハ時代から在任
Jリーグ昇格(1993年)
ハンス・オフト 1994年1996年
ルイスフェリペ・スコラーリ 1997年1997年5月
桑原 1997年6月12月 監督代行
Jリーグ優勝(1997年)
バウミール 1998年 Jリーグ1stステージ優勝(1998年)
ナビスコカップ優勝(1998年)
桑原 1999年 アジアクラブ選手権優勝(1999年)
J1リーグ優勝(1999年)
ハジブスキー・ギョキッツァ 2000年2000年9月
鈴木政一 2000年9月2002年 J1リーグ1stステージ優勝(2001年)
J1リーグ優勝(2002年)
下正明 2003年 天皇杯優勝(2003年)
桑原 2004年2004年9月
鈴木政一 2004年9月11月 暫定監督
山本昌 2004年11月2006年6月
アジウソ 2006年6月2007年9月
内山 2007年9月2008年8月
ハンス・オフト 2008年8月12月
下正明 2009年2011年 ナビスコカップ優勝(2010年)
スルガ銀行カップ優勝(2011年
森下仁志 2012年2013年5月
長澤 2013年5月 監督代行
関塚 2013年5月12月 J2降格(2013年)
シャムスカ 2014年2014年9月
名波浩 2014年9月2019年6月 J1昇格(2015年)
鈴木秀人 2019年6月7月
小林 2019年7月8月 監督代行
フェルナンド・フベロ 2019年8月2020年10月 J2降格(2019年)
鈴木政一 2020年10月2021年 J1昇格(2021年)
服部 2021年10月 鈴木政一監督休養中の代行
伊藤彰 2022年2022年8月  
渋谷 2022年8月12月 J2降格(2022年)
横内昭展 2023年 J1昇格(2023年)

余談

Mr.Children桜井和寿名波浩交が深いこともあり、ジュビロ磐田のファンである。クラブの20周年記念試合に著名人チームの一員として出場し、ゴールも決めている。「ジュビケン」(ジュビロ磐田研究会の略)というサッカーチームに所属している。

ジュビロ磐田の初代監督である長澤和明は、女優長澤まさみ父親である。

関連動画

関連項目

外部リンク

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジュビロ磐田

28 ななしのよっしん
2015/02/14(土) 18:55:22 ID: KtRURT2rih
J2に残留しちゃったね。前田とか引き抜かれたし、これは本当に千葉コースまっしぐらかな。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
29 ななしのよっしん
2015/11/27(金) 21:43:40 ID: 942V1/WwW/
ただいまJ1。いってらっしゃいエスパルス
👍
高評価
0
👎
低評価
0
30 熊サポ
2016/01/03(日) 15:45:42 ID: zTI8Ge8Mvb
おめでとう磐田
川辺あそこまで大きく育ててくれてありがとう
今年はよろしく
👍
高評価
0
👎
低評価
0
31 ななしのよっしん
2016/08/17(水) 20:59:47 ID: W1rv6wKMWj
何故かジュ「ピ」ロだと思ってた…
ジュピター辺りに引きずられたのか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
32 ななしのよっしん
2018/11/29(木) 01:17:47 ID: TJm7/YFKXd
何年か前にジュビロj2に初めて降格した時余り騒がれなかったのは
落ちる前年のガンバギャグ見たいな落ち方してそっちの方がインパクトあったからか?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
33 ななしのよっしん
2019/12/01(日) 22:24:42 ID: 5yRqwuCKzT
2013はせいぜい自動降格を免れるか否かの出来でしかなかったよ
チームバラバラじゃねえか状態で落ちるべくして落ちた
諦めの地じゃないかな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
34 ななしのよっしん
2021/09/16(木) 19:24:43 ID: QqzQ0dHG4x
良くも悪くも「ヤマハ発動機サッカー部」を、令和にまで引きずっているイメージしかない
👍
高評価
0
👎
低評価
0
35 ななしのよっしん
2021/10/14(木) 17:39:02 ID: dBZoo2sibh
かつては栄いていたジュビロも、今ではJ2落ちとは哀れじゃのう…

悔しかったら今年度中にJ1に昇格し、来年度はリーグ優勝をせんかい!
かつて栄め、やって見せろよ、ジュビロ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
36 ななしのよっしん
2022/10/30(日) 22:53:08 ID: 5OABRfYK7J
甲府から監督コーチ引抜いておいて監督を解任して降格って、ジュビロ磐田フロントは何がしたいのかわからん
👍
高評価
0
👎
低評価
0
37 ななしのよっしん
2023/04/14(金) 23:39:36 ID: on5Wbvh/XJ
乱闘騒動の磐田-町田 選手がSNSでいがみ合い 「昨日のようなチームに」「ヘタクソ共、高校サッカーやっとけとかクソみたいな発言」
https://nordot.app/1019463913550528512?c=516798125649773665exit
👍
高評価
0
👎
低評価
0