ジュラトドス単語

ジュラトドス
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ジュラトドスとは、『モンスターハンターシリーズに登場するモンスターである。

概要

モンスターハンター:ワールド』にて初登場したモンスター

大陸の「蟻塚の荒地」に生息し、フィールドの南東部に広がる沼地を縄りとする。全身に沼地の泥土をい、頭頂部が特徴的な形状をしているが、泥土を剥がすと同じ種に属する溶岩竜ヴォルガノスにそっくりの姿であることがわかる。しかし、ヴォルガノスと違い鱗はくすんだ色、ヒレは褐色をしている。泥沼を泳ぎ、泥土い、泥塊ブレスとして吐く生態から泥魚竜とも呼ばれている。

MHWストーリーでは、「蟻塚の荒地」へ調に行ったきり行方不明となった学者捜索のため同地に赴き、残された跡を頼りに沼地の下流まで行くと、全身に謎の鋭い棘数に刺さって横たわるボルボロス死骸の傍に、恐怖で蹲る学者を発見。パニックで要領を得ない説明をする彼が何に怯えているのか聞く間もなく、突如沼の中からジュラトドスが現れ、ボルボロスに喰らいつき沼の中へ引きづり込んでいった。その間に学者を沼地から退避させた直後、ジュラトドスはプレイヤーに狙いを定め襲い掛かり、学者を安全に避難させるために狩猟することとなる。

非常に縄り意識が強く、同じく泥をう生態を持つが故によく沼地に現れる土砂竜ボルボロスを特に敵視しているようで、出会うと縄り争いが発生する。縄り争いはまず、泥沼に潜行したジュラトドスがボルボロスの足元から奇襲攻撃を仕掛け、体に巻き付き締め上げてから首筋に噛みつこうとするが、単純なボルボロスの方が強いのか、強引に振り解かれ両者ダメージを受けて痛み分けで終わる。食性は食で、沼地に生息しているアプケロス捕食し、その死骸捕食として残る事がある。

攻撃はに突進や潜行からの奇襲、そして体内に溜めた泥の塊をブレスとして吐き出す等がある。このブレスは被弾すると、スタミナの回復速度が落ちる「属性やられ」になり、プレイヤーの移動速度が遅くなる泥沼の中では更に移動に制限が掛かることになる。また、回避しても着弾地点に泥が広がり、ボルボロスが振り飛ばす泥土と同じく接触することで足元を掬われるトラップとなる。泥の中をスイスイ泳いで攻撃をかわしながら、泥に足を取られて身動きが取れなくなった相手に確実な攻撃を狙うのがジュラトドスの基本戦術である。ボルボロス同様泥をっている間は防御が上昇し、火耐性耐性が付き、属性が弱点となる(泥が剥がれると属性耐性はほぼ逆転する)。MHWでは新標準装備「リンガー」で「リンガー流弾」(素材となるミズタマリゴケは沼地周辺に生えている)を撃ち込むと簡単に泥を洗い流せるが、戦闘がほぼ泥沼の中で行われるため、ボルボロスとはべ物にならない頻度で泥をい直す習性がある。また、ダメージを与えていくと「リンガー着撃弾」の素材となる「粘着」をいくつか落とす。これは着弾部位に貼り付き、その部位への攻撃に連動して打撃属性の追加ダメージを与えるという効果を持ち、ついでに高めの気絶値も入る。そのため、複数の着撃弾が接着した頭部に打撃属性以外の攻撃をしてもスタンが取れるという優れもの。しかも、ジュラトドスは非常に頭部への攻撃に弱いため、頭の泥を落とした後はかなり有効な攻撃となる。

ジュラトドスの素材は、概ね素で属性が付く武器全般が作れる。MHWには他に属性装備の素材になりそうなモンスターがほぼ居ないため、属性といったらジュラトドス(次点でガライーバ)。マム・タロトの鑑定武器も、属性の物はジュラトドスの素材で補修してある。

ヴォルガノスのものと似たシルエットを持つ薄色の防具には、深い場や泥沼での移動速度減少を防ぐ上に、レベルによっては場での回避アップする「場適応」と、泥に嵌っても抜け出しやすくなる「泥耐性」などがあり、ジュラトドス及びボルボロスにはそこそこ有用だが、両方の効果を内蔵した「の装衣」があればそれで十分なのが悲しい所。耐性が高く、スキルによって「氷耐性」も持つのだが、やはり対応する属性攻撃を持つモンスターが少ない上に耐性はそれぞれマイナス火も古龍種を筆頭に強モンスターが多い大陸においてはかなり使い勝手が悪い。一脚装備のみ、重な「集中スキルが付いているため、大剣向け装備に活用される事がある。以上のことからMHW属性の偏りを徴する1例ともなっている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%89%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジュラトドス

27 ななしのよっしん
2021/05/12(水) 01:36:29 ID: MivtMr5JGY
>>24
強撃ビンスラアク使いにとってはオロミド頭並に手放せない存在
スラアクは泥に呪われている…
28 ななしのよっしん
2021/05/12(水) 12:47:35 ID: nDVKwZyZRg
>>23
どろぎょりゅう、らしい
29 ななしのよっしん
2021/05/18(火) 05:49:04 ID: QdqtDY9dzb
中々部位破壊できないと思ってたらコイツ、沼地だとすぐ泥塗りなおして補修するんだったな・・・。
30 ななしのよっしん
2021/05/30(日) 22:10:17 ID: 2RaKbmeC2I
フレがどの狩猟笛だったか忘れたけど笛吹名人つき振打一発で泥引っぺがしてたのでどうしても部位破壊したい人はがいいかもしれない。
全身部位破壊すると見たシーラカンスのそれ。
31 ななしのよっしん
2021/05/30(日) 22:44:13 ID: eDSjs5n7dY
そらそうやろ。全部剥がれないだけでヴォルガノスも足の生えたシーラカンスみたいな見たなんだから。
32 ななしのよっしん
2021/06/01(火) 22:25:27 ID: Ka8d87mJQU
ただでかいだけのっぽい見た、皮ペタ武器劣化ヴォルガノスみたいな防具デザイン
別段戦ってて面でもないし、弱いけどウザいってどうしようもないタイプ
正直今後の作品はコイツに出場与えるくらいならドスガレオスガノトトスにくれってなる。
33 ななしのよっしん
2021/06/03(木) 00:24:25 ID: xR2SnFdLHc
属性の少ないワールドなら希少な属性だったけど
ライズ属性は特にバリエーション多いからなぁ
泥使いもいっぱいいるし
34 ななしのよっしん
2021/06/04(金) 12:20:35 ID: t7d8FWLWCg
ボルボロスオロミドロジュラトドスで沼地を奪い合う三つ状態もあるんだろうか
35 ななしのよっしん
2021/06/04(金) 12:25:46 ID: azPLzy5PEW
装飾品や武器など地味素材を必要とされるので、そのたびに仕方なく狩りにいく
36 ななしのよっしん
2021/06/20(日) 13:14:26 ID: x7eDTTLPEq
頻繁に潜航するのと、遊泳スタイルが基本なせいで柔らかいところ切りにくくて駄に時間がかかる
負けはしないが、かったるい

過去のオススメ記事