ジョアン・レベロ単語

ジョアンレベロ

ジョアン・レベロ(Joan Lebello)とは銀河英雄伝説キャラクターである。

概要

CV家弓家正石黒監督OVA)、江川大輔Die Neue These)。自由惑星同盟最高評議会財務委員長、同最高評議会議長を歴任。ホワン・ルイアレクサンドル・ビュコックらとは親しい間柄であったが、レベロが変節したために袂を分かつことになった。宇宙800年、ロックウェル合作本部長らによって殺される。

石黒監督OVAでは、シドニー・シトレ合作本部長が近所であったことから旧知の間柄とされている。

人物

当初は良心的な政治家であったが、国難の危急に際して判断をめてしまった。彼の政治家としての足取りを以下に記す。ホワン・ルイの項も参照のこと。

帝国領侵攻作戦

財務委員長時代は、精的に活動する良心的な政治家であった。アンドリュー・フォーク准将発案による帝国領侵攻作戦の如何を問う討議においては、イゼルローン要塞を同盟が奪取したことを根拠にし、有利な条件での和解を進言している。戦争によって財政が悪化していることがその理由で、紙幣の額面ではなく重さで商品が売買されるようになる」と、財政悪化による急速なインフレーション経済破綻を懸念していた。事実、同盟は多額の国債フェザーンに発行しており、これは後に同盟にとって弱みにもなった。ホワン・ルイも人的資軍事偏重を懸念し、レベロと同調した。しかし選挙を控え、それへの対策としてより大きな軍事的成功を他の委員長めていたこともあり、反対はヨブ・トリューニヒト委員長も含む三名のみが反対するに留まり、帝国領侵攻作戦は可決されてしまう。

フォーク准将の立てた作戦は「大挙して侵攻し、臨機応変に対応する」という意味不明なものであったので、案の定失敗に終わる。それもアップルトン中将ウランフ中将ボロディン中将など提督をはじめとする多数の同盟将兵、宇宙艦を損なう大敗北であり、同盟軍がその損を回復するのは不可能なほどであった。これ以後、帝国ラインハルト・フォン・ローエングラムが勢を伸ばしたこともあり、同盟の戦略的劣勢は覆せないものとなった。

結果は事前に予測可な範囲であり、事実シト元帥ヤン・ウェンリー中将らは結果を十分に見抜いていたと言える。政治判断からこれに反対した三委員長も同様と言えるだろう。ただし、トリューニヒトだけは自己の政治的野望のために反対しただけであり、他の批判者とは明確に立ち位置が異なることには留意を要する。

ヤン・ウェンリー大将の査問

宇宙798年、フェザーンアドリアン・ルビンスキー自治領は自己の利益のために思惑をめぐらし、同盟の国債償還をにし、同盟政府イゼルローン要塞ヤン・ウェンリー大将問を行わせる。同盟軍基本法には問なるものは既定されておらず、よって法的根拠を欠くといえるが、ネクロポンティ委員長問会を開催した。問は個人攻撃と不毛な議論による人民裁判であり、これはヤンに対する政治リンチであった。

レベロは、問委員の中で一の良識であり彼の盟友でもあるホワン・ルイビュコック宇宙艦隊長官とともに、ヤン解放のために尽した。結果として、ヤンを解放したのはイゼルローン要塞再奪取のために侵攻してきた帝国軍であった。帝国軍を撃退するにはヤン大将揮が不可欠であったため、ネクロポンティはヤンの解放と迎撃揮を命する。ヤンが解放された日の、レベロはヤンと会食する機会をもったが、そこで彼はヤンに対する警心を披している。ヤンを銀河帝国初代皇帝ルドルフ・フォン・ゴールデンバウムになぞらえ、社会が腐敗している状態で人々の期待を得る若き将軍は、独裁の苗床となりうるというもの。ヤンはそんな考えはさらさらないと返したが、レベロの警心は解かれなかった。

最高評議会議長に就任

帝国ラグナロック作戦を発動し同盟領に侵攻してくると、同盟はイゼルローン要塞を放棄し、ヤン艦隊と宇宙艦隊長官直轄艦隊が迎撃を行った。アイランズ委員長は、休養中のトリューニヒト最高評議会議長に代わって最高評議会をまとめ、政治決断により軍を背後から支えることに尽。軍も奮戦した。しかし惑星ハイネセンにロイエンタール及びミッターマイヤー両艦隊の迫り、攻撃により統合作戦本部が破壊されると、職務に復帰したトリューニヒト最高評議会議長は帝国条件降伏提案を受け入れる意向を示す。これにはアイランズやビュコックが強く反対し、ヤンがラインハルトを討つことに望みを託すよう説得したものの、トリューニヒトと懇意にしている地球教徒が武装し議事を妨したために、最高評議会議長の権限で条件降伏の受け入れが決定してしまう。同盟・帝国間で「バーラトの和約」が成立し、同盟は敗北した。

アイランズは病に伏してしまい、トリューニヒトも辞職したため、最高評議会議長の席が席になってしまった。同盟の政治空白が続くと、和約に基づいて帝国高等弁務官が統治を行ってしまう為、これを阻止するためにレベロが最高評議会議長に就任する。和約は同盟が一方的に不利であり、「執行停止状態の死刑囚」と評されるものであったが、レベロは同盟を滅ぼさせないためにあえて首席行政官の職についた。それは彼らしい良心に基づく責任感のあらわれであったが、この「同盟を滅ぼさせない」という信念がかえってとなり、以後レベロは変節していく。そうならざるを得なかったのかも知れない。

ヤン・ウェンリー謀殺未遂事件

帝国高等弁務官のレンネンカンプ上級大将は、ヤンに対する私もあって彼を厳しく監視した。部下のラッツェル大佐はヤンに同情的であったが、レンネンカンプは口実さえあれば、いつでもヤンの逮捕・拘禁をめる所存であった。一方で、バーラトの和約に反対する過な勢の活動が活発化すれば帝国の再侵攻もありえる為、同盟政府もヤンの監視を始める。そのような情勢下で、和約に基づき破棄される同盟の宇宙艦が所属不明の勢に奪取され、またこれに多くの同盟将兵も追従して脱走する事件が発生する。所属不明の勢とは、ヤンが民主主義の苗床を保存することを的とし、帝国への降伏前にウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ提督に率いさせて逃した艦隊だった。ヤンを快く思わない同盟の一部勢は、事件をヤンの仕業であると決め付け高等弁務官府に密告の手紙を送る。それは事実をついてはいたが、根拠は単なる偏見でしかなかった。ラッツェル大佐はこのような卑怯な密告は視するように進言するが、レンネンカンプはむしろ密告を信じたかったので、オーベルシュタインの助言を受けて同盟政府にヤンの身柄引き渡しを要した。

この同盟の窮状に際し、ルイは拠のない密告や根拠のない身柄引き渡し要視し、ヤンの正当な権利を守るように助言した。だがレベロは国立自治大学エンリケ・マルチノ・ボルジェス・デ・アランテス・エ・オリベイラ学長の提案を受け、ヤンの謀殺を決断する。彼を殺すことで反帝国を挫くと同時に、帝国が同盟に干渉する材料を失わせるのが狙いだった。ヤンは検察に逮捕され、ヤンの元部下らの監視も強化されるが、これが事態のいっそうの悪化を招く。

ヤンの妻フレデリカは夫の奪還の為にかつての仲間と連絡を取り、またシェーンコップ退役中将とアッテンボロー退役中将パトカーの静止を振り切り逃走、「薔薇騎士」連隊がヤン奪還の為に活動を初め、情報面では情報将校のバグダッシュ大佐が動き始める。ヤンに近しい軍事が一斉に協調して反旗を翻し始めたのだ。彼らはまずレベロを人質にすると、ロックウェル統合参謀本部議長の端末をハッキングし、直ちにヤンの身柄を解放するよう要する。ロックウェルは話し合う余地が有ると見せかけておいて直ちにヤンの殺を決めるが、拘禁場所に「薔薇騎士」が乗り込んできてヤンの身柄を奪還。さらにレンネンカンプを誘拐して人質にすると、レベロと引き換えに人質にし脱出を論んだ。レンネンカンプは自分が売られたのだと察し、拘禁場所で自ら首を自決した。

ヤン勢は同盟政府脅迫し、死せるレンネンカンプを生きてると見せかけて人質にし、同盟政府に用意させた宇宙艦で脱出した。脱出には、事態を知ったアレックス・キャゼルヌ後方勤務本部長代理とその家族も同行している。ヤンとレベロは、かつて同盟市民から大きな信頼を寄せられており、二人が政治面と軍事面のトップとして組めば理想的であるとまで思われていた。その二人が互いに協する体制を構築することなく、永遠の別離に至ったのだ。

ヤン謀殺に失敗し、その提案をしたオリベイラも自己の保身しか考えていないことを知り、レベロは自身を客観視した、ある思いを抱いている。それが当時の同盟と彼の状況を、最も端的に表していると言えるだろう。

「つまり彼は沈没しかけた老朽船ということであるらしい。いや、同盟が船で、彼は無能船長と言うわけか」

第二次ラグナロック作戦

脱出したヤン艦隊は、発信機を付けたコンテナにレンネンカンプの遺体を載せ、事態の経緯を記した文書と共に解放した。これにより、すべての事が皇帝ラインハルトの知るところとなる。ラインハルトはこれを「和約の精は汚された」とし、同盟への再侵攻を決定。再び同盟と帝国の間で戦火を交える事態が迫った。

ヤンの脱出後、宇宙艦隊長官代理のチュン・ウー・チェン大将はレベロとの会談において、長官の地位をヤンの復帰時のために残しておくべきとしたうえで、ヤンとの敵対を前提とするレベロに兵士たちがあの常勝提督と戦うことを欲するとお思いですか」と、議長の方針を批判している。だがこの頃のレベロは心労によって精衡を失っており、外見からも病んでいる様子が伺えるほどであり、彼の忠告や批判もまともには届いていなかったようだ。チュン・ウー・チェン大将「この人はほどなく灼き切れるな」と、議長の深刻な状態を評している。ルイも度々レベロに助言しようとしたが、レベロの側からそれを断ち切ってしまった。

帝国軍の侵攻作戦が発動されるとビュコックは現役に復帰し、自由惑星同盟最後の宇宙艦隊を率いて出撃した。

最期

ヤンがイゼルローン要塞再々奪取作戦を実施しているのと同時期に、マル・アデッタ域会戦が行われた。チュン・ウー大将が参謀としてそのを最大限に発揮し、ラルフ・カールセン提督が奮戦し、ビュコックは地の利を生かした揮を執り、同盟軍は獅子奮の如く戦った。一時は皇帝旗艦「ブリュンヒルト」に手が届きそうな距離まで近づいたものの、帝国の厚い戦を前に先はむなしく宙を掻くだけだった。ビュコックは残存艦隊をイゼルローン方面へ逃がすと、チュン・ウー・チェンらと共にマル・アデッタの宙に散る。

帝国軍本隊がハイネセンまで迫っている頃、最高評議会議長室では歴史の一幕が降りようとしていた。ロックウェル合作本部長に率いられた同盟軍高級幹部が、レベロがヤンと同じように自分達の謀殺するのではないかと疑い、またラインハルトに恭順を示すためにもと、議長を殺しようと乗り込んできたのだ。レベロはうろたえることなく彼らの口の前に立ち、「自衛というが、用のことだ。帝国軍がきみたちの首を要するはずがない。きみたちはヤン・ウェンリーではない」「私の良心ときみたちの良心とでは、かせられた義務もことなる。だが、よろしい。私を撃ってきみたちの安全をかいたまえ」と毅然とした態度を示した。ロックウェルらは議長の態度にひるむ様子をみせたが、結局はレベロを殺してしまう。彼が最期に見せた毅然さは、紛れもなくジョアン・レベロであったと言えるだろう。

この事を知ったヤンは「彼らは自分自身の処刑命書にサインしたことになる」と評した。事実、恭順を示した卑怯者に対し、ラインハルトは彼らの死で報いている。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジョアン・レベロ

68 ななしのよっしん
2017/09/16(土) 14:00:07 ID: IVyunYr13I
オーベルシュタインと違って頼れるトップ明るい未来いんだからそこらへんも考慮してあげようよ
まあアンスバッハテロが成功したとかで野心とと聡明さのあるトップを失ったオーベルシュタイン興味深くはあるけど
69 ななしのよっしん
2017/09/28(木) 14:43:38 ID: RHixaX4y10
オーベルシュタインは、「いざとなれば自分がトップに切り捨てられればいいや。いやそのためにも、反論できない正論で自分にヘイト集めとこう」って開き直りもあったと思う。


>「市民諸君、顔を上げろ! 民主主義は必ず立ち上がれる! を信じろ!」と調子のいいことだけを高らかに叫べ楽天
フェザーンが占領された間しゃべらなくなった楽天が先代議長なので、がやってもも信じてくれないんじゃないかなぁ……
あえて言うなら、ヤンが言えばできたかもしれんが、ヤン政権とか(本人のやる気はこの際度外視するとしても)さすがに帝国が黙ってないだろうし
70 ななしのよっしん
2018/06/22(金) 07:26:04 ID: ii1gUfJMGe
イゼルローン奪取後の会議はレベロも意外と冷静じゃなかったかもな。
正論だが帝国を潰したがってる人々にあの言葉は届かない。
71 ななしのよっしん
2018/07/24(火) 20:38:07 ID: fFTYsgc90z
当人が考えてる以上に逆に弱かったタイプなのかもね
危険な状況に対して冷静なつもりでテンパった行動してるとか?
同盟末期も冷、冷酷な判断に見えて寝て起きたら考え直してる程度の刹那的な決断で進めちまってたのかな
72 ななしのよっしん
2018/11/09(金) 19:53:19 ID: V0aEzZ5xlp
この記事にも「組織のために個人が犠牲になるのは仕方ない」的な意見がたびたび出てくるな。
そうした意見には一定の正当性はあるはずなのに説得を欠いているように見えるのはどうしてだろう
73 ななしのよっしん
2018/12/02(日) 18:32:20 ID: f0124Q/Jf2
レベロの暴走は結果として帝国が介入する口実を作ってしまったけど、そもそも事の発端(メルカッツ逃亡、戦艦強奪)を作ったのはヤンなんだからレベロだけの責任でもいんだよな。
レベロが同盟存続のために一時的にヤンと手を組むくらい精的に余裕があったら展開も変わっていたかもしれない

それはそうとヤンはなんでレベロと手を組むことにっていたのか今でも疑問に思う。トリューニヒトはまだしもヤンとレベロの間には利関係も個人的感情も絡んでなかったんだから説得するのは較的簡単だったと思うんだけど
74 ななしのよっしん
2019/01/03(木) 19:20:13 ID: gSDNHS85rV
>>73
それは順番が逆かな。ヤンがレベロと手を組むことをするより、レベロがヤンを信じられなくて、しかもそれを形に出してる(問会から解放後の夕食会や新婚旅行中の露な監視)のを見て、「少なくとも秘密はあかせない」と見切ったんだと思う。

忘れちゃいけないのが、市民市民に選ばれた政府に忠を誓ったはずの同盟軍が、一部にせよ反逆したのがついこの間だってこと。しかも大義名分は「国家危機に対する緊急避難」だった。
レベロにしてみたら、帝国軍も怖いが同盟軍も怖い、という心にならざるを得ないんだろうな。
75 ななしのよっしん
2019/01/04(金) 23:28:30 ID: f0124Q/Jf2
>>74
ヤンがレベロと手を組むのにしていなかったなら普段からレベロと関わって信頼関係を築き上げていこうと考えるだけど、そうした描写が作中にないからヤンはレベロ個人はともかくとして政治家に対して強い不信感を抱いていたんじゃないかと思う

それとレベロがヤンに対して不信感を募らせていたのはヤンの人柄についてよく理解していなかったのが大きな原因な訳だから、そこはヤンがちゃんとレベロを説得して理解させてあげればよかったんだよ
たった一回の夕食会で会話したくらいじゃレベロもヤンの人柄を把握するのは不可能だろうし、なんにせよヤンがシビリアンコントロールに忠実であるならレベロの疑心を取り除いてあげなきゃいけなかったんじゃないの
76 ななしのよっしん
2019/01/04(金) 23:39:30 ID: ORZ6jo4KuO
自分から積極的に政治家と手を組んで腐敗した現状を打破しよう、
などと言い出すような性分じゃないでしょうよ
それじゃ個人のコネで帝国領大侵攻をやらせかさんと何も変わらない
自分に思うところはある、でもそれを言していいのかは別の話、なぜなら職業軍人だから
77 ななしのよっしん
2019/01/05(土) 09:21:13 ID: gSDNHS85rV
>>75
>>76
結論としてはざっくりしすぎだけど、ヤンもレベロも「それはそれ、これはこれ」ができない性分なんだろうな。
本来それは、易きに流れず自分をする美徳とも言えるんだけど。