ジョゼップ・グアルディオラ単語

ジョゼップグアルディオラ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ジョゼップ・グアルディオラ・イ・サラJosep Guardiola i Sala, 1971年1月18日 - )とは、スペインカタルーニャサッカー選手サッカー導者である。称はペップペップ・グアルディオラと呼ばれることも多い。

180cm76kg。利き足は右足。2016年よりイングランドプレミアリーグマンチェスター・シティFC監督を務めている。

概要

現役時代のポジションは守備的なミッドフィルダーで、ヨハン・クライフドリームチームなどFCバルセロナとして活躍。6度のリーガ・エスパニョーラ優勝を経験。1991-92シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグとの2冠を獲得。

監督してはFCバルセロナ就任1年で6冠を成し遂げ、就任4年で合計14個のタイトルをもたらしており、ヨハン・クライフが率いたドリームチームが残した結果を上回る黄金時代を築き上げている。また、バイエルン・ミュンヘンマンチェスター・シティでもリーグ優勝を達成。世界でも最高レベルの名将として名を馳せている。また、史上6人しかない選手、監督両方でUEFAチャンピオンズリーグ優勝を成し遂げた人物の1人である。

現役時代も監督としても、バルセロナシンボルとしてカリスマ的な人気を持っている。また、監督としての哲学は、サッカー界全体に大きな影を与えており、戦術マニアたちの研究材料として用いられることが多い。

経歴

クラブでのキャリア

カタルーニャ地方のサンパドーで生まれ、カンプノウからわずか100mほどの学校に通っていた。幼い頃の憧れの選手は元ドイツ代表のベルント・シュスター

13歳でFCバルセロナカンテラに入り、ラ・マシアに入寮。このときバルセロナトップチームヨハン・クライフに率いられドリームチームと呼ばれており199091シーズンから1993ー1994シーズンリーガを4連覇しているが、グアルディオラは1990年トップチームデビューし、翌シーズンにはレギュラーの座を掴み、以降不動のピボーテ(中盤の底に位置する)として君臨。1991-92シーズンには、としてUEFAチャンピオンズカップ優勝をもたらし、ドリームチームの中心人物の1人として活躍し続けた。

クライフチームを去りドリームチーム要な選手の多くがいなくなった後もグアルディオラはバルセロナの中心選手として活躍。チームにやって来た数々の一流のアタッカーを操り、1996-97シーズンには怪物ロナウドと共演している。しかし、1997-98シーズンふくらはぎの負傷によって長期の欠場を経験したのを皮切りに、深刻な怪によって戦線を離脱することが多くなる。2001年4月11日カンテラ時代から17年間プレーし、将も務め、16個のタイトルをもたらしたバルセロナを退団することを表明。

2001年セリエAのブレシアに移籍。当時所属していたロベルト・バッジョと一緒にプレーしたかったというのが新地を選んだ理由だった。その後、ASローマにも所属したがセリエAではあまり活躍できなかった。また、2001年11月ドーピングによって禁止物のドーピングによって陽性反応が示され、4カの出場停止処分を受けている。

その後はカタールアル・アハリに移籍し、2006年メキシコドラドで現役を引退。グアルディオラは現役中にドラド揮するマヌエル・リージョ監督の下でプレイしたかったという。

一方、2005年に有罪判決まで下されたドーピング疑惑については、一貫してイタリアの検方法の杜撰さを理由に無罪しており、引退後もこの戦いは続いていた。一度は無罪判決を受けたものの、イタリアオリンピック委員会が上訴したことで問題は長引き、全に潔明される判決が下されたのは2009年9月となった。

スペイン代表としてのキャリア

1992年U-23スペイン代表のキャプテンとして、地元開催となったバルセロナオリンピックに出場。初戦となったコロンビア戦でゴールを決めるなどとして活躍し、初の金メダル獲得をもたらしている。

フル代表には、1992年10月14日アメリカW杯欧州予選北アイルランド戦でデビュー1994年6月には、1994 FIFAワールドカップに出場。グループリーグボリビア戦でゴールを決めているが、出場はスタメンで出た2試合のみとなった。

1994W杯後のスペイン代表は、長きに渡って敗を誇り、無敵艦隊と称されていた。しかし、スター選手相手でも容赦なく厳格に振る舞うハビエル・クレメンス監督との折り合いが悪く、たびたび控えに回されることもあり、UEFA欧州選手権1996ではメンバーから外されている。1998W杯ヨーロッパ予選では、ユーゴスラビア勝し、試合後「たちは強いんだ」と過小評価してきたメディアに自分たちのアピールする発言を残している。しかし、1998 FIFAワールドカップ本大会は負傷のために欠場となる。

その後、代表に復帰し、2000年に開催されたUEFA EURO2000に出場。中盤の底からラウール・ゴンザレスら若いアタッカーにパスを供給し、ベテランとしてチームを支えるが、準々決勝でジネディーヌ・ジダンを擁するフランスの前に敗。以降は怪もあって代表から遠ざかり、2001年10月14日メキシコとの親善試合が代表での最後の出場となる。

スペイン代表としては47試合に出場し5得点

指導者としてのキャリア

バルセロナ時代

現役引退後、導者としてのに進み、2007年FCバルセロナBの監督就任。6年ぶりに古巣へ復帰し、監督としてのキャリアスタートさせる。当時テルセーラ・ディビジオン(4期)に所属していたチームを就任1年でセグンダ・ディビジオンB(3部)に昇格させる。

2008年5月8日2008-09シーズンよりフランクライカールトの後を受けてFCバルセロナトップチーム監督に就任することが発表される。当時のバルセロナは2シーズン連続で冠に終わる暗黒時代に入っていた中、ロナウジーニョデコサミュエル・エトー選手の構想外を宣言(エトーは残留)。チームリオネル・メッシシャビアンドレス・イニエスタといったカンテラ出身の選手を中心に構成する。トップカテゴリでの監督経験し、リーグ開幕戦で昇格組のヌマンシア敗北といった要素からグアルディオラの手腕を不安視するもあったが、ディフェンスラインを高く保ち、最終ラインから組み立てる攻撃的なポゼッションサッカー武器2位レアル・マドリーに9ポイント差をつけてリーガ・エスパニョーラを制覇。コパ・デル・レイUEFAチャンピオンズリーグでも優勝スペインクラブとして初めて三冠トレブルを成し遂げた。

2009-10シーズン頭にはスーペルコパ・デ・エスパーニャUEFAスーパーカップで勝ち、2009年12月にはクラブワールドカップ優勝。この年エトーとのトレードでズラタン・イブラヒモビッチインテルから獲得したが、チームフィットしきれていないとみると見切りをつけ、メッシを偽の9番として起用し、純CFタイプの選手を置かない新しいスタイルを模索。さらに、バルセロナB時代の教え子であるセルジ・ブスケッツやペドロ・ロドリゲスを重用。CLベスト4でインテルに敗れたが、リーガ連覇を達成。最終的に6つのタイトルを獲得したシーズンとなった。

就任3年となった2010-11シーズンチーム完成形に到達し、シャビイニエスタブスケッツを擁する中盤の圧倒的なポゼッションによって全ての試合で試合を支配することができ、メッシダビド・ビジャペドロのMVPトリオは中盤とうまく絡みながらゴールを重ねていく。2010年11月29日エル・クラシコでは、宿敵レアル・マドリードを5-0で撃破し、世界中を震撼させる。2011年には、CL、コパ・デルレイも含めて4度クラシコおこなわれたが、3勝1分と大きく勝ち越してレアルに差を付ける。また、就任以来エースとして起用したメッシ異次元の才を発揮するようになり、非の打ち所がない欠のチームとなる。このシーズンでは2度トレブル獲得を達成するなど、タイトルを総なめにしたシーズンとなり、導者としてもクラブ黄金時代を築き上げる。

2011-12シーズンは、カンテラ出身であるセスク・ファブレガスアーセナルから獲得し、クライフの時代のフォーメーションだった3-4-3を導入するなど、新たな試みにチャレンジすることでチームをさらに発展させようとしていた。しかし、ビジャの長期離脱を筆頭にに怪人が続出したこともあって後半戦にチームは失速。死の3連戦とも呼ばれた2012年4月の重要な試合に1勝もできなかったことでリーガCLタイトルを失い、4月27日に心身の消耗を理由に退任を表明。最後の試合となったコパ・デル・レイ決勝に勝利し、優秀の美を飾る。

バイエルン時代

退任後はアメリカ家族との時間を過ごし、フリーの身となった直後からプレミアリーグの複数チームから打診があったようだが、2013年1月16日ドイツブンデスリーガFCバイエルン・ミュンヘン2013-14シーズンより揮する事が決まる。

前のシーズンにユップ・ハインケス監督三冠を達成したチームを引き継ぐ形となったが、バルセロナ時代の教え子であるチアゴアルカンタラを獲得し、自らの哲学チームに植え付けていく。キャプテンフィリップ・ラームを中盤にコンバートするなど大胆な革をもたらし、バルセロナの頃とべて長いボールを有効活用しながらアリエン・ロッベンフランク・リベリの両ウイングによるアイソレーションを多用したサイドアタックを前面に打ち出したスタイルを構築。圧倒的な強さでブンデスリーガでは首位を独走し、7試合残しての優勝を達成。一方、CLは準決勝でレアル・マドリードに大敗し、批判を受ける。それでも、DFBポカールタイトルを獲り、内二冠を達成。

2シーズンとなった2014-15シーズンは、ロベルト・レヴァンドフスキシャビ・アロンソフアン・ベルナトが加入したことで4-3-3と3-5-2、3-4-3を試合ごとに使い分けられるチーム作りを進める。しかし、に長期離脱を強いられる選手が続出する異常事態となり、本職のCBがいないメンバー構成で試合に臨むこともあった。業を煮やしたのか、チームメディカルチーム然と批判したことで医療スタッフと対立。長年チームドクターを務めたミュラー=ヴォーハール医師が辞任したことで、一部のクラブOBとも対立する。それでもブンデスリーガでは、開幕から独走して優勝。一方、CLでは準決勝で古巣のバルセロナと対戦するが、教え子であるメッシに試合を決められ、敗。

2015-16シーズンも開幕からリベリとロッベンの両が不在となるが、ドグラスコスタとキングスレイ・コマンが代役以上の活躍を見せ、ブンデスリーガでは開幕から9連勝を飾る。このシーズンも怪人の多さに悩まされることとなるが、ダビド・アラバやヨシュアキミッヒをCBで起用するなど、工夫を凝らすことで乗り切り、2年ぶりの内二冠を達成。しかし、CLではカウンター対応という課題をしきれず、準決勝でアトレティコ・マドリードに敗れる。ドイツでの3年間はバルセロナの時ほどチーム作りがうまくいかず、クラブの伝統を重んじるOBからの反発もあったが、ドイツ代表がポゼッション志向のチームを進めるなど、ドイツサッカー界に影を残した。

マンチェスター・シティ時代

2016年2月イングランドプレミアリーグマンチェスター・シティFC監督2016-17シーズンから就任することが発表される。マンチェスター・シティ2012年にグアルディオラの盟友であるチキ・ベギリスタインをフットボールディレクターとして就任させており、以前からグアルディオラを監督として迎えるための準備を進めていた。

就任1年からポゼッションをベースとしたスタイルバイエルン時代に編み出した偽のサイドバックを導入し、開幕5連勝という々しいスタートを切る。しかし、ケヴィン・デ・ブライネダビド・シルバを中心とした攻撃は機していたが、守備の脆弱さがに付いていた。特に古巣のバルセロナから引き抜く形となったクラウディオブラーボがプレミアリーグ特有のスタイル染めず、ミスを連発するなど極度のスランプに陥ってしまったのが大きな誤算となった。結局プレミアリーグで3位に入ってCL出場権を獲得するのがやっとで、トップチーム監督を務めてからのキャリアでは初のシーズン冠に終わる。

2017-18シーズンは、懸案事項だったGKにエデルソン・モラレスが加入したことで守備が安定するようになり、デ・ブライネラヒーム・スターリングレロイ・サネといった選手が急成長するなど、自身の哲学チームに浸透するようになる。この頃から、自らの戦術スタイルを言化するようになり、ポジショナルプレー、5レーンの理論世界中に広がり、サッカー界のブームとなる。特にハーフスペースの住人として導してきたデ・ブライネはグアルディオラの哲学全に自分のものにし、世界最高クラスMFに君臨する。最後の懸念材料だったCBアイリク・ラポルテに加入し、チーム完成度を増す。プレミアリーグではリーグ新記録の15連勝、クラブ記録の22試合連続敗、史上初の勝ち点100到達と数々の記録を作り出し、2018年4月15日優勝を決める。

就任3年となる2018-19シーズンは、ユルゲン・クロップ監督率いるリヴァプールFCとのしい首位争いを繰り広げることとなる。チームの大柱に成長したデ・ブライネが怪シーズンの大半を不在となったが、ベルナルド・シルバを中盤にコンバートすることでを埋める。開幕から15試合連続敗、最終節まで14連勝という圧倒的強さを見せながら、食らいついてくるリヴァプールとの優勝争いは最後までもつれ込むが、勝ち点わずか1の差で逃げ切りに成功し、リーグ戦連覇を達成。同時にFAカップとEFLカップ優勝し、三冠を達成。一方、CLでは準々決勝でトッテナム・ホットスパーを相手にアウェイゴールの差で敗れ、2年連続でベスト8止まりとなる。

2019-20シーズンは、最終ラインを中心に怪人が立ち、毎試合バックラインの構成を組み替えなければならないような状況もあって、開幕から取りこぼしが多くなった。2020年に入ったあたりには、首位を走るリヴァプールの独走を許すこととなり、事実々と優勝戦線から脱落することとなった。

個人成績

選手としての成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
199890 バルセロナB セグンダB
199091 バルセロナ プリメーラ 4 0
199192 バルセロナ プリメーラ 26 0
1992-93 バルセロナ プリメーラ 28 0
1993-94 バルセロナ プリメーラ 34 0
1994-95 バルセロナ プリメーラ 24 2
1995-96 バルセロナ プリメーラ 32 1
1996-97 バルセロナ プリメーラ 38 0
1997-98 バルセロナ プリメーラ 6 0
1998-99 バルセロナ プリメーラ 22 1
1999-00 バルセロナ プリメーラ 25 0
2000-01 バルセロナ プリメーラ 24 2
2001-02 ブレシア セリエA 11 2
2002-03 ローマ セリエA 4 0
2003-04 ブレシア セリエA 13 1
アル・アハリ スターズリーグ
2004-05 アル・アハリ スターズリーグ
2005-06 ドラドス・デ・シナロア リーガMX 10 1

監督としての成績

シーズン クラブ リーグ 順位 獲得タイトル
2007ー08 バルセロナB テルセーラ 1位 リーグ
2008-09 バルセロナ プリメーラ 1位 リーガ、コパ、CL
2009-10 バルセロナ プリメーラ 1位 リーガ
2010-11 バルセロナ プリメーラ 1位 リーガ、コパ、CL
2011-12 バルセロナ プリメーラ 2位 コパ
2013-14 バイエルン ブンデスリーガ 1位 リーグ、ポカール
2014-15 バイエルン ブンデスリーガ 1位 リーグ
2015-16 バイエルン ブンデスリーガ 1位 リーグ、ポカール
2016-17 マンチェスター・シティ プレミアリーグ 3位
2017-18 マンチェスター・シティ プレミアリーグ 1位 リーグ、EFL
2018-19 マンチェスター・シティ プレミアリーグ 1位 リーグFA、EFL
2019-20 マンチェスター・シティ プレミアリーグ 2位 EFL

プレースタイル

バルセロナでは多くの選手の憧れのポジションである中盤の底に位置するピボーテ(4番)のポジションを担い、クラブ歴史に残る名手の一人として認識されている。フィジカル、運動量、スピードといった身体的なは特別秀でたものがあるわけではないが、視野の広さと正確なパスを活かしたゲームメイクは人並み外れたものがあり、才に惚れ込んだヨハン・クライフから若くして4番のポジションを任されるほどだった。

長短織り交ぜたパスでチャンスを作り出し、1本のパスで決定機を生み出す。バルセロナのパスワークのほとんどがグアルディオラを経由し、ロマーリオ、フリスト・ストイチコフ、ロナウドルイス・フィーゴ、リバウドといった歴代のバルセロナのアタッカーを操縦。当時「バルセロナの攻撃はダイレクトに前線に繋ぐよりもペップを経由したほうが速い」と言われたほどで、もが気付かないようなわずかなスペースに針のをも通すような正確なパスを通し、観るものを唸らせ続けた。

ペップのエレガントパサーとしてのスタイルは、後世の選手にも大きな影を与えており、後にバルセロナスペイン代表で黄金時代を築いたシャビイニエスタセスクらにとっての少年時代アイドルであり、バルセロナのみならずスペインサッカー全体に大きな影を残している。

指導者としての哲学

ピッチを縦に5等分した5レーンを活用しながらトライアングルを形成し、数的優位、質的優位、配置的優位を生み出し、圧倒的なポゼッションを駆使して相手を支配するスタイル哲学としている。現役時代の恩師であるクライフ哲学を現代フットボールアレンジしたものであり、後方からボール論理的に動かし、ゴールまでの筋を逆算している。また、試合の中での修正にも秀でており、対策されて手詰まりになったときでも大胆な采配によって流れを変えることを得意としている。

しばしばティキタカが注され、何本パスを繋いだかが取り沙汰されるが、ペップ自身は自伝において「ティキタカゴミで、何の意味もない」とこれを否定。パスワークはあくまで相手を支配し、導権を握り続けるための手段に過ぎないという考え方で、「明確に意図がある場合のみパスを出すべきだ」と。ビルドアップの的を時間とスペースを前に繋ぐことと定義し、選手のポジショングの正確さと移動によって相手の守備を動かすことをむしろ重視している。

守備に関しては、ボールを失った後の即時奪還を重要視しており、前線からのプレッシングによってボール保持の回復を狙いとする。守備の哲学については、キャリア晩年にプレーしたイタリアの文化の影を受けており、アリーゴ・サッキがもたらしたプレッシング哲学を学んでいる。ただし、バックラインを非常に高く押し上げるため、前からのプレッシングが外されると縦パス一本で裏のスペースを突かれる大きなリスクを抱えている。

人心握術にも定評があり、裏では選手に高度な要を突きつけるが、メディアの前で特定の選手を批判するようなことはしない。また、選手の適性を見つけることにも長けており、メッシラームフェルナンジーニョ、デ・ブライネを違うポジションにコンバートすることで才を開させた実績を持つ。練習も非常に論理的であることで知られ、チームにいくつものオートティズムを叩き込んでいる。一方、「選手の意見は聞いても、議論はしない」というのをモットーとしており、規を乱す選手は例えスター選手であっても容赦なく切り捨てている。そのため、エトーイブラヒモビッチ、ヤヤ・トゥーレといったの強い選手と対立したことがある。

バルセロナで成功して以降、彼のフットボール哲学世界中のサッカーにムーブメントを起こし、2010年代以降の戦術のトレンドを生み出している監督と言える。ペップのスタイルを模倣するチームヨーロッパ以外でも見られるようになり、むしろこれを打ち倒すための戦術が考案されるという観点でも、フットボールの発展と進化を呼び込んでいる。

を受けている導者としては、クライフ、サッキ、リージョなどが挙げられる。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジョゼップ・グアルディオラ

1 ななしのよっしん
2013/04/23(火) 19:41:40 ID: T8kW0HXmoa
過大評価だとかよく言われるけど、少なくともモウリーニョ天才だと認める人は彼も天才だと認めなきゃだろう。
就任したクラブを常に初年からリーグ連覇に導いてきたモウリーニョ一手こずらせた監督だからな。
バイエルン揮する頃にモウリーニョがどこに就任しているかはまだわからないけど、また二人の名将対決が見てみたい。
2 ななしのよっしん
2016/11/21(月) 14:09:17 ID: MhNxQ5AQWW
セックスしなければいいサッカー選手になれないとか言うが、カカバロンドールを獲得する活躍をしたのは童貞時代だ
サッカーのことわかっちゃいないなと思ったよ
3 ななしのよっしん
2016/12/06(火) 10:14:55 ID: K4NhdgKXQ3
その前のバロンドール獲得者は非童貞が多いんだが
サッカーのことをわかってないのはお前みたいな自称玄人
4 ななしのよっしん
2017/12/25(月) 11:35:53 ID: T8kW0HXmoa
「強いチームしか揮しないチキン」とか陰口かれてきたけど、
逆に揮した全てのチームリーグ連勝記録達成出来る監督なんて他にいるか?
好き嫌いは別にしても無能と断じるのは不可能レベルの名将だと思う。