ジョニーウォーカー単語

ジョニーウォーカー
2.7千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ジョニーウォーカーとは、世界一売れているスコッチウイスキーブランド

概要

スコットランド産のウイスキースコッチの中で世界一売れている銘柄。
種別としてはブレッドウイスキー[1]ブレンデッドモルトウイスキー[2]

ブランド設立は1909年。しかしそのルーツ1820年まで遡る。
初代創業者のジョンウォーカー若干14歳食料雑貨店を開き、紅茶ヒントウイスキーブレンドを始めたのが全ての始まり
ジョン称にちなみ、三代目であるジョージウォーカーによって『ジョニーウォーカー』が設立された。
当時品質が不安定だったウイスキーブレンドする事により高品質で安定したウイスキーを供給でき、二代の頃にはく間にイギリス中に広まり、ブランド発足後には世界規模へと成長していった。
現在はディアジオ社下。

日本国内でも古くから「ジョニ」「ジョニ」としまれている銘柄。
1980年代までは酒税が非常に高かったのもあり、当時のジョニは1万円以上、
現在貨幣価値換算なら3万円オーバーという高級品の代名詞だった。
90年には酒税正で急に本場と同じく数千円で買えるように。
それまでは政治家賄賂などに利用されていたが、味は変わらないのに税制正で価格が下がって賄賂などに利用されなくなったとか変な話も。

レギュラーラインナップ

レッドラベル

通称「ジョニ」。
大体1000円で買える最も安いジョニーウォーカー。
最初は10年熟成表記だったようだが現在のものはノンエイジ(熟成年数表記し)。

成年数の短いウイスキー特有のアルコールの刺はあるものの、同価格帯の中ではハイレベルに仕上がっている。世界で最も売れている1000円スコッチ

ブラックラベル12年

通称「ジョニ」。ジョニーウォーカーの代名詞的存在。
前身である「オールハイランド」も含めれば最も古い元祖のジョニーウォーカー
成年数12年表記なので最低12年以上熟成した原が40種類以上ブレンドされている。
種類の多さは単純に複雑さを出すだけでなく、ウイスキーで難しい大量生産と品質の安定を両立する為。

2000円台のウイスキーで最高峰に挙げるウイスキー好きも多い。
かなピート[3]スモーキーさに甘み、フルーティーさ、ウッディーさなど、ウイスキーの要素を全て網羅するかの様なバランスの良さが売り。
ウイスキー初心者の最初の1本にオススメ。
最初はフーンで終わるかもしれないが、その後シングルルト経験値も増やしてから戻ってくるとこのクオリティの高さを実感できることだろう。

ダブルブラック

かなり新参の銘柄。
元々は免税店向けのバリエーションだったが好評を受けてレギュラー入りした。
ジョニと違いノンエイ[4]

味わいはジョニからフルーティー感を減らして代わりにスモーキーさとバニラの甘みを増した感じ。
ピート香はアイラルト[5]のようなヨードでなく、木を燃やしたような煙感。
スモーキーさが好きな層はジョニよりこちら。

グリーンラベル15年

を放つ人気ボトル。
ジョニーウォーカーで一、グレーン原を含まず100%ルトのみブレンドされたブレンデッドモルト
ジャパニーズウイスキーで言えば竹鶴ピュアモルトと同じカテゴリである。
前身であるピュアルト15年が1997年に発売され、2004年グリーンラベル15年と命名された。
最低15年以上熟成させたタリスカー、クラガンモアリンクウッド、カリラ体にブレンドされている。

ジョニよりスモーキーさとフルーティーさの両方が濃いだけでなく、よく原の香りだとか若の香りだとか表現される独特の爽快な香りが鼻に抜ける。
ジョニが2本買えるお値段だがジョニ好きは一度は飲んでみるべき一本。

ゴールドラベルリザーブ

補欠版のジョニ現在ジョニと言われるのはこれ。
且つて「ゴールドラベル18年」として売られていたが原不足によりノンエイジ化。
補欠を意味する「リザーブ」の名前が付けられ価格もグリーンラベルと同等に。

ジョニーウォーカーの中ではピート香が最も少なくクセい。
甘さとフルーティー爽やかさが全面に出ているが厚みもあり芳醇。
補欠扱いとは言え侮れない旨さ。

18年

且つてのゴールドラベル18年が終売後プラチナラベル18年として復活し、最終的にこれに。
何故か色ラベルじゃなくなった。
歴代のマスターブレンダー[6]のプライベートレシピを基に編み出されたそうで、ジョニーウォーカーの集大成と言えるボトル。

18年熟成ゆえのまろやかさが特徴。フルーティーさとスモーキーさを味わえる。
ジョニーウォーカーの中ではグリーンなどよりも飲みやすいが、決してつまらない難さと言う訳ではない。ハイレベル優等生タイプ

ブルーラベル

レギュラー品では最上級のジョニーウォーカー。究極のブレンデッド。
全ボトルにシリアルナンバーが刻印されておりで高級感が物凄い。
表記上ノンエイジではあるが貯蔵の中から最精鋭の原を選び抜き、それらは15年~60年熟成物の原との事。

非常にスムーズで優しい印の飲み口。
かにスモーキーで甘みが強く、後味はスパイシー。優しい飲み口なのに余韻が長く、変化していく。
非常に複雑で難解。クオリティは高いが正直初心者には難しいウイスキーかもしれない。

限定品

ウイスキーは期間限定のバリエーション品が多いがジョニーウォーカーは特にである。
免税店向けやゲームドラマとのコラボまで多数。
イロモノのような品も多いが中には正統派な物も。

最近ではジョニの原から産地ごとにクローズアップしたオリジンシリーズ人気を博した。
中には閉鎖蒸留所の希少な原ブレンドしたブルーラベル ゴーストレアという通常のブルーラベル以上の高級品も。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *大麦麦芽から作られるモルトと、小麦、ライ麦、コーンなどから作られるグレーン原ブレンドしたもの。
  2. *グレーン原は含まず、複数の蒸留所のモルトのみをブレンドしたもの。
  3. *スコッチピート(泥炭、植物死骸が蓄積して泥化した化石燃料、石炭の前身とも)を燻して麦芽を燥させつつ香りを付けるのが流。
  4. *年数表記し。若く安い原を使っている場合が多いが、高級品の場合は味最優先で年数に拘らないというパターンもある。
  5. *スコッチ6大産地の一つ、アイラウイスキー藻由来の磯臭いピートを使ったクセの強い香りが特徴。
  6. *ブレンレシピ、つまりは味の全てを決めるブレンダーの最高責任者。

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジョニーウォーカー

1 ななしのよっしん
2022/02/10(木) 17:59:19 ID: RC4AdZrPQX
心臓集めてそう
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2022/02/12(土) 19:58:44 ID: /La9b7xf8O
ジョニーウォーカーほんと美味い
👍
高評価
0
👎
低評価
0