ジョン・ウー単語

ジョンウー

ジョン・ウーとは、香港映画監督である。

概要

1986年開された『男たちの挽歌』で脚を浴びる。当時コメディ映画カンフー映画流であった香港映画において、香港マフィア世界しいアクションで描いた『男たちの挽歌』はとても話題となり、香港のみならず世界中で大ヒットを記録する。その続編もヒットする。

その後1993年サム・ライミに招かれてジャン=クロード・ヴァン・ダム演のアクション映画ハードターゲット』を監督。これがハリウッドデビュー作となる。続く『ブロークン・アロー』がヒット。『パルプ・フィクション』で人気が再燃したジョントラボルタはこの映画でのノリノリ悪役演技でハリウッドスターとして全復活をする。続く『フェイス/オフ』でもジョントラボルタを起用し、相手役にニコラス・ケイジを出演させる。お互いの顔を取り換えたFBI官とテロリストとの戦いという奇抜なストーリーと、ジョン・ウーの持ち味であるガン・アクションや美的センスを十二分に生かした本作は世界中でヒットする。

2001年にはトム・クルーズ直々のオファーにより、『M:I-2 ミッション:インポッシブル2』を監督スパイ映画らしからぬアクションシーンの連続に数々の酷評を受けるが、こちらの映画世界中で大ヒットを記録する。

2007年には中国にて『三国志演義』を元にした映画製作を発表。これが『レッドクリフ』である。チョウユンファが出演料問題で降するなどしたが、その後の製作事に進み、二部作で開されることが発表されたことにより、さらなる話題となる。日本では2008年末にまず『レッドクリフ PartⅠ』が開、翌年上半期に『レッドクリフ Part -未来への最終決戦-』が開され、いずれも大ヒットをする。中国本土でも歴代の記録を塗り替える大ヒットを記録した。

独特の暴力描写

ジョン・ウーといえば「2丁拳銃」、「」、「同時にを向け合う2人」、「細かいカットに挟まれるスローモーション」が特徴的である。

本人の弁によれば「」は“平和”を表しているのだとか。近年の監督作はすべてアクション映画であるが、ジョン・ウー自身は「暴力否定論者」で、しく暴力を描くことで暴力そのものを否定する意図があるのだそう。

ってWikipediaに記述があったので載せときました。

ちなみに『フェイス/オフ』では5人同時にを向け合うというシーンがある。

スローモーションサム・ペキンパーなどからの影といわれ、そう言われるとたしかにカット割りなど似ている部分もある。

日本との関わり

深作欣二と石井男と黒澤明の大ファンである。
特に、深作の「仁義なき戦いシリーズ黒澤明の「七人の侍」については、「自分にとって映画の教科書のようなもの」と話すほど。深作がガンで逝った際には大きなショックを受けたという。

最近の監督では北野武にも高い評価を与えており、彼の「ソナチネ」を特に気に入っている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジョン・ウー

7 ななしのよっしん
2012/04/13(金) 01:23:21 ID: Fx3ELCX084
挽歌の、ユンファ殺し屋一騎打ちがかっこよすぎ
8 ななしのよっしん
2012/05/09(水) 22:20:02 ID: cjAVO3F8mb
削除もされていない動画を差し替える意味が分からん。
普通に新しくつけ加えるだけでいいだろ
9 ななしのよっしん
2013/02/15(金) 13:28:39 ID: cicwajMAvN
ぶっちゃけ最近のゲーム的でバカバカしい銃撃戦描写の典を作ってしまった人だと思う
それもたまにはいいが流になられるとはな
あと実は暴力嫌いっていうのは、往年の名監督たちの振る舞いを真似してるだけだと思う
10 ななしのよっしん
2013/03/14(木) 06:11:38 ID: umJrfThW1j
自分に対する賛辞の内容を読み違えた典みたいな監督だと思う。

あのクサすぎる演出と、バカバカしい銃撃戦が受け入れられたのは、何と言っても「男たちの挽歌」シリーズの熱すぎる友情と復讐ドラマセットだったからだろう。

それを銃撃戦ハトスローモーションを付け加えること自体が自分のアイデンティティだと勘違いしてしまい、アメリカで数々の燥な駄作を連発したんだと思う。
11 ななしのよっしん
2013/05/09(木) 19:09:43 ID: YGf2vgE+AE
>>10
聞くところによるとアメリカじゃ危険な撮影するのが、保険だのなんだので一々面倒らしい
熱いドラマジョン・ウーる上で論重要だが、「男たちの挽歌」シリーズ香港俳優スタント文字通り体ったアクションをした功績も大きいと思うよ
12 ななしのよっしん
2013/07/15(月) 07:40:35 ID: umJrfThW1j
>>11
いや、どう考えてもそれだけが原因とは思えないんだが(笑)。そもそも脚本の方向性が、香港時代とアメリカ時代じゃまるっきり違うじゃん。

「ブロークン・アロー」や「フェイスオフ」の脚本そのままで、例え香港時代と同様のアクションを作ることができたとしても、やっぱり下らない映画になることは間違いないと思う。

香港スタントアクション俳優の作り出すものがいかに凄まじいかは良く知っているつもり。でも、悲しいことに完成度の高いアクションだけじゃ名作はできないと思う。

香港時代のジョン・ウーは、アクションストーリー、両方の演出において傑出していたし、だからこそ「挽歌」や「」などの映画史上の名作を生み出すことができたんだと思うよ。
13 ななしのよっしん
2014/08/17(日) 19:51:48 ID: o86rnLdrrL
昔は好きだったけど、最近はジョニー・トーの方が好きだな
14 ななしのよっしん
2015/10/25(日) 05:48:25 ID: SpdetzpSqm
>>lv238510622exit_nicolive
15 ななしのよっしん
2018/01/31(水) 18:57:08 ID: JY/8r7Ikdn
MGS2の最終決戦ハト飛んで大笑いした

あとディック原作のペイチェックにまでハト飛ばして大笑いした
16 ななしのよっしん
2018/01/31(水) 19:04:59 ID: qc9fgBej+e
昔のインタビューで言ってたが本人はかなりクリスチャン
ハトやその他のメタファーもその辺からきてるそうだ