ジョン・エリオット・ケアンズ単語

ジョンエリオットケアンズ

ジョン・エリオット・ケアンズとは、19世紀に活躍したイギリス経済学者である。

概要

こんな髪型を前にしてどれだけの人が笑いを慢できるのだろうか?

古典最後の経済学者と呼ばれ、弁護士資格も持っている。

師匠ジョン・スチュワート・ミル。ケアンズは師と見解を完全に一致させた訳ではないが、それでもミルの忠実な門であった。ケアンズミルの労働市場における非競争的技術の概念を取り上げ、それを内および際貿易双方に一般化し、代替的用途間で要素の稼働生が全ではない場合の価値決定には、相互需要と生産費の両者が必要であると論じた。

アンズはどちらかというと理論的な仕事よりも応用的な仕事に優れていた。1857年から1860年にかけて発表された、オーストリア鉱発見が物価準に与える影に関する多数の論文の中では旧貨幣数量説を擁護した。

著「奴隷」では、奴隷経済はもともと非効率である、というアダムスミス批判が正しかったことを示した。それはイギリスではベストセラーになり、またアメリカ南北戦争で北側の大義を支持する世論に決定的な影を及ぼした。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジョン・エリオット・ケアンズ

1 ななしのよっしん
2012/05/29(火) 00:33:38 ID: OXE111gAu/
髪型については言ってやるなよwww

何気に世界史において重要な役割を果たした人物だね