ジョン・ケネス・ガルブレイス単語

ジョンケネスガルブレイス

ジョン・ケネス・ガルブレイス(John Kenneth Galbraith、1908〜2006)とは、20世紀に活躍したカナダまれのアメリカ経済学者である。

概要

デカァァァァァいッ説明不要!!

2mをえる身長203cm)から二つの意味で「経済学巨人」と呼ばれた。アメリカ独自の経済学アメリカ制度学」に属する。カナダ生まれでアメリカに移住したあと経済学ではなく農学を専攻。ドクターコース農業経済学博士号をとり20代ハーバード大学の教壇に立つ秀才である。アメリカ制度学社会構造の重要性をする社会主義的な立場であり、市場システムを重視する新古典(特にフリードマン)とは対立した。

ガルレイスは若き日に1930年代の大恐慌を経験しており、その背景から生涯を通して積極的に共政策の関わっていった。1938年ルーズベルト大統領ニューディール政策に参加。二次大戦中は価格管理副局長をやっており、戦後経済フォーチュンケインズ政策を広く世界に紹介した。49年からはハーバード大学経済学教授になり、ケネディ、ジョンソン大統領の下、経済学顧問を務める。

ガルレイスは理論よりも実際の経済を大切にして、現代資本主義における民間企業(特に軍産複合企業)の肥大化した権を鋭く批判した。論文よりも行政に携わることを重視したため、理論の業績に重点を置くノーベル経済学賞は受賞できなかった。

日本では一昔まえにガルレイブームがあり、その著書のどが日本語に訳されている。なので日本人の間のでの知名度は高く信奉者も多い。今でいうクルーグマンみたいなもんだろう。

関連動画

関連商品

ガルレイスは経済論文よりも政治パンレットを書きたかったので、一般人にも読みやすい著書が多い。これはケインズから受け継がれたものであろう。

例えば上記の商品の下二つは大きい文字100ページちょいしかないので中学生でも簡単に読破できる。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジョン・ケネス・ガルブレイス

1 ななしのよっしん
2013/06/01(土) 19:53:10 ID: 0T3qhB3eup
>今でいうクルーグマンみたいなもんだろう。

業績残してるクルーグマンと違い、この人経済学での業績は皆無に近いだろ