ジョン・ドラモンド単語

ジョンドラモンド
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ジョン・ドラモンドとは、アメリカ合衆国の元陸上競技者である。

フランスの中心で潔を叫ぶ"I did not move!!"

ドラモンド

恐ろしく速いスタート技術と反射神経スタート天才と呼ばれていた。

100mでは992の記録を持ち、オリンピックでは4×100mリレー優勝したこともある。

2003年パリ世界陸上では100mでの金メダル獲得も期待されていた。

I did not move!!

事件は100m2次予選で起こった。この年からルール正により「各選手2回フライング失格」から「2回以降はフライングが起こった場合が行っていても失格というルールになっていた。

1回フライングがあり、2回の仕切りなおしをしようとしていた。2回スタート。今度は行ったかと思っていた次の間、フライングを知らせる号審判アサファ・パウエルドラモンドの失格を宣言した。

ドラモンドは審判に詰め寄りフライングをしてはいないと抗議した。審判スターターフライング検知器のログを根拠とし、失格を告げる。納得がいかないドラモンドは審判に"I did not move!!"(「は動いてない!!」)とした。審判失格を通知し、再スタートをしようとするがドラモンドはトラック内にとどまり抗議を続ける。身振り手振りで観客に対し潔アピール。また、挙句の果てにレーンで寝転び子供のような抗議を行った。審判が退場するよう説得するも"I did not move."とし動かない。

この間にTVではこの組のスタートの反応速度データを表示した。この中でドラモンドの反応速度は0.052アサファ・パウエルは0.086で反応したとされていた。最終的には説得に応じ観客に対し頭を下げ、拍手の中涙を流しながら会場を後にした。っと思ったら競技が再開されようとした時、スタート位置に戻りスタートしようとした。それを観たアサファ・パウエルも同様にスタート位置にもどる。しかし審判は競技者を一度待機場所に戻し、ドラモンドを退場させた。その後会場は競技を続行したが、観客のブーイングなどがありスタートができず競技を1時間以上中断した。

陸上競技の中でも印深い出来事として記憶されている。

この出来事が原因でドラモンドは陸上競技永久追放され、引退を余儀なくされる。

後に一緒にフライング退場となったアサファ・パウエル世界記録を更新したり、ドラモンドがコーチとしてスタート技術を伝授したタイソン・ゲイ世界陸上3冠を獲得したり、更なるルールの変更によって、世界記録保持者であるウサイン・ボルト世界陸上100m決勝失格になったりするが、それはまた別のお話。

結果としてこの大会の100mでは、セントクリストファー・ネイビスのキム・コリンズ優勝者となった。

Did he move?

果たして彼は本当にフライングをしたのか。そういった検証がなされた。

調が行われ、ログデータ開示された。その中ではフライング検知器が足の小さな動きに反応し、0.052の時点でスタートを切ったと検知されている。アサファ・パウエルは0.086の時点で全にスタートをしていたが、ドラモンドがスタートを切ったのは0.12付近だった。

実質的にはフライングではなかったが、ルール上はスタートの号が鳴るまでの間は全静止とされており、不正スタート(の一種)であるという結論は変わらなかった。

スターティングブロックについては、2011年世界選手権のボルト失格時に、ゲスト解説を務めていた為末大は、(2011年時点では)「確か15kg」のがかからないと反応しないとツイートしている。

穿った見方をすれば以前のルールであれば、失格ではなかったということになる。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジョン・ドラモンド

1 ななしのよっしん
2016/08/28(日) 20:10:21 ID: zmdl1yQVuo
がこうなっちゃいそうで怖い
2 ななしのよっしん
2016/10/17(月) 22:17:45 ID: V64iAUQHHi
ちなみに、現在一発失格ルールでもスタート前のグラつきはOKなのでドラモンドは失格にならない。
3 ななしのよっしん
2017/12/10(日) 03:45:06 ID: 4dD2h17k4p
そりゃ全に静止状態なんて不可能だしな
各々が努めるしかない

おすすめトレンド